法的に有効な借用書の書き方!作成時に守るべきルールを解説

2020年3月23日

借用書を書く時に大事なこと

友人や家族からお金を貸してほしいと頼まれた時は、必ず借用書を作成する必要があります。

親しい間柄の人にお金を貸すとなると、「長い付き合いだから、借用書は作らなくて大丈夫だ」とつい考えてしまいますよね。
ですが借用書を作成しておかないと、借金の未納や延滞などが発生してしまうかもしれません。

借用書を作成しておくと、こうした金銭トラブルの発生を未然に防ぐことができます。
適切なルールに沿って書類を作成しておけば、貸す側も借りる側も安心して取引を行うことが可能です。

この記事では借用書を作成する際の重要ポイントや、交わす時に守るべきルールなどを解説します。

個人間の借金でも借用書の作成は必須

一般的に家族や友人とお金の貸し借りをする際は、口約束だけで取引を行ってしまうことが多いです。
しかし口約束だけで取引を行うと、時間が経つにつれて記憶があいまいになってしまう可能性があります。

その結果お互いの記憶に違いが生じてしまい、借金の返済が遅れてしまうかもしれません。
人間関係にも悪影響が出てしまうため、口約束だけでお金の貸し借りを行うのはとても危険です。

金銭の貸し借りを行う時は、必ず借用書を作成しておいてください。

借用書がない借金は返済義務がなくなってしまう

お金の貸し借りを行う時に借用書を作成するのは、借りた側の返済義務を証明するのが目的です。

借用書がない状態でお金を貸してしまうと、取引を行ったことを証明するものが何一つ残りません。
そのため借りた側が借金を否定した場合、返済を求めることができなくなる可能性が高いです。

場合によっては、重大な金銭トラブルへと発展してしまうかもしれません。
返済義務をきちんと証明するためにも、お金を貸す時は借用書の作成を心掛けてください。

借用書を作成する際に重要なポイント

一般的に借用書の書き方には決まりがなく、自由に内容を書くことができます。
しかし法的に有効な借用書を作るには、以下のポイントをおさえることがとても大事です。

  • 冒頭に必ず【借用書】と明記する
  • 金銭を受け取った日付を記入する
  • 返済日は詳細に明記しておく
  • 返済方法を決める際は利息・分割回数も記入しておく

ここでは借用書を作成する時に重要なポイントについて解説します。

冒頭に必ず【借用書】と明記する

本文のない借用書を作成する時は、冒頭に「借用書」と記入する必要があります。

取引金額や作成日時などの項目のみを記入しておくと、領収書や預かり証と間違えてしまう可能性があります。
返済を求める時に書類を出しても、借用書として認めてもらえないかもしれません。

作成する時はきちんと冒頭に「借用書」と記入しておいてください。

金銭を受け取った日付を記入する

借用書を作る時は、金銭の受け渡しをした日付を記入することも大事です。
作成した書類に日付が書かれていないと、取引を行った日がいつかわからなくなる場合があります。

取引日時がわからなくなれば、返済期日や利息にも影響がおよぶ可能性が高いです。
借用書を作成する際は、日付の書き忘れに注意してください。

返済日は詳細に明記しておく

一般の方が借用書を作成すると、返済日を「〇ヵ月後」「〇年以内」とあいまいに表記してしまうことが多いです。
しかし返済日をこのように表記しておくと、返済トラブルが発生しやすくなります。

そのため返済日を書く時は、「〇年〇月〇日」と日付を明確に記載するのが適切です。
こうした対応を行っておけば、お金を貸す側と借りる側の認識をしっかり合わせることができます。

取引をスムーズに行うためにも、返済日は月日までしっかり記入しておいてください。

返済方法を決める際は利息・分割回数も記入しておく

基本的に個人間でお金を貸し借りする時は、手渡しで返済を行うことが多いです。
しかし借入金額によっては、銀行振込などの方法で返済を求められる場合もあります。

このように手渡し以外の方法でお金を返済する時は、利息や分割回数の記入が必要です。
借金の利息や分割回数を書いておくと、万が一返済が遅れた時にすぐ催促を行うことができます。

借用書を交わす際に守るべきルール

借用書は自由に書いていい書類ですが、作成する際はいくつかのルールを守る必要があります。
ルールを守らずに作成してしまうと、書類の法的効果が失われてしまう可能性が高いです。

ここでは借用書を交わす際に守るべきルールを解説します。

借金が1万円を超える際は印紙税を用意する

高額なお金の貸し借りを行う時は、借用書に収入印紙を張り付ける必要があります。

収入印紙とは、印紙税(取引時に行われる書類のやり取りに対してかかる税金)を納めたことを証明する書類です。
高額なお金の貸し借りを行う時は、必ず印紙税を納めなければいけません。

収入印紙が貼られていないと、脱税とみなされトラブルに発展するかもしれません。
借用書を作る時は、収入印紙を必ず貼り付けておいてください。

借入金額に応じて必要な収入印紙の値段は、以下の通りです。

借入金額 収入印紙の値段
契約金額の記載がない書類 200円
1万円~10万円 200円
10万円~50万円 400円
50万円~100万円 1000円
100万円~500万円 2000円
500万円~1000万円 1万円
1000万円~5000万円 2万円

収入印紙は郵便局やコンビニなどで購入することができます。
ただし借入額が1万円以下である場合、印紙税の納税は不要です。

署名・捺印は必ず行う

お金の貸し借りを行う際は、取引内容を明確に残すために署名と押印を入れるのが常識です。
署名と押印がない借用者は、法的に無効な書類として扱われてしまいます。

書類への押印は認印を使っても問題ありません。
しかし書類を改ざんされる恐れがあるため、なるべくなら自治体に印鑑登録している実印を使うのが適切です。

また連帯保証人を用意する場合は、保証人の署名・押印も必要です。
借用書を作成する際は注意してください。

正本は2通作成する

借用書を作成する際はお互い合意したことを証明するために、正本を2通作成しておくのがベストです。
それぞれの手元に書類が残るようにしておけば、金銭トラブルの発生を未然に防ぐことができます。

安心してお金のやり取りを行いたい方は、必ず正本を2通作成しておいてください。

借金には時効が存在する

家族や友人とお金の貸し借りを行う際は、借金の時効に注意しなければいけません。

借金には借用書の有無に関わらず、10年の時効が設けられています。
そのため返済期限から10年を過ぎても返済がされず、お金を貸した側がなにも行動しなければ時効となる可能性が高いです。

ただし時効は自動的に成立するものではなく、お金を借りた人が「時効を迎えたので返済する気はない」と宣言する必要があります。
宣言を行う前に借金の返済を求めれば、時効は成立しません。

借金の時効は中断することが可能

借金には10年の時効がありますが、融資した側が以下の行動をすれば時効を中断することができます。

1.借金の請求
2.差し押さえ
3.承認

簡単に説明すると、10年以内にお金の返済を求めれば時効は一時的に中断することが可能です。
借用書を使って裁判所に正式な請求を依頼しておくと、正式な手続きとして借金の返済を求めることができます。

貸したお金がなかなか返ってこないと悩んでいる方は、ぜひこの方法を試してみてください。

まとめ

借用書を作る時の重要ポイントや守るべきルールなどについて解説しましたが、いかがでしたか?

借用書は取引内容を証明する証拠として使ったり、金銭トラブルの発生を防いだりするのに役立つ書類です。
重要となるポイントやルールを守りながら作成すれば、手書きであっても法的に有効な書類として使うことができます。

また借用書を用意しておけば、正式な方法として借金の請求を行うことが可能です。
時効を中断することで、借金の踏み倒しも未然に防ぐことができます。

これから家族や友人にお金を貸す方はここで解説した知識を活かし、法的に有効な借用書を作成しておいてください。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

アコム

4.3

平均融資額
9万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間

お申込みはこちら

3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間

※当社調べ

良い匿名さん

少額ですが可決されました

続きを見る

悪い匿名さん

大手だと思って安心してら大間違いです!。ちょっと返済を送れただけで毎日毎日電話。仕事で忙しいというのにイライラMax。二度と借りないですこんなところ

続きを見る

2

プロミス

4.3

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

気になってる方も多いと思いますが書きます。 ここは使わない方がいいと思います。 仮審査→即OK もうこの時点で逆に不審に思いました。 審査機関をこ...

続きを見る

3

アイフル

4.3

平均融資額
10万円
総合評価
4.3
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

事業ローンで80万円希望だったけど、50万円可決して非常に助かった。 既存借り入れは、6件で150万円。 借り入れをおこなってから一度も延滞なし。

続きを見る

悪い匿名さん

ギャンブルで大勝して一括返済する...それは一回叶った。万枚を出して15万を一気に返済したのですが、そこから増額アップの電話が。2度借りることはないと思...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP