消費者金融の審査基準を解説!審査に通りやすい人の特徴とは?

2020年1月30日

消費者金融の審査基準とは

消費者金融でお金を借りたい場合、Web申し込みに電話、そのほかにも店頭窓口や無人契約機などで手続きができます。思い立ったタイミングで手軽に申し込みやすいことから、審査通過も簡単にできる、審査内容が甘いのでは?などと考える方も多いかと思います。

たしかにある一定の条件さえクリアすれば審査通過はしやすいです。しかし、誰でも審査に通過することはないので「甘い」という認識に当てはまらないのが正直なところでしょう。

そこで今回は消費者金融の審査について、以下のポイントを解説します。

  • 消費者金融の審査は決して甘くない
  • 消費者金融の審査基準
  • 審査に通る人の特徴
  • 審査に落ちる人の特徴
  • 銀行カードローンとの違い

消費者金融の審査は甘い?最後までチェックすれば消費者金融の審査についての知識が高まり、安心して申し込み手続きができるようになります。

冒頭でも述べたように、消費者金融の審査が甘いことはありません。この後に解説する審査基準をクリアしなくてはなりませんし、過去の借金でトラブルがあったり支払い能力がなかったりすれば利用は難しいでしょう。

たしかに消費者金融会社によって審査通過難易度の違いはあるかもしれませんが、それらの詳細は公表されていないです。

また、インターネット上に「審査が甘い消費者金融はどこなのか」という記事もあります。そちらを参考にして申し込んでみるのも良いですが、そこで審査通過する保証はないです。

消費者金融の審査基準

消費者金融の審査基準は各会社によって多少の違いはありますが、基本的に以下の3点が重要になるでしょう。

  • 安定的な収入があるか
  • 他社借入の総額が年収3分の1を超えていないか
  • ブラックリストに登録されていないか

安定的な収入があるか消費者金融では、お金を貸したら返済してもらわないと困ります。そのため、確実に支払いをおこなってもらえる相手かどうかを審査で判断していきます。

消費者金融の利用条件を確認すると年齢が20歳以上を超えていること以外に「安定した収入があること」という記載があります。

 

消費者金融の審査において、返済能力があるかどうかは通過のための重要なポイントです。そのため、仕事をしていない方は安定した収入がないので返済能力がないと判断。審査通過することはできないでしょう。

安定した収入があることとは申込者本人が何らかの仕事をしている状態で、正社員でなくても、パートやアルバイトの方も含まれます。そのため、日雇いのアルバイトを気が向いたときだけしている、契約期間が数か月のみの期間限定社員などでは条件を満たしていないと判断できます。

 

消費者金融会社では審査を通過した相手に応じた利用限度額を設定。利用者はその枠内で自由にお金を借りたり返したりできます。お金を借りても毎月しっかりと返済してくれれば消費者金融側も元金はもちろん、利息で収益を得られます。しかし、返済がなければ貸し倒れとなり、消費者金融側の損になるだけです。

お金を貸しても返済をしてもらえるかを審査で判断します。収入がない方が申し込んだ場合「返済のためのお金はどこから用意するのだろう?」と消費者金融は受け止め、返済能力がないと判断するのは自然なことです。

他社借入の総額が年収3分の1を超えていないか

他社の消費者金融をはじめ、そのほかにもクレジットカードのキャッシングで年収の3分の1を超える借入がある場合は新規申し込みをしても審査通過はしません。消費者金融では上限金利に過度な貸し出しを抑制する目的の「貸金業法」という法律が適用されるからです。

消費者金融、信販会社といった貸金業者が対象の貸金業法の中に「総量規制」という制度があります。そこには「貸金業者は利用者年収の3分の1を超えて貸付してはならない」とされています。

もし、貸金業者が総量規制を無視した場合、法律違反となり厳しい処分を受けてしまうでしょう。このような理由から、現在の総借入額が総量規制を超えているとなった場合は審査落ちとなるのです。すでに他社で借入がある場合、自身の年収と総借入額をしっかりとチェックしてください。そのうえで総量規制をクリアしていたら申し込み手続きをおこないましょう。

ブラックリストに登録されていないか

個人信用情報に借金のトラブルによる履歴があると、審査通過がとても難しいです。

個人信用情報には他社の借金の利用について確認できます。そこで支払いの滞納が続いていたり、強制解約や債務整理をした履歴記載があったりする場合、「ブラックリストに登録されている方」と判断されて審査に悪影響を及ぼす可能性が高いでしょう。

ブラックリストは登録後5~10年で削除されますが、登録期間内は審査通過することはまずありません。削除されたのを確認してから新規申し込みをするようにしてください。

なお、自分がブラックリストに登録されているのかどうかを知るには、個人信用情報を管理する信用情報機関に開示請求をおこなう必要があります。インターネットなどから請求手続きができるので、気になる方は一度チェックしてみると良いかもしれません。

消費者金融の審査に通る人の特徴

消費者金融の審査に通る人の特徴はいくつかありますが、申し込み時に一定の条件を満たしていると有利です。

以下に消費者金融の審査に通りやすい人の特徴の中から代表的なものをリスト化しました。

■消費者金融の審査に通る人の特徴・正社員・非正規社員関係なく勤務年数が長い人

・安定した収入を継続的に得ている人

・他社からの借り入れがない、総量規制内に余裕のある人

・在籍確認を確実に完了させられる人

・希望申し込み額が低い人

・個人信用情報の内容が良好な人

すでに解説した部分もありますが「お金を貸しても確実に返してもらえる」「返済能力と信用力のある」ことが審査通過において大切です。

審査通過が不安な場合、まずはこれらの特徴を参考にして自分の属性や条件を変えてみてください。そうすることで、消費者金融からの評価を得られるでしょう。

消費者金融の審査に落ちる人の特徴

消費者金融の審査に通過する人の特徴だけでなく、落ちる人の特徴も知っておくと申し込みがスムーズになるでしょう。

■消費者金融の審査に落ちる人の特徴・他社からの借入件数と残高が多い

・他社の借入限度額と今回の借入希望額を合わせて年収3分の1以上を超えている

・個人信用情報に金融事故情報がある(ブラックリストの状態)

・短期間に複数の借金に申し込んだ

・個人信用情報に何も履歴がない人(スーパーホワイトの状態)

まず、他社からの借入件数と残高が多ければ支払い能力がないと判断されますし、総量規制内におさまらない貸し出しは法律で禁止されているので審査に落ちます。また、すでに解説したブラックリストの状態があります。

そのほかに審査落ちが不安で複数の消費者金融に申し込みをすることがあるかもしれませんが、こちらも審査落ちの理由となるでしょう。これは消費者金融で個人信用情報を共有しているので新規申し込みの履歴はすべて確認できるからです。

複数の借金に申し込み=お金がない、自己破産のリスクがあるのでは?などと判断。審査落ちとなりやすいです。

最後に、個人信用情報に何も履歴がない人はスーパーホワイトの状態となります。ブラックリストは登録後5~10年で削除されると解説しましたが、要するに削除された後は何も情報がない状態=真っ白ということになります。

若年層ならまだしも、ある程度の年齢に達した方がスーパーホワイトな場合、この方は元ブラックの方なのでは?と判断されることがあります。もちろんすべての消費者金融でスーパーホワイトを理由に審査落ちさせることはありませんが、原因として知っておくと良いかもしれません。

銀行カードローンとはどう違う?

カードローンは消費者金融以外に銀行でも取り扱っていますが、主な違いとなるのが以下の5点です。

  • 総量規制
  • 金利の低さ
  • 無利息期間がない
  • 即日融資に対応しない
  • 在籍確認の方法

それぞれについて詳しく解説していきましょう。

総量規制

消費者金融カードローンは貸金業法が適用になることを解説しましたが、銀行カードローンで適用になるのは銀行法です。

総量規制関係なく借入ができる特徴があり、高額の借入にも対応できて消費者金融の総量規制が理由に借入できなかった方も銀行カードローンならば利用できました。

しかし、最近の銀行は過剰融資に対する自主規制をおこなっています。貸付上限額を年収の1/2や1/3までに規制する銀行もあるなど、審査難易度は厳しめです。

そのため、実際のところは大きな違いにならない部分かもしれません。

金利の低さ

銀行カードローンは、消費者金融のカードローン以上に金利が低く設定されています。

上限金利で比較した場合、消費者金融が18.0%程度なのに対し、銀行カードローンは14.5%程度で利用できるようになっています。

無利息期間がない

アコム、アイフル、プロミスをはじめ、多くの消費者金融で無利息サービスの期間がありますが、銀行カードローンにはそのようなサービスがありません。

基本的に無利息期間は30日間なことが多いですが、無利息期間内で返済が済めば利息を1円も支払う必要がないです。銀行カードローンを利用するよりも返済金額をおさえられる場合もあるので、お得に借り入れができます。

即日融資に対応しない

即日融資に対応する消費者金融カードローンに対し、銀行カードローンは即日融資に対応しません。銀行は自社で審査をおこなわず保証会社に委託することがほとんどなので、どうしても時間がかかってしまうからです。

また、銀行カードローンは「反社チェック」という、警察庁への個人のデータ照会をおこなう必要があることも即日融資不可の理由となります。

在籍確認の方法

銀行カードローンと消費者金融カードローンでは、在籍確認の方法に違いがあります。

申込人の勤務先に電話をかける在籍確認は、銀行カードローンでは必ずおこないます。それに対し一部の消費者金融では、社員証明書、健康保険証などの書類で在籍確認を可能とする場合があるのです。

ただし、書類確認で済むのは50万円以内の少額借入のみとなるので、高額借入が必要な場合は在籍確認があると思ってください。

まとめ

消費者金融の審査は甘いという声はよく見かけますが、実際のところ審査に通過しなければ利用できません。ただし、過去に金融事故を起こしていないことをはじめ、安定した収入を得られる仕事をしている、借入希望額を低めに申し込むなどすれば審査通過の可能性は高くなるでしょう。

また、銀行カードローンと消費者金融カードローンには違いがあるので、それぞれを比較して利用しやすい方を選んでみても良いかもしれません。

◯この記事のアドバイザー◯
行政書士として相続・遺言など民事を中心に業務を扱い。
企業・個人からの「お金」に関する悩み・問題を幅広く解決している。
1級FP技能士として資産運用、各種許可証、会社設立に携わっている。
契約書の作成、チェックなど、個人から法人まで幅広くサポートを行っている。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

アコム

4.3

平均融資額
9万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間

お申込みはこちら

3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間

※当社調べ

良い匿名さん

少額ですが可決されました

続きを見る

悪い匿名さん

大手だと思って安心してら大間違いです!。ちょっと返済を送れただけで毎日毎日電話。仕事で忙しいというのにイライラMax。二度と借りないですこんなところ

続きを見る

2

プロミス

4.3

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

気になってる方も多いと思いますが書きます。 ここは使わない方がいいと思います。 仮審査→即OK もうこの時点で逆に不審に思いました。 審査機関をこ...

続きを見る

3

アイフル

4.3

平均融資額
10万円
総合評価
4.3
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

事業ローンで80万円希望だったけど、50万円可決して非常に助かった。 既存借り入れは、6件で150万円。 借り入れをおこなってから一度も延滞なし。

続きを見る

悪い匿名さん

ギャンブルで大勝して一括返済する...それは一回叶った。万枚を出して15万を一気に返済したのですが、そこから増額アップの電話が。2度借りることはないと思...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP