低金利でお金を借りたい!おすすめのカードローンをランキング形式でご紹介!

2019年3月8日

近年、カードローンを利用する割合は20人に1人と言われており、私たちの身近なサービスとして浸透しています。

普段何気なく生活していても、冠婚葬祭などの急な出費により、お金が足りなくなることは誰にでもあることなのです。しかし、せっかくお金を借りるのであれば、「出来る限り低金利でお金を借りたい」というのは誰でも思うはず。

今回は、低金利という点にフォーカスを当てて、おすすめのカードローンをランキング形式で解説致します。

この記事を読んで頂ければ、カードローンにおける「低金利」について詳しく知り、実際にカードローンを選ぶ際の参考にすることが可能です。

そもそも低金利だと何が違うの?


低金利」であるとお得なイメージがありますが、具体的にどうお得なのかを説明出来る人は少ないはず。この項目では、そもそも低金利だと何が違うのかについて説明します。

支払う利息は年率と返済期間によって左右される

カードローンでお金を借りる際に利息計算の基準となる数字が「年率」と「返済期間」です。
特にカードローンは銀行系カードローンと、消費者金融カードローンにカテゴリ分けすることが可能であり、銀行系カードローンの方は年率が低い傾向にあるのです。

年率が低いほど、支払う利息は同じ返済期間でも少なくなる

例として、「現金50万円を12ヶ月で返済した場合」で利息を計算してみます。

銀行カードローンで多い年率14.0%で計算した場合、利息は38,723円。
そして消費者金融カードローンに多い年率18.0%で計算した場合、利息は50,080円。

1年間同じ金額を返済しているにも関わらず、約1万1千円の差が生まれます。

このような点を踏まえると、低金利であることに越したことはないでしょう。

低金利である銀行系カードローンのデメリット


消費者金融カードローンと比較すると圧倒的に「低金利」であるのは、銀行系カードローン。
しかし、そんな銀行系カードローンにもいくつかのデメリットが存在します。

この項目を踏まえて、「低金利」だから銀行カードローン一択ではないということを覚えておきましょう。

審査に時間が掛かる

今すぐにお金を借りたい」という要望がある場合、銀行カードローンは申し込みから融資まで1週間ほどを要するサービスが多く、早急な融資には対応していません。

しかし、消費者金融カードローンの場合は、24時間の申し込みOKと即日融資が可能。
そして契約日、初回借入日などから起算して30日などの期間で「無利息キャンペーン」を行なっているサービスも多くあります。

短期間での返済を前提として、お金を早急に借りたい方は消費者金融カードローンで借りた方がお得になる場合もあるのです。

審査が厳しい

消費者金融カードローンと比較すると、銀行系カードローンは審査が厳しい傾向にあります。
派遣社員、パートなどが消費者金融において審査が通ったとしても、銀行系カードローンでは十分に通らない可能性があるのです。

他社への借り入れがあったりしても、銀行カードローンにおいて審査で大きなマイナスになることもあり、無難に審査を通したい方は消費者金融カードローンがおすすめと言えるでしょう。

低金利でお金を借りる際の注意点


低金利」はお金を借りる上では大きなメリット。
しかし、それでも注意しておきたい点があるのです。

この項目では、低金利でお金を借りる際の注意点を解説致します。

低金利でも返済期間が長ければ支払い額は増える

いくら低金利であったとしても、基本的には支払い期間が長くなってしまうと利息が増えることに変わりはありません。計画的に融資を受けて、明確な返済計画に沿った利用を行うことが大切です。

支払いが遅れた場合には、損害遅延金利率が発生

低金利であったとしても、支払い期限までに支払いが完了しなかった場合は「損害遅延金利率」が適用されます。
これは、期限までに支払いが完了しなかった場合に、ペナルティとして設けられている利率のこと。

損害遅延金利率は法律では年率20%までと定められており、大きな利息が発生してしまいます。
また、個人信用情報にも返済遅延情報が記録されるため、クレジットカードの審査などにも影響。

期間をしっかり守った上での返済が必須と言えるでしょう。

おすすめの銀行カードローンランキング

ここまで低金利にフォーカスして多様な視点でお話ししてきました。
この項目では、銀行カードローンのおすすめをランキング形式で発表致します。

銀行カードローンでの融資を考えている人は必見です。

第1位 みずほ銀行

平均融資額
17万円
総合評価
4.0
  • 年2.0~14.0%と低金利が魅力
  • 限度額10万円~800万円と高額借り入れも可能
    ※ご利用は計画的に
2.0%〜14.0%※注釈(1)
10万円~800万円
-
-
※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※ご利用は計画的に!

借入可能額が800万円という圧倒的に大きな融資額がメリット。
年利は2.0%〜14%となっています。そして専業主婦の方でも配偶者に安定継続収入があることを条件に利用が可能です。専業主婦の方が利用出来ない銀行系カードローンは多くあるのでこちらも特徴と言えるでしょう。しかし、融資までに時間を要してしまい、長い時には1ヶ月以上も掛かってしまう場合もあります。

第2位 三井住友銀行

三井住友銀行カードローン

平均融資額
-
総合評価
4.1
  • ローン契約機ならその場でカード受け取り可能
  • 借入限度額が最高800万円
4.0%〜14.5%
10~800万
-
-

金利は4.5%〜14.5%と消費者金融と比較すると圧倒的に低金利なのはメリット。
またセブン銀行、ローソンATMなどでも手数料無料で利用出来るのも大きい特徴です。

審査が完了するのが最短翌営業日であり、銀行カードローンの融資としては最短のスピード。

しかし、融資金額を指定口座に振り込んでもらう「振込キャッシングサービス」がないのはデメリットです。
三井住友銀行の口座がない場合は、返済方法がATMか銀行振込に限られるのもマイナス点と言えるでしょう。

第3位 住信SBIネット銀行

SBI banner

平均融資額
7万円
総合評価
3.7
  • 金利が年1.59%~年14.79%と低金利
  • 最大で基準金利が年0.6%下がる
1.59%〜14.79%
10万~1200万円
-
-

金利は1.59%〜14.79%であり、消費者金融カードローンと比較すると低金利。
また金利優遇制度があり、SBI証券に口座があると金利が0.5%引き下げなどのお得な特典が多いです。

しかし、審査完了までに数日を要してしまうことで融資までに時間が掛かる点はデメリット。
申し込み方法はネット申し込みのみ。電話で相談したい方は不便に感じるでしょう。

第4位 オリックス銀行

平均融資額
34万円
総合評価
4.0
  • 100万以上で他社を寄せ付けない低金利
  • 融資額最高800万円と業界高水準
1.7%〜17.8%
最高800万円
-
2~3日程度
※主婦の方でも、パート、アルバイトなど安定した収入がある場合は申込可能

銀行系カードローンではありながら、金利は1.7%〜17.8%と高金利にある点はデメリット。
そして即日融資も出来ない為に、すぐに借りたいニーズを持つ方もストレスを抱えることになります。

最低金利が1.7%と低い水準にあるのが唯一の大きなメリットと言えるでしょう。

おすすめの消費者金融カードローンランキング

融資までのスピード感、審査が緩いなど低金利の銀行系カードローンにはないメリットを兼ね備えている消費者金融カードローン。ここではおすすめのサービスをランキング形式でご紹介致します。

第1位 アイフル

4.2

アイフルバナー

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日
3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間

アイフルの金利は3.0%〜18.0%と銀行カードローンと比較すると高めに設定されています。
しかし、契約日から30日間の無利息キャンペーンを行なっている為に、短期間の利用であれば銀行カードローンよりもお得。そして審査も24時間受付であり、即日融資も可能です。

第2位 プロミス

4.4

プロミス

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK
4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間

プロミスの金利は4.5%〜17.8%と他の大手消費者金融カードローンの最大金利が18%である中、若干低金利であるのは嬉しいポイント。審査も最短30分、即日借入可能とスピード感も申し分ありません。

プロミスにも「30日間無利息サービス」が存在し、こちらは「初回借入日から30日」とある為に、無駄なく無利息サービスの恩恵を受けられるのです。

土日、祝日、深夜にも振込んでもらう事が可能なサービス「瞬フリ」も便利。トータルバランスに優れたカードローンと言えるでしょう。

第3位 ジェイスコア

平均融資額
-
総合評価
3.6
  • AI技術を用いたAIスコア・レンディング
  • 年0.8%~年12.0%の低金利
年0.8%~年12.0%※貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携をすべて行った場合に限り適用いたします。
10万円~1,000万円
最短30分
最短即日
※貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携をすべて行った場合に限り適用いたします。

2017年9月からサービスを開始した新しいサービス。
みずほ銀行とソフトバンクが共同出資を行なっており、収入や勤務先、あなた自身の性格などを全てAIが判断を行なって融資金額が決まるのです。

「出来るだけ低金利でお金を借りたい」「他の金融機関で審査に通らなかった」という方は、申し込みをして損はないでしょう。ジェイスコアの金利は年0.8%〜年12.0%と低金利。

しかし、無利息キャンペーンなどがない為、短期の利用であれば大手消費者金融の方が支払う金額は少なくて済むでしょう。長期で借りたい方にはおすすめです。

低金利にフォーカスして賢くカードローンを選ぼう!

今回の記事では、「低金利」にフォーカスを当てて、「そもそも低金利って何が違うの?」という本質的な話から、おすすめのカードローンまで説明しました。

低金利でお金を借りれることに越したことはないですが、他の条件を踏まえると「低金利」だから良い訳ではないのです。このような点を踏まえて、ぜひ自分の趣向に合ったカードローンを選びましょう。

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

滞納したら1年は毎日かかってくる。

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

3

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP