無利息期間があるカードローンの比較と賢い選び方をご紹介

2020年6月9日

無利息期間があるカードローンの比較

カードローンを利用する際、気になるのが利息の高さではないでしょうか。できるだけ利息を抑えて、返済負担を抑えたいですよね。そういった場合でも、カードローンには無利息期間があります。

初めての方限定で「30日間利息0円サービス」といったサービスを提供している金融機関が多数存在しています。

無利息期間があるカードローンといっても、一定期間を超えれば利息が発生することになります。それでも無利息期間がないカードローンよりも、利息の支払い負担を抑えて借り入れすることができるので、初めてカードローンを利用する方にはオススメです。

無利息期間の内容はカードローン会社によって様々です。そこで今回は、無利息期間があるカードローンの中から、おすすめのカードローンをご紹介していきます。

この記事でわかること
  • 大手の消費者金融は全て無利息期間がある
  • 無利息期間はレイクALSAが1番長い
  • 無利息期間が適用されるのは、はじめての申し込みだけ

無利息期間があるカードローンはどこ?

カードローンのサービスでオススメなのは?

無利息期間があるカードローンには、消費者金融・銀行含め多数存在します。その中でも代表的なのは、以下の大手消費者金融です。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • レイクALSA

共通しているのは「初めて契約の方」という条件が設けられています。そのほか、消費者金融によっては異なる適用条件がありますので、のちほど解説していきます。各金融機関における無利息サービスの利用条件を下記の表にまとめましたので参考にしてみてください。

消費者金融 無利息期間 適用時期 適応条件
プロミス 30日間 初回借入日の翌日から 初めてご契約のお客様で
メールアドレスを登録でき、
かつWEB明細を利用の方
アコム 30日間 契約日の翌日から 初めてご契約の方
アイフル 30日間 契約日の翌日から 初めてご契約の方
レイクALSA 30日間無利息もしくは
借入額の内5万円まで180日間無利息
契約日の翌日から レイクALSAを初めて契約し、
200万円未満の借入希望額で
WEB申込以外でご契約の方
60日間無利息もしくは
借入額の内5万円まで180日間無利息
契約日の翌日から レイクALSAを初めて契約し、
200万円未満の借入希望額で
WEB申込でご契約の方
30日間 契約日の翌日から レイクALSAを初めて契約し、
200万円以上の借入希望の方

それでは、無利息期間があるカードローンのそれぞれの特徴や適用条件について解説していきます。

好きなタイミングで無利息期間を利用できるのはプロミス

プロミスでは、「30日間無利息サービス」を取り扱っています。サービス適用となる方の条件は、以下となります。

・プロミスを初めて利用する方
・メールアドレス登録のうえ、Web明細を利用する方

初めてプロミスと契約する方で、メールアドレスを登録し、書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択することで、カードローンを30日間利息0円で利用することができます。

プロミスの無利息となる期間

プロミスで無利息となる期間は、「初回出金の翌日から30日間」です。

他社の無利息サービスである「契約日翌日から30日」とは違い、契約者のタイミングで無利息サービスを開始できます。

急な入用でなくても契約しておけるのは、大きなメリットではないでしょうか。

急ぎの融資を希望するならアコム

アコムでは、「30日間金利0円サービス」を取り扱っています。サービス適用となる方の条件は、以下となります。

・アコムでの契約が初めての方

アコムが不適当と判断した場合は、30日間金利0円サービスの対象外となる可能性があります。またこのサービスは、無担保カードローンが対象となりますので、その他の契約(クレジット・借り換えローンなど)は対象外となります。注意しておきましょう。

アコムの無利息となる期間

アコムで無利息となる期間は、「契約日の翌日から30日間」です。

プロミスのように「初回出金の翌日から30日間」ではありません。

つまり契約から借り入れまでに期間が空いてしまうと、その分無利息期間が短くなることを意味します。

アコムは即日融資が可能なことに加え、ネットでの振込であれば最短1分で借入が可能です。

速さを重視したい方にはオススメでしょう。

金利0円適用期間終了の翌日から、通常金利(実質年率3.0%〜18.0%)が適用されます。金利0円適用期間中の返済金額は、全額元金の返済に充てられます。ATM利用等の手数料が発生した場合は、「ATM等手数料→元金」の順で充当されるので覚えておくとよいでしょう。

借入・返済のしやすさで選ぶならアイフル

アイフルでは、「最大30日間無利息サービス」を提供しています。サービス適用となる方の条件は、以下となります。

・アイフルを初めて利用する方
・無担保キャッシングローンを利用する方

アイフルの無利息サービスは、無担保キャッシングローンのみ適用とされます。(SuLaLi、ファーストプレミアムローンを含む)

その他の商品(事業サポートプラン・おまとめMAX・かりかえMAX)などは、対象外となるので気をつけましょう。

アイフルは無利息サービスのほかにも借入・返済のしやすさが特徴のカードローンです。

他のカードローンと比べ、提携しているATMが豊富に用意されており、アプリや振り込みでも借入・返済が可能です。

借入・返済が可能な提携先は以下となります。

借入・返済が可能な提携先 セブン銀行

ローソン銀行

イオン銀行

三菱UFJ銀行

西日本シティ銀行

Enet

親和銀行

借入のみ可能な提携先 福岡銀行

熊本銀行

返済のみ可能な提携先 Famiポート

アイフルの無利息となる期間

アイフルで無利息となる期間は、アコム同様に「契約日の翌日から30日間」です。契約後すぐに借り入れするのであれば、最大30日間が適用されます。

しかしすぐに借り入れされない場合は、無利息サービスを利用できなくなってしまう為、注意が必要です。

無利息期間中に返済日が来た場合、残高に応じた返済額の入金が必要です。入金した金額は元金に充当されますが、ATM等手数料やカード再発行手数料などの各種手数料が発生した場合は、「各種手数料→元金」の順に充当されます。無利息期間終了の翌日から通常金利(実質年率3.0%〜18.0%)が適用されます。

5万円までなら180日間無利息のレイクALSA

レイクALSAは、条件に応じて3つの無利息サービスを取り扱っています。

まずは、メインの「60日間利息0円サービス」と「180日間利息0円サービス」について説明します。

初めてなら借入額全額60日間利息0円
・初回契約翌日から無利息
・契約額1〜200万円の方
・無利息期間経過後は通常金利適用
初めてなら借入額のうち5万円まで180日間利息0円(5万円超の借り入れも可能)
・初回契約翌日から無利息
・5万円超分は通常金利適用
・契約額1〜200万円の方
・無利息期間経過後は通常金利適用
60日間利息0円 180日間利息0円
対象の方
レイクALSAを初めて契約する方(Web申し込み限定) レイクALSAを初めて契約する方
無利息開始日
契約日の翌日から開始
無利息期間中の返済日
あり
契約額(極度額)
1万円〜200万円まで
無利息期間経過後の貸付利率(実質年率) 無利息期間経過後または5万円超分の貸付利率(実質年率)
12.0%〜18.0% 12.0%〜18.0%

WEB申込が一番お得に借りれる

初めて自動契約機または電話で申し込みの方は、「30日間無利息」または「5万円まで180日間無利息」のいずれかから選ぶことになります。初めて契約する方で、契約額が200万円超の方は、「30日間無利息」となります。

ただし、WEB申込を利用した場合は「30日間無利息」から「60日間無利息」にサービスがUPします。

申し込む際はWEBで申込することおオススメします。

ちなみにここまで紹介したレイクALSAの「60日間無利息(Web申し込み限定)」、「5万円まで180日間無利息」、「30日間無利息」は、併用することができません。またいずれも「契約日の翌日から無利息期間が開始」ですので、契約から借り入れまでに期間が経つほど、無利息期間が短くなります。

無利息期間があるカードローンの賢い選び方

賢くカードローンを利用するためには?

ここまで無利息期間があるカードローンを紹介してきました。では、その中でどのカードローンを選ぶのがよいのでしょうか。それは、利用者のニーズによってことなってきます。

例えば、すぐに借り入れする予定はないけどいざという時のために契約しておきたい方、少額だけ借り入れしたい方など、人によって選ぶべきカードローンが異なってきます。それぞれどんな時にどのカードローンを選べばいいのか解説していきます。

いざという時のために契約しておきたい方はプロミス

消費者金融のカードローンは、最短即日融資に対応しているところも多く、今すぐお金が必要という場合に大変便利です。しかし急に必要になってから申し込みや契約手続きを行なっていては、どうしても時間がかかってしまいますし、審査状況によっては最短で借り入れできないケースもあります。

今すぐに借り入れする予定はなくても、契約だけ済ましておけばいざという時にいつでも利用できるので、契約だけして借り入れせず置いておくのも一つの手です。しかしアコムやアイフル、レイクALSAだと、契約日の翌日から無利息期間がスタートしますので、先に契約だけしてしまうと無利息サービスを利用できません。

その点プロミスなら、初回出金の翌日から無利息期間がスタートしますので、先に契約しておいても問題ありません。いざという時のために契約だけしておきたい方は、プロミスに申し込みするとよいでしょう。

少額だけ借り入れしたい方はレイクALSA

友人の結婚式があったり急に生活家電が壊れたりして、少額借入をしたいタイミングがあったとします。こういった時は、5万円まで180日間無利息で利用できるレイクALSAがおすすめです。5万円以下の借り入れまでなら利息0円で利用することができます。

180日間という長期間サービス適用されるのがよいところです。少額であれば、一括返済も可能かと思いますので、実質利息0円で借り入れすることができます。もちろん無利息期間を超えた分は、通常金利が適用されますので、その点だけ注意しましょう。

カードローン以外の無利息で借りる方法

カードローン以外でも無利子で借りれる借入先はあります。

ただし、国や地方自治体からの融資になりますので、条件が厳しくなります。

原則として生活に困っている方向けの融資になりますので、そうでない方は借りれないと考えておきましょう。

※新型コロナウイルスの影響により収入が減少した方は、特例措置による緊急小口資金【特例貸付】もしくは総合支援資金 生活支援費【特例貸付】が適応できますので、厚生労働省のHPを確認して下さい。

生活福祉資金貸付制度を利用する

生活福祉資金貸付制度とは、お住まいの地域の社会福祉協議会にて取り扱われている貸付制度です。

利用する制度によって貸付条件が異なりますのが、基本的には下記に当てはまる方が対象者となります。

低所得者世帯 必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者等の属する世帯
高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯

どのような制度が存在し、どういった貸付条件があるのかをまとめましたので、下記の表を確認しましょう。

資金の種類 貸付条件
貸付限度額 据置期間 償還期限 貸付利子 保証人の有無
総合支援資金 生活支援費 (二人以上)
月20万円以内
(単身)
月15万円以内
最終貸付日から
6ヶ月以内
据置期間経過後
10年以内
保証人あり
無利子保証人なし
年1.5%
原則必要

ただし、保証人なしでも貸付可

住宅入居費 40万円以内 貸付けの日から
6ヶ月以内
一時生活再建費 60万円以内
福祉資金 福祉費 580万円以内 貸付けの日から
6ヶ月以内
据置期間経過後
20年以内
保証人あり
無利子保証人なし
年1.5%
原則必要

ただし、保証人なしでも貸付可

緊急小口資金 10万円以内 貸付けの日から
2ヶ月以内
据置期間経過後
12ヶ月以内
無利子 不要

それぞれ資金の用途は以下となります。

生活支援費

生活再建までの間に必要な生活費用。

住宅入居費

敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用。

一時生活再建費

生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄うことが困難である費用。

就職・転職を前提とした技能習得に要する経費。

滞納している公共料金等の立て替え費用。

債務整理をするために必要な経費  等

福祉費

生業を営むために必要な経費。

技能習得に必要な経費及びその期間中の生計を維持するために必要な経費。

負傷又は疾病の療養に必要な経費、及びその療養期間中の生計を維持するために必要な経費。

冠婚葬祭に必要な経費。

その他日常生活上一時的に必要な経費。

緊急小口資金

緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける少額の費用。

詳しくは厚生労働省HPにて確認してみて下さい。

参考リンク:厚生労働省「生活福祉資金貸付制度」

無利息期間があるカードローンは業者によって特徴が異なる

無利息期間があるカードローンとしては、プロミスをはじめ、アコム、アイフル、レイクALSAの他にもさまざまな金融機関が提供しています。カードローンによって、無利息サービスの適用条件や開始期間などに違いがありますので、利用前にサービスの詳細をしっかりと確認しましょう。

また基本的にどのカードローンも、初めての方のみ無利息サービスが適用されます。例えば、過去にプロミスで借り入れした経験がある方は、プロミスに再申込しても無利息サービスが適用されません。他のアコムやアイフル、レイクALSAも同様です。まだ利用したことがない方は、ぜひ無利息期間があるカードローンを利用しましょう。

この記事のアドバイザー

矢倉 義之先生
1975年大阪府守口市出身。
大学卒業後、上場住宅会社に入社し、営業職として3年間勤務。
その後、父親が所長を務める矢倉会計事務所に勤務し、税理士資格取得後。
2010年に独立して矢倉税理士事務所を開業。
2016年に父親の引退により矢倉会計事務所と合併し現在に至る。
金融・ファイナンスの知識が豊富でカードローンコンペの監修に携わっている。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

>>>>>4.3

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

無事に完済できました。<br /> バンクイックと併用して使っていましたが、使いやすかったです。<br /> 返済が少し遅れたときも優しく丁寧な対...

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

電話の対応する人により、返答が異なっています。最初の方は、申し込みできますということでしたが、分からないことが有り、次に電話対応してくださった方に...

続きを見る

2

アイフル

>>>>>4.3

平均融資額
10万円
総合評価
4.3
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

借りてよかった

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

母が心筋梗塞を患ってしまい、私のお給料は全て医療費・入院費に消えてしまいました。1ヵ月分の生活費として30万円を借入しましたが、大学講師という職業は信...

続きを見る

3

アコム

>>>>>4.3

平均融資額
9万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間

お申込みはこちら

3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間

※当社調べ

良い匿名さん>>>>>

少額ですが可決されました

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

クレジットカードの支払いができなかったので、急いで借りられるところを探していましたが、アコムが助けてくれました。日曜日でしたが、無人契約機へ行って...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP