50万円借りたい人必見!目的に合わせた50万円を借りる方法

2020年6月16日

/

「急用で50万円ものお金が必要になったけど、どうやって用意すればいいんだろう・・・」
このような悩みを抱えている方はいませんか?

多額の収入を得ていない限り、50万円もの大金をすぐ用意するのは難しいです。
もし自力でお金を用意するのが難しい場合は、金融機関や他人からお金を借りる必要があります。

お金を借りる方法には、いろいろな種類が存在します。
手続きにかかる時間や難易度は、それぞれの方法ごとに異なるため注意が必要です。

ここでは50万借りたい時に選べる方法や、オススメの借入方法を目的別に解説します。

50万円を借りる方法

50万円を借りたい時は、要望や目的に合わせて方法を選ぶ必要があります。
個人がお金を借りる際によく利用されている方法は、以下の5つです。

家族・友達から借りる
銀行カードローンを利用する
消費者金融カードローンを利用する
目的別ローンを利用する
公的機関の融資制度を利用する

ここではそれぞれの方法について詳しく解説します。

家族・友達から借りる

結論からいうと、友達や家族から50万円借りるのはかなり難易度が高いです。

お金を借りようと考えた場合、大半の方は家族や仲の良い友達を頼ることが多いと思います。
たしかに借りる金額が1万円ほどであれば、すぐにお金を貸してもらえる可能性が高いです。

しかし借入額が50万円ともなれば、話は別です。
貯金がたくさんある方でない限り、借入できる可能性はかなり下がります。

たとえ許可を得ることができても、ほぼ確実にお金が必要な理由を聞かれます。
家族や友達が理由に納得できない場合、融資を断られる可能性が高いです。

銀行カードローンを利用する

銀行カードローンと聞くと、「審査が難しそうだ」と考えてしまうかと思います。
しかし申込条件さえ満たしていれば、難易度はそれほど高くありません。

銀行カードローンは会社員の方だけでなく、専業主婦やアルバイト・パートの方でも利用可能です。
消費者金融よりも低い金利で借入できるので、返済時の利息を節約するのに適しています。

ただし消費者金融と違い、銀行の審査には最短でも2日ほどかかります。
当日中に申込手続きを完了させても、融資の受け取るのは翌営業日以降になることが多いです。

消費者金融カードローンを利用する

消費者金融カードローンは、当日中に50万円借りたい方にオススメです。
この方法を利用すれば、土日祝日でもすぐにお金を用意できます。

また消費者金融カードローンの多くは、WEB申し込みに対応しています。
スマホ・PCさえ持っていれば、契約機や店舗に行くことなく申し込むことが可能です。

ただし消費者金融は、【総量規制】という法律により借入限度額が制限されます。

総量規制とは・・・個人が貸金業者から借りれるお金の額を制限する法律。
この法律により、個人が借入できる金額は年収の1/3までとなっている。

最低でも150万円の年収がない限り、50万円借りることはできません。

目的別ローンを利用する

目的別ローンは、「住宅」「車」などの目的でお金を借りたい時に適切です。

目的別ローンはお金の使用用途が制限される代わり、銀行・消費者金融に比べて金利が低く設定されています。
必要なお金を入手しつつ、返済時の利息を安く抑えることが可能です。

しかしローンの種類によっては、審査結果が出るまで時間がかかる場合があります。
そのため利用する場合は、期日までにお金を用意できるか確認しておくことが重要です。

公的機関の融資制度を利用する

銀行や消費者金融を利用するのが難しい時は、公的機関の融資制度をチェックしてみてください。
各都道府県から提供されている融資制度を利用すると、日常生活や治療などに必要な資金を借りることが可能です。

ただし公的機関の融資制度には、利用条件が存在します。
条件を満たしていない場合、融資制度を申し込むことはできません。

また地域によって、利用できる公的制度の種類は違います。
制度を申請する際は、事前に利用可能な制度を確認しておくことが必要です。

即日で50万借りたい時は消費者金融がピッタリ

ここまで50万借りる方法について解説しましたが、これらの中で即日融資に対応できるのは消費者金融だけです。

銀行カードローンは審査を行う際、警察庁の反社会勢力データベースとの照合を行います。
この作業は全ての銀行で義務付けられているため、即日融資に対応することはできません。

しかし消費者金融はデータベース照合の義務がないため、申込日当日に融資を受け取れます。
WEBからいつでも申込可能なので、忙しくて申し込む暇がないという方にも最適です。

また一部の消費者金融では、無利息サービスが提供されています。
これらのサービスを利用すれば、実質利息0円でお金を借入・返済することが可能です。

各消費者金融の最低返済額・返済総額を比較

消費者金融から50万円借りたい時は、申込前に最低返済額・返済総額を確認しなければいけません。

収入に見合った返済プランを考えるには、返済総額をチェックしておく必要があります。
返済プランをたてずに借入を行ってしまうと、返済が滞ってしまう可能性が高いです。

各カードローンで50万円借りた場合の最低返済額・返済総額は、以下の通りです。

カードローン名 金利 毎月の最低返済額 返済総額
プロミス 年4.5%~17.8% 1万3,000円以上
(借入後残高×2.53%※1,000円未満切り上げ)
74万6,185円
アコム 年3.0%~18.0% 1万5,000円以上
(借入残高の3%以上)
69万8,332円
アイフル 年3.0%~18.0% サイクル制:1万5,000円以上
約定日制:1万3,000円以上
75万1,085円
レイクALSA 年4.5%~18.0% 1万4,000円以上 72万1,462円
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 1万3,000円以上 75万1,085円

毎月の返済額は最低返済額以上であれば、利用者が自由に決定可能です。

ただし1ヵ月ごとの返済額を低く設定してしまうと、返済期間が長くなり高額な利息が発生します。
返済総額を最小限に抑えたい場合は、できるだけ返済期間を短縮できるようにプランを考えてみてください。

消費者金融なら原則収入証明書類なしで借入OK

消費者金融は【貸金業法】という法律に従い、貸付を行っています。
この法律によると、以下の条件に当てはまる場合は収入証明書の提出が必要です。

・借入金額が50万円を超える場合
・借入金額が合計で100万円を超える場合(他社での借入も含む)

ですが借入希望額が50万円までであれば、原則として収入証明書は必要ありません。
本人確認書類さえ用意していれば、誰でも申込可能です。

ただし場合によっては、借入金額が50万円以内でも収入証明書を提出することがあります。
消費者金融に申し込みを行う際は十分注意しておいてください。

長期返済を希望する場合は銀行がオススメ

消費者金融は即日融資に対応できる分、金利が高めに設定されています。
返済負担を抑えたい方には、銀行カードローンがオススメです。

銀行カードローンは消費者金融に比べて、金利が約3%も低く設定されています。
そのため1年以上かけてお金を返済していく場合は、銀行からお金を借りた方がお得です。

また銀行は、【貸金業法】の対象から外れています。
他の金融機関で借入を行っている方でも、安心して申し込みを行うことが可能です。

各銀行カードローンの最低返済額・返済総額を比較

銀行カードローンの最低返済額は、消費者金融カードローンよりも低いです。
そのため毎月の返済額を低く設定してしまうと、消費者金融よりも返済総額が高くなります。

各カードローンの最低返済額・返済総額は以下の通りです。

カードローン名 金利 毎月の最低返済額 返済総額
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
年1.8%~14.6% 1万円以上 77万5,097円
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5% 1万円以上 77万1,600円
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 6,000円以上 185万3,682円
楽天銀行カードローン 年1.9%~14.5% 1万円以上 77万1,600円

最低返済額でローンを完済すると、返済総額はかなり高額になります。

そのため返済負担を軽減したい場合は、毎月の返済額を1万円以上に設定するのがベストです。

銀行への申込時は収入証明書の提出が必須

銀行カードローンは、【銀行法】という法律に従って融資を行っています。
そのため消費者金融と異なり、本来であれば借入時に収入証明書の提出は不要です。

しかし銀行カードローンによる過剰債務が問題視されたことで、最近銀行にも金融庁から厳しい指導が入りました。
今では銀行でも、50万円以上の借入を行う際は収入証明書の提出が必須となっています。

もちろん銀行によっては、借入額が50万円以下でも提出が求められるケースがあります。
銀行カードローンを申し込む時は、収入証明書を忘れないでください。

まとめ

50万借りたい時に選べる方法やオススメの借入方法について解説しましたが、いかがでしたか?

冒頭で説明したように、50万借りたい場合は自分の目的に合わせて最適な方法を選ぶことが大事です。
目的に適した方法を選んでおけば、必要な日時までにきちんとお金を用意できます。

また即日融資を希望する場合は消費者金融カードローン、返済負担を軽減したい場合は銀行カードローンを利用するのがベストです。
これらのカードローンなら、審査を通過するだけでお金を自由に借入できます。

50万借りたいと考えている方はここで紹介した方法を参考にし、必要な額のお金をきちんと準備できるように対応してみてください。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

>>>>>4.3

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

無事に完済できました。<br /> バンクイックと併用して使っていましたが、使いやすかったです。<br /> 返済が少し遅れたときも優しく丁寧な対...

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

電話の対応する人により、返答が異なっています。最初の方は、申し込みできますということでしたが、分からないことが有り、次に電話対応してくださった方に...

続きを見る

2

アイフル

>>>>>4.3

平均融資額
10万円
総合評価
4.3
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

借りてよかった

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

母が心筋梗塞を患ってしまい、私のお給料は全て医療費・入院費に消えてしまいました。1ヵ月分の生活費として30万円を借入しましたが、大学講師という職業は信...

続きを見る

3

アコム

>>>>>4.3

平均融資額
9万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間

お申込みはこちら

3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間

※当社調べ

良い匿名さん>>>>>

少額ですが可決されました

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

クレジットカードの支払いができなかったので、急いで借りられるところを探していましたが、アコムが助けてくれました。日曜日でしたが、無人契約機へ行って...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP