派遣社員でも審査に通るカードローンとは?派遣社員でも借入可能

2020年1月30日

/

さまざまな理由あってお金がすぐに必要な派遣社員の方もいるのではないでしょうか。

そんなときに利用したいのがカードローンですが、派遣社員は正社員と比較すると不安定なことから審査通過するかどうかが気になるかと思います。

結論から言えば派遣社員でも安定した収入があればカードローンの利用は可能です。ただし、選び方や申し込み方法に手違いがあれば審査落ちの可能性を高めてしまうかもしれません。

そこで今回は派遣社員のカードローン利用について、以下の流れで詳しく解説します。

・派遣社員の審査基準
・審査に通過するポイント
・審査落ちの原因
・即日借入可能なカードローン

最後までチェックすることで、派遣社員のカードローン利用の知識を得ることができるでしょう。

派遣社員の審査基準

派遣社員なことを理由にカードローンの審査に落ちることはありません。審査基準を満たすことで派遣社員でもカードローンを利用してお金を借りることはできるのです。

こちらでは、審査基準となるポイントについて解説します。

・勤務先情報に虚偽がないか証明できるか
・在籍確認ができるか
・他社を含む借入総額がどのくらいなのか

勤務先情報を証明できるか

審査に通過するにはどこに勤務しているのかの情報を証明できることが大前提です。

派遣社員の場合、派遣先ではなく派遣元となる派遣会社が勤務先になります。そして、派遣期間が長期にわたる場合は社会保険に加入し、派遣会社から社会保険証が発行されるでしょう。

一部のカードローンでは条件を満たすことで次に解説する在籍確認をおこなわずに済みます。そこで必要なのが社会保険証で、持っていることで勤務先情報を証明することが可能です。

在籍確認が可能かどうか

勤務先におこなう在籍確認を完了させることもカードローンの審査基準です。

在籍確認は多くのカードローンでおこなわれますが、申告した勤務先情報に虚偽がないかを確認する目的があります。なぜなら申告内容に虚偽があればお金を貸しても支払い能力がなくて返せないなどのことになるからです。

また、派遣社員の場合、在籍確認は給与の支払われる派遣会社におこなわれると考えてください。実際にアイフルの場合、申し込みフォームに「派遣元を記入してください」の記載があります。

ただし、派遣会社に在籍確認の電話が入っても登録スタッフが多ければスムーズな在籍確認ができるかどうか確実でありません。場合によっては「そのようなスタッフはいない」などと言われてしまう可能性もあります。

在籍確認ができなければカードローンの審査通過は難しいですから、あらかじめ派遣会社に在籍確認の電話があることを伝えておくことをおすすめします。もしくはカードローン会社に在籍確認を電話ではなく書類でおこなえないかの相談をしてみても良いでしょう。

他社を含む借入総額

消費者を過度な借り入れから守る目的で、年収の3分の1以上の貸し付けは原則禁止になっています。(総量規制)

たとえば年収300万円の方の場合、貸金業者から借入できるのは100万円です。これは1社の金額でなく借入総額になりますから、すでに他社で100万円の借り入れがある場合は新たなカードローンの利用はできないので注意してください。

なお、貸金業者にならない銀行のカードローンは総量規制の対象ではありません。しかし、最近は銀行も総量規制に準じることから、借入総額は年収の3分の1以下に設定するのがスムーズでしょう。

審査に通過するためのポイント

審査基準の知識を得ましたが、それでは審査通過をするにはどんなポイントが大切になるのでしょうか。

・借り入れ希望金額は低めに申告
・必要書類は不備なく準備する
・短期間に複数のカードローンの申し込まない(多重申し込み)

審査に通過する可能性を少しでも上げるために、上記の3点をしっかりとチェックしておきましょう。

希望金額を低く申告

カードローンは「年収に対する支払い能力があるか」「計画的な返済ができるかどうか」の2点が重要なので、申し込み時の希望金額は低く申告するのが重要です。

たしかに派遣社員でもカードローンの審査通過は可能ですが、年収が安定しなかったり、雇用打ち切りのリスクがあったりします。この点は正社員と比べたら圧倒的に不利となるので、返済不能にならないことをアピールするようにしてください。

また、少額の融資であれば、万が一貸付金を回収できずに貸し倒れになったとしても、損失は大きくないので貸し出す側がリスクを取りやすいこともあります。

まずは審査通過することを第一に考え、後に良好な返済実績を積んで増額にチャレンジするなどしましょう。

必要書類の準備

審査通過のために必要書類を不備なく準備するようにしてください。指定されたものを提出しなければ審査通過は難しいです。

なお、カードローン契約時に必要となる一般的な書類を以下でまとめてみました。

【本人確認書類】
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード

顔写真付きの本人確認書類であれば1通の提出で問題ありません。しかし、顔写真なしの身分証明書の場合は公的書類+もう1通用意して計2通で本人確認書類をおこないます。

・健康保険証+住民票
・健康保険証+公共料金領収書(電気、ガス、水道など)

必要書類は基本的に本人確認書類のみですが、審査の状況しだいで収入証明書類の提出を求められる場合があります。

さらに必須ではありませんが、給料明細も用意しておくとより返済能力や信用力の証明ができるでしょう。

多重申込みに注意

審査通過が不安で複数のカードローンに同時申し込みしたくなるかもしれませんが、審査落ちの可能性を高めるだけなので避けてください。

カードローンに申し込みをすると信用情報機関で取り扱う個人信用情報に履歴が残ります。そして、この情報は貸金業者などで共有されるので審査時に必ず知られてしまいます。

この短期間に複数のカードローンに申し込むことを「申し込みブラック」と呼び、審査する側に「何かお金が必要な理由があるのでは?」「計画的破産でも考えているのでは?」などとマイナスの印象を与えるだけです。

カードローンの申し込みは多くても1ヶ月に2~3社程度とされていますが、場合によっては1社でも確認できると審査落ちする場合もあります。どこのカードローン業者も具体的な期間と申し込み数を明確にしていないので、できたら1社ずつ申し込んだ方が無難と言えるでしょう。

なお、審査落ちした場合は、信用情報機関から情報が削除される6ヶ月が過ぎてから改めて申し込むのが良いです。

審査に落ちる原因について

審査に落ちる原因ですが主に以下のことが挙げられます。

・勤続年数が短い
・申し込み内容に虚偽が見つかった
・安定した収入を得ていると見なされなかった
・個人信用情報の内容に問題があった

それぞれについて解説しましょう。

勤続年数が短い

カードローンでは、勤続年数が短いことで審査落ちする場合があります。なぜなら勤続年数が短いことは安定性に欠ける=返済能力に影響があると判断されるからです。

ただし、最低1年以上の勤続年数があれば審査に不利にならない程度の信用力は得られるでしょう。

現在、短期契約の派遣社員を繰り返している場合、勤続年数が短くなります。そうなることで審査落ちの可能性が高まりますから注意してください。

申し込み内容に虚偽が見つかった

申し込み時の申告内容に虚偽があることも審査落ちの可能性を高めるだけです。

たとえば勤続年数が短かったり年収が低かったりする場合など、正直な内容を申告すれば審査落ちすると不安になるでしょう。その結果、実際よりも長い勤続年数や高い収入で申告すれば審査通過するのでは?と思うかもしれません。また、同様に勤務先や雇用形態の虚偽の申請をすることもあるかと思います。

しかし、それらの虚偽が審査時に発覚した場合、信用のできない方と判断されて審査落ちは避けられなくなります。さらに悪質と判断された場合、今後同じカードローンの審査通過は半永久的にできないと思ってください。

安定した収入を得ていると見なされなかった

派遣社員であっても安定した収入を得ていればカードローンの利用は十分に可能ですが、安定した収入=高収入と思っていたらそれは違います。

たとえば1ヶ月の短期間で100万円の収入を得る方よりも、毎月10数万円の収入を得ている場合の方が安定した収入と判断されるでしょう。
あくまでも収入を継続的に得ている状態が安定した収入です。収入を得ていても継続的でなければ安定していないと見なされ、結果的に審査落ちすることになります。

個人信用情報の内容に問題があった

個人信用情報に金融事故の情報登録があるなど、問題が見られる場合も審査落ちを避けられません。

  • ・延滞の繰り返し
  • ・長期延滞
  • ・債務整理(自己破産、任意整理、特定調停、個人再生)
  • ・強制解約

これらの金融事故が確認できた場合、返済能力と信用能力に問題があると判断。審査に通過することはほぼないでしょう。

ただし、個人信用情報の金融事故情報は登録内容によって一定の保有期間があります。最長5年で保有期間を過ぎれば金融事故の情報は削除されますが、その後に審査通過するかどうかは実際に申し込まないと何とも言えない部分です。

即日融資可能なカードローン

最後に即日融資の可能なカードローンを3社ご紹介します。

・J.Score(ジェイスコア)
・プロミス
・レイクALSA

各カードローンの主な特徴を解説していきましょう。

J.Score(ジェイスコア)

「J.Score(ジェイスコア)」は、みずほ銀行と大手携帯電話会社Softbank(ソフトバンク)と共同出資している消費者金融会社です。

平日は22:55、土曜日は21:40、日曜16:40までに借入申込を完了させれば原則当日融資となります。なお、スマホがあれば融資申し込み後最短30分で銀行口座に振り込み可能な点は大きなメリットと言えるでしょう。

そのほかにも審査から融資がスマホ完結できるカードローンは多くありますが、J.Score(ジェイスコア)では返済も含めて店舗に出向く必要がありません。

J.Score(ジェイスコア)
>>>>4.0

ジェイスコアバナー

平均融資額
-
総合評価
4.0
  • AI技術を用いたAIスコア・レンディング
  • 年0.8%~年15.0%の低金利
年0.8%~年15.0%※貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携をすべて行った場合に限り適用いたします。
10万円~1,000万円
最短30分
最短即日
※貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携をすべて行った場合に限り適用いたします。

プロミス

プロミスで即日融資をするには公式サイトから申し込みをします。

そして、審査~審査回答の流れで進み、必要書類のアップロードをすれば契約完了して融資
可能な状態になります。

なお、プロミスでお金を借りる方法は3パターンあり、対応時間はそれぞれ異なります。

・銀行振込:原則24時間・最短10秒で振込可能
(三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行などの24時間振込可能な金融機関)
・窓口:平日10:00~18:00(一部異なる場合あり)
・自動契約機(カード発行):9:00~21:00(※契約機により営業時間が異なります)

通常は契約後にローンカードが郵送されますが、窓口や自動契約機で受取りできるほか、WEB完結にすればカードなしも選べます。

プロミス
>>>>4.3

プロミスなら原則24時間振込可能

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK
4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間

レイクALSA

レイクALSAで即日融資をするには、まずレイクALSAの公式サイトから申し込みをおこないます。

そして、仮審査~仮審査結果の通知があり、その後に必要書類のアップロード、本審査~本審査結果の通知という流れで進み、契約・融資となります。

レイクALSAの仮審査は、8:10~21:50(毎月第3日曜日は8:10~19:00まで)であれば最短15秒対応が可能なので、仮審査の結果のみであれば申し込んだ後すぐにわかるでしょう。

レイクALSAでお金を借りる方法と対応時間は以下を確認してください。

・銀行振込:21:00(日曜日は18:00)まで
(三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行では初回のみ平日18:00まで、楽天銀行は24時間)
・自動契約機(カード発行):平日・土曜日8:00~24:00、日曜日・祝日8:00~22:00、毎月第3日曜日8:00~19:00(一部異なる場合あり)

ローンカードは郵送もしくは自動契約機で受け取り可能で、カードなしの利用もできます。

レイクALSA(アルサ)
>>>>4.2

width

平均融資額
19万円
総合評価
4.2
  • 返済日の自由度が他より高い
  • 初回は「Webで申し込むと60日間特典」または「5万円まで180日間特典」 ※いずれも契約額1万円~200万円まで
    ※初めてなら初回契約翌日から特典適用
    ※特典期間経過後は通常金利適用
    ※30日間特典、60日間特典、180日間特典と併用不可
    ※ご契約額が200万超の方は30日特典のみになります。
4.5%〜18.0%
1万~500万円
最短15秒
webで最短60分融資も可能 ※【9時~22時(日曜日は9時~19時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認も含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、年末年始・メンテナンス時間等を除きます ※営業時間は一部店舗によって異なります】
※即日融資希望の場合、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。  一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

まとめ

当記事では派遣社員のカードローン利用について詳しく解説しました。

派遣社員なことを理由にカードローンが利用できないことはありません。しかし、正社員ほどの安定性はないことから審査で不利になることはあるでしょう。

まずは当記事にて解説したカードローンの審査基準、審査に通過するポイント、審査に落ちる原因をしっかりと把握してください。そして十分に注意したうえで申し込みをおこなえば、カードローンを利用できる可能性は高まるはずです。

この記事のアドバイザー

志塚 洋介先生

ファイナンシャルプランナー

志塚 洋介 先生
行政書士として相続・遺言など民事を中心に業務を扱い。
企業・個人からの「お金」に関する悩み・問題を幅広く解決している。
1級FP技能士として資産運用、各種許可証、会社設立に携わっている。
契約書の作成、チェックなど、個人から法人まで幅広くサポートを行っている。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

>>>>>4.3

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

無事に完済できました。<br /> バンクイックと併用して使っていましたが、使いやすかったです。<br /> 返済が少し遅れたときも優しく丁寧な対...

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

電話の対応する人により、返答が異なっています。最初の方は、申し込みできますということでしたが、分からないことが有り、次に電話対応してくださった方に...

続きを見る

2

アイフル

>>>>>4.3

平均融資額
10万円
総合評価
4.3
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

銀行系100万消費者系99万で新築建てた時の家具でオーバーしそうな分ダメ元で借りたけど20万で可決。<br /> ありがたや〜<br />

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

母が心筋梗塞を患ってしまい、私のお給料は全て医療費・入院費に消えてしまいました。1ヵ月分の生活費として30万円を借入しましたが、大学講師という職業は信...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結申込で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん>>>>>

モビットはすべてWEBで契約することができ、借り入れまでの審査時間が圧倒的に短いことが強みです。また、借り入れ申し込みから完済まで一度も電話連絡や郵送...

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP