専業主婦はレディースローンの審査に通る?お金を融資は可能?

2017年11月24日

レディースローンの審査に通りますように。

カードローンと聞くと男性の利用者が多いイメージがありますが、近年では女性の利用者も増えていることをご存知でしょうか?

女性の場合、美容や趣味、友人の結婚式など、さまざまなことにお金がかかりますよね。しかし『女性がカードローンを利用している』ということは、まわりに知られたくないもの。

どうしても女性の中には、お金を借りることに抵抗を持つ人も多いのです。そういった人に対して各金融機関では、『レディースローン』という女性向けのカードローン商品を用意しています。

レディースローンの審査では、どういったことを重視して行なっていくのでしょうか? 主婦でも利用することのできるレディースローンの審査についてお話していきます。

レディースローンの審査は何を重視している?

ホワイトボードの前に立つ男性
女性の方がお金を借りる場合、レディースローンを利用することをおすすめします。ただレディースローンは、一定の返済能力がなければ、融資を受けることができません。

“一定の返済能力”と聞くとやはり『収入』が大切だと思いがちですが、レディースローンは主婦にあまりお金がないことはわかっているため、それほど審査で『収入』を重視していません。

たとえ収入が低くても、安定継続収入を得ているのであればレディースローンの審査に通過する可能性は高いと言えます。ですからパートやアルバイトをしている主婦でもお金は借りられるでしょう。

収入が一切ない専業主婦の場合は、配偶者の同意書と収入証明書があれば、消費者金融でお金を借りることも可能です。

では、レディースローンの審査では、一体どんなことを重視しているのでしょうか?

専業主婦の場合、収入がゼロなので消費者金融でお金を借りることは難しくなります。

レディースローンの審査に通るために抑えておきたいポイント

レディースローンの審査も、女性向けのカードローンだからと言って審査が甘くなるわけではありません。通常のカードローンと審査基準等は同じだと言えるでしょう。

カードローンの審査では、返済能力の有無を一番重要視します。では、返済能力の有無は、どのように確認されるのでしょうか?

  • 収入
  • 過去の信用情報
  • 他社借入件数

例えば、こういったものが挙げられます。先ほど収入のお話をしましたが、やはり収入が少なすぎる場合は、審査で落とされる可能性があります。

低収入の人がレディースローンの審査に申込するのであれば、きちんと自分の収入から毎月いくら返済していくことができるか返済計画を立てるようにしましょう。

後ほどお話しますが消費者金融には、総量規制と呼ばれるものがあり年収の3分の1までしか借入することができません。つまり収入が少ないほど、利用限度額の上限も低くなるということを頭に入れておいてください。

そして審査を行う時は、信用情報機関に照会して申込者の信用情報をチェックします。そこで過去に返済トラブルなどを起こしている場合は『今回も返済トラブルになるかも』と判断され審査落ちするかもしれません。

またこの他にも信用情報機関では、他社借入件数なども確認することができます。すでに何社からも借入している場合は、総量規制に引っかかる可能性もあります。

さらに何社からも借入しているということは、多重債務者ということですから金融機関からすれば要注意人物と言えるのです。もう少し詳しく『借入件数』についてお話していきたいと思います。

レディースローンの審査は“借入件数”が大切?

案内する女の子

レディースローンの審査においては、『借入件数』を重視することが多いようです。

例えば、すでに3社以上の金融機関からお金を借りている場合、そこから新規で申し込みをしても審査に通ることは難しいということです。

また実際に借入していないとしても、利用可能枠があればいつでも借入ができる状態ですよね。この状態の場合でも、借入件数にカウントされます。

利用していないカードローンがある場合は、審査に影響する可能性もあるので解約しておくようにしましょう。

借入件数が重視される理由

レディースローンの審査では、なぜ借入件数を重視するのでしょうか? 消費者金融からすれば、以下のようなことを考えるからです。

  • 返済実績がないため限度額の増額ができなかった
  • 多重債務者だと融資しても返済してくれる可能性が低い

要するに、借入件数が多い人は信用できないと言われているようなものですね。カードローンは、無担保融資です。申込者の信用を元に融資します。

審査の結果、『この人は信用できないな』と判断されてしまえばそれまで。融資を受けることは難しいでしょう。

総量規制にも気をつけよう

消費者金融のレディースローンを利用する場合、気を付けなければならない点もあります。それは、“総量規制”についてです。

総量規制というのは、年収の3分の1以上の融資を規制する法律のことを言います。もし複数社から借入している場合、この総量規制に引っかかる可能性もあるのです。

総量規制は、1社からの借入合計金額が年収の3分の1までということではありません。契約している全ての金融機関の借入合計金額が年収の3分の1までとなります。

例えば、年収300万円の人が3社から合計250万円借入している場合、新規で借入できるのは50万円までということになります。

レディースローン審査に申込する際に覚えておきたいこと

メモを取る女性

レディースローンの審査に限った話ではないですが、カードローンを利用する場合は申込時に気を付けたい点がいくつかあります。

  • 申込内容にウソを記入しない
  • 本当に必要な額だけ申請する

これからレディースローンの審査に申込しようと考えているなら、上記のようなことには気を付けましょう。具体的に何をどう気をつければいいのか、詳しくお話していきたいと思います。

申込内容にウソを記入しない

パートやアルバイトをしながら主婦もしている人の中には、なかなか収入が少なくレディースローンの審査に通るか不安という人もいるのではないでしょうか。

できるだけ審査に通る可能性を上げるために、申込の際に収入を実際より多くしたり、勤続年数を実際より長めにしたりといった人がたまにいます。

しかしレディースローンの審査では、信用情報と申込内容を照らし合わせながら行うのでウソを記入してもバレてしまいます。

カードローンは、無担保・無保証人の場合が多いので、申込者本人の信用度が審査通過に大きく関わってきます。もしウソだとバレたら、審査落ちする可能性だってあるのです。

本当に必要な額だけ申請する

申込する際に『できるだけ利用限度額は高くしておいた方がいざとなった時に良いだろう』といった判断で利用限度額を多く申請してしまうと、結局利用限度額を下げられる可能性もあります。

例えば、年収に対して総量規制以上の利用限度額を希望していた場合、きちんと返済計画を立てられていないと判断されてしまいます。つまり返済能力が乏しいと判断される可能性もあるわけです。

ですから欲張って高額で申請するのではなく、本当に必要な額だけ申請するようにしてください。

レディースローンなら主婦でも借入可能

スマホを触る新米主婦
金融機関の中には、レディースローンという女性向けのカードローンを用意しているところがあります。

大手消費者金融で言えば、プロミス、アコム、アイフルはレディースローンがあります。レディースローンなら、収入の少ない主婦でもお金を借りられる可能性が高いです。

他にもレディースローンを扱っているところは多いのですが、なぜレディースローンを扱う金融機関が増えているのでしょうか?

レディースローンはこんな人におすすめ!

カードローンを利用したい女性の心理状況としては、どういったものが挙げられると思いますか?

  • オペレーターが男性スタッフだと借りにくいなぁ
  • 消費者金融って何だか怖いイメージがある……

きっとお金を借りたいと思った時に、このようなことを思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

レディースローンは、そういった人が安心してお金を借りられるカードローンとなっています。

レディースローンのメリット・デメリット

指を立てる女の子
レディースローンは、女性が安心してお金を借りられるようにと考えられたカードローンとなっています。

ただレディースローンにも、メリットやデメリットがありますので、利用する際は事前にしっかりとメリット・デメリットを把握しておくことは大切です。

レディースローンのメリット

レディースローンのメリットは、やはりオペレーターが全員女性スタッフという点。男性スタッフだとお金を借りにくいという女性でも、安心して審査の申し込みをすることができます。

また女性スタッフが相談に乗ってくれるので、返済計画などについても話しやすいです。審査の申し込みをする前に、事前に相談しておくとより安心して借入できるでしょう。

レディースローンのデメリット

レディースローンのオペレーターは、基本的に女性スタッフが務めていますが、時間帯や混み具合によっては、男性スタッフがオペレーターとして出ることもあります。

滅多にないとは思いますが、そういった可能性があることも頭の隅に置いておくようにしましょう。

またレディースローンは、一定の収入(返済能力)がなければ、融資を受けることは厳しいです。

収入のない専業主婦の場合、消費者金融でお金を借りるためには、配偶者の収入証明書と同意書を提出しなければなりません。

家族にバレずにお金を借りようと思っている人は、消費者金融での借入は難しいので覚えておくようにしましょう。

レディースローンの中でおすすめのカードローンはどれ?

おすすめはこちら

レディースローンの中でもおすすめできるカードローンを2つ紹介します!

プロミスレディースローン

プロミスレディース

平均融資額
6万円
総合評価
3.9
  • 女性専用ダイヤルで気軽に相談
  • Web完結申込みで来店不要
4.5~17.8%
1~500万円
最短30分
最短即日

オペレーターがの対応が全カードローンの中でも対応が良いと評判のプロミスレディースは、女性でも安心できる女性スタッフだけの「レディースコール」が人気です。

プロミスレディースの金利は、年4.5%~年17.8%と通常のプロミスカードローンと同じ設定になっています。他社消費者金融は上限金利18.0%のところが多いので、そういったところと比較すると低く設定されています。

プロミスレディース

プロミスレディースの詳細を見る

アイフルレディースローン『SuLaLi』

アイフルスラリ

平均融資額
10万円
総合評価
4.0
  • 女子力高いSuLaLi(スラリ)限定カード
  • 返済遅れはSMSでご連絡
18.00%
10万円
最短30分
最短即日

アイフルレディースは一言で表すと「ローンカードのデザインが圧倒的にかわいい」というのが特徴です。

正直なところ金利などで目立ったスペックではないのですが、ローンカードが可愛すぎて何のカードかひと目見たとき気づかないでしょう。

アイフルスラリ

アイフルレディースの詳細を見る

レディースローンの審査で重視するポイントまとめ

指をさす女性
レディースローンの審査では、『借入件数』を重視するケースが多いです。収入を重視しない理由としては、主婦にあまりお金がないことをわかっているからです。

そのため、そういった人が『借りすぎてしまった!』『返済が大変!』とならないように、最高限度額を低めに設定しているレディースローンも存在します。

何よりオペレーターが女性スタッフのみで対応してくれるため、カードローンを利用することに抵抗のある女性でも、安心して利用することができますね。

審査データ一覧

関連記事

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

自分はアルバイトなので審査結果が不安だったのですが、無事審査も...

続きを見る

悪い匿名さん

アルバイトでお金がなかったので、生活費を借りました。金利が17.8...

続きを見る

平均融資額
-
総合評価
4.4
  • AI技術を用いたAIスコアレンディング
  • 年0.9%~年12.0%の低金利

公式サイトへ

年0.9%~年12.0%
10万円~1,000万円
※5月10日時点
最短30分
最短30分
良い匿名さん

CICに異動が記載されているブラックでも審査可決! 神だわ…Jscore!

続きを見る

悪い匿名さん

個人事業主でチェックが厳しいと予想していたのですが意外に早く結...

続きを見る

3

アコム

4.4

平均融資額
10万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間

公式サイトへ

3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間
良い匿名さん

ちゃんと計画的に利用すれば何も不便なことはないし、 対応が悪い...

続きを見る

悪い匿名さん

友人の結婚式などに呼ばれることとなり、それが立て続けに発生した...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP