審査が甘いおまとめローンは存在しない!審査に通る基準とは?

2019年12月2日

「毎月の返済を楽にするために、審査の甘いおまとめローンを探している」
このように、現在おまとめローンの契約を考えている方はいませんか?

しかし結論からいうと、審査が甘いおまとめローンはどこにも存在しません。
おまとめローンを契約するには、厳格な審査を受ける必要があります。

ただしおまとめローンの審査は、事前に審査の重要ポイントや有効な対策を調べておくと有利に進めることが可能です。
ここではおまとめローンの審査で重要となるポイントや、有効な対策などについて解説します。

おまとめローンの審査基準とは

おまとめローンの審査では、以下のポイントが重要視されます。

・申込者の収入
・信用情報の内容
・カードローンの利用状況

この3つのポイントに注意しておくと、審査で落とされる可能性を減らすことが可能です。
ここではそれぞれのポイントについて詳しく解説します。

申込者の収入

おまとめローンを申し込む際、最も重要視されるのは申込者の収入です。

おまとめローンは一般のカードローンに比べて、借入額が高額になるケースが多いです。
当然もし返済が滞ってしまうと、会社の収益にも大きな悪影響が生じてしまいます。

そのためおまとめローンの審査を行う際、カード会社は申込者の収入を必ずチェックします。

基本的に審査で重要となるのは年収の額ではなく、収入の安定性です。
借入額がよほど高額でない限り、収入が安定していれば審査を有利に進めることができます。

おまとめローンを申し込む際は、収入の安定性を積極的にアピールしてください。

ただし数百万円単位の融資を受け取る場合は、年収の額も重要視されます。
借入額と年収の額が釣り合っていない場合、審査を通過するのは非常に難しいです。

信用情報の内容

おまとめローンを申し込む時は、信用情報の内容にも注意する必要があります。
信用情報とは、申込者のカードローン利用履歴などを記録したデータのことです。

過去にカードローンの返済を延滞・遅延していた場合、その事故情報は信用情報の中にも記録されます。
そのため信用情報を確認すれば、金融事故の履歴は簡単に確認することが可能です。

信用情報に金融事故が記録されていた場合、審査を通過することはできません。
場合によっては審査を断られてしまうこともあります。

過去に金融事故を起こしたことがある方は、事故情報が消去されるまで申し込みを控えてください。

金融事故のデータは信用情報機関で一定期間保管された後、自動的に消去されるのが一般的です。
ですので事故情報が消去された後に申し込みを行えば、金融事故を経験した方でも審査を通過できる場合があります。

カードローンの利用状況

おまとめローンの審査を行う際は、カードローンの利用状況もチェックします。
利用状況の内容が良ければ、その分だけ審査を有利に進めることが可能です。

しかし現在使っているカードローンの返済が滞っていた場合、カード会社から不審な目で見られてしまいます
審査にも少なからず影響が出てしまうため、場合によっては審査落ちの原因になるかもしれません。

おまとめローンの申し込みを考えている方は、返済遅延を起こさないように気をつけてください。

もしローンの返済が遅れている場合は、申し込みの前にローンを完済しておくのがベストです。
延滞・遅延などのトラブルを解消しておけば、審査への影響を最小限に抑えることができます。

おまとめローンの審査に有効な3つの対策

 

おまとめローンは審査のハードルが高い金融商品です。
しかし事前にいくつかの対策を行っておくと、審査通過率をアップさせることができます。

ここではおまとめローンの審査に有効な対策を3つ解説します。

利用中のカード会社におまとめの相談を行う

なるべく審査を有利に進めたい場合は、現在利用中のカード会社に相談を行うのがオススメです。

新規でおまとめローンを申し込むと、返済実績がないのでカード会社から不審な目で見られることが多いです。
しかし現在利用中のカード会社に相談を行えば、前向きに審査を検討してもらえる可能性があります。

きちんと期日通りに返済を行っていれば、その分だけ審査を有利に進めることが可能です。
実績によっては、高額融資にも対応できるかもしれません。

少しでも審査通過率をアップさせたい方は、ぜひ一度借入先に相談してみてください。

おまとめ目的の金融商品がある金融機関を選ぶ

おまとめローンを申し込む際は、おまとめ専用の金融商品がある金融機関を選ぶ必要があります。
複数のローンを一本化できるのは、おまとめ専用の金融商品を提供している金融機関だけだからです。

たとえ金利が低くても、おまとめ目的の契約に対応していなければ意味がありません。
申し込みを行っても、ほぼ確実に審査で落とされてしまいます。

おまとめ目的の金融商品を提供している金融会社は、以下の通りです。

金融機関名 金融商品名
東京スター銀行 おまとめローン(スターワン乗り換えローン)
第三銀行 おまとめローン「おまとめ上手」
アコム おまとめローン(借り換え専用ローン)
プロミス おまとめローン
アイフル おまとめローン「おまとめMAX」
中央リテール おまとめローン
いつも おまとめローン

これから申し込みを行う方は、事前に金融機関の内容をよく確認しておいてください。

不動産担保ローンの利用を検討する

審査通過率を最大限まで高めたいという方は、不動産担保ローンの申し込みを検討してみてください。

不動産担保ローンとは、土地や建物を担保とすることで融資が受け取れるおまとめローンのことです。
土地や建物を担保とする分、一般のおまとめローンよりも審査のハードルは低めに設定されています。

そのため不動産担保ローンであれば、複数社から借入を行っている方でも審査を通過できる可能性があります。
場合によっては、金融事故の経歴がある方でも審査を通過できるかもしれません。

ただし不動産担保ローンを利用できるのは、土地や建物などを所有している方だけです。
担保となる不動産を所有していない方は申し込むことができないので注意してください。

おまとめローンの審査基準は厳しい

通常のカードローンに比べると、おまとめローンの審査は非常にハードルが高いです。

おまとめローンは、すでにカードローンを利用している方を対象にした金融商品です。
申込者の中には、多額の借入を抱えている方も存在します。

そのためカード会社にとって、おまとめローンはリスクが非常に大きいサービスといえます。

もしローンの返済が滞ってしまった場合、収益が全く得られなくなってしまいます。
貸し倒れが発生してしまうと、会社の経営にも悪影響が出る可能性が高いです。

こうしたリスクがあるため、おまとめローンの申込時は厳正な審査が実施されます。
少しでも情報に不審な点があると、審査で落とされてしまうかもしれません。

おまとめローンの申し込みを考えている方は、十分注意してください。

各金融商品ごとに申込条件も異なる

おまとめローンには、それぞれのカードローンごとに違った内容の申込条件が存在します。
各ローンの申込条件は以下の通りです。

おまとめローン名 申込条件
アイフルおまとめMAX 満20歳以上で定期的な収入と返済能力があり、アイフルの審査基準を満たしている方
アコム 借り換え専用ローン 満20歳以上で安定した収入と返済能力があり、アコムの審査基準を満たしている方
プロミス おまとめローン 満20歳以上65歳以下で、本人に安定した収入がある方
オリックスVIPフリーローン ・日本国内に住んでいて、申込時の年齢が20歳以上65歳未満・年収が400万円以上の方
東京スター銀行 スターワン乗り換えローン 以下の条件を全て満たす方
・申込時の年齢が満20歳以上65歳未満の方
・給与所得者(正社員・契約社員・派遣社員)である方
・年収が200万円以上の方
・保証会社(株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンス)の保証を受けられる方
西日本シティ銀行NCB おまとめローン(無担保型) 以下の条件を全て満たす方
・申込時の年齢が満20歳以上75歳未満で。完済時の年齢が80歳以下の方
(※個人事業者の場合は税金の滞納、延滞があると利用不可)
西日本シティ銀行の営業範囲内に居住または勤務している方
(※東京都内、大阪府内の店舗ではおまとめローンの取り扱いなし)
・現住所に1年以上住んでいる方
(※転居の理由が転勤・結婚・住宅購入などだった場合には申込可能)
・保証会社(九州カード株式会社、または九州総合信用株式会社)の保証が受けられる方

カード会社によっては、特定の職業に就いている方しか申し込みできないこともあります。
申込条件がきちんと満たされていない場合、おまとめローンを申し込むことはできません。

おまとめローンの申し込みを考えている方は、事前に条件をよく確認しておいてください。

おまとめローンを申し込む時の注意点

審査の重要ポイントや有効な対策を事前に把握しておけば、おまとめローンの審査は有利に進めることができます
しかし申し込む時は、以下の注意点にも気をつけてください。

申し込み時は新規借入を控える

審査落ちの可能性を最小限に抑えるには、まず借入件数をなるべく減らす必要があります。

借入件数が多くなれば、当然ローンの審査にも悪影響が出てしまいます。
逆に借入件数を減らすことができれば、審査通過率をアップさせることが可能です。

これからおまとめローンを申し込む方は、ローンを完済するまで新規借入を控えてください。

カードローンの申込履歴は、信用情報を見れば簡単に確認することができます。
仮にこっそり申し込んだとしても、すぐに借入先の金融機関にバレてしまう可能性が高いです。

事前に返済シミュレーションを行っておく

おまとめローンを契約する時、最も注意すべきなのは返済の遅延や貸し倒れです。
ローンの返済が遅れると遅延損害金が発生してしまい、返済総額も増えることになります。

そのためおまとめローンを申し込む際は、事前に返済シミュレーションを行うのがベストです。
それぞれの収入に合わせて返済プランを考えておけば、貸し倒れリスクを最小限に抑えることができます。

返済シミュレーションは、各金融機関の公式サイトで使用することができます。
ローンの延滞や貸し倒れが心配な方は、必ず返済シミュレーションを実施しておいてください。

まとめ

審査で重要となるポイントや、有効な対策について解説しましたが、いかがでしたか?

おまとめローンの審査はハードルが非常に高いため、申し込みの際はきちんと対策を行う必要があります。
複数社から借入を行っている方でも、対策をきちんと行っておけば審査を通過することは可能です。

これからおまとめローンを申し込む方はここでの知識を活かし、審査を無事通過できるように対応してみてください。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

気になってる方も多いと思いますが書きます。 ここは使わない方がいいと思います。 仮審査→即OK もうこの時点で逆に不審に思いました。 審査機関をこ...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

4

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP