冠婚葬祭の費用相場って?いくらお金を準備すればいい?

2019年1月21日

01_冠婚葬祭 費用

生活していると、さまざまなことに出費が発生しますが、みなさん冠婚葬祭のことは頭に入れていますか?

月々の収支がカツカツ状態だと、急な出費が必要になった時にかなり困ってしまいます。

特に冠婚葬祭に関しては、「ちょっと今お金ないからまた今度でいい?」なんてことはできませんよね。

相手に失礼のないように、日頃から貯金しておくことを忘れずに。

今回は、冠婚葬祭の費用相場といくらお金を準備しておけばいいのかということをお話していきたいと思います。

冠婚葬祭の費用は普段から貯金しておこう

02_冠婚葬祭 費用

20代〜30代の時期になると、まわりで結婚する人が増え、結婚式にお呼ばれする機会も増えると思います。

それからさらに年齢を重ねると、今度は、お葬式に参列する機会も増えてくるかもしれませんね。

ある程度、まとまったお金を用意しなければなりませんので、普段からカツカツの状態でやりくりしているといざという時大変です。

冠婚葬祭の費用をきちんと準備しておき、いざという時に備えておくようにしましょう。

20〜30代は結婚式の機会が増える

20代を過ぎると徐々に結婚式にお呼ばれする機会が増えていきますよね。結婚式と聞いてまず思い浮かぶのが「ご祝儀」ではないでしょうか。

一般的なご祝儀の相場としては「3万円」ですが、親族などになるともう少し多めに用意しなければならないケースもあります。

女性であれば、ご祝儀に加えてドレスやヘアセットなどの費用も必要ですよね。もちろん男性もスーツを用意しなければなりません。

さらに年齢を重ねるほど、人間関係の繋がりが増えていくので会社の同僚や後輩、親類の結婚式など参列する機会は増えていきます。

特に管理職など会社での立場が上だったり、親類で自分の立場が年上だったりするとご祝儀を多めに包まなければいけないこともあります。

年齢とともに人付き合いが広がり、友人知人が増えていくほど、こういった結婚式の機会は増えていくので費用がかさみますね。

ある程度年齢を重ねるとお葬式も……

そしてある程度年齢を重ねていくと、お葬式に参列する機会も増えていくことでしょう。

一般的には、若い時期にはお葬式に参列する機会も少ないのですが、社会人になると年上の知り合いや先輩、上司なども増えていきます。

結婚式は、新郎新婦の二人がいて挙げることができますが、葬儀に関しては故人のみ。

また結婚に関しては、結婚式を挙げない人やそもそも結婚しない人もいますが、亡くならない人はいませんよね。

そう考えると葬儀は、年齢を重ねるほど確実に参列する機会が増えるものだと言えるでしょう。

さらに結婚式に参列するとなると、ある程度関係性を築いている人たちの結婚式に参列すると思います。

葬儀に関しては、昔お世話になった人など最近あまり関わっていない場合でも参列するケースも考えられます。

「お金がないから参列しない」は失礼!しっかりと予備費を準備しよう

03_冠婚葬祭 費用

当たり前ですが、冠婚葬祭に出席する回数が増えるほど、その分ご祝儀や不祝儀代が必要になってきます。

結婚式のご祝儀の相場は3万円程度。葬儀の不祝儀の相場は3,000〜1万円程度が一般的です。

もちろんあくまで一般的な相場ですので、地域や相手との関係性によっては、この金額は異なりますのでご注意を。

結婚式が3回あるだけでも、9万円の出費になります。結婚式ラッシュの時期なんかは、正直大きな出費になりますよね。

たまに「金欠なので参列できない」「ご祝儀を少なめにできないか」といった悩みを持つ人もいますが、さすがにそれは相手に失礼ですよね。

相手からしてみれば、(一般的に)一生に一度のことですから、お金がないからという理由で断るのは難しい話です。

まぁ断るとしても、正直に「お金がない」と言う人はいないと思いますが……。

冠婚葬祭に関しては、自分の都合でご祝儀の金額や時期を変えることはできないに等しいです。

こういった事態に陥らないためにも、普段からしっかりと「予備費」として費用を貯蓄しておくようにしましょう。

ボーナスから捻出するか毎月数万円の貯蓄を

冠婚葬祭の費用、予備費を準備する方法としては、大きく分けて2種類あります。

  • ボーナスの一部を貯蓄に回す
  • 毎月の給料から1〜2万円ほど貯金に回す

一般的には、年に2回ボーナスが出る企業がほとんどですね。

そのボーナスを全部使い切るのではなく、そのうちの数万円から十数万円を冠婚葬祭の費用として残しておきましょう。

ボーナスが出ないという人は、毎月の給料から1〜2万円ほど予備費として貯蓄に回すことをおすすめします。

毎月1万円予備費に回しておけば、1年でも12万円貯まる計算ですから、冠婚葬祭の費用としてはじゅうぶん足ります。

冠婚葬祭の費用を準備する際の注意点

注意点としては、普通預金に入れっぱなしにしていると「残高に余裕がある」と勘違いして使ってしまうかもしれません。

面倒かもしれませんが、うっかり使ってしまうリスクを避けるなら口座を別にしておくことです。

また結婚式のご祝儀に関しては、新札を用意するのが礼儀ですから、事前に用意して自宅に保管しておくのも一つの手です。

結婚式直前になって、いざ新札に替えに行こうと思っても、都合が合わず銀行の窓口に行けないこともあります。

「新札に替えるの忘れそうだな」という人は、現金で自宅保管しておくことをおすすめします。

その際に筆ペンなども一緒に保管しておけば、結婚式前に慌てることもなくなるでしょう。

どうしても冠婚葬祭の費用を準備できない場合は?

04_冠婚葬祭 費用

普段から冠婚葬祭の費用を準備しておくのが一番ですが、どうしても準備できないケースもあると思います。

最近では、メールやLINEで直接連絡して結婚式の参列のお手紙を出さないケースもあります。

こういった場合、結婚式まで日にちがないこともあり、お金を準備しなければいけない側からすれば困りますよね。

どうしても緊急でお金を用意しなければいけないという時におすすめなのがカードローンです。

カードローンなら今日中にお金が必要という場合も対処できる

今すぐにでもお金を用意しなければならないといった時は、カードローンを利用することをおすすめします。

ただし緊急性が高い借入の場合は、銀行ではなく消費者金融のカードローンに申込してください。

銀行は、審査に時間がかかる場合があり、早ければ翌営業日に審査結果が出ますが長いと1〜2週間かかるケースもあります。

一方、消費者金融のカードローンであれば、最短即日審査・即日融資が可能となっているところが多いです。

例えば、プロミスアコムアイフルといった大手消費者金融であれば、即日融資に対応しています。

カードローンで借入するならどこがおすすめ?

先ほど挙げたプロミス、アコム、アイフルなどは、競合ということもあり、どこも似たようなサービスを提供しています。

即日審査・即日融資に対応していますし、初めての方であれば30日間無利息サービスも利用可能です。

じゃあ違いはないのかというと、そういうわけではありませんが、大きく分けると金利が異なります。

他にも開示はしていませんが、審査基準も異なるので審査の通りやすさという面でも違いはあるでしょう。

基本的に20歳以上で安定継続収入があり、過去に借入経験がないといった人であれば審査には大体通ると思います。
※例外はあります。

その中でもできるだけ審査に通る確率を挙げたいのであれば、承認率の高いアイフルがおすすめです。

アイフル プロミス アコム
4月 42.5% 43.9% 45.1%
5月 42.0% 45.1% 47.7%
6月 42.9% 44.8% 46.8%
7月 47.3% 43.9% 45.2%
8月 47.4% 46.0% 45.8%
9月 47.3% 46.4% 45.3%
10月 46.4% 46.8% 44.9%
11月 45.9% 47.3% 44.7%
12月 47.3% 44.8% 43.0%
1月 45.8% 44.6% 42.0%
2月 45.9% 45.9% 44.1%
3月 46.5% 45.6% 43.2%

この表は、2018年3月期の各3社の承認率です。

一番高いのは、アコムの5月の承認率47.7%ですが、全体で見てみるとアイフルが安定しています。

冠婚葬祭の費用の準備でカードローンを検討するなら、アイフルを利用してみてはいかがでしょうか。

4.2

アコムバナーnew

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間
3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間
※当社調べ

冠婚葬祭の費用の準備は日頃から貯蓄しておこう

05_冠婚葬祭 費用

今回は、冠婚葬祭の費用相場についてお話してきました。

結婚式のご祝儀は3万円、不祝儀は3,000〜1万円が一般的な相場です。

結婚式に関しては、女性の場合、ご祝儀以外にドレスやヘアセット代も頭に入れておきましょう。

冠婚葬祭の費用の準備方法としては、ボーナスからいくらか貯蓄に回すか、毎月の給料から1〜2万円貯蓄に回すのがおすすめです。

それでもお金の準備が難しい場合は、カードローンなどのサービスの利用を検討しましょう。

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

気になってる方も多いと思いますが書きます。 ここは使わない方がいいと思います。 仮審査→即OK もうこの時点で逆に不審に思いました。 審査機関をこ...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

4

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP