カードローンを選ぶ際の基準は?

2017年2月7日

消費者金融か銀行カードローンどちらで申込みをするのかで悩んでいる方はたくさんいると思います。
カードローンにも様々な特徴があり、「融資が早い」「金利が低い」「無利息サービス」などカードローンを使う用途によって
カードローンを選ぶ基準は異なってきます。

カードローンの初回借入はフリーターの方であれば約5~30万円程度、会社員の方でも10~50万円程度です。

銀行カードローン 消費者金融
総量規制
金利 17.8% 18.0%
無利息期間
即日キャッシング 銀行や申込み方法による 平日14時までの申込み可
審査 厳しい 緩い
在席確認
※アイフルのみ書類で在席確認をしてくれる時もある。
保証人 なし なし

このような項目が、どちらかをお申込みする決め手になるのではないでしょうか。
表にしただけではわからないと思いますので、これから何故違いがあるのか見ていきましょう。

総量規制はなぜあるのか?

総量規制は、銀行カードローンと消費者金融と最も大きな違いになってくるのです。

総量規制が対象なのは、消費者金融と信販会社とクレジット会社になります。
総量規制とは、貸金業法などで定められています。借り入れの合計金額が年収の合計3分の1を超えないように規制するという法律になります。

年収300万円の方は、300万円×3分の1=100万円  借入可能額が100万円となります。
もし、プロミスなど借り入れされている場合は、借入可能額が50万円となります。


総量規制が適用される例

なので、新規で50万円を越える借入申込みを希望、他の貸金業者での借入額の合計が100万円を超える際は、所得証明書の提出が必要になります。

このような規制によって、多額の借入が難しくなっていますが、多額の借り入れをした際に払えなくなってしまうよりかは良いと私は思います。

なぜ銀行カードローンは総量規制が対象外なのか

銀行カードローンは、銀行法が適用されているため、総量規制の対象になりません。
銀行は独自で審査に基づいて返済能力に問題がないと判断されると、年収の1/3以上の借入をすることが可能なのです。

制限なしで借入したいという方にはオススメです。
だけど、消費者金融と銀行カードローンで金利が高いのかと比べると、消費者金融の方が高いということになるのです。
それはなぜなのか、書いていきたいと思います。

消費者金融と銀行カードローンの金利の違い

消費者金融は、無担保ローンで貸金業を行なっているため、【信用】だけでお金を貸しているのです。

友達や知人にお金を貸したことがある方はわかるのではないでしょうか。
担保となるものを受け取らないと、本当に貸したお金はかえってくるのかと不安にもなります。万が一、逃げられた時でも担保があればお金に変えることもできますが、何もなければ返ってくる可能性は低くなってしまいます。

知人や友達にお金を貸した時と同じように、貸金業者は一度借りたものを返さず逃げられてしまうのではないかというリスクがあり、その分のカバーをするために金利は高く設定されているのです。
また、金利が低く設定されている消費者金融は審査が銀行カードローンに比べて甘くなっています。なので、審査結果が出るスピードも違ってきます。

銀行カードローンは金利が低いから審査が厳しいと言われている

代表的な銀行カードローンの審査結果が出るまでにどのくらい時間がかかるのか表でまとめてみました。

銀行カードローン 審査スピード
三菱UFJ銀行カードローンバンクイック 最短30分
みずほ銀行カードローン 1週間以内
オリックス銀行カードローン 1週間以内

銀行カードローンは金利が低い為、審査結果が出るのに時間がかかります。
即日融資ができる銀行カードローンもありますが、基本は審査に時間がかかると見ておいた方がいいと思います。ただ、すぐに審査結果が出る場合もありますので、金利が低く利息がかからないようにしたい方には、銀行カードローンがおすすめです!

これで、銀行カードローンと消費者金融と比べて、消費者金融のほうは金利が高いお分かり頂けたと思います。
そこで、審査の時に皆さんが気になると思うのですが、在席確認はどのような方法で行われるのか気になりますよね。

在席確認方法の違い

消費者金融と銀行カードローンの在席確認はどちらも勤務先に連絡し、在席確認を行なうという形になります。

在席確認でも会社名をあげずに、個人名で電話がかかってくるのですがそれでも嫌なという方も多いです。
この在席確認は、銀行カードローンでは必ずあります!
消費者金融は、電話ではなく社員証明証や健康保険証など書類による在席確認を認めてくれます。
アイフルのみ書類証明で在席確認ができると言われているのですが、50万円以内と少額の借り入れのみとなります。50万円以上となると在席確認も必要になります。
アイフルの審査結果によっては、在席確認が必要になる場合もありますので、あらかじめオペレーターの方に相談しておくといいですよ。

また、三菱UFJ銀行バンクイックは、銀行カードローンでも唯一在席確認を必須としていないカードローンとなります。どうしても在席確認を気にされている方、総量規制対象外選びたいという方は三菱UFJ銀行バンクイックを選ぶことをオススメします!

そして、金利の高い消費者金融では無利息期間というサービスがありますので、次で説明していきたいと思います。

金利が高いと言われている消費者金融の最大のメリットとは

消費者金融では、無利息期間内に返済して頂きますと、利息0円で返済することができるので通常と比べると安く返済することができます。

そこで、大手4社の無利息期間を表にして見ていきましょう。

消費者金融 無利息期間
アコム ご契約日翌日から30日間
※お借入日からではありません
プロミス 初回お借入日から30日間
※30日以内に追加融資があった場合でも無利息の対象となる
※利用するためにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
アイフル ご契約日から30日間
※ご契約日から10日後に借入された場合は20日以内に返済しないと0円になりません。
レイク ①ご契約日翌日から180日間利息0円
※ご契約額1~200万円のうち借入額5万円まで
②ご契約日翌日から30日間利息0円
※お借入日からではありません
※ご契約額200万円超の方は30日間無利息のみご利用可能となります。

基本的に、無利息期間が向いている人は、あまり多額を借入しないで、一括返済できる人がおすすめかなと思います。少ない金額だと無利息期間内に返済できるということが魅力的に思うでしょう。
無利息期間は、ご利用される方を対象にこのようなサービスをしておりますので是非お考えになってみてください。

これで、すべてわかればお申込み!ということになるのですが、保証人は必要になるのか見ていきましょう。

保証人なしで契約ができる

保証人が要らない理由としては、審査や債権管理までの業務を委託することが出来るからです。また、手間やコストを削減し、利用者遺体してもスピーディーに対応できるからなのです。なので、利用者は保証人や担保を用意する負担を省くことができるのです。

例外として、収入のない20歳未満の学生の場合だと保証人とはまた違ってきますが、親の承諾が必要となります。

保証人を必要としないってことはカードローンの最大メリットとなるのですが、保証人を必要としないデメリットも存在するのです。
具体的な事例をピックアップしていきたいと思います。

保証人不要のメリット

  • 手続きの煩わしさが軽減
  • 誰にも知られることなく借り入れができる

保証人を必要とする場合は、書類への記入であったり、所得を証明するための書類を手出してもらったりなどの手間を省けるのです。
また、家族や友人に保証人をお願いする必要がない為、誰にも知られることなくできるのです。

保証人不要のデメリット

  • 内緒で借りることで起こりうるトラブルがある
  • 借り入れ限度額が低い
  • 属性が低いと審査に通りにくくなる

親にバレないで借りることができることに関しては最大のメリットとなると思います。
もしも、親に知られてしまうと、トラブルを招く恐れもあるのです。

保証人を必要とするローンに比べると、借入金額が低くなってしまいます。
新規のお申込みで100万円必要だとしたら、保証人を必要とする銀行のローンの方がまだ可能性はあると思います。

また、アルバイト・派遣社員・契約社員といった属性の弱い人は、保証人を必要としない銀行カードローンや消費者金融での審査では厳しくなってしまうのです。

このように、保証人が必要ないからこそ、制限されてしまう部分も出てきますが、私たちはこれらのことを理解した上で、銀行カードローンや消費者金融を利用しなければいけないのです。

まとめ

これで全て、消費者金融と銀行カードローンの違いを書かせていただきました。
お申込みをされる方が、一番に見るのは即日で融資できるかなどを見てお申込みをされるのではないでしょうか。急ぎで利用したい方は、即日融資できる方を選ぶのでしょう。
もし、消費者金融で即日融資をご希望の場合は14時までにお申込みを済ませましょう。
それ以降になってしまうと、
即日融資が出来ない場合があります。

銀行カードローンでは、お申込み方法によっては即日融資が出来ない時があります。
銀行カードローンは基本審査が厳しいので、時間がかかってしまうのです。
銀行カードローンで指定口座をお持ちでしたら、即日キャッシングが可能ですのである方は、是非ご活用ください。
あなたに合う条件を見つけて、お申込みしてみてください。

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

気になってる方も多いと思いますが書きます。 ここは使わない方がいいと思います。 仮審査→即OK もうこの時点で逆に不審に思いました。 審査機関をこ...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

4

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP