年金受給者がカードローンの審査に通る方法と条件とは?

2020年1月16日

受給できる年金が少ないからカードローンでお金を借りたいと考える方もいるのではないでしょうか。しかし、年金受給者が利用できるカードローンはあるのか?申し込み条件を満たしているのか?などの不安を抱えることもあるかと思います。

 

そこで今回は年金受給者のカードローン利用について詳しく解説していきましょう。

  • 借り入れ可能なのかどうか
  • お金を借りる方法
  • 審査に通過するための条件
  • お金を借りるときの注意点
  • 年金受給者でも利用可能なカードローン

上記のポイントについてまとめているので、ぜひチェックしてください。

年金受給者でも借り入れ可能?

結論から先に言ってしまうと年金受給者がカードローンでお金を借りることはできます。なぜなら年金を継続した安定収入と見なして貸付をおこなっているからです。ただし各貸金業者によって年金受給者に対する貸出の条件は異なり、中には年齢制限を厳しくしている場合があります。検討時に内容を確認する必要があるでしょう。

しかし、カードローンの利用ができたとしても年金受給者の場合は審査に通過しにくい可能性も高く、その理由として挙げられるのが以下の2点です。

・病気や死亡を理由に貸したお金を回収できないリスクがある

・自分で働いて収入を得られない

高齢の年金受給者はどうしても支払い能力がない=信用力が低いと判断されてしまいます。

年金受給者がお金を借りる方法

年金受給者がお金を借りられるのが以下の3つの方法です。

  • カードローン
  • 年金担保融資制度
  • リバースモーゲージ

こちらでは、それぞれの方法の特徴を解説します。

カードローン

カードローンは新規申し込み時に設定される利用限度額の範囲内で借り入れが可能です。そして毎月決められた日に利用残高に応じた返済額を利息と一緒に支払っていきます。カードローンは銀行系、消費者金融系があり、特徴もそれぞれで異なります。申し込み方法はインターネット、電話、店頭窓口などで手続きが可能です。

また、即日融資に対応している場合もあり、その場合は申し込んだ当日中に融資を受けられます。

返済方法も複数あり、ATM、インターネット、口座振込、銀行口座からの自動引き落とし、店頭窓口などから選べます。

年金担保貸付制度

「独立行政法人 福祉医療機構」がおこなう「年金担保貸付制度」は、その名のとおり年金を担保にお金を貸してくれる制度です。

金利年2.8%(2019年10月3日改定)という低金利で利息負担が少ないのが大きなメリットで、支給される年金から返済額を差し引かれます。自分で返済をおこなう必要はないので手間がかからないことが特徴です。

手続きは「独立行政法人福祉医療機構代理店」と書かれた金融機関からおこなえます。ただし、以下のいずれかが必要になるので準備しておいてください。

・厚生年金保険年金証書(厚生年金基金および企業年金連合会のものは除く)

・国民年金・厚生年金保険年金証書

・船員保険年金証書

・国民年金証書

・労働者災害補償保証年金書

年金担保貸付制度はすべての方が利用できるわけではありません。生活保護を受けている、年金の支給が停止されている、使用目的がギャンブルなどの場合は融資を受けられない決まりになっています。

リバースモーゲージ

持ち家を担保にすることでお金を借りられる銀行ローンが「リバースモーゲージ」です。評価のつく住宅を保有している方のみ利用可能で、担保となる戸建てやマンションを売却すれば完済できます。借り入れは根抵当権の設定される範囲内でおこない、契約者本人が死亡した後に不動産を売却して一括返済します。そのため、借入期間中は返済をすることはありません。

銀行ごとに条件は異なり、三菱UFJ銀行の「リバースモーゲージ型 住宅関連ローン」では対象年齢が60歳〜80歳で担保物件は戸建てのみ。みずほ銀行の「みずほプライムエイジ」は対象年齢が55歳以上、担保物件は戸建てとマンションです。

そのほかにも地方銀行でも取り扱いがあるので申し込みの際は確認してみてください。

審査に通る条件

年金受給者がカードローンの審査に通過するための条件について解説します。

申し込むカードローンによって利用条件は異なることを解説しましたが、こちらではより掘り下げた情報をお伝えしていきましょう。

申し込み年齢や利用可能年齢

カードローンを申し込む際に年齢による利用条件があります。

・アイフル: 69歳まで

・レイクALSA:70歳まで

・みずほ銀行カードローン:65歳まで

・三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック):64歳まで

上記のように申し込み時の年齢に上限があり、ほとんどのカードローンで70歳を超えた方の利用はできなくなっています。たとえば、みずほ銀行カードローンに70歳の年金受給者の方が申し込んだとしても、利用条件の65歳までの方をクリアしないので審査落ちは避けられません。

そのほかに、最終的に追加融資を利用できる最終更新年齢も決まっています。こちらについては後で解説しますが申し込みの際の年齢制限と同様にチェックしてください。

年金収入のみで申し込み可能なのは銀行カードローン

カードローンは銀行カードローンと消費者金融カードローンの2種類があり、そのうち年金収入のみで申し込み可能なのが銀行カードローンです。実際に三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)では、収入が年金のみの方でも申し込みますか?の質問に「原則安定した収入がある方であれば、お申し込みいただけます」と答えています。

それに対し消費者金融カードローンでは仕事をしている年金受給者のみ申し込みが可能です。アイフルの公式サイトに「年金を受給されている方でも、お仕事をされて定期的な収入があればお申し込みいただけます」の記載もあります。

上記のことから年金収入のみの方が消費者金融カードローンに申し込んだら、利用条件を満たしていないので審査落ちすることになるでしょう。

高齢者がお金を借りるときの注意点

年金受給者でもお金を借りられるカードローンがあることがわかりました。

申し込みをして審査に通過したら計画的な利用をしたいところですが、その前に年金を受給する高齢者がお金を借りるときの注意点をチェックしておきましょう。

年金を担保にローンを組むことは違法

現在、年金を担保にお金を借りられるのは、すでに解説した独立行政法人福祉医療機構の扱う年金担保貸付となります。預金通帳に年金手帳などを担保に融資をおこなうのは違法行為となるので、「年金を担保にした融資可能!」とする貸金業者があれば違法業者と見なして良いでしょう。

実際に年金受給者に対し、年金を担保にするなどと言ってお金を不正に貸し出す業者もいます。しかし、これらは闇金融となり、利用して良いことは何一つないので少額であっても利用しないでください。

闇金融は貸金業法を無視し、義務付けられた登録もしないで営業しています。年金受給日に合わせてATMに一緒に行くなどして、入金された年金をすべて回収されます。違法であると後に気付いたとしても、回収されたお金が戻る可能性は低いです。

契約していても融資打ち切りとなる

年金受給者は高齢になるため、働き盛りの世代と比べて死亡リスクが高いです。返済をいつまでもスムーズにおこなえる保証もなく、返済可能な期間はかぎられてしまうでしょう。

そのため、申し込み条件に上限年齢を設定し、69歳以下などにとしていることが多いです。しかし、この場合は70歳になると新規借り入れはおこなえません。すでに契約している方であっても、追加融資は打ち切りとなるのです。

たとえばレイクALSAでは申し込み可能年齢と利用可能年齢が70歳までになっていて、71歳になったらその時点で利用はできなくなります。

年金受給者でも借りられるカードローン

年金受給者が借り入れの可能なカードローン会社をまとめてみました。こちらで紹介するカードローンそれぞれに特徴があるので、比較する際に役立ててください。

アコム

アコムのカードローンの契約基準は「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方」「アコムの基準を満たす方」の2点です。年金受給者の方でも利用できますが、あくまでも仕事をしている方のみが対象になります。

■アコムを利用するメリット・最短30分のスピード審査で即日融資が可能

・初めての方は30日間の無利息期間がある

・WEB契約をすれば来店不要

・ATMから24時間借り入れができる

アイフル

アイフルの公式ホームページで貸付条件について「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方」「アイフルの基準を満たす方」と記載しています。前に解説したアコムとほぼ同じ条件で、やはり仕事をして収入を得る年金受給者でないと利用はできません。

担保不要、連帯保証人なども不要で、資金使途についても利用者の自由(事業性資金を除く)です。

■アイフルを利用するメリット

・実質年利3.0%~17.5%で最高融資限度額は800万円まで

・初めての方は最大30日間無利息

・インターネットからの申し込み後にフリーダイヤルに電話することで審査時間の短縮が可能

・WEB完結で郵送物は一切なし

バンクイック

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは「年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さま」「保証会社(アコム(株))の保証を受けられるお客さま」「原則安定した収入があるお客さま」であることが利用条件です。

先に紹介した2社と異なり、年金を安定した収入と見なしていることが特徴と言えるでしょう。

■バンクイックを利用するメリット

・実質年率が1.8~14.6%の低金利

・夜間や土日でも融資可能

・三菱UFJ銀行の口座開設をしなくても利用できる

・提携ATMであれば手数料0円

まとめ

年金受給者が利用できるカードローンはありますが、それぞれで申し込み時の年齢に上限があったり年金収入だけは安定した収入と見なされなかったりします。そのため、審査落ちを避けるためにも利用条件はしっかりと確認しなくてはなりません。

また年金受給者の場合、返済をおこなえる期間もかぎられているので希望限度額を高く設定しない方が審査通過において有利でしょう。本当に必要な金額を希望するようにするのがおすすめです。

たしかに働き盛りの世代と比べたら審査通過は難しいかもしれませんが、年金受給者の方でカードローン契約ができた方も多くいます。申し込みをして無事に契約が成立したら、返済に計画性を持ってしっかりと利用してください。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.3

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

気になってる方も多いと思いますが書きます。 ここは使わない方がいいと思います。 仮審査→即OK もうこの時点で逆に不審に思いました。 審査機関をこ...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

4

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP