ラインポケットマネーに在籍確認はある?サービスの特徴や審査の流れを解説

2021年1月5日

LINEポケットマネーの在籍確認

「ラインポケットマネー」は、LINE Credit株式会社が提供している新しいローンサービスです。

スマホ一つで気軽に借入が行えるため、最近は多くの方がラインポケットマネーを利用しています。

しかし融資と聞くと、「職場に在籍確認の電話がかかってこないか心配」と考えてしまいますよね。

結論からいうと、ラインポケットマネーにも在籍確認は存在します。

しかし電話対応にかかる時間は5分程であり、会社にバレる可能性はかなり低いです。

迅速に手続きを完了させれば、即日融資にも対応できます。

ここではラインポケットマネーの在籍確認や、審査の流れなどについて解説します。

この記事でわかること
  • ラインポケットマネーが在籍確認を行うのは平日のみで、契約内容によっては職場連絡が行われないケースもある
  • ラインポケットマネーの申し込み手順は全4ステップで、在籍確認が行われるのは審査終盤
  • ラインポケットマネーはLINEスコアの点数が高くなれば、その分だけ金利・利用限度額が優遇される

ラインポケットマネーが在籍確認を行うのは平日のみ

ラインポケットマネーの在籍確認は、平日に実施されるのが一般的です。

カードローンを申し込む際、貸金業者は必ず信用情報機関で申込者の個人情報をチェックします。

しかしJICCなどの信用情報機関は、土日祝日が休業日となっているため対応できません。

土日祝日にラインポケットマネーを申し込んだ場合、審査が行われるのは休日明けとなります。

当然、審査結果が出るまでの時間も増える可能性が高いです。

ラインポケットマネーの利用を考えている方は、平日に申し込みを行っておいてください。

土日祝日は即日融資に対応できない

ラインポケットマネーは、当日中に審査を完了できれば即日融資にも対応してくれます。

平日の午前中に申し込みを行っておいた場合、当日中に融資を受け取れる可能性はかなり高いです。

ただし前述したように土日祝日は審査が実施されないため、即日融資にも対応できません。

土日祝日に融資を受け取りたい場合は、平日中に審査を完了させておく必要があります。

「土日祝日にお金を借りたい」と考えている方は、祝日までに審査を完了させておきましょう。

また休日明けの平日は、基本的に申込者が殺到しやすいです。

申込者の数によっては、審査結果が届くまでに2~3日程かかる場合もあります。

休日明けに申し込みを行う方は、申込前にこうしたリスクをしっかり認識しておいてください。

在籍確認が行われないケースもある

ラインポケットマネーは審査を行う際、申込者の勤務先へ電話をかける場合があります。

しかし在籍確認の電話は、どの申込者に対しても必ず実施されている訳ではありません。

申込内容によっては、職場への電話連絡なしで審査を完了できるケースもあります。

ですが在籍確認を行うかどうかの判断は、審査を行う担当者の判断次第です。

判断基準は誰にもわからないため、申込前に在籍確認の有無を予測するのはほぼ不可能といえます。

そのためラインポケットマネーを申し込む際は、在籍確認に対応する準備を行っておくのが最適です。

申込前に会社へ電話がくることを伝えておけば、在籍確認にかかる時間は短縮できます。

「前日クレジットカードを申し込んだので、のちほど確認の電話がきます」

上記のように電話がかかってくる理由をしっかり説明しておけば、会社に気づかれる心配はありません

在籍確認を短時間で完了させたい方は、しっかり準備を行っておいてください。

ラインポケットマネーで実施されている審査の流れ

ラインポケットマネーを申し込む際は、特定の手順に沿って審査を進める必要があります。

審査の流れは以下の通りです。

  • 1.LINEスコアの登録を行う
  • 2.LINEポケットマネーに申し込みを行う
  • 3.LINEスコアや申込情報を元に審査が実施される
  • 4.審査結果の確認後、LINEスコアと銀行口座の連携を行う

ここでは審査の流れを、各手順ごとに詳しく解説していきます。

LINEスコアの登録を行う

ラインポケットマネーの申し込みを行うには、まずLINEスコアの登録を行う必要があります。

LINEスコアとは個人情報やLINEの利用頻度などを参考にして、個人の信頼性を数値化するサービスです。

ラインポケットマネーを申し込む際、LINEスコアの点数結果は必ず提出します。

LINEスコアの登録手順は、以下通りです。

step.1 LINEアプリ内の「ウォレット」を選択する
step.2 ウォレット内にある「スコア」を選択する
step.3 利用規約に同意した後、個人情報を入力していく
step.4 登録手続き完了後、LINEスコアが算出される

LINEスコアは、LINEアプリさえ持っていれば誰でも簡単に登録できます。

スムーズに手続きが完了すれば、5分程でスコア結果を確認できるはずです。

LINEポケットマネーに申し込みを行う

LINEスコアの登録が完了した後は、ラインポケットマネーの申し込みを行います。

申し込みを行う際は、「本人確認書類」と「収入証明書」が必要です。

本人確認書類 ・運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート
・特別永住者証明書
・在留カード
・マイナンバーカード
収入証明書類 ・源泉徴収票
・納税通知書
・納税証明書
・確定申告書
・直近2か月分の給与明細書
・年金通知書
・年金証書

上記の必要書類が不足していた場合、ラインポケットマネーを申し込むことはできません。

申し込みを考えている方は、本人確認書類と収入証明書を必ず用意しておいてください。

また申し込みの際は、以下の個人情報も記入することになります。

年収 申込者の年収
勤務先情報 ・勤務先名
・勤務先の住所
・勤務先の電話番号
・業種
・従業員の規模
・入社年数
・健康保険証の種類
資金使途 ラインポケットマネーによって受け取る資金の利用用途
希望返済日 ラインポケットマネーの返済日(16日・26日の中から選択可能)
他社での借入状況 他社カードローン、キャッシングの借入残高・借入件数
希望借入額 ラインポケットマネーの借入限度額(1万円単位で申請可能)

申込時は、記入した個人情報に誤りがないかよく確認しておきましょう。

ちなみにラインポケットマネーの申し込みを行うと、同時にLINE Payの登録も行われます。

審査後にLINE Payの登録手続きを行う必要はありません。

LINEスコアや申込情報を元に審査が実施される

ラインポケットマネーの申し込みが完了すると、担当者の方が審査を行います。

審査を受ける際に最も注意すべきなのは、信用情報です。

審査の際、担当者の方は信用情報機関で申込者の信用情報を必ずチェックします。

もし信用情報に金融事故が記録されていた場合、審査を通過することはできません。

過去に返済遅延などのトラブルを起こした経験がある方は、申込前に信用情報を確認しておいてください。

信用情報は、以下の信用情報機関で確認可能です。

ちなみに在籍確認が実施されるタイミングは、審査の終盤あたりです。

職場への電話連絡が行われた場合、申込者の在籍が確認できるまで審査は完了しません。

ラインポケットマネーを申し込む際は在籍確認で失敗しないよう、入念に準備を行っておきましょう。

審査結果の確認後、LINEスコアと銀行口座の連携を行う

審査が完了すると、LINEアプリに審査結果が届きます。

無事審査を通過していた場合は、そのまま銀行口座とLINE Payの連携に移りましょう。

銀行口座とLINE Payを連携させておくと、借入した資金をコンビニ・銀行ATMで引き出せるようになります。

この手続きが完了していない場合、ラインポケットマネーは利用できません。

審査を無事通過できた方は、忘れずに連携手続きを行っておいてください。

また銀行口座とLINE Payを連携させるには、以下のどちらか一つをアップロードする必要があります。

・銀行のキャッシュカードを写した写真
・銀行の預金通帳を写した写真

受理できるのは、銀行の口座番号が写っている写真だけです。

写真を提出する際は、銀行の口座番号がきちんと写っているか確認しておいてください。

ラインポケットマネー独自の特徴

ラインポケットマネーには、他のカードローンにはない特徴が多数存在します。

さまざまな特徴の中で最も注目すべきなのは、以下の3つです。

・LINEスコアの点数に応じて金利・利用限度額が変動する
・借入額をすぐにLINE Payへとチャージできる
・自営業・個人事業主の方でも審査を有利に進められる

ここではそれぞれの特徴について詳しく解説します。

LINEスコアの点数に応じて金利・利用限度額が変動する

ラインポケットマネーの金利・利用限度額は、LINEスコアの点数に応じて変化します。

LINEスコアで高い点数を出した場合、通常時より安い金利で借入できるケースが多いです。

スコアの点数が高ければ、その分だけ利用限度額もアップします。

「なるべく低い金利で借入したい!」という方は、LINEスコアで高得点をとれるように対応してみてください。

LINEスコアをアップさせるには、以下の方法がとても有効です。

・LINE Payの本人確認手続きを完了させる
・LINE家計簿を1週間以上つける

なるべく早くLINEスコアをアップさせたい場合は、LINE Payの本人確認を行うのが最適です。

本人確認手続きを完了させると、約1週間後にスコアが20点加算されます。

もっとLINEスコアをアップさせたい場合は、LINE家計簿を1週間以上つけるのが有効です。

LINE家計簿を続けて1週間以上入力しておくと、LINEスコアが20点加算されます。

ただしLINEスコアの点数が301点以下の方は、ラインポケットマネーを申し込めません。

スコアの加算に成功しても、点数が301点以上でなければ確実に落とされます。

ラインポケットマネーの申し込みを考えている方は、自分のスコア点数をよく確認しておいてください。

借入額をすぐにLINE Payへとチャージできる

ラインポケットマネーで借入した資金は、LINE Payへと自動的に移行されます。

LINE Pay対応の店舗でアプリを利用すれば、借入後にすぐショッピングや食事を楽しむことが可能です。

またアプリにチャージした資金は、銀行口座から現金として引き出せます。

借入した資金を現金で受け取りたいという時も、すぐ対応できて非常に便利です。

ちなみに現在、ラインポケットマネーは「契約から100日間利息キャッシュバックキャンペーン」を実施しています。

期間中は何度借入・返済を行っても、実質利息0円で借入することが可能です。

自営業・個人事業主の方でも審査を有利に進められる

一般的なカードローンの場合、自営業・個人事業主は収入が不安定になりやすいと判断されやすいです。

貸し倒れリスクが高いと認識されるケースも多いため、審査に少なからず悪影響が生じます。

一方ラインポケットマネーの場合は申込情報だけでなく、LINEスコアの点数も参考に審査を行うのが一般的です。

スコア点数が高ければ、自営業・個人事業主の方でも審査を通過できる可能性があります。

実際ラインポケットマネーを利用している方の中には、自営業・個人事業主の方が多数存在するようです。

「自営業・個人事業主だけどお金を借りたい・・・」と考えている方は、ぜひ申し込みを検討してみてください。

ラインポケットマネーを申し込む際の注意点

ラインポケットマネーは、LINEスコアで高スコアを得ているとお得に借入できるサービスです。

ただし申し込みを行う際は、以下の点に注意しなければいけません。

・信用情報に傷がある方は審査落ちしやすい
・20歳以下の方は利用できない

ここではそれぞれの注意点について解説します。

信用情報に傷がある方は審査落ちしやすい

先ほど解説したように、ラインポケットマネーはLINEスコアの点数と申込情報を参考に審査を実施します。

スコア点数が高いと、その分だけ審査を有利に進めることが可能です。

しかし信用情報に傷がついていた場合、審査を通過するのは難しくなります。

特に「クレジットカードの返済遅延・延滞」といった金融事故は、審査落ちとなるリスクがかなり高いです。

信用情報内にこうした事故データが残っていた場合は、申し込みを控えましょう。

ちなみに信用情報の金融事故データは、一定期間経つと自動的に消去されます。

審査を有利に進めたい場合は、金融事故データの登録期間が過ぎるまで待つのが適切です。

各金融事故データの登録期間は、以下の通りです。

金融事故の内容 CICの場合 JICCの場合 KSCの場合
61日以上の延滞 5年 5年 5年
3ヵ月以上の連続延滞 5年 5年 5年
強制解約 記載なし 5年 5年
債務整理
(任意整理・特定調停など)
5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 記載なし 5年 5年

過去に金融事故を起こした経験がある方は、申込前に信用情報をよく確認しておいてください。

20歳以下の方は利用できない

ラインポケットマネーは、20歳以上の方を対象にしたサービスです。

そのため20歳以下の方は、申し込み自体行えません。

またラインポケットマネーには、年齢以外にもいろいろな申込条件が存在します。

サイト上で確認できる申込条件は、以下の4つです。

・LINEアカウントに登録している方
・契約時の年齢が満20歳~69歳未満の方
・安定した収入を継続して得られる方
・LINEスコアが301点以上の方

申し込みを行うには、上記の条件を全て満たさなければいけません。

ラインポケットマネーの申し込みを考えている方は、申込条件をきちんと満たしているかチェックしておいてください。

まとめ

ラインポケットマネーの在籍確認や審査の流れなどについて解説しましたが、いかがでしたか?

冒頭でも解説したように、ラインポケットマネーでも在籍確認は行われています。

ただし在籍確認にかかる時間は長くても5分程であり、個人名を名乗るため会社にバレる可能性はかなり低いです。

人によっては職場への電話連絡が行われないケースもあるため、そんなに心配する必要はありません。

また在籍確認が行われるのは、審査の終盤です。

スムーズに申し込み手続きを完了させれば、即日融資にも対応してもらえます。

ラインポケットマネーの利用を考えている方はここで解説した知識を活かし、会社に気づかれることなく審査を完了できるよう対応してみてください。

よく読まれている記事一覧

条件で探す

TOP

/money/linepoketto-zaiseki/