320社カードローンを選ぶ

キャッシングとカードローンの違いを比較

2017年1月24日

お金を借りたい時にあると便利なキャッシング。
キャッシングとはクレジットカードのキャッシング機能でお金を借りるときにつかわれる言葉です。
お金を借りる手段としては、カードローンというものもあります。「カードローンを使ってキャッシング」よく見かけますね。実はこの2つの違いについて分からない方は沢山いらっしゃいます。ここではキャッシングとカードローンの違いについて、2つの特徴をみながらどっちがお得に使えるのか比べてみたいと思います。

目次

まずは共通した特徴から

  • カードを使ってATM等でお金を借りることができる
  • 限度額内であれば使い道は自由
  • 返済は一括・分割両方に対応

お金が必要になったときにあると便利なキャッシングとカードローン。
簡単にいえば、キャッシングとはクレジットカードでお金を借りること
カードローンはローンカードでお金を借りることです。どちらもカードを使ってお金を借りるという基本的な使い方は一緒なんです。とはいってもキャッシングと、カードローンで違いが良く分からないしイメージがつきません。

キャッシングとカードローンの違いを明確にするためにそれぞれ具体的な特徴について解説します。

クレジットカードのキャッシング機能とは

クレジットカードにはお金を借りることができるキャッシング機能というものがついています
キャッシングというのはクレジットカードのキャッシング機能を使ってお金を借りることなんです。
クレジットカードの申込みのときに付けることができる機能ですが、
つけてなかった場合には改めて申込むことで利用できるようになります。

このキャッシング機能はキャッシング枠とも呼ばれ、カードでお金を借りるときの限度額(枠)のことです。
クレジットカードのキャッシング枠の利用可能額はカード申込みの審査によって決まりますが、信用度(年収や職歴など)が高ければ高いほど大きい枠をもらえることができます。

クレジットカードさえ持っていれば、キャッシング機能を使ってクレジットカードの提携先ATMでいつでもお金を引き出すことができます。

なのでキャッシングのメリットはクレジットカードがあれば急にお金が必要になったとき、すぐにお金を借りることができるというところなんです。

例えば、給料日前でお金がない時につなぎ資金として利用したり、公共料金やカードの支払いが多くなってしまって引き落とし口座に残高が足りない時にキャッシング機能を使えば対応することができます。極端に言えばクレジットカードさえあれば、あと10分後にお金が必要な場合も借りることができるんですね。

また、海外旅行中に現金がなくなった場合にもこのキャッシング機能はすごく便利です。
カードローンのローンカードでは海外で現金の引き出しはできないのでお金は借りることができません。
しかしクレジットカードでは、海外の旅行先でもキャッシングに対応した提携ATMでお金を借りることができるのです。

海外でお金を借りる場合には、日本円を現地通貨に両替をすると手数料がかかってしまいますが、キャッシングすれば手数料を低く抑えることができるので、海外旅行に行くときにはクレジットカードの方が使いやすいと聞きます。
海外旅行が多い方であれば、日本でしか使うことができないカードローンよりは使い勝手が良いのではないでしょうか。

返済方法は翌月一括払いが主流でしたが、今では分割(リボ)払いにも対応しています。借入残高に応じて、毎月元金に利息を足した分が口座から引き落とされるようになっています。また繰上げ返済にも対応しているので、この辺りは「カードローン」と同じように使うことができます。※繰り上げ返済に対応していないクレジットカードもあります。

もう一つ、クレジットカードにはキャッシング機能とは別に、ショッピング枠というものがついてます。むしろこっちの方がなじみが深いかもしれませんね。
ショッピング枠は、買い物時にクレジットカードで支払いすれば、今お金がなくても買うことができ、返済回数を選べるところにメリットがありますね。クレジットカードの種類によってはポイントが貯まり色々なサービスを受けることができるものもあります。
カードローンでは現金を借りることしかできませんが、クレジットカードにはショッピングに利用できたり、お金を借りたりと用途に合わせて利用できるところに特徴があります。

クレジットカード特徴(メリット・デメリット)

  • キャッシング機能でいつでも引き出し可能
  • 海外旅行先でも使える
  • ショッピングでも利用可能
  • 融資額は10~50万円が一般的
  • キャッシング枠は金利が高い(7.0~18.0%前後)
  • 返済方法は翌月一括払いが一般的
  • ATM利用か電話・会員ページからでも口座に振込んでくれる
  • 年会費がかかるクレジットカードもある
  • 遅滞損害金(延滞利息は)29%前後

カードローンはキャッシングではなく「ローン」です

カードローンとは、大手銀行や地方銀行、消費者金融などの金融機関から無担保で借りることができる融資のことです。
ローンカードを使ってATM等でお金を借りることができます。分割返済をすることが可能で、お金に余裕ができたら返済日を待たずに返済できる繰上げ返済や、一括で完済することももちろんできます。

「ローン専用」の「カード」を作ってお金を融資してもらうことから「カードローン」と呼ばれています。

カードローンは申込時に設けられた限度額内であれば、何度でも借入・返済することができるところにあります。
お金が必要になったらATMでお金を借りることができるのです。

借入方法は、窓口やATM(提携先も含む)、CD(キャッシュディスペンサー)でもお金を引き出すことができます。

クレジットカードと比べた場合に金利の低さが特徴です。クレジットカードは18%前後に金利が設定されていますが、カードローンは金融機関によってさまざまですが、年3.0%~18.0%の金利で利用することができます。

キャッシングカードは、キャッシングのみならずショッピング枠もあるので使い勝手は良いのですが、こと金利に関してはカードローンの方が圧倒的に有利といえます。ただ消費者金融からお金を借りる場合では、クレジットカードと変わらない金利になることもあるので注意してください。

もう一つの特徴は利用できる限度額が多いことです。銀行系カードローンで限度額が多いところで最大1,000円のところもあるので、キャッシングの50万円前後に比べて、使い道の幅が広がりますね。車購入や結婚資金などまとまったお金が必要な時に便利です。

またデメリットというほどではありませんが、クレジットカードのキャッシング機能に比べてカードローンは無人契約機や消費者金融などマイナスイメージをもたれてしまうことがよくあります。昔に比べるとクリーンな経営がされているので残念ですが、未だにカードローン=消費者金融=借金と考えられているので、キャッシング機能の方がクレジットカードを利用するので安心と思われたりします。

カードローンの特徴(メリット・デメリット)

  • ローンカードがあればすぐにお金を借りれる
  • 海外旅行先では使えない
  • 借入限度額が800万円(申込み条件による)
  • 金利が年3.0~18.0%とクレジットカードよりも低い
  • 遅滞損害金(延滞利息は)18~21%前後でクレジットカードよりも低い
  • 消費者金融=借金のイメージが強い

キャッシングとカードローンはどっちが使いやすい?

キャッシングとカードローンのメリット・デメリットを含め見てきましたが、どっちが自分に合っているかは以下を基準にして選んでください。

利用額・金利・海外

キャッシングとカードローンの使いやすさを「お金を借りるとき」と「返済方法」の2つの利便性からみていきたいと思います。

キャッシングの借入と返済

キャッシングカードのお金の借入方法は以下の通りです。

  • 提携ATM・CD(キャッシュディスペンサー)
  • ネットキャッシング
提携ATM・CDの場合
各クレジットカード会社が提携する銀行やコンビニのATM・CDを利用してお金を借りることができます。
その際手数料がかかってしまい、借入額が1万円以下の場合100円(税抜き)、借入額が1万円以上の場合200円(税抜き)がかかってしまいます。

三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行など大手銀行のほかにも、セブン銀行・ローソン・E-netなどコンビニATMを利用してお金を借りることができます。

ネットキャッシングの場合
各クレジットカード会社の会員ページや電話から申込むと指定する口座へ振込をしてくれます。「オンラインキャッシング」と呼んでいるクレジット会社もあります。簡単にどこからでも申込むことができるところと、ATMと違って手数料がかからないのが特徴です。

大手のクレジット会社のJCB・ジャックス・三井住友カード・オリコカードなど一通りネットキャッシングに対応しています。

キャッシングカードの返済方法について

キャッシングカードの返済方法は以下の通りです。

一括払い

利用した月の締切日までに借りたお金と利息が、翌月口座から引き落としされます。

リボ払い

借入残高残高に応じて、毎月一定額が口座から引き落としされます。

※リボ払いとは簡単にいえば、毎月の支払額を、残高から一定率で支払う方法です。
月々の支払いがほぼ一定になり、支払い負担を軽くできる一方、手数料が高くて借入れがなかなか減らないとも……

返済方法の2種類ありますが、一括返済をした方が利息の支払いを抑えることができます。もちろん最初リボ払いに設定して、まとまった収入があったら一括で返済するという方法もあります。クレジットカード会社のほとんどは繰り上げ返済に対応しているので、一括返済は無理だとしてもなるべく早く返済した方が得です。

カードローンの借入と返済

カードローンのお金の借入方法は以下の通りです。

各社のATM
提携ATM・CD(キャッシュディスペンサー)
インターネットバンキング

各社のATM・CDの場合

銀行や消費者金融の店舗にあるATMでお金を借りることができます。消費者金融の場合自動契約機に併設しているので申込みをしてカードを受け取ったらすぐにお金を借りることができます。消費者金融のアコムは24時間利用可能ですが、そのほか早朝深夜の利用はできません。三井住友銀行本支店の場合平日の8:45~18:00は無料ですがそれ以外の時間では土日祝も含めて108円が手数料としてかかります。消費者金融のアコムでは1万円以下108円、1万円以上216円が入金・出金ともにかかります。

提携ATMの場合

提携する銀行、やコンビニATMを利用することができます。金融会社によって提携先が変わるので一概には言えませんが、ほとんどのコンビニで利用できるので、手数料はかかりますがどうしてもお金を借りたいときに不便を感じることはありません。

インターネットバンキングの場合

インターネットを利用して指定の口座へ振込してくれるサービスです。その他にも残高照会・入出金明細照会・カードローンの取引状況なども確認することができます。インターネットで振込んでくれるので、「やばい!今日飲み会だった!」というときでも会社にいながら振込みしてくれます。

キャッシングとカードローンの金利比較

キャッシングとカードローンではもちろん借りたお金に対してかかる金利は違います。カードローンの方が金利が低いと言いましたが実際にどのくらい違うのかを、クレジット会社・カードローン会社の代表的な3社をみて比較して見ましょう。

クレジットカード(キャッシング)
JCBカード 実質年率15~18%
オリコカード・ザ・ポイント 実質年率15~18%
三井住友VISAカード 実質年率14.4~18.0%
カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローン 実質年率1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 実質年率4.0~14.5%
プロミス 実質年率4.5~17.8%

上限金利で見れば消費者金融とあまり変わりませんが、下限金利では大きく差があきましたね。しかしカードローンの金利は借入額や、審査状況によって変わるので、限度額が50万円前後に設定されたクレジットカードで低金利の借入は難しいのかもしれません。銀行カードローンでは上限金利が低く設定されているので、低額の借入でも利息を節約することができてお得なんですが、審査に厳しいといわれることも……。

クレジットカードではとキャッシング枠とショッピング枠で金利が違う

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠がありますが実は金利が違います。

キャッシング枠 ショッピング枠
JCBカード 実質年率15~18% 実質年率2.51~16.37%
オリコカード・ザ・ポイント 実質年率15~18% 実質年率2.04~16.32
三井住友VISAカード 実質年率14.4~18.0% 実質年率2.01~16.8%

上記のクレジットカード(キャッシング)の例と比べてみましょう。   

このようにショッピング枠の方が分割手数料として金利が安くなってきます。クレジットカードは1回払いや2回払いなら分割手数料はかかりませんが、3回以上になると手数料(金利)が発生してきます。利用金額が多いほど分割回数が多くなり、手数料が増えていくので支払額が高くない買い物に関してはなるべく分割回数を1、2回に収めた方がいいといえるでしょう。

まとめ

今回はキャッシングとカードローンについての違いや、それぞれの特徴や利便性についてみてきました。
クレジットカードを世界で一番持っているのは日本人というのはご存知でしたか?日本人は「ニコニコ現金払い」なイメージがありますが、実はクレジットカード大国なのです。

統計によると日本国内のクレジットカード発行枚数は3億枚となっており、日本人1人あたり3枚保有していることになります。

クレジットカードは普段利用する機会も多いのですが、キャッシング機能を使う人の割合は少ないようです。このキャッシング機能をつかってますます生活が便利になるといいですね。

お金を借りるときは「手持ちのクレジットカードのキャッシング機能を使う」「低金利なカードローンに申込んでお得に借入れ」のどちらか、自分のライフスタイルに合わせた借入をしてほしいなと思っております。

おすすめの銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

平均融資額
-
総合評価
4.1
  • ローン契約機ならその場でカード受け取り可能
  • 借入限度額が最高800万円
4.0%〜14.5%
10~800万
-
-

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

子どもが人の車を傷つけてしまい、急に修理費が必要となったため、...

続きを見る

悪い匿名さん

借入が容易であると友人から聞き、プロミスを利用しました。急な転...

続きを見る

2

モビット

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
  • 即日融資OK

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
良い匿名さん

5年前に自己破産を経験しています。クレジットカードは持っていま...

続きを見る

悪い匿名さん

私は生活費が足りずに困った時にモビットを利用してお金を借りたの...

続きを見る

平均融資額
19万円
総合評価
4.3
  • 最高金利の低さが14.0%と目立つ
  • 限度額10万円~800万円と高額借り入れも可能
    ※ご利用は計画的に

公式サイトへ

2.0%〜14.0%※注釈(1)
10万円~800万円
-
-

※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※ご利用は計画的に!

良い匿名さん

勤務先の給与が振り込まれる銀行なので、借入も同じところにしまし...

続きを見る

悪い匿名さん

借り入れも返済も非常に便利で、とても使いやすかったです。これな...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP