生活費が足りないときの対処法と節約方法

2020年1月30日

生活費が足りないときの対処方法

毎月しっかりと収入を得ているのに生活費が足りないと考えることもあるのではないでしょうか。自分では計画的にお金を使っているつもりだけど、やりくりが下手なのだろうかなどと考えてしまうこともあるかもしれません。

もし生活費が足りなくて困っているという方は、まず自身の状況を見直してみると良いでしょう。また、現状に少し工夫を加えることで生活費を増やすこともできます。

 

そこで今回は生活費が足りない時の解決策について詳しくまとめてみました。まずは生活費がない状況をすぐに何とかしなくてはならない!ときに役立つ短期的な解決策、次に生活費がいつ足りなくなっても大丈夫なように長期的におこなえる解決策を解説します。

生活費がないとストレスも貯まりますし、さまざまなことに余裕もなくなりがちです。ぜひ記事内の情報を参考に生活費の足りない日々を変えていってください。

生活費が足りない時の短期的な解決策

とにかく生活費が足りない!すぐに生活費を用意しなくてはならないなどの状況に直面した場合、以下の方法を取り入れてみてください。

  • カードローンでお金を借りる
  • 不用品を現金に換える
  • 日払いバイトで収入を得る

カードローンでお金を借りる短期的な解決策になりますが、お金をすぐ手にするには効果的ですし行動するにも比較的簡単です。

カードローンでお金を借りるのも足りない生活費を補填するのに適しています。

カードローンには消費者金融系、銀行系と存在しますが、その中でも早急にお金を手にしたい場合は消費者金融カードローンを選んでください。即日審査はもちろん、即日融資可能なことが多いです。なお、銀行カードローンは反社チェックをおこなう都合があり、即日融資の対応はしていないので注意しましょう。

 

消費者金融カードローンでは、銀行カードローンにはないメリットとして「初回利用時のみ30日間利息無料サービス」を設けている会社があります。それらを上手に利用して短期間で返済をおこなえば支払うのは元金のみです。

ただし、利息無料期間を過ぎて返済する場合は通常金利が発生。お金をどのくらい借りるのかで適用金利は異なりますが、18.0%近い高い金利がつくこともあり、その場合は返済の負担が大きくなってしまいます。

そのほかにもカードローンは審査に通過する必要があるので安定した収入がないと判断されたり、過去に金融事故を起こしていたりする方は利用できない可能性が高いです。

 

自分自身の過去の借金の利用状況に自信がない、安定した収入を得ていると思えない場合、以下で解説する2つの解決策を取り入れた方が良いかもしれません。

不用品を現金に換える

現金に換えられる不用品なんてない!とすぐに諦めるのは早いです。自分ではお金にならないと思っていても、実は他の人からしたら価値の高いお宝アイテムの場合があります。

一概に言い切れませんが、自分のまわりに以下のアイテムがあれば現金に換えられる可能性があるのでチェックしてみてください。

  • 不要な服
  • CDやDVD
  • 電化製品
  • スポーツ用品
  • 食器類
  • グッズやコレクション

特に廃盤、製造中止、期間限定などの現在は手に入らないアイテムは購入価格以上の価値がつく場合があります。コレクターはそれらのアイテムにプレミア価格がついても手に入れたいと考えるからです。

売り方も最近はリサイクルショップ以外にフリマアプリもあるので、その中から一番高値がつく場所を知っておくのが良いでしょう。

ただしフリマアプリの注意点として、買い手がいないことには売買は成立しません。売れない場合は出品価格を下げるなど臨機応変に対応することが求められます。また、アイテムが売れてから実際に現金が手に入るまでに時間がかかることもあります。

日払いバイトで収入を得る

カードローンでお金を借りたら自身の借金が増えますが、日払いバイトであれば収入を得ることができます。

日払いバイトは取り扱う会社も多く、さまざまな職種があることから自身に合った仕事を選びやすい点がメリットです。また、バイト代もその日の仕事が終わったらもらえることもあるので、すぐにお金が欲しい方は利用価値が高いでしょう。そのほかにも日払いバイトは手にする給料が比較的高めな特徴もあります。

短期間でもまとまったお金を手にしやすいですし、都合とタイミングに合わせられるので、生活費の足りないときだけ働くのも良いでしょう。

ただし日払いバイトをするには、あらかじめ派遣会社などに登録する必要があります。そのため、いつでも働けるように手続きは早いうちにおこなうようにしてください。

生活費が足りない時の長期的な解決策

生活費がいつ足りない状態になっても良いように、普段からお金について考えておくことも大事です。

こちらで解決策として取り上げるのは、今すぐに結果が出るものではありません。一定期間継続することでお金に余裕を持たせられるでしょう。

  • 生活費を見直す
  • 収入を上げる
  • 支出を減らす

生活費を見直す最初はなかなか上手くいかなかったり、解決策として効果的なのかわからなかったりすることもあると思います。しかし、地道な心がけと向き合い方しだいできっと結果は出るはずです。

普段、生活費をどのくらい使っているのかを意識することは大切です。

生活費の中でもさまざまなお金がありますが、その中で家賃などといった固定費を変えることはできません。そこで生活費の中でもっとも見直しが実現できる費用といえば食費一択になります。

少しでも生活費を確保したい場合、まず自炊を心がけることが必要です。たしかに総菜を買ったり外食をしたりすれば手間はかかりませんが、楽をした分だけのお金がかかります。

そうは言っても「自炊なんてする時間がない」という方もいるかもしれません。そこでおすすめなのが冷凍庫の活用です。休日に作りおきしてそのまま冷凍し、仕事が終わった後の夕食は解凍していただけいたりアレンジを加えたりすれば良いのです。

また、スーパーの閉店間際に生鮮食品や総菜などが半額で売られていて、それらを購入する方法もありますが、買い方しだいでは逆に食費がかかってしまうので注意してください。なぜなら半額商品を目にすると「安いから買おう」「とりあえず買っておいて後で使えば良い」などという意識に陥りがちだからです。

半額商品は安く売られていますが消費期限が短いデメリットがあります。安いから買ってという理由で買ってしまうと消費しきれなくて結果的に廃棄となる可能性もあります。

安さよりもそのときに必要なものを購入して使い切るようにするのが食費をおさえるのに効果的でしょう。

収入を上げる

毎月得られる収入は基本的に決まっています。その中で生活費や子供の教育費、その他にも税金や保険などを支払えば余裕なんかないという方も多いでしょう。

そして、生活費の見直しもおこなっているのにどうにもならないという場合、収入を上げることを視野にいれるのも良いかもしれません。

そのうちの一つが転職をすることです。現在の収入が低ければ、さらに高収入を得られる仕事をすれば良いのです。しかし、転職をして収入が上がったとしても現在の仕事以上に人間関係が悪かったり仕事内容が大変になったりする場合もあります。

あくまでも転職をして仕事内容や職場環境に納得できそうで、かつ収入が上がりそうであれば思い切って行動に出てみるのも方法です。

 

もう一つが副業をおこなうことです。

副業といっても幅広くあり、自宅で簡単にできる軽作業、仕事が終わった後の飲食店やスーパーなどのスタッフ、パソコンを使ってクラウドソーシングの案件を受注するなど、数えきれないくらいにあります。

その中から本職に負担のない範囲でできることを始めてみれば、そこで得た収入をそのまま生活費に充てることは可能です。

ただし、副業をおこなう場合は勤務先の会社が副業禁止としていないことが条件となります。就業規則で副業を禁止している中で働いていることを会社に知られれば、規則違反で処罰を受ける可能性もあるからです。

その結果、退職することになれば何のための副業だったのかわからなくなりますし、さらにお金がなくて厳しい生活を余儀なくされます。

支出を減らす

生活する中でさまざまな支出がありますが、その内訳が適しているのかを再度考えてみてください。

たとえば衣料品などは正規価格で買うのでなく、セールを狙えば本来支払う金額よりも半額~70%オフなどで手に入ることがあります。もし2万円のコートが半額の1万円で購入できれば、それだけで支払う金額を1万円もおさえられます。

そのほかに飲み会や食事会をおこなう機会が多い方は回数を減らすことも大切です。1回あたり5,000円近く支払うのを週に1回続ければ1か月あたりでかかるのは2万円ですが、これを月に2回にすれば1万円で済みます。

 

また、コンビニやカフェなどでコーヒーを買う、ランチ買うことを日課にしている方もいるかもしれません。こちらも支出を減らすために自宅でタンブラーに入れていく、お弁当を作っていくようにすれば、その分だけ支出をおさえられます。

普段の生活の中で何気なく取り入れている行動が生活費の中で大きな負担になっていることもあります。もし支出がよくわからないという場合は具体的な内容を一つひとつメモ書きするなどして、必要なのか不必要なのかを考えてみても良いかもしれませんね。

生活費を目的別に分けて管理する

給料が入ったら必要な生活費を目的別に分けて現金で管理するのもおすすめです。この場合、クレジットカードにするのはあまりおすすめしません。たしかにポイントが貯まるメリットはありますが、現金が動かないことを理由に不必要なものを買ってしまう可能性があるからです。

たとえば食費の1か月分の予算が4万円だったとします。この場合、1か月を4週間として、4つの封筒を用意して1万円ずつ入れてください。そして、その1つの封筒(1万円)で1週間の食費をやりくりしていきます。

1万円の中で残りが出たら貯蓄しても良いですし、ほかの週で生活費が足りなくなったときにまわしても良いでしょう。

まとめ

生活費が足りないことでイライラすることもありますが、何もしなければ状況は変わりません。まずは何とかしてお金を増やす、お金を使わないような努力をすることをはじめていきましょう。長期的な解決策では最初は思うようにいかないかもしれませんが、行動に移して続けていくことが大切です。

こちらでまとめた情報を参考にしつつ、自分なりのお金の増やし方、おさえ方を見つけて生活費が足りないときの備えとしてください。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.3

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

気になってる方も多いと思いますが書きます。 ここは使わない方がいいと思います。 仮審査→即OK もうこの時点で逆に不審に思いました。 審査機関をこ...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

4

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP