電気代を滞納するとどうなる?電気料金を払えないリスクと対処方法

2019年11月19日

電気代払えない

「今月の収入が少なすぎて、どう頑張っても電気代が払えない・・・」
こういった理由で電気代を滞納した方はいませんか?

電気代を滞納してしまうと、電力会社から催促のハガキや電話が届くようになります。
そのままにしておくと電気を止められてしまい、日常生活にも悪影響が出る可能性が高いです。

しかし電気代を滞納した時には、この他にもさまざまなリスクが発生してしまいます。

ここでは電気代が払えないことで発生するリスクや、払えない時の対処法などについて解説します。

電気代が払えないことで発生するリスク

電気代が払えない状態が続くと、以下のようなリスクが発生します。

  • 自宅への送電が停止される
  • 延滞利息が発生する
  • 法的措置で財産が差し押さえられる

それぞれのリスクの内容は、以下の通りです。

自宅への送電が停止される

電気代の支払期限は、【支払期限日】と【最終期限日】の2回に分けられています。
支払期限日を過ぎてしまっても、最終期限日までに電気代を支払えば問題はありません。

各電力会社の支払期限日・最終期限日は、以下の通りです。

電力会社名 支払期限日 最終期限日
東京電力 検針日の翌日から30日目 支払期限の翌日から20日目
北海道電力 支払期限の翌日から20日目
東北電力 支払期限の翌日から20日目
北陸電力 支払期限の翌日から2~3週間後
中部電力 支払期限の翌日から20日目
関西電力 支払期限の翌日から20日目
中国電力 支払期限日の後、事前通知が届いてから
四国電力 支払期限の翌日から20日目
九州電力 支払期限の翌日から10日目
沖縄電力 支払期限の翌日から20日目(一部地域は30日目)

この最終期限日を過ぎてしまうと、自宅に送電停止前通知の電話やハガキが届きます。
送電停止前通知は、「○○日までに支払いがない場合、送電を停止します」といった内容の最終通告です。

通知に記載された期日までに支払いを行わないと、自宅への送電が全て止められてしまいます。

この停止措置は、滞納している電気代を支払わない限り解除されません。
自宅に送電停止前通知が届いたという方は注意してください。

延滞利息が発生する

電気代の支払いを滞納してしまうと、支払金額に滞納利息が加算されてしまいます。

滞納利息とは、クレジットカードの遅延損害金と似たようなものです。
1日ごとに利息が加算されてしまうので、滞納日数が延びれば滞納利息もその分だけ増えてしまいます。

たとえば東京電力と契約していた場合、電気代1万円を1週間滞納した際の延滞利息は以下の通りです。

滞納利息の計算式
【10,000円(電気代)×0.03(延滞利息)×7(延滞日数)=2,100円】

延滞利息の値は、それぞれの電力会社ごとに異なります。
契約している電力会社によっては、これ以上の利息が発生してしまうかもしれません。

延滞利息が気になる方は、一度電力会社のホームページで確認してみてください。

法的措置で財産が差し押さえられる

電気代を滞納してしまうと、電力会社から督促状が届きます。
この督促状に従って電気代を支払えば、送電停止を解除することが可能です。

ですがそのまま督促状を無視し続けた場合、裁判所に財産を差し押さえれてしまう可能性があります。

裁判所からの督促状は法的措置であるため、拒否したり回避することはできません。
住宅や車などが差し押さえられてしまい、日常生活にも大きな悪影響が出ます。

督促状が届いた場合は気をつけてください。

電気代を滞納した時に注意すべき2つのポイント

電気代を滞納してしまった時は、送電停止・延滞利息・財産の差し押さえに注意するのが第一です。
しかし電気代の支払いを完了するまでは、以下のポイントにも注意する必要があります。

滞納を続けると契約が解除されてしまう

自宅への送電を止められてしまった際は、早急に電気代を支払う必要があります。
そのままの状態にしておくと、電力会社との契約が解除されてしまう可能性が高いです。

もちろん滞納した電気代を支払わない限り、再契約を行うことはできません。
契約解除は、送電停止から10~15日経過した後に実施される場合が多いです。

送電停止から数日経過している方は十分注意してください。

電気代の滞納は引っ越しても回避できない

電気代を滞納している時に引っ越しを行っても、支払いを回避することはできません。

電力会社は滞納者が支払いを踏み倒さないよう、独自の調査を行っています。
そのため電気代を滞納した状態で引っ越しをすると、引っ越し先に請求書などが届く場合が高いです。

引っ越しを考えている方は、必ず事前に電気代の支払いを行っておいてください。

電気代が払えない時に有効な対処法

電気代の支払いを滞納してしまった時は、すぐに支払いを行うのがベストです。
しかし人によっては、支払いを行うのが難しい場合もあるかと思います。

そんな時は、以下の対処法を試してみてください。

電力会社に相談を行う

電気代を払えない時は、まず電力会社と連絡をとるのが最適です。
電力会社に相談を行うと、それぞれの事情に合わせて支払期日を延長・変更してもらうことができる場合があります。

ただし電気代の支払い自体をなしにすることはできません。
滞納してしまった電気代は、必ず自力で支払う必要があります。

支払期日を変更したいという方は、ぜひ一度相談してみてください。

不用品などを売却して電気代を支払う

電気代を支払うのに必要なお金が不足している場合は、まずお金を集める必要があります。

手軽な方法でお金を集めたい方には、不用品の売却がオススメです。
この方法なら自宅にある不用品をリサイクルショップなどで売却するだけで、すぐにお金を用意することができます。

ただしお金を沢山集めるには、ブランド品などの高価なものを売却する必要があります。
本やCDなどの手に入りやすいものは、売っても少しのお金にしかなりません。

不用品の売却を考えている方は気をつけてください。

日払いバイトで電気代を稼ぐ

現在ネット上には、日払いバイトなどの副業を紹介するサイトが多数存在しています。
これらのサイトに登録されている日払いバイトを利用すれば、誰でもお金を稼ぐことが可能です。

提供されている副業の中には、勤務時間の短い仕事も多数存在します。
休日や空いた時間を利用して電気代を稼ぎたい方にピッタリです。

副業で電気代を稼ぎたいという方は、一度ネットで検索を行ってみてください。

友人・家族からお金を借りて電気代を支払う

「売却する不用品もないし、副業をする時間もない・・・」という方は、お金を借りて電気代を支払うのがベストです。

友人や家族に事情を説明すれば、お金を貸してもらえるかもしれません。
この方法はカードローンなどと違い、利息が発生しないという利点もあります。

しかし人によっては、お金を貸してもらえない場合もあります。
万が一お金の返済が遅れてしまうと、人間関係が悪化してしまう可能性が高いです。

これから友人・家族からお金を借りる方は、お金の返済を忘れないように注意してください。

電気代を滞納した際はカードローンを利用するのが最適

滞納した電気代を支払うには、不用品の売却や副業といった方法でお金を集める必要があります。

しかし電気代の延滞利息は、日数が経つごとに少しずつ増えていきます。
送電停止から10日以上経ってしまうと、契約を解除されてしまうかもしれません。

そんな時に役立つのが、消費者金融のカードローンです。

消費者金融のカードローンは、銀行カードローンに比べて審査スピードがとても速いです。
審査受付時間までに申し込みを完了させておけば、当日中にお金を借りることができます。

また一部のカードローンは、コンビニの提携ATMで借入・返済を行うことができます。
土日祝日や夜間の時でも、すぐにお金を用意することが可能です。

「今日中に電気代を支払っておきたい」と考えている方は、ぜひカードローンを活用してください。

無利息サービスを利用することも可能

消費者金融が提供しているカードローンの中には、【無利息サービス】を提供しているものも存在します。
無利息サービスは一定期間の間、利息0円でカードローンを利用できるサービスです。

無利息サービスを提供しているカードローンは、以下の通りです。

カードローン名 無利息サービスの適用期間
プロミス ・初回ご利用日の翌日から30日間
アイフル ・契約日の翌日から30日間
アコム ・契約日の翌日から30日間
レイクALSA ・「30日間」「60日間」「180日間」の中から選択可能

ちなみにレイクALSAは、それぞれの都合に合わせて無利息サービスを選ぶことができます。
サービスの適用期間は「30日間」「60日間」「180日間」の3タイプです。
※60日間無利息サービスはWeb申し込み限定となっています

ただし、各カードローンが提供している無利息サービスには利用条件があります。
利用条件を満たしていない場合、無利息サービスを適用することはできません。

無利息サービスを利用する予定の方は、事前に利用条件をしっかり確認しておいてください。

まとめ

電気代を滞納した際のリスクや対処法について解説しましたが、いかがでしたか?

電気を一度でも使ったことがある場合は、電力会社に電気代を支払うのが常識です。
電気代を滞納すると、延滞利息や送電停止などのリスクが発生する可能性が高いです。

そのため電気代がどうしても払えない時は、電力会社に相談を行いお金を集めなければいけません。
副業やカードローンなどの方法を使えば、お金は効率良く集めることが可能です。

電気代を滞納している方は、早く電気代を完済できるようにいろんな対策を実践してみてください。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

気になってる方も多いと思いますが書きます。 ここは使わない方がいいと思います。 仮審査→即OK もうこの時点で逆に不審に思いました。 審査機関をこ...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

4

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP