友達にお金を借りる!信頼関係を崩さずにお金を借りる方法とは?

2020年4月16日

友達にお金を借りる方法を解説

「生活費が不足しているし、友達にお金を借りれないか相談してみようかな・・・」
こんな風に、友達からお金を借りようと考えている方はいませんか?

友達からお金を借りれば、まとまった額のお金をすぐに用意できます。
しかし取引を行う時は、3つのポイントが重要になります。

それに友達にお金を借りる際は、さまざまなリスクも発生します。
問題なく取引を完了させるには、事前にリスクや重要ポイントを把握しておくことがとても大事です。

ここからは、友達にお金を借りる時の重要ポイントやリスクなどについて解説します。

この記事でわかること
  • 友達にお金を借りるには理由が大事
  • 必ず借用書を作って返済日は守る
  • 友達に借りると人間関係を崩すリスクがある
  • 友達関係を崩さずにお金を借りるならカードローン

友達にお金を借りるときの理由

友達にお金を借りるには、高いハードルがあります。

この人にならお金を貸してもいいと思わせなければお金を借りることはできません。

どういった理由ならお金を貸してもらえるか、下記を参考にお金が借りれる理由かどうか判断してみるといいでしょう。

結婚式や葬式など、高額な費用がかかる場合

冠婚葬祭など高額な費用がかかってしまい、どうしても一部お金が足りない場合ならお金を貸してくれる可能性があります。

正直に金額を言うことで信憑性が増しますし、自分がどれくらい用意できているのかを伝えることで、快くとはいかなくてもお金を貸してもらえる可能性は上がるでしょう。

財布を落として手持ちがない

財布を落とすなど、突発的な事故のような状況であれば友達もお金を貸しやすいでしょう。

理由にもよりますが、常習的にお金が足りなくなる場合は、お金を貸してもらえない可能性が高くなります。

例えば生活費が足りないなど、「今月も足りないなら来月も足りないんじゃないか」と想起させる理由など、貸す側は来月も言われるんじゃないか不安になります。

ギャンブルでお金を借りるのは絶対にダメ

同じギャンブルが好きな友達であれば理解を得られる可能性はありますが、普通は断られます。

さらに貸してもらえるもらえないに関わらず、その後の関係性にヒビが入る可能性があるので、オススメしません。

ギャンブルを理由に、カードローンを申し込んだ場合も、審査に通りにくい可能性もありますので注意しましょう。

友達にお金を借りる手順と方法

資金不足などの理由で友達からお金を借りる際は、以下のポイントが重要になります。

  • 借用書を必ず作成する
  • 希望額は必要最小限に抑える
  • 分割で支払う場合は早めの返済を心がける

友達にお金を借りる時にこのポイントを押さえておくと、トラブルの発生を防ぐことが可能です。
ここではそれぞれのポイントについて詳しく解説します。

借用書を必ず作成する

友達からお金を借りる時は借りた金額を把握するために、借用書を作成しておく必要があります。

友達間での借金は口約束で済ますことが多いと思いますが、このような対応は危険です。
もし借りた金額や返済期日を忘れてしまった場合、友達との間でトラブルが発生してしまいます。

借用書を作成しておけば、借りた金額や返済期日をすぐ確認が可能です。
お金を貸す友達も、安心して取引を行えるようになります。

これから友達にお金を借りる方は、必ず借用書を作成しておいてください。

ちなみに借用書に記入する項目は、以下の7つです。

  1. 作成した日付
  2. 貸主の氏名・住所・押印(直筆のサインでも可)
  3. 借主の 氏名・住所・押印(直筆のサインでも可)
  4. 借りた金額
  5. 金利
  6. 返済期日
  7. 返済方法

借用書が簡単に作成できるテンプレートもありますので確認してみましょう。

外部リンク:借用書テンプレート

希望額は必要最小限に抑える

友達にお金を借りる際は、希望額をなるべく少なく申請するのがベストです。

たとえばもしあなたが友達から「10万円貸してほしい」といわれた場合、すぐお金を渡せますか?
そんな大金、とてもすぐには貸せませんよね。

あなたにお金を貸す友達も全く同じ気持ちです。
希望額が高いと、「本当にお金を返してくれるのかな?」と不安になってしまいます。

万が一返済が滞ってしまえば、人間関係も悪化する可能性が高いです。

友達からお金を借りる際は、希望額を5万円以下に抑えてください。

分割で支払う場合は早めの返済を心がける

借りたお金を一括で返済するのが難しい場合は、友達に相談を行って分割で返済するのが最適です。
ただし分割でお金を支払う際は、返済期間が長引かないよう注意する必要があります。

お金の返済が長引いてしまうと、お金を貸した友達は「いつまで返済が続くのだろう・・・」と不安を感じてしまいます。
場合によっては人間関係が悪化してしまい、今後お金を貸してくれなくなるかもしれません。

友達からお金を借りた時は、最低でも半年以内にはお金を完済できるよう対応してください。

友達にお金を借りる際に発生するリスク

友達からお金を借りる時は、少なからずリスクが発生します。
発生するリスクは、以下の3つです。

友達からの印象が悪くなる可能性がある
人間関係に悪影響が生じてしまう
滞納すると深刻なトラブルに発展してしまう

ここではそれぞれのリスクについて詳しく解説します。

友達からの印象が悪くなる場合がある

友達から「お金を貸してほしい」といわれた時の心情は、人によってそれぞれ異なります。

「友達から頼りにされている」と感じる方もいれば、「自分は大切にされていない」と感じる方もいるかもしれません。
もし友達の心情がネガティブであった場合、あなたの印象が悪くなってしまう可能性が高いです。

そのため友達からお金を借りる際は、自分との関係が深い友達に相談を行うのがベストです。
お互いの信頼関係が高い友達なら、問題なくお金を貸してくれる可能性があります。

これから友達にお金を借りる方は、信頼関係が高い友達に相談を行うようにしてください。

人間関係に悪影響が生じる

友達からお金を借りると、その友達との関係が悪化してしまう危険性があります。

「お金の切れ目が縁の切れ目」という言葉通り、友達からお金を借りるのはかなりリスクの高い行為です。
何度も借金を繰り返していると、友達から「お金にだらしない人」と判断されてしまいます。

一度悪化した人間関係は、簡単には修復ができません。
友達から頻繁にお金を借りるのは、絶対に止めるべきです。

友達から何度もお金を借りている方は早めに完済して、今後は借金をしないよう注意してください。

滞納すると深刻なトラブルに発展する可能性が高い

友達にお金を借りる時は、滞納が発生しないように前もって返済プランを考えておく必要があります。
お金の返済が滞ってしまうと、友達との縁が切れてしまう可能性が高いです。

借りた金額によっては、裁判で訴えられることもあります。
裁判に発展した場合、慰謝料などの費用を請求されてしまうかもしれません。

友達からお金を借りる際は深刻なトラブルが発生しないよう、返済プランをきちんと考えておいてください。

お金を借りたい時はカードローンを代用

友達からお金を借りる行為には、いろんなリスクが付きまといます。
そのためお金を借りる時のリスクを最小限に抑えたい場合は、カードローンを活用するのが最も有効です。

消費者金融や銀行が提供しているカードローンは、審査さえ通過できれば誰でも利用できます。
借入したお金は生活費や引越費用など、いろんな目的に使うことが可能です。

そして何より、カードローンは利用しても友達に迷惑がかかることがありません。
まとまった額のお金を入手しつつ、友達との人間関係も守れます。

やむを得ない理由でお金を借りる必要がある場合は、銀行や消費者金融のカードローンに申し込んでみてください。

今すぐお金が必要な時は消費者金融

今日中にお金を借りたい方は、消費者金融カードローンを利用しましょう。

消費者金融が提供するカードローンは、銀行よりも審査スピードが速いです。
申し込んだその日に審査を完了できるので、審査に通れば当日中にお金を借りることができます。

またWeb申込を活用すれば、どこにいても気軽にカードローン審査に申し込むことが可能です。
カードローンによっては、郵送物や在籍確認の電話なしで申し込むこともできます。

家族や友達には内緒でお金を借りたいという方は、消費者金融に一度申し込みを行ってみてください。

初めてカードローンを契約すると無利息サービスが利用可能

友達にお金を借りるという行為には、【無利息でお金を借りれる】というメリットがあります。
ですがこのメリットは、初めて消費者金融カードローンを申し込んだ方でも受けれます。

大手の消費者金融では、無利息サービスが提供されています。

無利息サービスとは、一定期間無利息でカードローンの借入・返済が行えるようになるサービスです。
サービス期間中は、何度取引しても利息が発生しません。

ただし適用期間が過ぎた後は、通常通りの金利が発生してしまいます。
カードローンの利息をなるべく安く抑えたいという方は、期間内にお金を返済できるよう対応してください。

それぞれの消費者金融が提供している無利息サービスは、以下の通りです。

カードローン名 無利息サービスの種類 サービスの利用条件
プロミス ・初回借入日の翌日から30日間無利息 ・メールアドレスを登録し、
Web明細サービスを利用している方
レイクALSA ・初回契約日の翌日から借入額のうち5万円まで180日間無利息 ・契約額5万円~200万円で、
Web以外の申し込み方法をご利用した方
・初回契約日の翌日から60日間無利息 ・契約額200万円以下で、
Web申し込みをご利用した方
アコム ・初回契約日の翌日から30日間無利息 ・アコムで初めて契約を行う方
アイフル ・初回契約日の翌日から30日間無利息 ・初めてアイフルで契約を行う方

各カードローンの無利息サービスには、利用条件が存在します。
条件を満たしていない場合、無利息サービスを利用できません。

無利息サービスを活用しようと考えている方は、事前に利用条件をよく確認しておきましょう。

スピーディーな審査と金利にこだわる方はプロミス

審査スピードを重視したい方はプロミスがオススメです。プロミスなら審査まで30分、融資まで最短60分で進めれます。

WEB上で審査に申し込めるので、時間が無い方にもオススメです。またプロミスは、上記であげた消費者金融の中で最も年利が低いのも特徴です。

無利息期間に返済ができるか不安な方でも、プロミスなら他社よりもお得にお金を借りれます。

無利息期間で選ぶならレイクALSA

レイクALSAなら選べる無利息キャンペーンで、他社よりも長く金利0円の期間でお金を借りれます。

5万円以内での借り入れを希望するなら、最長180日間もの金利0円期間を利用できます。5万円でも友達に借りようと思うとなかなか言い出しにくい金額です。

レイクALSAなら誰にも迷惑をかけることなくお金が借りれるうえ、借入額のうち5万円まで180日間金利がかからない為、余裕をもって返済にのぞめます。

友達にお金を借りるまとめ

友達にお金を借りる時の重要ポイントやリスクなどに解説しましたが、いかがでしたか?

友達からお金を借りると、人間関係を悪化させてしまうことがあります。
返済が滞ってしまった場合、より深刻なトラブルに発展する可能性が高いです。

そのためお金を借りる必要がある時は、代わりにカードローンを活用するのがオススメです。
消費者金融なら、無利息や即日融資などの要望にも対応できます。

友達にお金を借りる予定の方は人間関係を守るためにも、一度カードローンの利用を検討してみてください!

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

>>>>>4.3

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

無事に完済できました。<br /> バンクイックと併用して使っていましたが、使いやすかったです。<br /> 返済が少し遅れたときも優しく丁寧な対...

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

電話の対応する人により、返答が異なっています。最初の方は、申し込みできますということでしたが、分からないことが有り、次に電話対応してくださった方に...

続きを見る

2

アイフル

>>>>>4.3

平均融資額
10万円
総合評価
4.3
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

銀行系100万消費者系99万で新築建てた時の家具でオーバーしそうな分ダメ元で借りたけど20万で可決。<br /> ありがたや〜<br />

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

母が心筋梗塞を患ってしまい、私のお給料は全て医療費・入院費に消えてしまいました。1ヵ月分の生活費として30万円を借入しましたが、大学講師という職業は信...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結申込で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん>>>>>

モビットはすべてWEBで契約することができ、借り入れまでの審査時間が圧倒的に短いことが強みです。また、借り入れ申し込みから完済まで一度も電話連絡や郵送...

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP