320社カードローンを選ぶ

クレジットカード現金化の隠れた利用法

2017年2月6日

「クレジットカード現金化」「ショッピング枠の現金化」この言葉を聞いたことはありませんか?
これはクレジットカードのショッピング枠を、普通なら現金にできないけど、ある方法で現金化しようというものです。
お金を調達する手段に困っている人や、カードローンの申込みが面倒くさいと思っている方がクレジットカードを現金化するパターンが多いようです。
あとで後述しますが、これはカード会社の利用規約では固く禁じられているものです。
ここではクレジットカード現金化とはいったいなんなのか、またどのようなリスクがあるのか紹介したいと思います。

クレジットカード現金化とは一言でいうと「クレジットカードのショッピング枠をお金に換えること」です。

まずクレジットカードは本来2つの機能を持ちます。

キャッシング機能

クレジットカードを使ってお金を借りることができる機能です。クレジットカード会社の提携銀行、提携ATMでお金を引き出すことが可能です。カードの申込みをするときにキャッシング機能を付けるか付けないかは任意で申込むことができます。もしこの機能が付いていない場合、再審査を受けてキャッシング機能を付け加えることもできます。

ショッピング枠

買い物をするときに、クレジットカードを使って支払いするものです。クレジットカードの加盟店で使うことができます。例えばVISA加盟店、Mastercard加盟店と取扱いしているところでしか使えません。一般的に買い物のときに利用されている使い方です。またネットショッピングの決済もこのショッピング枠の中から支払いがおこなわれます。
クレジットカードのキャッシング機能はATMにカードを挿入して、暗証番号を入力すればカードの限度額内で現金を手にできるという便利なものです。ショッピング時にしか使えないショッピング枠よりは使い勝手がよく、引き出した現金はそのまま自由に使うことができます。

どうしても使い勝手が良すぎるので、キャッシング機能を多用する人が多くなってしまいます。

そうなると利用できるキャッシング枠は0円になってしまいますよね。キャッシング機能で使えるお金が無くなると、「まだ残ってるショッピング枠をどうにか現金化できないか?」となるのが人間の心情です。

実際に「クレジットカード現金化」というのは、一種のブームになったのです。

クレジットカード現金化の誕生

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化の波はどのように生まれてきたのでしょうか?それには2010年に貸金業法改定により、総量規制が適用されたことと、クレーゾーン金利が撤廃されたことがきっかけとされています。
※総量規制とは:消費者金融や信販会社などで年収の1/3以上の金額は借入できませんというもの
※グレーゾーン金利とは:貸金業法改定前に存在した利息制限法で定めた上限金利を超えるもので、出資法に定める上限金利には満たない金利のことです。分かりやすくいうと消費者金融業者は法的に効力があまりなかった利息制限法の上限金利(~20%)を超えて、法的に効力がある出資法で定められた高い金利(29.2%)で貸し付けていたのです。

参照グレーゾーン金利とは?「9.2%の差」のことである。

これによって、通常より多く金利を支払っていた大勢の消費者が、消費者金融に過払い金の請求を求めたことによって、武富士などの大手の消費者金融が倒産するなど大きな事件となりました。

貸金業法改定によって貸金業法が厳しくなったことで、総量規制のように制限もかかったため、以前のようにお金を積極的に貸しても儲からなくなってしまったのです。そこで新たにショッピング枠現金化が注目され、キャッシングよりも審査が厳しくないことから利用者も増えていきました。

そのころ日本は就職難で、良い大学を卒業しても大企業に就職できなかったり、就職が決まらない人がフリーターになったりと、低所得者や非正規雇用者が増え、お金が足りなくて借入れしたいけど、収入が低いゆえにカードローンなどの審査を通過することは難しくなりました。

しかしクレジットカードは審査がそれほど厳しくなく、収入の少ない人でも比較的利用しやすかったので、少額の現金を借入れするためにショッピング枠を現金化を商売にする業者が誕生しました。

クレジットカード現金化とはこのようにお金が欲しいけど、カードローンなどの審査に通りづらい人が現金を手にするための方法です。クレジットカードの利用者が増えたことによってそれを商売にしようと悪い業者が誕生したということなんですね。

どうすれば現金化できるのか?

では実際どのような形で現金化していくのでしょうか。クレジットカードのショッピング機能は、その名の通りショッピングで利用できます。例えばお店で何か買う時に、カードをお店の方に渡して、サインもしくは暗証番号入力すれば商品を買うことができます。支払いは翌月払いが基本で、一括払いから複数回に分ける分割払いにも対応していて、指定の銀行口座から自動引き落としされるようになっています。

普通の利用方法ではクレジットカードのショッピング機能では現金化することはできません。なのでこれを現金化するためにはショッピング枠で何かしら商品を購入し、それを現金に換えるという方法が主流です。

このクレジットカード現金化の方法は主に2つあります。

  • 自分で商品を購入して売買し現金化する
  • 現金化業者を利用して現金化する

ここではリスクが高いとされる現金化業者を利用して現金化する方法の注意点を交えて紹介します。

現金化業者を利用して、クレジットカードのショッピング枠を現金化する代表的な方法として2つの方式があります。

買取方式

業者を介して現金化する方法として、換金性の高い商品をクレジットカードで購入させて、業者がその商品をマージンを差し引いた金額で買い取るというものです。ひと昔前は多かった手法ですが、最近は少なくなったようです。なぜかというと自分で購入して自分で売ってしまった方が手数料もかからずお得だからです。典型的な買取形式の現金化は、新幹線の回数券を金券ショップに持ち込むというものです。新幹線の回数券は換金率が良いと評判で、業者を通さずに自分で現金化しようとする人にとっては人気です。その他に新しい電化製品などをクレジットカードで購入し、中古の買い取り専門店に持ち込むというパターンもありますが、新製品などでもすぐに値が下がるので換金率は良くなく、あまりいい方法とは言えません。

買取方式方式の現金化の流れとして

  • カードで新製品の家電などを購入
  • 購入した商品を業者が買い取り、代金を受け取る
  • 後日、商品の購入代金が口座から引き落とされる

キャッシュバック方式

ネットの業者が多く、業者から指定された「ほとんど価値のない商品」を購入して、商品購入キャッシュバックとして振込みをするという方法です。
例えば業者に申込みすると、指定される販売サイトで指定された商品(パワーストーンや本など)を購入するように指示されます。購入すると業者から、自身の口座へお金が振込されます。現金化されるまでが早いので人気のある方法ですが、換金手数料など発生しますし、その他トラブルが多いようです。およそ50万円の商品を購入すると、手数料を差し引いた40万円前後が手元に残るようです。

キャッシュバック方式では約束が守られない、代金が入金されないなどのトラブルが多発しているようです。換金率は低くても90%~95%、高ければ98%程度にもなると言われていますが、何かと理由をつけられて引き下げてくることもあり、最悪換金率50~60%になるケースも実際にあるようです。

「クレジットカードのショッピング枠を現金化します」このような広告には注意してください。

キャッシュバック方式の現金化の流れとして

  • クレジットカードで指定された価値のない商品を購入
  • キャッシュバックの名目で現金が渡される
  • 後日、商品の購入代金が口座から引き落とされる

現金化したときのリスク

クレジットカード現金化はおすすめする方法ではありません。その理由として以下のことがあげられます。

  • 情報漏えいの危険性
  • 規約違反でクレジットカードが強制解約になる
  • 債務整理をおこなえなくなる可能性がある

情報漏えいの危険性

個人情報が漏れることによって悪用される危険性があります。
クレジットカード現金化の業者は、住所、氏名、クレジットカード番号、などを求めてくる場合があり、これらの個人情報が揃えば簡単に悪用することができ、不正利用される可能性もあります。
この場合紛失や盗難と違って、自分の過失となってしまうのでクレジットカード会社からの保証も受けられなくなってしまいます。

規約違反でクレジットカードが強制解約になる

クレジットカード現金化はカード会社の利用規約で禁止となる行為です。もし現金化したことが発覚した場合クレジットカードの利用停止、最悪には強制解約をさせられることもあります。法に違反しない方法になっていますが、カード会社はショッピング枠の現金化を禁止しています。
規約違反が発覚した場合、利用残高の一括返済を求められることもあるようで、借金が膨らみクレジットカードも利用できなくなるなど最悪なパターンも想定されます。

債務整理をおこなえなくなる可能性がある

借金が多くなってしまい、自己破産などの債務整理に頼ろうとしても、クレジットカードを現金化したことが履歴にのこったり、それが借金の原因であると判明した場合「免責不許可事由」となる恐れがあります。
「免責不許可事由」とは借金の支払い義務を免除することを認めてもらえないことです。クレジットカード現金化は破産法252条1項2号の「廉価処分」(商品を購入して不利益な条件で処分すること)に該当することになり、クレジットカード現金化をやってしまえば、ギャンブルなどで借金が多くなった人と同様に、債務整理が不利または受理されなくなってしまいます。

クレジットカード現金化のまとめ

さまざまなリスクがあるクレジットカード現金化。お金に困るとどうしても周りがみえなくなってしまい、悪質な業者の甘い言葉に乗せられてついつい悪いことに手を出してしまいます。

クレジットカードを現金化するというのは結局その場しのぎでしかありません。それに還元率のことを考えると、ショッピング枠の金額をそのまま手に入れることはできません。
ショッピング枠の50万円を現金化して40万円現金で手に入れたとしても、カード会社に50万円分の商品購入履歴が残っているので返済しなくてはいけないのです。最悪騙されて現金0円になることも……。

そして現金化したことがカード会社に発覚すれば、クレジットカードの利用停止を求められるどころか、最悪自己破産・債務整理などどうしようもなくなったときの逃げ道すらも閉ざしてしまうのです。

「うまい話には裏がある」どうしても困ったときは両親や知人に相談することをおすすめします。もしそれができなければ弁護士や司法書士に相談するか、「国民生活センター」の相談窓口に電話しましょう。

相談は国民生活センターまで

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

子どもが人の車を傷つけてしまい、急に修理費が必要となったため、...

続きを見る

悪い匿名さん

借入が容易であると友人から聞き、プロミスを利用しました。急な転...

続きを見る

2

モビット

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
  • 即日融資OK

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
良い匿名さん

5年前に自己破産を経験しています。クレジットカードは持っていま...

続きを見る

悪い匿名さん

私は生活費が足りずに困った時にモビットを利用してお金を借りたの...

続きを見る

平均融資額
19万円
総合評価
4.3
  • 最高金利の低さが14.0%と目立つ
  • 限度額10万円~800万円と高額借り入れも可能
    ※ご利用は計画的に

公式サイトへ

2.0%〜14.0%※注釈(1)
10万円~800万円
-
-

※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※ご利用は計画的に!

良い匿名さん

勤務先の給与が振り込まれる銀行なので、借入も同じところにしまし...

続きを見る

悪い匿名さん

借り入れも返済も非常に便利で、とても使いやすかったです。これな...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP