入院費が高額すぎて払えない!急な入院・通院時に役立つ対処法をご紹介♪

2019年6月20日

「最近入院したんだけど、入院費が高すぎて払えない・・・」
こんな風に入院費の支払いで困っている人はいませんか?

病院の入院費って、ビックリするぐらい高額ですよね(汗)
軽いケガで数日入院するだけでも、入院費はかなり高くつきます。
でもいくつかの対処法を行うと、負担額は減すことができるんです!

ここからは、入院費が払えない時の対処法について詳しく紹介していきますね。

入院費が払えないとこうなるかも・・・?

病院に入院した際は、入院費や治療費を支払わなければいけません。
入院費の支払いを無視していると、以下のようなトラブルが発生してしまう可能性があります。

入院費の未納によって発生するトラブル
・病院から強制退院させられる
・保証人に入院費が請求される
・裁判で訴えられる

ここではそれぞれのトラブルを一つずつ紹介していきますね。

病院から強制退院させられる

一般的に入院費が未払いの状態でも、病院は治療を拒否することができません。
法律によって「正当な理由がない限り、治療を拒んではならない」と決められているからです。
そのため入院費の未納が原因で、強制退院させられることはほとんどありません。

しかし入院費の未納で病院の経営が悪化してしまう場合は、入院費の未納が原因で病院を追い出されてしまう場合があるんです。
治療が受けられなくなってしまう可能性もあるので、注意してください。

保証人に入院費が請求される

治療を受けた本人が入院費を支払えない場合、保証人や連帯保証人に連絡がいきます。
その時に本人の所在がわからない場合、入院費の支払いはそのまま保証人・連帯保証人に請求されてしまうんです。

保証人になってくれた家族や友達に入院費を払ってもらうなんて、すごく気まずいですよね・・・
場合によっては入院費の支払いが原因で、家族や友達との関係が悪化してしまうかもしれません。
家族や友達との関係を大切にしたいのなら、すぐに入院を払うのがベストです。

裁判で訴えられる

入院した本人だけでなく保証人にも連絡がとれない時は、本人の自宅に内容証明郵便が発送されます。
内容証明郵便は、病院が患者に入院費を催告したことを表す書類です。
この書類が届いた場合、病院は弁護士に相談をして裁判の準備を始めている可能性があります。

そのまま支払いを無視していると、裁判が行われて財産などが差し押さえられてしまうかもしれません。
裁判が起きないか心配な人は、弁護士に相談される前に入院費を支払っておいてくださいね!

入院費が払えない時の対処法

強制退院などのトラブルを避けるには、病院に入院費を支払わなければいけません。
しかし入院費の額によっては、すぐに支払うことができない場合もあるかと思います。
もし入院費の支払いが難しい場合は、以下の対処法を試してみてください!

病院に相談を行う

病院にとって、入院費の未払いは収益悪化につながる一番の原因です。
そのため病院によっては、入院費の分割払いに対応していることがあります。

「今すぐ入院費を支払うのは無理だな・・・」と思った時は、試しに病院へ相談を行ってみましょう!
入院費を滞納する前に相談しておけば、手続きもスムーズに進めることができます。
ただし、一部の病院では対応してもらえないこともあるので気をつけてくださいね。

医療保険制度を活用する

どうしても入院費の支払いが難しい時は、医療保険制度を利用するのがオススメです。
これらの制度を利用すれば、費用負担をかなり減らすことができますよ~♪

たとえば高額療養費制度は、治療費用が一定の限度額を超えた場合に利用できます。
限度額を超えた分のお金は保険で支払うことができるので、患者本人が負担する費用を大幅に減らすことが可能です。
入院費を支払った後に申し込んでおくと、限度額を超えた分のお金をキャッシュバックしてもらうことができます。

高額療養費受領委任払い制度は申請すると、患者本人の代わりに市町村が費用を立て替えてくれる制度です。
保険料さえ支払っていれば、この制度は誰でも利用することができます。

この他にも、医療保険制度にはいろんな制度があるんです。

・高額療養費貸付制度
・中小企業従業員生活資金融資
・傷病手当金
・一部負担金減免制度
・無料低額診療事業

利用条件や手続きに必要な書類は、それぞれの制度ごとに異なります。
これから医療保険制度を利用する人は、自分に適した制度を探してみてくださいね。

ソーシャルワーカーに相談する

 

医療保険制度を利用すれば、入院費の自己負担額を減らすことができます。
でも医療保険制度って内容がかなり複雑で、見ても内容がよく理解できない場合が多いんですよね・・・
そんな時は、ソーシャルワーカーに医療費の支払いを相談してみましょう!

ソーシャルワーカーは保険の説明をしたり、患者の相談に対応したりしてくれる専門家みたいなものです。
それぞれの悩みに合わせて、最適な解決策を提案してくれます。
「いろんな制度をチェックしてみたけど内容が全然わからない!」という人は、ぜひ一度相談してみてくださいね。

対処法が使えない時にオススメなカードローン

入院費の支払いが難しい時は、分割払いや医療保険制度などを利用するのがベストです。
しかし病院によっては、こういった方法が利用できないことがあります。
もし分割払いや医療保険制度などが使えない場合は、こちらのカードローンを利用してくださいね!

4.4

プロミス

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK
4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間

プロミスは安定した収入がある人なら、誰でも利用することができます。
審査を通過することができれば、フリーターや主婦でも融資を受け取ることが可能です。

しかもプロミスは、最短30分で審査回答を確認することができるんです。
うまくいけば、申込日当日にカードローンを利用することができますよ~♪
審査回答がくるまで、何日も待たされることはありません。

借入翌日から30日間は利息0円で利用することができるから、利息を安く抑えたい人にもオススメです。
自力で入院費を払うのが難しい人は、ぜひ活用してくださいね。

まとめ

入院費が払えない時の対処法について紹介しましたけど、どうでしたか?

自力で入院費を支払うことができない時は、状況に合わせて最適な対処法を行うのがベストです。
分割払いや医療保険制度を利用すれば、費用負担を軽くすることができます。
もし病院の都合で制度や分割払いが利用できない時は、カードローンなどを利用するのが最適です。

入院費の支払いで困っている人は、ここで教えた対処法を利用してトラブルを解消してくださいね!

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

気になってる方も多いと思いますが書きます。 ここは使わない方がいいと思います。 仮審査→即OK もうこの時点で逆に不審に思いました。 審査機関をこ...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

4

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP