派遣社員の在籍確認はどこに連絡が入る?派遣先or派遣元?

2020年12月24日

派遣の在籍確認はどこにくる?

派遣社員がカードローンでお金を借りる場合、勤務先を派遣先にしていいのか、派遣元にしてもいいのか悩む方も多いです。

在籍確認の電話はどこにかかるか不安という方もいます。

勤務先や在籍確認先が分からず、審査に落ちてしまうのは本意でないです。

そこで、今回は派遣社員の在籍確認先と、適切な対処法を解説します。

この記事でわかること
  • 派遣社員がカードローンを利用するときの在籍確認は派遣元へ行われる
  • 派遣会社への登録から3ヶ月未満だと、お金を借りられない
  • 派遣会社に登録しただけでは審査通過できない

派遣社員がお金を借りる際の在籍確認方法

派遣社員の場合でも、カードローンを申し込む時は在籍確認が必須です。

派遣社員がお金を借りる際の在籍確認はどこに行われるのでしょうか。

在籍確認は電話での確認となります。

そして、在籍確認の方法は登録先の派遣会社へ連絡を行うケースと、派遣先の会社へ連絡を行うケースの2種類です。

ここでは、それぞれの在籍確認方法を解説します。

カードローンの在籍確認は派遣元会社に行われる

派遣社員がカードローンに申し込む時は、登録先の派遣元会社勤務先として記入するのが一般的です。

大手の金融機関や消費者金融の申し込み画面にも「派遣社員の方は派遣元の会社名を入力してください」と表示されます。

派遣先に突然電話がかかると、怪しまれてカードローンを利用することがバレるため注意しましょう。

また、派遣先の会社によっては電話対応してくれない場合もあります。

勤務先には「派遣元」を記載すべき

カードローンの申し込みをする際に、勤務先には派遣元を記載すべきです。

「勤務先を記載するから、実際に働いている場所を記載した方が良いのではないか」と考える方もいますが、派遣社員の勤務先は雇用を結んでいる会社です。

雇用を結んでいる会社は派遣先ではなく派遣元になるので、カードローンの申し込みをする際には派遣元を記載しましょう。

その際に誤って派遣先の電話番号を登録してしまうと、在籍確認の電話は派遣先にかかります。

派遣先の会社を連絡先に指定すると、在籍確認を取れない可能性があるので注意しましょう。

どうしても派遣先の会社に連絡してほしい場合は、事前に相談しましょう。

場合によっては派遣先で対応してくれることもあります。

在籍確認の電話を避けるのに有効な対処法

派遣社員はそれぞれ勤務形態が異なるため、在籍確認の対応に苦戦するケースが多いです。

登録先の派遣会社によっては、在籍確認の電話に対応してくれない場合もあります。

もし在籍確認の電話に対応するのが難しい場合は、以下の対処法を実践してみましょう。

申込前に金融機関へ相談を行う

「登録先の派遣会社に電話をかけられると困る」、「登録先の派遣会社が在籍確認の電話対応をしてくれない」という場合は金融機関へ相談しましょう。

本人確認の際に担当者に相談して、他の方法を検討してもらうことがベストです。

消費者金融や銀行は融資によって成り立っています。

契約実績を作りたいので、返済が見込める人にはお金を貸し付けたいです。

そのため、親身になって相談すればできる限り対応してくれます。

派遣元名が記載された給与明細書等を提出する

派遣元への在籍確認を避けたい場合、大手の消費者金融では会社名入りの健康保険証や給与明細書などを提出することにより、在籍確認の省略ができます。

「派遣会社にカードローンを利用することがばれたらどうしよう」という方でも、派遣元への電話はないので安心して勤務することが可能です。

そのため、派遣社員の場合は派遣元名が記載された健康保険証や給与明細を準備しておきましょう。

しかし、カードローンを利用する金融機関によって、書類の提出により在籍確認ができるかは異なります。

その点は確認が必要なので注意しておきましょう。

派遣元の会社に相談を行う

書類の提出により在籍確認ができない場合は、派遣元の会社へ相談しましょう。

派遣会社によっては個人情報保護により、派遣社員についての問い合わせに答えられない場合もあります。

それではお金を借りられないので、事前に相談して在籍確認の時だけ電話対応してもらうようにお願いしましょう。

「なぜお金を借りる必要があるのか」を親身になって相談すれば、対応してくれることもあります。

派遣社員が審査を有利に進めるためのポイント

派遣社員がお金を借りることのできる消費者金融や金融機関は存在します。

しかし、審査に落ちることも多いです。

派遣社員が審査を有利に進めるためのポイントには、どのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、派遣社員が審査を有利に進めるためのポイントを詳しく解説します。

国民健康保険証よりも社会保険証のほうが有利

派遣社員は人によって保険証の種類が様々です。

フルタイムでの勤務や長期での雇用の場合は、社会保険への加入が多いです。

しかし、短時間勤務や勤務日数が少ない場合は、社会保険ではなく国民健康保険の派遣社員もいます。

カードローンの審査の際には、国民健康保険よりも社会保険の方が有利になります。

国民健康保険だと審査に落ちるとは限りません。

しかし、消費者金融や金融機関は、「社会保険の方がフルタイムや長期での雇用で安定した収入が見込める」と判断します。

希望借入額は極力低めに設定する

派遣社員がカードローンでお金を借りる場合、収入と希望借入額のバランスが大切です。

収入が低い方に対して、多くの融資をしてくれる銀行や消費者金融はありません。

そのため希望借入額は極力低めに設定しましょう。

そうすることにより審査に通りやすくなります。

また、総量規制により、消費者金融は収入の3分の1までしか貸付できないと定められています。

そのため、借入希望額は収入の3分の1以上記載しないようにしましょう。

借入希望額を記載する際のポイントとしては、「貸したお金をきちんと返済できるか」を重視することです。

消費者金融や金融機関は返済できない方にお金を貸しません。

そのため、事前に返済計画を立てて、返済できる範囲内でお金を借りることが大切です。

勤務年数は長いほうが有利

派遣社員の場合、勤続年数は長い方が審査に通りやすくなります。

「安定して勤務している」、「安定した収入が見込める」ことは審査においてとても重要です。

長く勤めれば勤めるほど、安定した収入があるとみなされます。

そのため、勤続年数が長いほど有利となり、審査に通りやすくなります。

毎月の給料の差はない方が有利

派遣社員は仕事の有無により、月によって収入の額に差がある方もいます。

しかし、審査に通りやすいのは毎月の給料に差がない方です。

「先月の給料は50万円だったけれども今月は10万円だった」という方よりも、「先月も今月も給料は25万円だった」方のほうが審査の際に有利となります。

そのため、カードローンを利用する際は収入の高低差をなくし、毎月コンスタントに稼ぐようにしましょう。

もちろん収入は少しでも高い方が有利です。

その点においても覚えておきましょう。

カードローンの申込みは必ず1社ずつ行う

「複数の金融機関に申し込みすれば、そのぶん審査に通る確率が上がる」という方もいます。

しかし、それは間違いです。

カードローンの申し込みは必ず1社ずつ行うようにしましょう。

申し込み状況は信用情報機関に登録されているので、複数の金融機関に申し込みしていることは簡単に知られてしまいます。

他社に申し込みをしているという事実が分かると、返済能力が低いと判断されてしまうかもしれません。

また信用情報機関には「他の消費者金融や金融機関で借り入れをしているのか」、「過去に金融事故起こしていないか」などの情報も登録されています。

他の消費者金融や金融機関から借入を行っていると、審査に通りにくくなる可能性が高いです。

過去に金融事故起こしていると融資を受けることはできません。

だからといって、「複数の金融機関に申し込みをしていません」、「金融事故を起こした事はありません」などと嘘をついてもバレるので正直に申告しましょう。

また、信用情報には登録期間があります。

信用情報の登録期間が過ぎると削除されるので、登録されている心当たりのある方は、事前に記録が残っているか確認して申し込みを行いましょう。

派遣社員がお金を借りる際の注意点

派遣社員がお金を借りる際には、いくつかの注意点があります。

その注意点に気をつけて申し込みを行わなければ、審査落ちとなる可能性が高いです。

ここでは、スムーズに融資を受けられるよう、派遣社員がお金を借りる際の注意点を解説します。

登録から3か月以上の期間が経過していないと審査に通らない

派遣社員として勤務する期間が長いほど、審査で有利となります。

そのため、派遣先の会社に登録して3ヶ月未満の方は審査に通りません。

派遣先の会社に登録して3ヶ月未満の方は、「安定した収入の見込みがある」と判断されないからです。

ですので、カードローンの申し込みは登録から3か月以上経過して行うようにしましょう。

すでに派遣先の企業で3ヶ月以上継続して仕事をしている方は、審査をクリアできる可能性が十分にあります。

派遣会社に登録しただけでは審査に通らない

「無職ではお金を借りられないので、とりあえず派遣社員に登録しよう」という方もいます。

しかし、派遣社員に登録しただけでは審査に通ることは不可能です。

派遣社員は純正社員と同じ扱いになり、消費者金融や金融機関から正社員の次に高い評価を得られます。

そのため、派遣社員への登録のみを行い、実際には働かずにお金を借りようという方も多いです。

金融機関や消費者金融ではそういった方への融資を防ぐために、収入証明書の提出を義務づけている場合もあります。

また、収入のない派遣社員は無職と同じ扱いをされる場合もあります。

収入が不安定な派遣社員は審査落ちしやすい

カードローンの審査基準は、収入が多いかよりも、収入が安定しているかです。

そのため、収入が不安定な派遣社員は審査落ちしやすいです。

派遣社員でなるべく多くの融資を受けようと思う方は、1ヶ月に50万円の収入を得るよりも、コンスタントに毎月20万円の収入を得た方が良いでしょう。

また、消費者金融や金融機関がWEBサイト上で、「お試し審査」などを行なっている場合もあります。

このサービスは勤務形態・年収・借入希望額を入力しただけで、融資の可否を確認することが可能です。

収入が不安定な派遣社員は、申し込む前にこのような「お試し審査」を利用して、融資可能か確認することをおすすめします。

派遣社員が在籍確認で落ちた時の対処法

派遣社員が在籍確認で落ちた場合、どうすれば良いのでしょうか?

その時の対処法として以下の2点があります。

・給料の前払い制度を利用する
・公的融資を利用する

ここでは、それぞれの方法について詳しく解説していきます。

給料の前払い制度を利用する

派遣会社によっては、給料を前払いしてくれるところもあります。

どうしても給料日までにお金が必要な場合、そのような制度を利用することも検討してみましょう。

特に大手の派遣会社は、前払い制度を設けている場合が多いです。

また、労働基準法第25条に則り、事故や災害などにより緊急でお金が必要な場合は、給料日前にお金を払ってもらえます。

公的融資を利用する

消費者金融や金融機関の審査で落ちた場合、公的融資制度を利用する方法もあります。

コロナウイルスの影響で派遣切りされた場合などは融資受けることが可能です。

派遣社員でも利用できる公的融資は「緊急小口資金」「総合支援資金」の2つがあります。

緊急小口資金は、限度額は20万円以内で、連帯保証人もいりません。

総合支援資金は、世帯人数2人以上であれば月額20万円以内、単身者は月額15万円以内の融資を受けることが可能です。

しかし、「緊急小口資金」と「総合支援資金」を同時に利用できないので、その点においては注意しておきましょう。

まとめ

派遣社員の方の在籍確認は派遣元に行われます。

そのため「勤務先」には、派遣元の情報を記載しましょう。

派遣元の会社が在籍確認に対応してくれない場合は、消費者金融や金融機関に相談しましょう。

場合によっては書類提出により、在籍確認が可能です。

また、国民健康保険よりも、社会保険の方が安定していると見られるため審査に有利です。

長期間の勤務実績を持つ方のほうが審査に有利となるので、派遣会社へ登録して3ヶ月未満の方はお金を借りることはできません。

派遣会社で登録しただけで収入がない方もお金を借りられないので、その点においても注意しましょう。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.3

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

無事に完済できました。 バンクイックと併用して使っていましたが、使いやすかったです。 返済が少し遅れたときも優しく丁寧な対応で安心しました。 ま...

続きを見る

悪い匿名さん

電話の対応する人により、返答が異なっています。最初の方は、申し込みできますということでしたが、分からないことが有り、次に電話対応してくださった方に...

続きを見る

2

アイフル

4.3

平均融資額
10万円
総合評価
4.3
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

銀行系100万消費者系99万で新築建てた時の家具でオーバーしそうな分ダメ元で借りたけど20万で可決。<br /> ありがたや〜<br />

続きを見る

悪い匿名さん

母が心筋梗塞を患ってしまい、私のお給料は全て医療費・入院費に消えてしまいました。1ヵ月分の生活費として30万円を借入しましたが、大学講師という職業は信...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結申込で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

モビットはすべてWEBで契約することができ、借り入れまでの審査時間が圧倒的に短いことが強みです。また、借り入れ申し込みから完済まで一度も電話連絡や郵送...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP