320社カードローンを選ぶ

カードローンの借り換えで審査に通りやすくする方法を解説

2017年9月19日

現在使っているカードローンの金利が高かったり、提携ATMが少なくて不便を感じていたりするならカードローンを他社へ借り換えすることもできます。借り換えとは『今使っているカードローンからより条件の良いカードローンへ乗り換える』ことを言います。今回は借り換えの審査や、審査通過のポイントも解説していきます。

カードローン借り換えは審査が厳しくなるってホント?

考える女性新入社員

カードローンの借り換えの審査は、通常のカードローンの審査と比較すると厳しい傾向にあると言われています。

そのため、借り換えローンの審査に申込する人の中には、『審査が厳しいんじゃないか……』という不安を抱えている人もいるのではないでしょうか。

冒頭でもお話しましたが借り換えローンは、現在利用しているカードローンからより条件の良い(低金利など)カードローンへ乗り換える商品のことを言います。

借入額はそのままなのに金利だけ低くなるとなれば、審査が多少厳しくなるのでは? と思うこともあるでしょう。

しかし今利用しているカードローンから別のカードローンへ借り換えするというのは、実際に『借り換えローン』という借り換え専用のカードローン商品があることからも“よくあること”というのが伺えます。

例えば、急ぎで申込したカードローンの金利の高かった場合、利息のせいで返済負担が両肩にのしかかるなんてことも考えられます。

そのため、少しでも利息の支払いを少なくするために金利が低いカードローンに借り換えするというわけですね。

では、カードローンの借り換えの審査が厳しいといった噂があるのは、一体なぜなのでしょうか?

カードローンの借り換えの審査が厳しいと言われている理由

審査が厳しいと言われている原因は、今使っているカードローンで延滞したり、収入に見合わない借入をしていたりといったことが原因と考えられます。

中には借り換え専用ローンという商品もあるくらいなので、カードローン会社が借り換えを嫌がっているということでもなさそうです。

むしろ競合他社から自社の顧客としてカードローンを利用してくれるわけですから、基本的に借り換えローンがカードローン会社にとってマイナスに働くことはないはずです。

さらに借り換えローンを提供している消費者金融の中には、借り換えした場合に元借入先へ代理返済してくれるところもあります。返済の手間が省けるので、利用者からすればとても助かるでしょう。

そう考えると審査が厳しいと言われているのは、カードローン会社の審査に問題があるというよりも自分自身の信用情報に何か問題があるのかもしれません。

カードローンを借り換えする際、審査を確実に通過するためにも、まずは自身の信用情報を見直すことが重要です。

また、借り換え専用のカードローンではなくても、借り換えのための申込であることを申込先のカードローン会社に伝えておくと、それが加味されるので審査で評価が大きく下がることはありません。

カードローン借り換えの審査基準

ファイルを抱える女性社員

カードローン会社が個人にお金を貸す際に、『借りたお金を返すことができるのか?』という申込者の返済能力を審査で見ます。

返済能力は、カードローン会社の担当者が判断するのではなく、過去の統計データをもとにコンピューターが診断するスコアリングで判断します。

コンピューターは、まず下記の審査項目から申込者と似たような人のデータを過去の履歴から探します。

  • 年齢
  • 性別
  • 既婚または未婚
  • 勤務先
  • 勤務年数
  • 年収
  • 借入希望額
  • 他社借入件数
  • 他社借入額
  • 信用情報(延滞の有無など)

これらの項目から、『過去に似た人がいないか』『その人が返済をちゃんとしていたか』などを調べて審査の基準にしているのです。

各項目ごとにコンピューターでスコアリングが行われます。スコアリングを分かりやすく言うと、審査項目にはそれぞれ点数が割り振られていて、その合計値から審査の可否や、貸すことができる上限金額をコンピューターが自動的に決めるのです。

カードローンの借り換えの審査はさまざまな面から判断される

審査はなにも、コンピューターによる判断だけではありません。人的なものとして受付の際の申込者の言動や態度、お金の使いみちなども審査に影響します。電話対応する際には印象良く接することも重要です。

他にも信用情報機関を介して、申込者の信用情報などを参照して借り換えローンとして契約可能かを判断していきます。

カードローンの借り換えで審査に通りやすくする6つのポイント

ソファでスマホを見る女の子

カードローン借り換えで審査に通りやすくなるための6つポイントをご紹介します。

簡単にポイントをまとめると、以下のようになります。

  • 借入残高を減らす
  • 借入件数は少ないほうが良い
  • 借り換えするときは借入額を増やさない
  • 金利が低すぎるカードローンは選ばない
  • カードローンの返済で延滞していると審査が厳しくなる
  • 申し込みのウソ・誤記入

それでは、この6つのポイントをそれぞれ解説していきたいと思います。

借入残高を減らす

借り換えの審査を通りやすくするためには、現在利用しているカードローンの残高をできるだけ少なくしておきましょう。

借り換え先のカードローン会社は、今利用中のカードローンの残高や他社の借入件数を信用情報機関を通じて見ることができます。

基本的に借入額が多くなるに連れて、審査は厳しくなる傾向にあります。カードローンの借り換えの審査の前に、できる限り利用中のカードローンの利用残高を減らしておけば、ある程度審査で有利になるかもしれません。

毎月決められた金額を返済している方は、お金に余裕ができた際にそのつど返済する『繰り上げ返済』があります。余裕のある月は、いつもより多めの額で返済すれば、借入残高を減らせるでしょう。

ちなみにカードローン会社によっては、まとめて完済できる『一括払い』という支払い方法もあります。借り換えローンを利用するのも良いですが、一括払いという方法があることも頭に入れておきましょう。

借入件数は少ないほうが良い

審査では、他社借入件数も見られます。複数社から借入している場合は、借入件数を減らすことで審査に通りやすくなります。

一般的には他社の借入は3件まで、5件以上の借入がある場合は審査に通らないとも言われています。もちろん3件までなら大丈夫ということにはならないので、借り換えする前に1件でも減らしておくと審査を有利にすることができます。

複数社から借入をしている場合は、『借り換えローン』よりも『おまとめローン』の方が便利な場合もあります。複数の返済日を抱えて返済が大変という人は、おまとめローンも検討してみましょう。

借り換えする際は借入額を増やさない

カードローン借り換えする時は、なるべく利用中のカードローンの借入残高に合わせた借り換えをするようにしましょう。借入希望額を大きくした場合は、審査も厳しくなります。

借り換えする際は、『どうせだったら多く借りよう』と思ってしまいがちですが、まずは条件の良い借り換えローン審査に通過することを考えましょう。

借り換え後にきちんと返済をしていけばカードローン会社から追加融資の話がくることもあります。申込では、欲を張って借入額を過剰に希望するのではなく、借り換えに必要な分だけ借りるようにしましょう。

金利が低すぎるカードローンは選ばない

金利が低すぎるカードローンは選ばない

カードローン借り換えの一番の目的は、現在利用中のカードローンよりも金利を低くして利息の支払い負担を軽減させることにあります。

一般的に金利による審査への影響については、次のように言われています。

  • 金利が高い=審査に通りやすい
  • 金利が低い=審査が厳しい

今より金利を下げたいからと言って、低金利すぎるカードローンへの借り換えを行うと審査に通らないこともあります。

銀行カードローンの審査が消費者金融と比較して厳しいと言われているのは、低金利の融資だからというのも理由の1つです。

▶今使っているカードローンの借入残高を減らす
▶複数社から借りているなら1社でも減らしておく
▶借入希望額は借り換えに必要な分だけ
上記のような対策を行うことで、低金利の銀行カードローンの審査に通りやすくなるでしょう。いきなり年収を増やすことや信用情報の履歴は消すことができないので、借り換え審査の前にできることからやっていきましょう。

カードローンの返済で延滞していると審査が厳しくなる

カードローンを借り換えするということは今現在カードローンを利用しているはずです。もし今利用しているカードローンを延滞中、または過去5年間に3カ月以上延滞したことがある場合は普段よりも審査が厳しくなってしまいます。

カードローン会社は、申込の際に記入した申込内容の審査を行います。その際、申込み内容に嘘がないかを判断するため、信用情報機関から申込者の信用情報を得ています。

信用情報機関には、個人のカードローンやクレジットカードの利用履歴が保管されていています。例えば、過去に返済遅れがないか、債務整理や自己破産した過去がないかなどの情報です。

カードローン会社ではこの信用情報を見ることができるので、過去に延滞があれば審査が厳しくなります。

申し込みのウソ・誤記入

申込みの際にウソをついたり、記入漏れや間違いがあると審査に通りずらくなります。特に注意する部分は、電話番号住所です。

これを間違えると緊急時に連絡が取れなかったり、長期延滞したときに自宅へ訪問したりといったことができなくなってしまうからです。

たとえ故意に間違えたわけではないとしても、些細な間違いで審査に落ちてしまうこともあるので要注意です。

どうしても借り換えしたいからウソの情報を記入すると、本人確認書類や信用情報機関からの情報、勤務先への在籍確認などでバレてしまいます。1つのウソでもカードローン会社の信用度はかなり下がるので、申込の際は正確に嘘やミスが無いように気を付けて記入しましょう。

借り換えローン対応の金融機関をピックアップ

メモを取る女性社員

借り換えローンは、基本的にほとんどの金融機関で利用できます。※もちろん中には、借り換えローンに対応していないところもあるので注意してください。

いくつか借り換えローンに対応している金融機関をピックアップしておきました。大手消費者金融と銀行カードローン中心なので、信頼度の高い金融機関となっています。

銀行カードローン

金融機関名 金利 借入額
東京三菱UFJ銀行(バンクイック) 年1.8%~年14.6% 10万~500万円
三井住友銀行 年4.0%~年14.5% 10万~800万円
みずほ銀行 年3.5%~年14.0% 10万~1,000万円
東京スター銀行 年1.8%~年14.6% 1万~500万円

消費者金融カードローン

金融機関名 金利 借入額
プロミス 年4.5%~年17.8% 1万~500万円
アコム 年3.0%~年18.0% 1万~800万円
モビット 年3.0%~年18.0% 1万~800万円
アイフル 年4.5%~年18.0% 1万~500万円

これからカードローンの借り換えの審査に申込しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

もちろん将来的に借り換えを検討している方も、どういったカードローン会社があるのか把握しておくと良いかと思います。

将来的に借り換えするなら準備が大事

将来的に借り換えするなら準備が大事

  • 延滞しないようにする
  • 勤続年数は1年以上
  • 借り換え前に完済しておく

『最近カードローン申し込んだからまだ借り換えしないけど、将来的には有りかも』という方は今から準備しておくことで、条件が良いカードローンが見つかった時に審査の不安が和らぎます。

延滞しないようにする

今使っているカードローンが延滞中または延滞した過去があると、カードローン借り換えのときに審査で不利になります。

延滞履歴は、通常61日以上または3ヶ月以上の返済の延滞が生じた時に信用情報として記録が残ります。特に2回以上延滞を起こしてしまうと5年間も情報が消せなくなり、審査に通る確率がかなり少なくなります。

延滞グセがあるなら今日から延滞しないようにしっかりと返済していき、将来の借り換えに備えておきましょう。

勤続年数は1年以上

勤続年数は、安定した収入があるかを測るものさしです。アルバイト・パートの方と正社員の方で審査結果が違うように、勤続年数も半年と2年では大きく違います。

一般的に勤続年数は2年以上が好ましく、最低でも1年以上は必要です。もちろんアルバイト歴半年の方の場合でも、数万円の借入であれば借入できる可能性はありますが、数十万円の借り換えであれば審査は難しくなります。

借り換え審査をする場合は、勤続年数1年以上を満たしてから審査に挑みましょう。

借り換え前に完済しておく

審査に通りやすくするためには、借入残高を少なくしておくことがポイントですが、借り換え前に完済しておけば審査にも好影響です。

【まとめ】カードローン借り換え前に自分の属性などを確認しよう

「OKです!」

今回はカードローン借り換えの審査についてのポイントを解説しました。

一度審査を受けたことがあっても、やっぱり審査を受けるのは不安でいっぱいです。

審査に確実に通る裏技というのは存在しませんが、審査に通りやすくする方法はこれまで述べたとおりです。

カードローンの借り換えの審査に通りやすく方法の中には、どうしても時間をかかってしまうものもあります。

ただ借り換えをする方は、『今すぐお金が必要』という方ではないので、審査に通りやすくするためにも多少時間をかけてでも準備をしていきましょう。

審査データ一覧

関連記事

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急にお金が必要になりカードローンを初めて利用しました...

続きを見る

悪い匿名さん

借入が容易であると友人から聞き、プロミスを利用しました。急な転...

続きを見る

平均融資額
16万円
総合評価
4.5
  • WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
  • 即日融資OK

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
良い匿名さん

友人や会社の同僚の結婚式が立て続けにあり、貯金が底をついてきた...

続きを見る

悪い匿名さん

モビットはすべてWEBで契約することができ、借り入れまでの審査時...

続きを見る

平均融資額
17万円
総合評価
4.2
  • 最高金利の低さが14.0%と目立つ
  • 限度額10万円~800万円と高額借り入れも可能
    ※ご利用は計画的に

公式サイトへ

2.0%〜14.0%※注釈(1)
10万円~800万円
-
-

※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※ご利用は計画的に!

良い匿名さん

年利18%のクレジットの返済の為に借り入れしました。メガバンクな...

続きを見る

悪い匿名さん

借り入れも返済も非常に便利で、とても使いやすかったです。これな...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP