320社カードローンを選ぶ

学生ローンは危険!?学生でも借りられるカードローンの落とし穴

2017年5月29日

大金を前に驚きを隠せない女の子

学生ローンと似たようなローン商品に教育ローンというものがあります。みなさんは、『学生ローンと教育ローンの違い』をはっきりと理解していますか? 実は、結構「同じものなんじゃないの?」という人は多いですが、まったくの別物なので注意が必要です。

もう1つ、『学生ローンは危険』という話をよく聞きます。今回は、学生ローンと教育ローンの違いと併せて、なぜ学生ローンが危険だと言われているのか、また本当に危険なものなのかをお話していきたいと思います。

学生におすすめのカードローンを目的別に紹介

学生ローンと教育ローンは似て非なるもの

指で✕を作る女の子

みなさんは、学生ローンと聞いてどんなイメージが思い浮かぶでしょうか? 結構多くの人は、「大学生の学費のためのローンじゃないの?」というイメージを持っている人もいるのですが、実は違うんです……。

教育ローンであれば、大学生の学費のためのローンという認識で間違っていません。教育ローンに関しては、大学が関わっていたり、銀行などの金融機関が学生の保護者に対して融資したりするローンのことを言います。

この教育ローンと学生ローンを同じものとして認識してしまっている人がいるのですが、全く異なるものなので、別物だという認識をしっかりと持つようにしましょう。では、学生ローンって一体何なのでしょうか?

学生ローンは学生本人が借りられるカードローンと同じもの

アメリカなんかでは、『Student loan』というものがあり、学生自身が自分の学費のために借りるローンとして浸透しているのですが、日本の場合、学費は保護者が支払うことがほとんどですよね。

つまり日本では、保護者が学費のために借りるローンを教育ローン、学生本人がお金を借入するものを学生ローンとしています。教育ローンは、使途が『学費のみ』に限定されているのに対し、学生ローンは使途が自由で限定されていません。

自由な目的で利用できるカードローンと同じというわけです。

教育ローン→保護者が学費のために借りるローン
学生ローン→学生本人がお金を借入するもの
学生ローン→使途が自由

学生向けカードローンだから借入条件は甘い?

パソコンの前で考える女の子

学生ローンは、つまるところ、学生向けのカードローンということがわかりました。学生向けの消費者金融などの金融機関が提供しているカードローンのことを学生ローンと言っているだけなんですね。

もちろん学生向けのカードローンなんだから借入条件が甘いとか低金利で借りやすいとか、学生ローンならではのメリットがあるんでしょ?』と思いがちですが、実はそんなこともありません。

一般的な消費者金融のカードローンの条件と大して変わりません。

学生ローン専門貸金業者と大手消費者金融の違いは?

学生ローンは、さまざまな金融機関が提供しています。中には、学生ローン専門の貸金業者も存在するのですが、プロミスやアコムなどの大手消費者金融も学生向けに融資しているケースはあるようです。

では、学生ローン専門貸金業者と大手消費者金融では、どういった違いがあるのでしょうか? 金利や利用限度額を見てみましょう。

金融機関名 金利 利用限度額 対象
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円 20歳~69歳
アイフル 4.5%~18.0% 1万円~500万円 20歳~70歳
カレッヂ 15.0%~17.0% 1,000円~50万円 高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生
アミーゴ 14.0%~16.8% 3万円~50万円 高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生

金利を見ると、若干学生ローン専門店であるカレッヂとアミーゴの方が低いですね。ただ下限金利は、大手消費者金融の方が低いです。その分利用限度額を見ると、大手消費者金融は高額融資が可能となっています。

ただ学生がいきなり最低金利で借り入れできることはほとんどないでしょう。おそらく収入もそれほどありませんから、高額融資は難しいです。消費者金融は総量規制の対象ですので、年収の3分の1以上は借り入れすることができません。

大手消費者金融には無利息サービスがあるケースも

大手消費者金融は、学生ローン専門店と比較すると金利が若干高いですが、メリットもあります。それは、無利息期間サービスがあるという点。30日間無利息サービスなどを実施しているところもあるので、ここは大手消費者金融のメリットと言えるでしょう。

学生ローン専門店は、未成年でも利用できる?

大手消費者金融は、20歳以上からしか利用できないところがほとんどです。一方、学生ローン専門店は、高卒以上の学生を対象としていますから、未成年であっても借り入れできるケースもあります。

ただ未成年で借り入れとなると、保護者の承認が必須となってきます。20歳以上であれば、原則保証人不要のところが多く、親への連絡も不要だと判断されればありません。

一部の学生ローン専門店は、少額借り入れの場合のみ、未成年でも保護者の同意不要で融資してもらえるケースもあるとか。いずれにしても、親にバレずに借り入れしたいのであれば、しっかりと自分でカードローンについて調べることが大切です。

では、ここで学生なら知っておきたい学生ローンの落とし穴についてお話していきましょう。

学生必見!学生ローンの落とし穴とは?

金欠に悩む女の子

学業が忙しくてバイトにあまり入れず返済ができない……となっても、「じゃあ、かわいそうだから返済しなくていいよ!」とはなりません。借金はそんなに甘くはありません。では、学生が陥りがちな学生ローンの危険性とはどういったものがあるのでしょうか?

利息が膨れ上がり返済が大変に……

学生ローンは、銀行カードローンの小口融資サービスなどと比較すると金利設定は高めになっています。先ほどの表を見てもわかるように、金利14%~17%といったところが多いですね。審査基準はそれほど厳しくありませんが、決して低い金利とは言えません。

きちんと計画性をもって返済していかないと、利息はどんどん膨れ上がっていきます。返済が長引けば長引くほど、支払総額が増えていきますので、借り過ぎには注意です。また先ほども言いましたが、返済計画はきちんと立てるようにしましょう。

金利と利息について詳しく知りたい方はこちらから▼金利ひとつで利息は変わる!

返済が遅れるとさらに返済負担が大きくなる……

カードローンは、返済が遅れると遅延損害金が発生します。遅延損害金は、金利20.0%で計算することがほとんど。通常の金利よりも高い利息が発生することになり、返済負担はより大きくなってしまいます。

また返済が遅延してしまうと、新たな借り入れや限度額の増額が難しくなります。きちんと返済期日に返済しないとなると、貸金業者からの信用を損なうことになり、信用情報にも傷が付いてしまうからです。

遅延損害金については、『アコムで5万円借りる場合金利はいくら?利息や返済総額は?』こちらのページで詳しく解説していますので、気になる方は読んでみてください。

借金返済のためにさらに借金してしまう……

借金返済に追い詰められた学生は、最終的に『借金返済のためにさらに借金をする』という方法を選択してしまうケースもあります。しかし返済を延滞すると審査通過が難しくなります。そして結果的に、闇金を利用してしまうケースも……。

学生ローンは、利用限度額50万円のところがほとんどなので、自己破産など金融事故になるケースはほとんどありませんが、返済や闇金からの取り立てに追い込まれ多重債務をしてしまう人もいるようです。

将来のために一生懸命勉学に励んでいるつもりが、借金のせいで人生を狂わされたとなっては後悔先に立たず……です。闇金には、絶対に手を出してはいけません。また返済のために友達を頼るのも避けるべきです。

金の切れ目が縁の切れ目』ということわざがあります。借金によるトラブルが原因で、友達との交友関係に亀裂が入ってしまったというのは、決して珍しい話ではありません。学生ローンを利用するのであれば、きちんと計画的に借入・返済をすることが大切です。

学生におすすめのカードローンを目的別に紹介

学生におすすめのカードローンを以下のような目的に応じて最もおすすめのカードローンを紹していきます。

  • 1カ月で返済する予定

1ヵ月以内に返済するのであればプロミスなら無利息で返済可能

プロミス

△プロミスの基本スペック

金利 4.5%〜17.8%
サービス 30日間無利息サービスが利用可能
借入金額 1万円~500万

学生やアルバイトに人気の高いプロミスは(筆者も大学生の時に48万円借りました)消費者金融の中でもスペックが高いです。

■スペックが高い理由

  • 金利が消費者金の中では低い
  • 無利息サービスが「借入日」からスタートなのが◎

この2点からプロミスはスペックが高いカードローンとしておすすめできます。

プロミスの詳細を見る

学生ローンは危険かどうかのまとめ

確認する女性

学生ローンは、一概に危険とは言い切れません。きちんと学生ローンを扱っている貸金業者を調べて、安心して借り入れできるところを見つけましょう。銀行カードローンや大手消費者金融なら信用度は高いかと思います。

学生ローン専門の貸金業者にも、老舗で安心して利用できるところはあります。ただどこを利用するにしても、きちんと計画性を持って、借入・返済することが大切です。

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

子どもが人の車を傷つけてしまい、急に修理費が必要となったため、...

続きを見る

悪い匿名さん

借入が容易であると友人から聞き、プロミスを利用しました。急な転...

続きを見る

2

モビット

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
  • 即日融資OK

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
良い匿名さん

5年前に自己破産を経験しています。クレジットカードは持っていま...

続きを見る

悪い匿名さん

私は生活費が足りずに困った時にモビットを利用してお金を借りたの...

続きを見る

平均融資額
19万円
総合評価
4.3
  • 最高金利の低さが14.0%と目立つ
  • 限度額10万円~800万円と高額借り入れも可能
    ※ご利用は計画的に

公式サイトへ

2.0%〜14.0%※注釈(1)
10万円~800万円
-
-

※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※ご利用は計画的に!

良い匿名さん

勤務先の給与が振り込まれる銀行なので、借入も同じところにしまし...

続きを見る

悪い匿名さん

借り入れも返済も非常に便利で、とても使いやすかったです。これな...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP