カードローンを利用するうえで副収入は収入の計上に入るの?

2019年6月5日

/

カードローンの審査といえば収入を見られるものですが、一般的なイメージとしては月収+ボーナスの年収での審査だとイメージされますよね。
では会社以外での副業で副収入がある人は審査に副収入が換算されるのか?

最近は手軽にできる副業も増えて、副収入を得ている人も増えているので気になる人も多いです。
今回はそんなカードローンを利用するうえでの副収入について触れていきます。

副収入はカードローンの審査に関係ある!

width

まず正解から言ってしまうと、副業による副収入ももちろん年収に含まれるものですから、問題なく収入に含めてしまって構いません。

ただ、副業は副業でも定期的にお金が入るような副業と、不定期にしかお金が入らない副業がありますよね。
例えば仕事終わりにコンビニでバイトなどなら、定期的に仕事をするものですから、体を壊しさえしなければ安定した収入を得られる副業といえますよね。

ですが、時々内職やクラウドソーシングでお仕事をするだけで、定期的に副業で稼いでいるわけではないという場合は、安定した収入とは言えませんよね。

そうなってくると、場合によっては安定した収入ではないので、収入として認められない場合もあります。
これはケースバイケースなので、一概にどうとは言えませんが、副収入があるからといって何でもかんでも年収に含められるかといったらそうではないかもしれません。

コンビニやスーパー、ショップなど

仕事終わりに本業としても働いている人の多いお仕事で副業をするのは問題ありません。
こちらは雇用形態がはっきりしていて、源泉徴収票もちゃんともらえますので、収入証明書の提出を求められた場合でも出すことができるので、副収入として認められやすいです。

ちなみに在籍確認自体はカードローンの利用に必ず必要になってくるものですが、副業での在籍確認は原則行われないので気にしなくて大丈夫です。

在宅ワーク

昨今、人気な「クラウドソーシング」。
クラウドソーシングとは、ライティングやデザイン、プログラミングといったパソコンでできる仕事をネット上で個人で依頼するサービスです。
一件辺りから報酬が出る方式で、仕事量を調整しやすく、合間でできる仕事が多いので、仕事終わりにサクッと稼げて人気が高いです。
わざわざ職場に行く必要もないですし、時間を有効活用できて、副業として利用している人も多いのでは?

そんな在宅ワークですが、副収入としては若干認められづらい部類に入ります。もちろん副業として認められるものではあるのですが、自由に仕事依頼を受けられる分、安定感とは少し縁遠いと判断されやすいです。

副収入と総量規制

width

総量規制というのは2010年から始まった、消費者金融の賃金業法の規制のひとつです。
借入残高が年収の3分の1を超える場合、これ以上借りられない」という内容のものになっていて、収入以上のお金を借りすぎて破産してしまうことを防ぐために設けられました。

この規制は100万円を借りるなら300万円は年収がないと、3分の1にならないので借りることができないわけです。

もし年収が300万に満たない人がお金を借りたいのなら総量規制の掛からない銀行系のカードローンで借りるほかありません。

とはいえ銀行でも年収の3分の1以上の額を貸してくれる保証はありません。

結局のところ、年収の3分の1を貸して返してもらえる保証が少ないからこそ、総量規制という規制があるわけですから、銀行だって規制がなくとも貸したくありません。。

ちなみに副収入を年収にしっかり含めることで、総量規制の3分の1の上限を引き上げることができます。限度額が多くなれば金利も引き下げられていくようになるので、副収入があるのならしっかり年収に含めて少しでも限度額をあげるのがおすすめです。

カードローンでお金を借りる時の心得

金融機関を利用するなら知っておくべき項目がたくさんあります。
まずは下記の項目に引っ掛かるようなことがないかしっかり確認しましょう。ここで、何か引っかかる要素があればカードローンの審査に落ちてしまう可能性が高いです。

  • 年収が低い
  • 勤続年数が短い
  • 借り入れ希望金額が高い
  • 複数の業者から借り入れしようとしている
  • すでに複数借りている
  • 過去に返済事故を起こしている
  • etc…

項目は案外多いですので、ひとつでも問題があると自覚があるのなら、カードローンの審査が通りにくい可能性があるということは知っておきましょう。

勤続年数や年収は今からどうにかできるものではありませんが、複数の業者への借り入れや、借りられた後に支払いの延滞をしてしまうことのないようにしましょう。

カードローンの利用をバレないようにする

width

カードローンの利用といえばバレることを気にする人も多いです。
そんな人のためにできるだけバレないでカードローンを利用するための方法をご紹介します。
そのバレないための条件として必要なのが以下の4点です。

  • web完結
  • 在籍確認電話なし
  • 郵送物なし
  • ローンカード発行なし

この4点がしっかりしているなら、カードローンを利用はバレにくくなります。
もちろんバレにくくなるだけでバレる可能性は十分にありますが。

この中でも気づかれやすいのは郵送物在籍確認です。郵送物は物を見られたら一発でバレてしまいますし、在籍確認は察しのいい人にはバレる可能性があります。

残るふたつも前者ふたつに比べればバレるリスクは少ないですが、バレる要素のひとつではあります。店舗に入るのなんて見られてしまったら、これこそバレてしまいます。

カードも同じく物的証拠ですから、財布を見られたらすぐにばれてしまいます。とはいえこのふたつはそうそう見られるものではないでしょうから、それほど警戒するものではないと思いますが、用心に越したことはありません。

そしてこれらのバレやすい要素はカードローン側も配慮して、バレにくいようにしてくれているので、店舗に行かずともwebで申し込みから最後まで済ませられるものもあれば、カードレス・明細web発行など郵送物をなくす工夫もなされています。在籍確認の電話に関しても、場合によっては書類で在籍確認を済ませることができるので、かなり便利です。

おすすめカードローン

プロミス

消費者金融の中でも最大手の「プロミス」のカードローン。
30日間無利息サービスを使えば、初回は30日間以内に返せば利息なし!
少額であれば最短1時間で借り入れることもできるので、急にお金が必要になった時もうれしい。
webで申し込んで自動契約機で契約するという流れなら人と喋らずに完結するところもポイント。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、楽天グループの楽天銀行が提供しているカードローンなので信頼性も高く安心して利用できます。
また、楽天会員ランクに応じて審査の優遇もございます。
※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません。
さらに新規入会であれば、楽天ポイントももらえるので楽天市場などでもショッピングもお得になりますよ。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

>>>>>4.3

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

無事に完済できました。<br /> バンクイックと併用して使っていましたが、使いやすかったです。<br /> 返済が少し遅れたときも優しく丁寧な対...

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

電話の対応する人により、返答が異なっています。最初の方は、申し込みできますということでしたが、分からないことが有り、次に電話対応してくださった方に...

続きを見る

2

アイフル

>>>>>4.3

平均融資額
10万円
総合評価
4.3
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

借りてよかった

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

母が心筋梗塞を患ってしまい、私のお給料は全て医療費・入院費に消えてしまいました。1ヵ月分の生活費として30万円を借入しましたが、大学講師という職業は信...

続きを見る

3

アコム

>>>>>4.2

平均融資額
9万円
総合評価
4.2
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間

お申込みはこちら

3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間

※当社調べ

良い匿名さん>>>>>

少額ですが可決されました

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

最初にお金を貸していただけた事は感謝してますし今までの電話対応なども特に不快に感じた事もありませんでした。<br /> <br /> 今までに増額...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP