「財布を落とした!」紛失した時の対処方法を紹介します

2018年9月26日

あれ……。財布落としたかも。

「あれ!? ない!! 財布落とした!!」

……なんて叫んだ経験のある人もいるのではないでしょうか。

財布には、現金はもちろんさまざまなカード、個人情報が詰まっていますから落としたとなるとかなりの問題がありますよね。

今回は、財布を落とした時の対処方法をご紹介していきたいと思います。

財布を落としたらまず自分の記憶を辿ろう

メモ帳とボールペン

つい最近、私の知り合いが財布を落としたそうです。ズボンの後ろポケットに入れていたら、いつの間にかなくなっていたみたいです。

男性は特に、財布をズボンの後ろポケットに入れてしまいがちですが、これはかなり危険です。落としたのではなくスリに遭う可能性だってありますからね。

財布を落としたらいろいろと慌ててしまいますが、こういう時だからこそ落ち着いて一つ一つ対処していく必要があります。

最後に財布を見たのはいつ?

まず自分が立ち寄った場所、歩いた道、財布を取り出した場所など思い出せる範囲で、財布を落とした可能性のある記憶を辿ってみましょう。

案外どこかに置いたままになっているかもしれませんし、道端に落としたままそこにあるかもしれません。

最後に財布を見たのはいつか思い出して、そこから現在までの記憶を辿ってみてください。

ただ探しに行くのに時間がかかる場合やどこで落としたか皆目見当もつかない場合は、探しに行くよりも先にやっておいた方が良いことがあります。

財布を落とした時の対処方法

クレジットカードを持つ手

財布を落としたら、次の対処方法を確認して一つ一つこなしていきましょう。

  • カード類の利用を停止する
  • 警察署に届出を出す
  • 立ち寄ったお店、利用した交通機関を連絡する
  • 免許証、保険証の再発行手続きをする
  • ICカードの停止手続きと再発行
  • ポイントカードなどの再発行

基本的にはこんな感じでしょうか。

もし財布を落としたことに気付いてからかなり時間が経ってしまっている場合は、すでに誰かに拾われているかもしれません。

優しい人が拾ってくれて交番などに届けてくれていたら良いですが、悪い人間もいますから財布に入っている現金やカードを使われてしまうかもしれません。

まずは、即刻クレジットカードやキャッシュカードの利用を停止するようにしましょう。

カード類の利用を停止する

まずは、財布を誰かに拾われクレジットカードやキャッシュカードを悪用されてしまわないように、できるだけ迅速にクレジットカード・キャッシュカードの利用を停止しましょう。

クレジットカードの停止・再発行について

クレジットカードは、容易に悪用されてしまいますから、すぐに停止して利用不可の状態にしておくようにしてください。

基本的に大体のクレジットカード会社は、365日24時間対応しています。電話でも受付しているので連絡して停止の手続きを進めましょう。

ちなみに停止手続きと一緒に再発行手続きを行うこともできます。ただクレジットカードの再発行には、およそ2週間かかります。

またクレジットカードの番号も変わるので、公共料金や携帯料金など自動引落設定にしている場合は、新しい番号に登録し直さなければなりません。

キャッシュカードの停止・再発行について

キャッシュカードの再発行には、身分証明書が必要となる場合がほとんどです。もちろん本人が直接銀行に足を運ばなければなりません。

さらに再発行手数料として1050円ほどかかるので気をつけましょう。キャッシュカードは、再発行しても口座番号はそのままです。

警察署に届出を出す

クレジットカード・キャッシュカードの停止または再発行手続きを終えたら、今度は最寄りの警察署に届出を提出してください。

遺失届に記入する項目としては、以下の内容等があります。

  • 遺失者の名前
  • 連絡先
  • 遺失した日時
  • 遺失した場所
  • 遺失物の特徴 等

都道府県によっては、電話やインターネットなどでの届出ができるようになっています。

遺失届を出しておくと万が一、財布の中に入ったカード類が悪用されても、『自分が利用したものではない』ことを証明できます。

遺失届出時の受理番号は、いたるところで聞かれることが多いので覚えておくようにしましょう。

立ち寄ったお店、利用した交通機関を連絡する

財布を落としたと思われる時間帯にどこで何をしていたかを思い出してみましょう。

例えば、お店や電車、タクシーといった公共機関に届いた落とし物・忘れ物は、一定期間施設内で保管されたのち、警察に引き渡されるケースがあります。

警察に届出がなかった場合は、施設で保管してくれることもあります。覚えている範囲で構いませんので、利用したお店や公共機関に問い合わせてみてください。

免許証、保険証の再発行手続きをする

もし財布の中に免許証や保険証が入っている場合は、どちらも再発行手続きをしましょう。免許証・保険証は、停止手続きを行うことができません。

免許証は、各地域の運転免許試験場や運転免許センター、警察署で再発行手続きを行うことができます。

保険証は、国民健康保険であればお住まいの市町村区の役所政府管掌健康保険や組合保険勤務先へ連絡し、再交付の手続きを進めていきましょう。

免許証や保険証は、身分証明書になるため、キャッシングなどに悪用される可能性があります。とはいえ本人の意思による利用ではないため支払う義務はないです。

万が一、悪用された痕跡があれば、警察や消費者センターなどに相談するようにしましょう。

▼こちらの記事もおすすめです。

それでも不安な人は、『本人申告制度』という個人信用情報機関に身分証明書の紛失・盗難の登録を行なうことで、個人信用情報の審査を慎重に行なってくれる制度があるので覚えておくと良いでしょう。

ICカードの停止手続きと再発行

これまで紹介したことの他にSuicaやPASMOといったICカードを財布に入れていた場合は、停止手続きをして再発行しましょう。

SuicaやPASMOなどのカードは、記名式のものであれば再発行することができます。この場合、紛失時に残っていたチャージ残高も全額返ってくるので最寄り駅の窓口で再発行手続きをしましょう。

無記名式のものや磁気式の定期券は、再発行することができないので覚えておきましょう。

ポイントカードなどの再発行

最後にTポイントカードやPontaカードといったポイントカードも早めに停止・再発行手続きすることをおすすめします。

例えば、レンタルビデオ屋で悪用されてしまうとレンタル料や場合によって延滞金を負担しなければならない可能性が出てきます。

ポイントカードに関しては、新しいカードを発行すればそちらに今まで貯まった分のポイントを移してくれるお店もあるので、一度確認してみてください。

【まとめ】財布を落としたらまずクレカ等の利用を停止すること

ダメ

もし財布を落としたと気付いたら、まずはクレジットカードやキャッシュカードの利用を停止するようにしてください。

悪用されてしまう可能性があるので、それだけはなんとしても避けたいところです。利用停止手続きが完了したら、今度は警察に遺失届を提出しましょう。

カード類が手元にあれば、銀行からお金をおろしたり、カードローンで借入できるのですが、ほとんどの人は財布にカードを入れて管理していると思います。

まずは、勝手に自分のカードを使われないように、面倒ではありますが停止・再発行手続き等を進めていきましょう。

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

気になってる方も多いと思いますが書きます。 ここは使わない方がいいと思います。 仮審査→即OK もうこの時点で逆に不審に思いました。 審査機関をこ...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

4

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP