320社カードローンを選ぶ

離婚する時に住宅ローンが残っていたら返済はどうなるのか

2017年10月11日

離婚時に住宅ローンが残ってたらどうなるの?

結婚は、多くの人が望む人生の1つの光ではありますが、それと同時に結婚という光に照らされ浮かび上がるのは離婚という影です。

結婚を決めた時点で離婚した時のことまで考える人は、そうそういないと思います。しかしこの世の中、思い描いていた方向とは別の方向に歩みを進め、結果として離婚という終着駅にたどり着くことも珍しくありません。

離婚となれば、“財産分与”という形で結婚後に二人で築き上げた資産を分け合うことになるでしょう。その中で問題となるのが『住宅ローン』の存在です。

今回は、離婚する時に住宅ローンが残っていたら返済や財産分与はどうなるのか、ということについてお話していきたいと思います。

住宅ローンは2つに分けられる

田舎の家

まず住宅ローンは、2つに分けられます。アンダーローンオーバーローンです。

  • アンダーローン:自宅の資産価値よりローンの残高が少ない
  • オーバーローン:自宅の資産価値よりローンの残高が多い

アンダーローン

アンダーローンは、自宅の資産価値がローンの残高が少ないことを言います。つまり自宅を売却することで、ローンを完済することができるというわけです。

それだけでなく場合によっては、売却しローンを完済してもお金が残ります。残ったお金は、二人で分けることもできるのです。

たとえ離婚することになったとしても、このアンダーローンであれば、住宅ローンの問題は穏やかに解決できることでしょう。大変なのは、オーバーローンです。

オーバーローン

オーバーローンは、自宅の資産価値がローンの残高より多いことを言います。つまり自宅を売却しても、ローンを完済することができないというわけです。

自宅を手放しても完済しきれないため、さらに足りない分のお金を用意しなければなりません。オーバーローンの場合、自宅の売却は選択肢から除外せざるを得ないでしょう。

離婚時の住宅ローンにもいろんな形がある

別れ際の男女

一般的な住宅ローンは、稼ぎ頭である夫が自分名義でローンを組むことが多いです。実際、離婚後も夫が返済していくことになります。

しかし子どもがいる場合、子どもの生活環境などを変えたくないといった理由から、夫が家を出て妻と子どもが住み続けるというケースも珍しくありません。

とはいえ専業主婦だとローンの名義を夫から妻に変更するのは難しく、結果的に返済義務は夫に残ったままということになります。

夫側の経済的・精神的負担が重なる

先ほどの話になると夫側は、別れた妻のために残っているローンを返済しながら、新たに住み始める家の家賃も支払わなければならず、夫の経済的・精神的負担は大きくなるでしょう。

一方、妻側としても返済を延滞されてしまうのは避けたいところ。そのため、離婚する際に公正証書を作成して、返済が延滞してしまった時に備えることもあります。

例えば、返済が滞った際に給与や資産を差し押さえるといった内容の公正証書です。こうしておけば、夫は返済し続けるしかなく、もし延滞しても勤務先に知らされることになるわけです。

住宅ローンの最近急増しているケース

部屋の角で縮こまる男性

ここ最近では、妻の実家近くに家を購入し、その後離婚してしまうというケースが増えているようです。この状況だと離婚後、妻と子どもは実家に戻ることになるでしょう。

そして夫に残されるのは、ローンが残った自宅と元妻との微妙な距離感です。家族で住むために購入した家ですから、夫一人で住み続けるのは心寂しいものがあります。

また妻の実家が近いため、時折、妻と子どもに遭遇してしまうこともあるでしょう。それが嫌で外出する回数が極端に減ったという人もいます。

さらには、近隣住民から同情の目あるいは白い目で見られる気がするなど、辛い思いをする人も少なくはないようです。

そういった辛さから逃れるための手段として、自宅の売却価格とローンの残高不足を補うためにカードローンなどを利用して自宅を売ろうと考える人もいます。

カードローンで売却価格とローンの残高不足分を補う

別れた妻や子どもに遭遇する可能性や周囲からの目、そして広い家に自分一人……。さらには、返済し続けなければならない住宅ローン。

経済的にも精神的にも追いつめられた状況から脱するために、カードローンで売却価格とローンの残高不足分を補おうとする人もいます。

カードローンは、住宅ローンと比較すると高金利であることがほとんどですが、そうしてでも今の状況から逃れたいと思うのでしょう。

ただ住宅は、ローンが残っていても売却することができます。これがいわゆる『任意売却』と呼ばれるものです。

しかし任意売却をするためには、金融機関の承諾が必要な上、残りのローンは返済し続けなければなりません。そして任意売却をするとブラックリストに掲載されることになります。

最悪の事態を回避するために

先ほどお話したような最悪の事態を回避するためには、どうすればいいのでしょうか? そのためには、まずアンダーローンなのかオーバーローンなのか知るところから始めましょう。

問題なのは、オーバーローンだった場合です。そのためにも、以下のようなことを調べてみると良いでしょう。

  • 住宅ローンがどれくらい残っているか
  • 自宅はどれくらいの価格で売却できるか

オーバーローンだった場合は、次のような対策を考えていくことも大切です。

  • 繰上返済をしてローン残高をできるだけ減らす
  • できるだけ貯金を増やす

これから住宅の購入を検討しており、離婚の話が全く出ていなかったとしても、頭金として2~3割程度は用意して、借入額を抑えることをおすすめします。

カードローンを利用するなら業者選びは慎重に

パソコンでチェックする男性

オーバーローンという状況で、どうしてもすぐに家を売却したいという場合は、カードローンを利用する方法も1つだと思います。

しかしその場合は、金利や借入限度額に気を付けましょう。住宅ローンと比較してカードローンは、高金利である場合がほとんどです。

また売却後に残ったローン残高がいくらかによって、希望借入限度額も変わってくるでしょう。カードローンを利用する場合、いきなり高額融資を受けることは難しいです。

消費者金融カードローンを利用するのか、銀行カードローンを利用するのかといった点も慎重に決めることが大切と言えるでしょう。

比較的低金利なみずほ銀行カードローンがおすすめ

住宅ローンを完済するためにカードローンを利用するなら、できるだけ低金利のところを探すのが良いでしょう。

みずほ銀行カードローンの基本スペック

銀行 金利 借入限度額
みずほ銀行カードローン 年2.0%~年14.0% 最大800万円

低金利のカードローンならば、消費者金融よりも銀行カードローンです。特にみずほ銀行カードローンは、金利が年2.0%~年14.0%と低金利です。

借入限度額も最大800万円となっているので、高額融資にも対応しています。低金利のみずほ銀行カードローンに借り換えすることで、返済負担をできるだけ抑えることはできるでしょう。

mizuho

低金利のみずほ銀行カードローンに申込する

【まとめ】夫婦円満に離婚しないことが一番

仲睦まじいカップル

今回お話した内容は、離婚した時に住宅ローンが残っていたら返済や財産分与はどうなるのかという内容でした。

まず住宅ローンには、アンダーローンオーバーローンの2種類あることを知っておきましょう。アンダーローンの場合は、大きな問題に発展することなく住宅ローンの問題は解決できるはずです。

しかしオーバーローンの場合は、家を売却してもローンが残ってしまうため、残りのローンをどうやって返済していくかという問題が発生してしまいます。

そして基本的には、夫が返済し続けていくことになるでしょう。結婚した時は、離婚することを考えていないとはいえ、住宅ローンという人生で大きな買い物をする時は、しっかりと返済計画を立てることが大切です。

それ以前に結婚をした以上は、できれば離婚せずに家族で一緒に暮らしたいものです。特に子どもがいる場合はそうです。

日頃から感謝の気持ちを忘れずに、夫婦円満で過ごせるよう夫も妻も歩み寄って生きていくことが大切ではないでしょうか。

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急にお金が必要になりカードローンを初めて利用しました...

続きを見る

悪い匿名さん

借入が容易であると友人から聞き、プロミスを利用しました。急な転...

続きを見る

平均融資額
16万円
総合評価
4.5
  • WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
  • 即日融資OK

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
良い匿名さん

友人や会社の同僚の結婚式が立て続けにあり、貯金が底をついてきた...

続きを見る

悪い匿名さん

モビットはすべてWEBで契約することができ、借り入れまでの審査時...

続きを見る

平均融資額
17万円
総合評価
4.2
  • 最高金利の低さが14.0%と目立つ
  • 限度額10万円~800万円と高額借り入れも可能
    ※ご利用は計画的に

公式サイトへ

2.0%〜14.0%※注釈(1)
10万円~800万円
-
-

※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※ご利用は計画的に!

良い匿名さん

年利18%のクレジットの返済の為に借り入れしました。メガバンクな...

続きを見る

悪い匿名さん

借り入れも返済も非常に便利で、とても使いやすかったです。これな...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP