傷ついた信用情報は回復できる!信用情報に傷がつく原因や有効な対策をご紹介!!

2019年6月18日

「最近カードローンを申し込んだら、審査で引っかかってしまった・・・」
もしかしたらソレ、信用情報に傷がついているからかもしれませんよ?

カードローンの審査で落ちてしまう人の大半は、信用情報が原因であることが多いんです。
だから審査に落ちた時は、信用情報をよく確認してみる必要があります。
きちんと対策を行えば、信用情報は回復させることが可能です!

そこで今回は信用情報のことや、信用情報を回復する方法などについて紹介します。
審査落ちを経験したことがある人は、ぜひ内容をチェックしておいてくださいね。

まず信用情報ってなに?

信用情報とはクレジットカードやカードローンなどのサービスを利用する時に、申込者の【信用】を把握するために必要な情報です。
信用情報の中にはクレジットカードやカードローンの契約内容や返済履歴など、いろんな情報が記録されています。

信用情報は、日本に存在する3つの信用情報機関で管理されています。
カードローンなどの金融商品を契約する際は、この管理された信用情報を使って審査が行われるんです。
ちなみに管理されている信用情報は、一定期間経つと消去されます。

信用情報に事故情報があると・・・

カードローンの返済を遅延・延滞してしまうと、それらは事故情報として信用情報に記録されます。
この状態になった人は、銀行や消費者金融に「返済能力が低い信用できない人」として認識(ブラックリストに登録)されてしまう可能性が高いです。
ブラックリストに登録されると、以下のような悪影響が発生します。

・クレジットカードが使えなくなる
・住宅ローンなどの申し込みが通らなくなる
・ETCカードを発行することができなくなる
・スマホの分割払いができなくなる

こんな風に、申込の際に審査が必要な金融商品は全て使えなくなってしまうんです。
カードローンなどの金融商品を申し込む時は注意してくださいね!

どうしてもカードを作りたい時はデビットカードがおすすめ

クレジットカードは申し込みの際に審査が行われるため、信用情報に傷がある人は作ることができません。
ただし、デビットカードは信用情報が傷ついている人でも作成可能です。

デビットカードは使用すると、使用した分だけ銀行口座からお金が引き落としされます。
使った時にすぐお金を契約会社に支払うため、作成する時に審査を行う必要がないんです♪
「買い物を気軽に楽しむために、どうしてもカードを作りたい」という人は、デビットカードを利用してくださいね。

信用情報に事故情報が残ってしまう原因

信用情報に傷がつく原因には、主に3つのパターンがあります。

信用情報に傷がつく原因
・借金の支払い延滞
・代位弁済
・債務整理

クレジットカードやカードローンの支払いを61日以上延滞してしまうと、信用情報に「異動」と表記されます。
この「異動」は、事故情報のことを現す言葉です。
そのため信用情報に「異動」と書かれていた場合、新たにカードローンなどを申し込むことはできません。

代位弁済は、申込者の代わりに保証会社がお金を返済することです。
この代位弁済を行った場合も、信用情報には「異動」と表示されます。

債務整理は自己破産・個人再生・任意整理のことです。
自己破産や個人再生を実施すれば、借金の返済額を減らしたり支払いを控除したりすることができます。
ただし実施した場合は、支払い延滞や代位弁済と同じように「異動」と表記されてしまいます。

信用情報に傷がつくのが嫌な人は、こういった原因を発生させないように気をつけてくださいね。

信用情報を回復するのに有効な4つの対策

信用情報に傷がつくと、新しくクレジットカードやカードローンを契約することができません。
でも安心してください、いくつかの対策を行えば信用情報は回復させることが可能です!
ここでは信用情報を回復するのに有効な対策を4つ紹介します。

信用情報に記録された情報が消えるまで待つ

信用情報に記録された事故情報は、自力で消去することができません。
そのため信用情報を回復するには、事故情報が消去されるまで待つ必要があります。
事故情報の管理期間は、以下の通りです。

情報の内容 JICCの場合 CICの場合 KSCの場合
任意整理 5年 5年 5年
個人再生 5年 5年 5年
自己破産 5年 7年 10年
61日以上の延滞 1年 5年 5年
3ヵ月以上の延滞 5年 5年 5年
強制解約 5年 5年 5年

パッと見てもわかるように、事故情報の管理期間はけっこう長いです。
61日以上の延滞でも早くて1年、遅いと情報が消去されるまで5年もかかります。

過去に金融事故を起こしたことがある人は、何年待てば事故情報が消去されるのかきちんと把握しておいてくださいね。

借金の完済を試みる

借金の返済遅延などが原因で信用情報に傷がついた時は、まず原因となった借金を完済しなければいけません。
前の部分で説明した通り、事故情報は管理期間が過ぎると自動的に消去されます。
しかしクレジットカードの支払いや借金の返済が完了していないと、その事故情報はずっと残ってしまうんです。

もし事故情報の原因となった借金の返済がまだ終わっていない時は、なるべく早めに完済できるよう頑張りましょう!
どうしても返済するのが難しい時は、一度弁護士に相談してみてください。

毎月安定した収入を得られる状況を作る

カードローンやキャッシングなどのサービスは、1ヵ月ごとにきまった額のお金を返済する必要があります。
だから収入が安定しない人は、金融会社から信用されない可能性が高いです。

こんな時は信用情報を回復するために、転職して収入を安定させるのが一番です。
安定した収入があると金融会社に認識してもらえば、信用情報を少しずつ回復することができます。
収入の少なさが原因で信用情報に傷がついた人は、ぜひこの対策を試してみてください。

弁護士に依頼して事故情報を削除してもらう

 

基本的に、一度記録されてしまった事故情報を消去することはできません。
しかし記録された事故情報が間違っていた場合は、その情報の削除を依頼することが可能です。
事故情報に心当たりがない人は、一度情報を調べてもらってみてください。

ちなみに信用情報の訂正や削除は、弁護士に相談することで実施することが可能です。
運転免許証や保険証などの本人確認書類を用意すれば、誰でも依頼することができますよ♪

信用情報が回復したか確認する方法

信用情報が回復したのかチェックしたい時は、信用情報機関に開示請求を行ってみましょう。
開示請求は、信用情報機関で管理されている自分の信用情報を開示してもらうための手続きです。

情報は手続きを行ってから約7~10日で確認することができます。
ちなみに開示請求を行う際は、約1,000円の手続き費用が発生するので注意してください。
開示請求は以下の公式サイトから申し込むことが可能です。

【CIC(シー・アイ・シー)の公式サイトはこちら】

【JICC(日本信用情報機関)の公式サイトはこちら】

【KSC(全国銀行協会)の公式サイトはこちら】

確認後は予防策を必ず実施する

開示請求で信用情報が回復していると確認できた後は、予防策を実践しなければいけません。
信用情報にまた傷がついてしまっては、今までの頑張りが無駄になってしまいます。
信用情報をきれいな状態で維持するには、以下の予防策がとても有効です。

・クレジットカードやローンの支払い期日は必ず守る
・まっとうな仕事に就いて安定した収入を得る

今後住宅ローンなどを利用する予定がある人は、ぜひ実践してくださいね。

まとめ

信用情報を回復する方法について紹介しましたけど、どうでしたか?

返済遅延などで傷ついた信用情報は、対策を行うことで回復することが可能です。
事故情報が消去されると、またカードローンやクレジットカードを使うことができます。
予防策を実践しておけば、金融会社や銀行のブラックリストに登録される心配もありません。

「信用情報に傷がついているせいでカードローンが利用できない・・・」と落ち込んでいる人は、ここで紹介した対策をぜひ実践してみてください!

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

気になってる方も多いと思いますが書きます。 ここは使わない方がいいと思います。 仮審査→即OK もうこの時点で逆に不審に思いました。 審査機関をこ...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

4

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP