320社カードローンを選ぶ

消費者金融から銀行への借り換えは審査に通過しやすいらしい?

2017年10月25日

銀行カードローンに借り換えしませんか?

すでに消費者金融で借入している方の中には、『金利が高くて返済が大変……』と嘆いている人もいるのではないでしょうか。

もし消費者金融で借入していて、金利の高さから返済が厳しいと感じている方は、銀行カードローンへの借り換えを検討すると良いですよ。

今回は、消費者金融から銀行カードローンへの借り換えの審査は厳しいのかどうか、また借り換えせずに消費者金融の金利を引き下げることはできないのかといった点をお話していきたいと思います。

消費者金融で金利を引き下げることは難しい?

スマホとPCを見比べる

消費者金融の金利が高く返済が厳しい場合は、より低金利の銀行カードローンへ借り換えするという選択肢があります。

しかし銀行カードローンへ借り換えをすると言っても、借り換えローンの審査に通過する必要があります。

当然、書類を用意したり手続きをしたりとあれこれしないといけないため、できれば今利用している消費者金融で金利を引き下げることはできないか考える方もいるでしょう。

金利の引き下げは、不可能ではありませんが難しいと言えます。

利用限度額の増額が絶対条件

まず消費者金融で金利を引き下げてもらうためには、利用限度額を増額する必要があります。

ここで利息制限法について説明しておきましょう。下記が利息制限法で定められている利用限度額に応じた適用金利です。

10万円未満 年20.0%
10万円以上~100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

消費者金融によって利用限度額に応じた適用金利は、もっと細かく分けられていますが、利息制限法では上記のように定められています。

つまり金利18.0%で30万円借入している人が金利15.0%に引き下げてもらうためには、100万円以上まで利用限度額を増額しないと難しいということです。
→(プロミスの金利は引き下げ可能? 利用限度額の増額がチャンス

利用限度額はそのままに金利だけ引き下げてもらうことは難しい。

利用限度額の増額は延滞してしまうとできない

消費者金融で金利を引き下げてもらうためには、利用限度額を増額しないと難しいです。さらに利用限度額の増額審査は、延滞してしまうと通過しないでしょう。

利用限度額を増額するためにも審査が行われますが、審査に通過するためには最低でも以下の条件を満たしていることが重要です。

  • 継続的にカードローンを利用している(借入している)
  • 期日を守り延滞することなく返済している

消費者金融からすれば、延滞するなど返済が困難になっている人に対して利用限度額を増額するのはリスクが付きまといます。

ですから長期延滞や何度も延滞を繰り返している人には、増額しない可能性が極めて高いと言えるでしょう。

金利引き下げよりも銀行カードローンへの借り換えを検討

スマホで確認する人

これまでの話を踏まえると、現在利用している消費者金融で金利引き下げを狙うよりも、低金利の銀行カードローンへ借り換えをしたほうが良いかもしれません。

銀行カードローンは、消費者金融と比較すると低金利なので利用限度額は同じでも、より低い金利で借り換えすることができます。

例えば、以下の消費者金融と銀行の金利を比較してみてください。

金融機関 名称 金利(上限金利)
消費者金融 アイフル 18.0%
銀行 みずほ銀行カードローン 14.0%

上限金利ですでに4.0%分の差がありますので、消費者金融から銀行カードローンへ借り換えすることで、利用限度額が同じでも金利を引き下げることができるのです。

消費者金融1件のみの借入なら借り換えが有効

現在、消費者金融1件のみから借入している方は、銀行カードローンへの借り換えが有効です。もしこれが複数社からの借入となると、話は違ってきます。

複数社から借入しているということは多重債務者ということであり、それはつまり1社からの借入じゃ足りないということに繋がります。

多重債務に陥っている人は、というイメージを持たれます。

そもそも複数社を利用している人は、借り換えローンではなくおまとめローンを利用するべきでしょう。
→(おまとめローンとは?おすすめのおまとめローンランキング

銀行カードローンの借り換え審査には通過できる?

指示待ちの人

では、実際に銀行カードローンの借り換え審査に申込して通過することはできるのでしょうか? 銀行カードローンの審査は、消費者金融と比較して厳しいと言われています。

おそらく消費者金融で金利の引き下げをするよりは、審査に通る可能性は高いのではないかなと思います。

というのは、銀行カードローンも顧客を欲しがっていますから、消費者金融から借り換えを希望する人は積極的に取り込んでいきたいと考えているのです。

特にずっと消費者金融1件のみから借入してきた人は、金利が高いとはいえ、きっちりと返済を続けてきたという優良顧客が多い傾向にあります。

『消費者金融で問題なく返済できていた人は大丈夫だろう』

借り換えローンというのは、元々借入していたカードローンの返済額を、新規契約した別のカードローンから融資してもらったお金で賄い完済してしまうというものです。

借入先が元々利用していた消費者金融から銀行に変わるため、実質の借入件数は1件のままということになります。

何が言いたいかというと、元々1件の消費者金融カードローンを利用していて問題なく返済できていた人は、より低金利の銀行カードローン1件に借り換えして返済が難しくなることは考えにくいということです。

その上、金利引き下げによって返済額も少なくなるわけですから、返済負担は軽減されます。それで返済に支障が出ることはないだろうと、銀行は判断するわけですね。

こういった理由があるため、よほどの問題がない限りは、銀行カードローンへの借り換え審査に落ちる可能性は低いと言えるのです。

現在利用している消費者金融で金利を引き下げる可能性よりも、より低金利の銀行カードローンの借り換え審査に通過する可能性の方が高いだろうというお話でした。
→(借り換えでおすすめなのは低金利で返済しやすい銀行カードローン

利用限度額の増額審査の話でもあったように、延滞などがあると銀行カードローンへの借り換え審査にも落ちる可能性があるので気を付けましょう。

【まとめ】銀行カードローンの借り換え審査に申込しよう

タブレットを見る女の人

消費者金融で借入をしている方で、金利が高く返済が厳しいという人は、銀行カードローンの借り換え審査に申込してみましょう。

現在利用している消費者金融で金利引き下げを目指すよりは、銀行カードローンの借り換え審査に申込したほうが、返済負担が楽になる可能性は高いです。

とはいえ、現在のカードローンで延滞等してしまった場合は、銀行カードローンの借り換え審査に落ちる可能性があります。

延滞するほど返済が苦しくなる前に、より低金利の銀行カードローンへの借り換えを検討するようにしましょう。

審査データ一覧

関連記事

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

子どもが人の車を傷つけてしまい、急に修理費が必要となったため、...

続きを見る

悪い匿名さん

借入が容易であると友人から聞き、プロミスを利用しました。急な転...

続きを見る

2

モビット

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
  • 即日融資OK

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
良い匿名さん

5年前に自己破産を経験しています。クレジットカードは持っていま...

続きを見る

悪い匿名さん

私は生活費が足りずに困った時にモビットを利用してお金を借りたの...

続きを見る

平均融資額
19万円
総合評価
4.3
  • 最高金利の低さが14.0%と目立つ
  • 限度額10万円~800万円と高額借り入れも可能
    ※ご利用は計画的に

公式サイトへ

2.0%〜14.0%※注釈(1)
10万円~800万円
-
-

※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※ご利用は計画的に!

良い匿名さん

勤務先の給与が振り込まれる銀行なので、借入も同じところにしまし...

続きを見る

悪い匿名さん

借り入れも返済も非常に便利で、とても使いやすかったです。これな...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP