海外旅行にはトラベルローンを利用すべき?金利の低い金融機関はどこ?

2019年1月10日

旅行代金にトラベルローンを利用するのってどうなの?

「海外旅行に行きたいけどお金がない……!」
「旅行先でのショッピング用にクレカは使いたくない」
「記念日で旅行に行きたいから頑張って海外旅行に連れていきたい」

なんてことありますよね。

テレビなんかで見かけた海外の観光地特集。ちょっとした興味が湧いて旅行サイトを見てみるけど、旅行費用が高い……。

お金が貯まったら行こうと思っても、いろんな出費がありますから、なかなか貯まらない人もいますよね。

憧れの海外旅行を実現させるための方法として今回は、トラベルローンと呼ばれるローン商品を紹介していきたいと思います。

トラベルローンってどんなローン商品なの?

旅行チケットとクレカ

カードローンや不動産ローンといったローン商品は聞いたことがあると思いますが、トラベルローンは知らないなんて人もいるのではないでしょうか。

カードローンは基本的に使途自由のローン商品ですが、トラベルローンは文字通り旅行にかかる費用の支払いとして使える目的ローンのことを言います。

さらにトラベルローンは、大きく分けると2種類あります。

  • 旅行代理店が扱うローン
  • 銀行や信販会社が扱うローン

それぞれトラベルローンとしての使いみちは同じですが、仕組みなどが少し違ってきます。トラベルローンの仕組みはもちろん利用時の注意点なども紹介していきます。

旅行代理店のトラベルローンはどんなところがある?

まずは、トラベルローンを扱う旅行代理店には、どういったところがあるのか紹介していきたいと思います。

旅行代理店 金利 利用限度額
H.I.S.トラベルローン 9.78%~12.14% 旅行1回分の費用
JTBトラベルローン 11.9% 3万円以上(旅行代金の範囲内)
旅工房 旅の分割払いサービス 12.20% 旅行1回分の費用

トラベルローンと一言に言っても、旅行代理店によって金利が大きく違ってきます。

当然、金利は低いほど返済負担が減るので良いですが、借入額が少額の場合は基本的に上限金利が適用されることがほとんどです。

利用限度額に関しても、それぞれ旅行代理店によって異なります。

H.I.S.や旅工房は、旅行1回分の費用を借入することができますが、JTBは3万円以上で旅行代金の範囲内となっています。

JTBに関しては、旅行代金のうち足りない部分を補うといった使い方もできるというわけですね。

旅行代理店で扱われるトラベルローンの仕組み

旅行代理店で扱われるトラベルローンの仕組みについて紹介していきます。大まかな流れは、以下の通りです。

  • ①旅行プランの提示
  • ②ローン申込
  • ③ローン契約
  • ④旅行代金支払い

ローン申込は、旅行代理店で行います。ローン審査に通過すれば、旅行代理店が提携している信販会社とローン契約を結ぶことになります。

自分の代わりに信販会社から旅行代理店に旅行代金が支払われ、その後返済をしていくことになります。

金融機関のトラベルローンはどんなところがある?

次に、トラベルローンを扱う旅行代理店には、どういったところがあるのか紹介していきたいと思います。

金融機関 金利 利用限度額
楽天銀行目的型ローン トラベル 年11.5% 最高100万円
スルガ銀行ANA支店トラベルローン 2.5%~10.0% 10万円~1,000万円
アプラス トラベルプラン 7.20%~14.40% 10万円~300万円

楽天銀行カードローン

平均融資額
-
総合評価
3.9
  • 金利が年1.9~年14.5%
  • 提携ATM利用手数料0円
年1.9%〜年14.5%
10万円~800万円
最短翌日
-

基本的に銀行などの金融機関が扱っているトラベルローンの方が低金利となっています。

また利用限度額も枠が設けられており、審査結果に応じて決定されます。

スルガ銀行ANA支店 トラベルローンに関しては、金利が2.5%~10.0%と低く、最高利用限度額も1,000万円と高額融資に対応しています。

金融機関で扱われるトラベルローンの仕組み

金融機関で扱われるトラベルローンの仕組みについて紹介していきます。大まかな流れは、以下の通りです。

  • ①ローン申込
  • ②ローン契約
  • ③旅行プランの提示
  • ④旅行代金支払い

金融機関で扱われるトラベルローンの場合、まず旅行に行きたい本人が金融機関にトラベルローンの申込をし契約を行います。

そして金融機関から得た借入金を旅行代理店への旅行代金支払いにあてます。

最初に紹介した旅行代理店のトラベルローンとの違いとしては、旅行代理店と金融機関が繋がっていない点です。

またどの旅行代理店で旅行プランを組んでも分割払いに対応している点が金融機関のトラベルローンのメリットと言えるでしょう。

トラベルローンを利用する際のポイント

パスポートとメモ帳

旅行代理店が扱うトラベルローンと金融機関が扱うトラベルローン。

それぞれ異なる特徴を持っているため、利用する際にはいくつかポイントを押さえておく必要があります。

旅行代理店と金融機関のトラベルローンを利用する際のポイントについて解説していきます。

旅行代理店のトラベルローンを利用する際のポイント

カードローンの場合、利用条件として20歳以下は利用できないところがほとんどです。この点、旅行代理店が扱うトラベルローンはどうでしょうか。

結論から言うと旅行代理店のトラベルローンは、未成年でも利用することは可能です。しかし利用するためには、原則として親権者の同意や連帯保証人が必要です。

H.I.S.トラベルローン 未成年・学生の申込の場合は、オリエントコーポレーションからの親権者の同意確認が必要
JTBトラベルローン ・20歳以上の学生、主婦は、世帯主の同意確認と収入内容の記入が必要
・18歳以上20歳未満の方は、親権者の連帯保証人が必要
旅工房 旅の分割払いサービス 未成年・学生は、連帯保証人が必要

旅行代理店のトラベルローンの審査は厳しい?

旅行代理店のトラベルローンの審査は、オリコアプラスなどの信販会社により行われるケースがほとんど。

年収や勤続年数などの制限も特に設けられていないので審査が厳しいということはありません。

しかし過去にローン返済の遅延や債務整理をしていたり、複数社から借入していたりする場合は、審査に落ちる可能性があります。

また審査スピードに関してですが、旅行代理店の店頭で申込から契約手続きまで完結できるケースがほとんどです。

毎月の返済は、口座から自動引き落としとなるので事前に口座情報や運転免許証などの本人確認資料を持参することをおすすめします。

金融機関のトラベルローンを利用する際のポイント

一方、金融機関のトラベルローンは、20歳以下の未成年は利用することができません。

金融機関のトラベルローンに関しては、20歳以上の安定継続収入を得ている方のみが申込対象となります。

もし未成年の方でトラベルローンを利用したいという人は、金融機関が提供するトラベルローンではなく旅行代理店のトラベルローンを利用しましょう。

金融機関のトラベルローンの審査は厳しい?

旅行代理店のトラベルローンの審査と比較すると、金融機関のトラベルローンの審査の方が厳しくなっています。

先ほども言いましたが、金融機関のトラベルローンは、20歳以上の安定継続収入を得ている人でなければいけません。

安定した収入を得ているか確認するために書類の提出や在籍確認が行われるケースもあります。

さらにローン契約時には、『資金使途確認書類』を提出する必要があります。旅行代理店などから発行される書類を提出しましょう。

資金使途確認書類
見積書
請求書
予約確認書 など

上記のような書類を提出しなければなりませんが、基本的には以下の項目が分かる書類が必要となります。

  • 支払先
  • 金額
  • 支払い対象者の氏名
  • 利用目的
  • 作成日時
個人が手書きで作成した資金使途確認書類では認められないので注意。

金融機関のトラベルローンは審査に時間がかかるので注意!

金融機関のトラベルローンは、旅行代理店のトラベルローンと比較すると審査が厳しいという話をしました。

慎重に審査を行いますので、申込から実際の融資まで1~2週間ほど時間がかかると思っておきましょう。

もちろん利用する金融機関によって、審査スピードは異なります。いずれにしても旅行の日程が決まっているのであれば、申込は余裕を持って行うようにしてください。

【まとめ】トラベルローンの利用は旅行代理店がおすすめ

旅行先でピース

これまで旅行代理店と金融機関それぞれのトラベルローンについて紹介してきました。

ここでおすすめしたいのは、金融機関のトラベルローンよりも旅行代理店のトラベルローンを利用するということです。

旅行代理店のトラベルローンをおすすめする理由としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 審査が早く通りやすい
  • 店舗で申込から契約まで完結できる
  • 低金利で利用できる
  • 20歳以下の未成年でも利用できる

金融機関のトラベルローンは、審査結果が出るまでに時間がかかりますし、低金利ではありますがその分審査が慎重に行われ時間がかかります。

また20歳以下の未成年は利用することができず、20歳以上だとしても安定継続収入を得ていなければ審査に落ちる可能性が高いです。

海外旅行などに行きたいけどお金がなくて悩んでいる人は、旅行代理店のトラベルローンを利用してみてはいかがでしょうか?

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

滞納したら1年は毎日かかってくる。

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

3

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP