消費者金融の審査基準を解説!審査に通りやすい人の特徴とは?

2020年6月8日

消費者金融の審査基準とは

消費者金融でお金を借りる場合、Web申し込みに電話、そのほか店頭窓口や無人契約機などで手続きができます。

手軽に申し込みやすいことから、審査通過も簡単にできる、審査内容が甘いのでは?などと考える方も多いかと思います。

たしかに一定の条件さえクリアすれば審査通過は可能です。

しかし、誰でも審査に通過することはないので「甘い」という認識に当てはまらないのが正直なところでしょう。

審査基準は各社違いがありますが、共通していえるのは「返済能力があるかどうか」と「信用情報は健全か」であることは間違いありません。

そこで今回は消費者金融の審査について、以下のポイントを解説します。

  • 消費者金融の審査は決して甘くない
  • 消費者金融の審査基準
  • 審査に通る人の特徴
  • 審査に落ちる人の特徴
  • 銀行カードローンとの違い

消費者金融の審査は決して甘くありませんが、審査基準を理解し対策することで、安心して申し込み手続きができるようになります。

消費者金融によって審査通過難易度の違いはあるかもしれませんが、それらの詳細は公表されていません。

また、インターネット上に「審査が甘い消費者金融はどこなのか」という記事もあります。

そちらを参考にして申し込んでも、審査通過する保証はありませんので、申し込む際には注意しましょう。

消費者金融の審査基準

審査の基準を解説

消費者金融の審査基準は各会社によって多少の違いはありますが、基本的に以下の3点が重要になるでしょう。

  • 安定的かつ継続した収入があるか
  • 他社借入の総額が年収3分の1を超えていないか
  • ブラックリストに登録されていないか

前提として消費者金融では、お金を借りたら返済しなければいけません

そのため、確実に支払いをおこなってもらえる相手かどうかを審査で判断していきます。

安定的かつ継続した収入があるか

消費者金融の利用条件を確認すると年齢が20歳以上を超えていること以外に「安定した収入があること」という記載があります。

消費者金融の審査において、返済能力があるかどうかは通過のための重要なポイントです。

そのため、仕事をしていない方または専業主婦の方は安定した収入がない為、返済能力がないと判断され審査通過は難しいでしょう。

安定した収入とは2ヶ月以上申込者本人が仕事をして収入を得ている状態を指します。

正社員でなくても、パートやアルバイトの方でもその条件に当てはまりますので、収入が少なくても問題はありません。

ただし日雇いアルバイトや、数日~数か月間の短い契約期間で働いている方などは、条件を満たしていないと判断されます。

他社借入の総額が年収3分の1を超えていないか

他社の消費者金融をはじめ、クレジットカードのキャッシングで年収の3分の1を超える借入がある場合は、新規申し込みをしても審査に通過できません。

消費者金融では上限金利に過度な貸付を抑制する目的の「貸金業法」が適応されます。

なかでも消費者金融、信販会社といった業者が対象の貸金業法の中に「総量規制」という制度があります。

総量規制の規定では「貸金業者は利用者年収の3分の1を超えて貸付してはならない」とされています。

貸金業者が総量規制を無視し、年収の3分の1を超える貸付を行った場合、法律違反となり営業停止などの厳しい処分を受けてしまうでしょう。

このような理由から、現在の総借入額が総量規制の枠内を超えている場合は、審査落ちとなるのです。

すでに他社で借入がある場合、自身の年収と総借入額をしっかりとチェックしてください。

年収の3分の1内に収まっている場合は、申し込み手続をしても問題ないといえるでしょう。

ブラックリストに登録されていないか

信用情報機構に借金のトラブルによる履歴があると、審査通過が難しいでしょう。

信用情報機構では他社借入状況ついて確認できます。

ローン支払いの滞納が続いていたり、強制解約や債務整理をした履歴記載があると「ブラックリストに登録されている方」と判断されてしまいます。

ブラックリストは登録後5~10年で削除されますが、登録期間内は審査通過することはまずありません。

削除されたのを確認してから新規申し込みをするようにしてください。

なお、自分がブラックリストに登録されているのかどうかを知るには、個人信用情報を管理する信用情報機関に開示請求をおこなう必要があります。

インターネットや窓口で請求手続きができるので、気になる方は一度チェックしてみると良いかもしれません。

ただし、開示請求を行う際、窓口以外は全て自宅住所に届けられます。

同居している方に見られてしまう可能性がありますので、注意しておきましょう。

参考リンク:日本信用情報機構(JICC) 指定信用情報機関(CIC)

審査通過できる割合は各社で違う

審査に通過する為の条件や基準は上記で解説したとおりです。

それでは、実際にどれだけの方が審査に通過できているのでしょうか。

各社で微差はあるものの、おおよそ半数以上の方が審査に落ちています。

審査通過率を公表している業者は少なく、出ている情報は限られますが、代表的な3社の3ヶ月間実績は以下となります。

消費者金融名 2020年1月 2020年2月 2020年3月 平均通過率
アコム 40.6% 42.2% 42.4% 41.7%
プロミス 42.4% 44.9% 42.3% 43.2%
アイフル 45.7% 45.8% 44.5% 45.3%

上記の表を確認して頂いてもわかる通り、審査通過は決して甘いものではありません。

しっかりと対策をしたうえで審査に臨めば、審査通過率を上げることは可能ですので、自分の収入や他社借入額を把握しておきましょう。

消費者金融の審査に通る人の特徴

スーツの男性

消費者金融の審査に通る人の特徴はいくつかありますが、申し込み時に一定の条件を満たさなければなりません。

以下に消費者金融の審査に通りやすい人の特徴の中から代表的なものをリスト化しました。

■消費者金融の審査に通る人の特徴

・正社員、非正規社員関係なく勤務年数が長い

・安定した収入を継続的に得ている

・他社からの借り入れがない、総量規制枠内に余裕がある

・在籍確認を完了させられる

・希望申し込み額が低い

・個人信用情報の内容が良好

すでに解説した部分もありますが、審査通過において大切なのは、「お金を貸しても確実に返してもらえる、返済能力と信用力がある」です。

審査通過が不安な場合、まずはこれらの特徴を参考にして自分の属性や条件を変えてみてください。

逆に上記の項目に当てはまっているなら、審査に申し込んでお金を借りれる可能性は高いでしょう。

消費者金融の審査に落ちる人の特徴

複数社から借入してる男性

消費者金融の審査に通過する人の特徴だけでなく、落ちる人の特徴も知っておくことも大切です。

■消費者金融の審査に落ちる人の特徴

・他社からの借入件数と残高が多い

・他社の借入限度額と今回の借入希望額を合わせて年収3分の1以上を超えている

・個人信用情報に金融事故情報がある(ブラックリストの状態)

・短期間に複数のカードローンに申し込んだ(半年以内に2回以上)

・個人信用情報に何も履歴がない人(スーパーホワイトの状態)

他社からの借入件数と残高が多ければ、支払い能力がないと判断される可能性が高いでしょう。

総量規制内におさまらない貸付は法律で禁止されているので審査に落ちます。

また、すでに解説したブラックリストの状態になっている可能性があります。

そのほか審査落ちが不安で、複数の消費者金融に申し込みをすると、審査落ち理由のひとつです。

消費者金融では個人信用情報を共有している為、新規申し込みの履歴はすべて確認できるからです。

ではなぜ、短期間に申込をすると審査に影響があるのでしょうか。以下の理由が主な理由となります。

・複数の申込をする人は返済能力が低く、貸し倒れのリスクが高いと判断される

・犯罪利用のリスクがある

最後に、個人信用情報に何も履歴がない人はスーパーホワイトの状態となります。

ブラックリストは登録後5~10年で削除されると解説しましたが、要するに削除された後は何も情報がない状態=真っ白ということになります。

若年層ならまだしも、ある程度の年齢に達した方がスーパーホワイトな場合、この方は元ブラックの方なのでは?と判断されることがあります。

もちろんすべての消費者金融でスーパーホワイトを理由に審査落ちさせることはありませんが、原因として知っておくと良いかもしれません。

審査に通りやすい金融機関

審査通過は難しいと記述しましたが、その中でも審査に通りやすい金融機関を紹介していきます。

お金を借りれる金融機関は大きく分けて、銀行と消費者金融があります。

では、銀行と消費者金融ではどちらが審査通過しやすいのでしょうか。それは消費者金融でしょう。

銀行にも個人向け無担保ローンの商品は存在しますが、消費者金融よりも審査は厳しくなります。

審査に落ちる人の特徴に当てはまる人は、消費者金融のなかでも審査に通りやすい可能性がある業者を利用するといいでしょう。

独自の審査基準を持っている中小消費者金融

大手消費者金融は、総量規制枠内に多少の余裕がある場合でも、審査に通らない可能性があります。

しかし、中小の消費者金融は独自の審査基準によって判断している為、大手よりも審査に通りやすい可能性があります。

大手で審査に通らない場合は、中小消費者金融を利用してみてはいかがでしょうか。

最短45分で審査可能なキャッシングのアロー

大手消費者金融で審査不安な方は、キャッシングのアローを利用してみてもいいでしょう。

キャッシングのアローは、名古屋を拠点に全国を対象とした貸金業務を行っている企業です。

もちろん、日本貸金業会に加盟している貸金業者ですので、闇金ではありません。

年率は15.00%~19.94%と、大手の消費者金融よりも高くなりますが、柔軟な対応に加え大手と遜色ないほどの審査スピードが特徴の消費者金融です。

ネットキャッシングの為、審査通過後必要なときに素早く融資をおこなってもらえるのもアローの特徴といえるでしょう。

最短即日融資も可能なフクホー

関西を拠点に全国を対象に貸金業務を行っているフクホーでは、最短即日で融資も可能となっています。

フクホーは全国のセブンイレブンから契約書を発行し、郵送にて審査に申込するか、店頭で直接審査に申込する必要があります。

審査には複数の本人確認書類や、証明書が必要になりますので、あらかじめ用意しておくとよいでしょう。

必要となる証明書は以下となります。

本人確認書類
運転免許証、健康保険証、パスポートなど
住民票の原本
本籍が記載されているもの
収入を証明できる書類
給与明細書、源泉徴収票、所得証明書

アロー同様、中小消費者金融の部類に入るフクホーも、独自の審査基準により融資を決定しています。

少額でもいいから融資をしてほしい方は、申込をしてもいいかもしれません。

消費者金融と銀行の審査基準の違い

消費者金融と銀行の違い

カードローンは消費者金融以外に銀行でも取り扱っていますが、主な違いとなるのが以下の5点です。

  • 総量規制
  • 金利の低さ
  • 無利息期間がない
  • 即日融資に対応しない
  • 在籍確認の方法

それぞれについて詳しく解説していきましょう。

総量規制の適用の違い

消費者金融カードローンは貸金業法が適用になることを解説しましたが、銀行カードローンで適用になるのは銀行法です。

総量規制関係なく借入ができる特徴があり、高額の借入にも対応できて消費者金融の総量規制が理由に借入できなかった方も銀行カードローンならば利用できました。

しかし、最近の銀行は過剰融資に対する自主規制をおこなっています。

貸付上限額を年収の1/2や1/3までに規制する銀行もあるなど、審査難易度は厳しめです。

そのため、実際のところは大きな違いにならない部分かもしれません。

金利の低さの違い

銀行カードローンは、消費者金融のカードローン以上に金利が低く設定されています。

上限金利で比較した場合、消費者金融が18.0%程度なのに対し、銀行カードローンは14.5%程度で利用できるようになっています。

消費者金融は無利息期間がある

アコムやアイフル・プロミスをはじめ、多くの消費者金融で無利息サービスの期間がありますが、銀行カードローンにはそのようなサービスがありません。

基本的に無利息期間は30日間なことが多いですが、無利息期間内で返済が済めば利息を1円も支払う必要がないです。銀行カードローンを利用するよりも返済金額をおさえられる場合もあるので、お得に借り入れができます。

銀行は即日融資に対応しない

即日融資に対応する消費者金融カードローンに対し、銀行カードローンは即日融資に対応しません。銀行は自社で審査をおこなわず保証会社に委託することがほとんどなので、どうしても時間がかかってしまうからです。

また、銀行カードローンは「反社チェック」という、警察庁への個人のデータ照会をおこなう必要があることも即日融資不可の理由となります。

在籍確認の方法の違い

銀行カードローンと消費者金融カードローンでは、在籍確認の方法に違いがあります。

申込人の勤務先に電話をかける在籍確認は、銀行カードローンでは必ずおこないます。それに対し一部の消費者金融では、社員証明書、健康保険証などの書類で在籍確認を可能とする場合があるのです。

ただし、書類確認で済むのは50万円以内の少額借入のみとなるので、高額借入が必要な場合は在籍確認があると思ってください。

金融機関以外の借入先も検討する

金融機関以外からお金を借りる方法たち

審査に通らなかった、または不安だという方は、金融機関以外の借入先を検討してみましょう。

多くはありませんが、国や地方自治体、質屋などの借入先を利用することで問題を解決できる可能性があります。

以下の内容を参考に、検討してみてはいかがでしょうか。

国や地方自治体の扶助制度を利用する

国や地方自治体からお金を借りることができます。

原則として、生活が苦しい方や、冠婚葬祭で突発的な支出のみの貸付になります。

その為、娯楽や趣向品には融資してもらえない可能性がありますので、注意しておきましょう。

総合支援資金(生活支援費)
貸付限度額:2人以上の世帯なら月20万円、単身世帯なら月15万円以内

保証人:原則必要だが、無しの場合は貸付利子が発生する

福祉資金(緊急小口資金)
貸付限度額:10万円以内

保証人:不要

上記の制度を利用することで、お金を借りることができます。

返済開始もカードローンとは違い、据置期間が設けられている為、すぐに返済しなくてもいいというメリットがあります。

ただし、制度の利用には生活が困っている理由(職を失った・身体的な理由で働けなくなった 等)が必要になりますので、カードローンを利用するよりも難易度は高いでしょう。

質屋で手持ちのブランド物を質入れする

手持ちのブランド物のバッグや時計などがある場合は、質屋に質入れしてお金を借りることを検討しましょう。

質屋では、持ち込み商品に応じて融資をしてくれます。

質入れから3ヶ月以内に利子と元本を返済することで、質入れした商品も手元に戻すことも可能です。

ただし、3ヶ月を経過すると、質入れした商品は他の方へ流れてしまう可能性が高いので、絶対に手元から離したくない物を質入れするのはやめておきましょう。

親や親しい友人からお金を借りる

お金を借りる定番として、親や親しい友人から借りるという選択もあります。

親であれば、よほどのことでない限りは、お金を貸してもらえるでしょう。

親しい友人でも、理由によりますが少額のお金を貸してもらうのは、それほど難しくはないでしょう。

ただし、以下の事は気を付けておかなければ、今後の関係を悪化させる可能性があります。

・嘘の理由でお金を借りない・返済期日を決めて、返済を滞らせない

・借用書は自分から用意しておく

・感謝の気持ちも込めて、返済金額を多めにしておく

お金を借りることは、相手にとっても大変なリスクを背負うことです。

相手が少しでも負担にならないように配慮してあげるようにしましょう

まとめ

消費者金融の審査は甘いという声はよく見かけますが、実際のところ審査に通過しなければ利用できません。ただし、過去に金融事故を起こしていないことをはじめ、安定した収入を得られる仕事をしている、借入希望額を低めに申し込むなどすれば審査通過の可能性は高くなるでしょう。

また、銀行カードローンと消費者金融カードローンには違いがあるので、それぞれを比較して利用しやすい方を選んでみても良いかもしれません。

この記事のアドバイザー

矢倉 義之先生
1975年大阪府守口市出身。
大学卒業後、上場住宅会社に入社し、営業職として3年間勤務。
その後、父親が所長を務める矢倉会計事務所に勤務し、税理士資格取得後。
2010年に独立して矢倉税理士事務所を開業。
2016年に父親の引退により矢倉会計事務所と合併し現在に至る。
金融・ファイナンスの知識が豊富でカードローンコンペの監修に携わっている。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

アイフル

>>>>>4.3

平均融資額
10万円
総合評価
4.3
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

借りてよかった

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

母が心筋梗塞を患ってしまい、私のお給料は全て医療費・入院費に消えてしまいました。1ヵ月分の生活費として30万円を借入しましたが、大学講師という職業は信...

続きを見る

2

プロミス

>>>>>4.3

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

電話の対応する人により、返答が異なっています。最初の方は、申し込みできますということでしたが、分からないことが有り、次に電話対応してくださった方に...

続きを見る

3

アコム

>>>>>4.3

平均融資額
9万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間

お申込みはこちら

3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間

※当社調べ

良い匿名さん>>>>>

少額ですが可決されました

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

初めてなので少し不安ですが宜しくお願いします

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP