金融とは?銀行や信用金庫、労働金庫など金融機関の種類も紹介

2018年1月15日

金融とは?

みなさんは、金融や経済に関するニュースに興味関心がありますか?

普段からテレビや新聞、インターネットでニュースに触れる機会がある人であれば、しばしば金融・経済に関することを目にすると思います。

しかしながらTPPやGDP、アベノミクス、仮想通貨、金融政策などよくわからない専門用語が飛び交うだけで、いまいち意味がわからないという人もいますよね。

そもそも“金融”についても、知っているようで知らない人が多いのではないでしょうか。そこで今回は、金融に関する基礎的なことをご紹介していきたいと思います。

金融とは?

金融相場

今の時代は本当に便利なもので、インターネットで検索すれば大体のことはわかっちゃいますね。私も分からない時は、インターネットに頼ります。

今回も金融をわかりやすくお伝えするために、下調べしてみました。こんな時に役立つのはやっぱり我らが『Wikipedia(ウィキペディア)』ですよね。

金融(きんゆう、英: finance)とは、一般に、資金余剰者から資金不足者へ資金を融通することをいう。しかし、歴史に残る金融は合理化の手段である。したがって合理的に解釈すれば、ここにいう「不足」とは絶対量のそれではなく、単純に資金需要を指すことになる。

参照元:Wikipedia

ふむ。なるほど。よくわからん。(ドンッ!)

何となくわかったことと言えば、金融は英語で『Finance(ファイナンス)』って言うんだなといったことぐらいですね。

すごく噛み砕いて言うと、金融とはお金を持っている人がお金を必要とする人に貸すことを言います。『お金の貸し借りをやり取りすること』と言えばわかりやすいでしょうか。

なぜ金融というのかというと、『金銭の融通』が略されて金融と呼ばれているのだとか。

欲しいもんあるけど、お金が足りへんなぁ。
お金ないん? 俺、余裕あるしお金貸したろか?
え? まじ? やったー! ラッキー!

このように金銭に余裕のある人が不足している人にお金を融通することを『金融』と呼ぶわけですね。

お金の貸し借りには“信用”が必要不可欠

(いや、でもちょっと待って。貸す言うたけど、あいつほんまに返してくれるんやろか……。めっちゃでかい声で「ラッキー!」言うてたしな。不安なってきたな。)

貸すと言った半面、相手が本当に返してくれるのか不安になってきたようです。確かに無償で他人にお金を貸すのは怖いですね。相手に信用があれば、違ってくるのですが……。

そや! あいつほんまに返せるかわからんから貸す前に信用できるかテストしたろ!

そうですね。それが良いと思います。これがいわゆるカードローンや住宅ローンでお金を借りる際に行われる『審査』です。

信用があると証明して審査通過なるか!?

なぁ、ちょっと聞きたいことあんねんけどいい?
え? なに? そんなんえぇやんか。はよお金貸してや。
聞かへんねやったらお金貸さへんで。仕事何してるん?
仕事? 仕事はアレやで。会社で働いてるで。
何の会社?
え、な、何の? 普通にサラリーマンやってるで。(なんや、なんか探られてるんか? まぁええわ。)
へぇ、どれくらいやってるん?(なんか歯切れ悪いな)
えっと……3年くらいかな?(そんな細かく覚えてへんわ! ちょっと長めに言うたろ!)
そうか、わかった。今すぐは貸せへんから、お金準備できたらまた連絡するわ。(ほんまのことかわからんから、誰かこいつに詳しい人に聞いてみよっと)

人間同士がお互いを疑い合っていますね。人を信じる心ってなんですか? 残念ながら私にはわかりません。しかしながら、これが人間という生き物なのでしょう。

詳しい人に聞いてみた結果

ここで言う“詳しい人”というのは、カードローンなどの金融で言うところの『信用情報機関』になります。

信用情報機関は、お金を借りたい人(申込者)のさまざまな信用情報や借入状況について知ることができる機関です。

他にもお金を借りたい人が実際に働いている勤務先に在籍確認の電話をして、本当に働いているか確認することもあります。

おいお前! 昨日、俺に嘘吐いたやろ!
え!? 嘘なんて吐いてへんで!? なんで!?
お前が働いてる会社の人に聞いてきたわ! 3年ぐらい働いてる言うてたけど、そんなやつ働いてへん言うてたで!
あ、やべ。バレちった。
「バレちった」ちゃうで! 信用できへんからお金は貸さへん! 帰れ!

残念ながら、働いていると嘘を吐いてお金を借りようとしたことがバレてしまったため、信用があると証明できずお金を借りることができませんでした。

そう、金融機関でお金を借りるためには、“信用”が何よりも大切なのです。

返済を分割にできる代わりに金利が発生する

日本円の小銭

この前は、嘘吐いてごめん! あれから気持ち入れ替えて一生懸命働いてるんや! でも欲しいものを手に入れるためには、もう少しお金が必要やねん! 頼む、お金貸してくれ!
ほんまか? この前のおっちゃんにまた確認するで?
なんでも確認してくれ!
ほんまにちゃんと働いてるみたいやな……。でもお前、まとまったお金ちゃんと返せるんか?
そこやねん……。そこで1つお願いがある! 借りたお金に上乗せして返すから、分割で返させてくれへんか?
(まとめて返してくれた方が嬉しいけど、トータルで考えたら貸した金額よりも増えて返ってくるんか……。それやったら良いかもなぁ。)

よっしゃ! ええで!

どうやら二人の間で話が決まったみたいですね。返済回数を分割にして負担を減らす代わりに、借りた金額に上乗せして返すというルールを決めたようです。

この差額として生じるのが、いわゆる『金利』というものですね。

こんな感じで、お金に余裕のある人が足りない人にお金を融通することを金融と呼ぶのです。

お金の融資はさまざまな金融機関が行なっている

お金が入った瓶

金融サービスは、さまざまな金融機関が行なっています。ちなみに金融機関には、どういった機関が含まれるかご存知ですか?

  • 銀行
  • 証券会社
  • 投資信託委託会社
  • 保険会社
  • その他金融機関

大きく分けると、金融機関にはこういった種類があります。もう少し細分化してみましょう。

銀行
・普通銀行(都銀、地銀、第二地銀、外銀、ネット銀 他)
・信託銀行
・協同組織金融機関(信金、信組、労金、農協、漁協)
証券会社
・既存型証券会社
・ネット証券会社
投資信託委託会社
・国内系投信会社(銀行系、証券系、保険系、独立系 他)
・外資系投信会社
保険会社
・生命保険会社(国内生保、外資系生保)
・損害保険会社(国内損保、外資系損保)
・共済(JA共済、全労済、県民共済、コープ共済)
その他金融機関
・郵便局(ゆうちょ銀行)
・クレジットカード会社
・消費者金融会社
・外国為替取引会社(FX会社)
・商品先物取引会社 他

このように金融機関にもさまざまな種類があるんですね。この中でも、カードローンや住宅ローンといったサービスとなると、銀行消費者金融のイメージが強いと思います。

利用する金融機関によって貸付条件やサービス内容が異なる

銀行も消費者金融も、個人向け融資サービスを行なっていますが、それぞれ異なる特徴を持っています。

銀行カードローンの特徴
・低金利
・利用限度額が高額
・審査が厳しい(数日かかる)
・銀行なので安心感が大きい

代表的な銀行カードローンとしてみずほ銀行カードローンを挙げます。メガバンクの1つで安心感が大きいですが、その分審査が厳しい傾向になります。

ただ低金利という点では、非常に魅力的とも言えるので多くの人に利用されている銀行カードローンです。

みずほ銀行カードローン

低金利のみずほ銀行カードローンに申込!

最寄りのみずほ銀行店舗を探す

消費者金融カードローンの特徴
・(銀行と比較して)高金利
・会社によって利用限度額が低いところもある
・審査スピードが早い
・即日融資に対応しているところが多い

代表的な消費者金融カードローンとしては、プロミスが挙げられます。消費者金融の中でも大手に位置づけられており、利用者も非常に多いです。

プロミスは、みずほ銀行と比較すると金利が高いですが、即日審査・最短即日融資に対応しており、今すぐ借りたいという人にはおすすめです。

プロミス

30日間無利息のプロミスに申込!

最寄りのプロミス店舗を探す

【まとめ】金融は余裕のある人が足りない人にお金を融通すること

札束ドン

金融とは、お金を持っている人がない人にお金を融通してあげることを言います。もう少し端的に言うと、お金の貸し借りの取引を行うことです。

例えばカードローンは、お金を借りたい人の信用を元に審査を行い、きちんと返済してくれる人だと判断されればお金を借りることができます。

また基本的に返済する時は、借りた金額にさらに上乗せして返済する必要があります。この差額を金利と言います。貸す側からすれば、この金利が利益になるというわけですね。

金融機関には、銀行消費者金融をはじめ、さまざまな種類があります。利用する金融機関によって、貸付条件やサービス内容が異なります。

借入を検討している場合は、それぞれの金融機関が提供しているローン商品についてしっかりとリサーチした上で、審査の申込をするようにしましょう。

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

自分はアルバイトなので審査結果が不安だったのですが、無事審査も...

続きを見る

悪い匿名さん

アルバイトでお金がなかったので、生活費を借りました。金利が17.8...

続きを見る

2

アコム

4.4

平均融資額
10万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間

公式サイトへ

3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間
良い匿名さん

ちゃんと計画的に利用すれば何も不便なことはないし、 対応が悪い...

続きを見る

悪い匿名さん

友人の結婚式などに呼ばれることとなり、それが立て続けに発生した...

続きを見る

平均融資額
-
総合評価
4.4
  • AI技術を用いたAIスコア・レンディング
  • 年0.8%~年12.0%の低金利

公式サイトへ

年0.8%~年12.0%
10万円~1,000万円
※5月10日時点
最短30分
最短30分
良い匿名さん

ATMで取引する用のカードは存在しないので、借入も返済も基本は振...

続きを見る

悪い匿名さん

個人事業主でチェックが厳しいと予想していたのですが意外に早く結...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP