カードローンは借金と一緒?初めてローンを使った時に発生しやすいトラブル5選!

2019年4月8日

銀行で初めてキャッシュカード・クレジットカードを作った時、「カードローン」という言葉を聞いたことはありませんか?

カードローンは銀行や消費者金融などの機関から提供されているサービスの一つです。

 

急な出費が必要となった時などに役立つとして、現在では多くの方がカードローンを利用しています。

しかしこのカードローン、使い方を間違えると日常生活に大きな悪影響を与えてしまうんです!

そのため利用する時は、十分に注意する必要があります。

 

ここではカードローンについての情報や、利用時に発生しやすいトラブルなどについて紹介します。

「今後カードローンを使ってみようかな?」と考えている人は、ぜひ内容をチェックしておいてくださいね。

 

 

カードローンと借金の違い

借金とは会社や個人などからお金を借りる事なので、カードローンもそういう意味では借金と同じものだといえます。

しかしカードローンは銀行ローンなどと違い、いろんな目的に利用することが可能です。

急に結婚式や葬式へ参加しなければならない時や、生活費が不足した時などにも使うことができます。

 

また、カードローンは申し込んだその日にお金を借りることができます。

審査を申し込む時に保証人や担保を用意する必要もありません。

そのため審査条件さえ満たせば、学生や主婦の方もカードローンを使うことができます。

 

このようにカードローンは、いざという時に役立つ非常に便利なサービスなんです。

 

カードローンで発生しやすい5種類のトラブル

カードローンは誰でも気軽に使えるサービスですが、使い方を間違えると大きなトラブルに発展する可能性が高いです。

ここではカードローンを使った時に発生しやすいトラブルについて紹介していきます。

 

1:収入に見合わない額の借り入れを行う

カードローンはキャッシュカードやクレジットカードを持っていれば、ATMですぐにお金を借りることができます。

そのため、使い慣れると自分の口座からお金を引き出しているような感覚になる場合が多いです。

 

しかし調子にのって使い続けていると、借入額はドンドン増えていきます。

毎月の返済で苦しまないためにも、カードローンを利用する時は使いすぎに注意してくださいね。

実際にカードローンを利用している方の中には、このトラブルで悩む方がとても多いです。

 

2:カードローンの返済が遅れる

カードローンの大半は融資の返済日があらかじめ決められています。

そのため銀行や金融機関から借りたお金は、その返済日までに必ず返さなければいけません。

返済日までにお金を返すことができなかった場合、金融会社から催促の電話やはがきが届きます。

こういった状態が3ヵ月間続くと、金融機関に返済を延滞したという事故情報が記録されてしまいます。

情報が記録されるとローンの利用限度額が減ってしまう可能性が高いです。

カードローンを利用する際は、返済が遅れないようにきちんとした計画を立ててください。

 

3:カードローンに使っているカードが返済専用になる

カードローンは総量規制が導入されたことで、一人の契約者に対して融資できるお金の額が決められています。

複数の金融機関を利用していたとしても、借入できる金額は契約者の年収の1/3までです。

 

そのため複数の金融機関を利用して返済と借入を繰り返していると、ある日いきなりお金の借入ができなくなる場合があります。

こうなると借りたお金を返済するまで、カードローンを利用することはできません。

カードローンを利用する際は、なるべく複数の金融会社からお金を借りないようにするのがベストです。

 

4:カードローンをリボ払いで返済する

カードローンを利用している方の中には、リボ払いでお金の返済を行っている人もたくさんいます。

リボ払いは、金融機関から借りたお金を一定額ごとに毎月返済していく方法です。

毎月同じ額のお金を返済することになるため、毎月の収入が少ない人でも気軽にお金を返すことができます。

しかしリボ払いは金利手数料が高いため、返済するお金の総額は格段に高くなってしまいます。

それに返済が滞ると利息負担が大きくなり、いつまで経ってもローンが減らなくなる危険性が高いです。

借金地獄を避けるためにも、リボ払いはなるべく使わないようにしてくださいね。

 

5:ローンを返済するために別のカードローンを利用する

カードローンの返済で困っている人は、お金を返済するために別のカードローンを利用することが多いです。

確かにこうすれば、一方の金融機関から借りたお金を返済することができます。

 

しかし今度は新しく借りた金融会社にお金を返済する必要があるため、カードローン自体の問題は全く解消されません。

むしろ借りたお金の総額はドンドン増えてしまうため、ローンの返済により一層苦しむことになります。

カードローンを利用する際は、いろんな金融機関からお金を借りないようにするのがベストです。

 

カードローンで失敗しやすい人の特徴

カードローンで失敗してしまう人の大半には、共通した特徴が存在します。

以下のような特徴を持つ人はカードローンで失敗しやすいといえるでしょう。

 

・自己統制力が低い
衝動買いをよくしてしまう人や、好きな事にのめりこみやすい人は自己統制力が低いといえます。
後先考えずに行動を起こしてしまうため、「気づいたら借入額がとんでもないことになっていた!」という事態になる可能性が高いです。

 

・物事を深く考えることが苦手
先のことをよく考えず、行き当たりばったりで行動してしまう人の事です。
計画的にお金を管理することができないので、借入額が高額になったり返済を忘れてしまう場合があります。

 

・困った事態になった時すぐ「逃げる」という選択肢を選ぶ
根拠もなく人を信用してしまう人や、訪問販売を断り切れない人などがこの特徴を持っています。
目の前の困難から逃げるために、カードローンの返済を後回しにしてしまう傾向が強いです。

 

・人とのコミュニケーションが苦手
具体的に言うと一人で考え込むことが多い人や、人に相談をすることができない人の事です。
周りに相談することなく一人で問題を解決しようとするため、カードローンの返済に苦労しやすいです。

 

こういった特徴を持つ方は、カードローンの使い方に十分注意してくださいね。

きちんと計画を考えて使っていけば、トラブルは未然に防ぐことが可能です。

申し込む前に友人や家族と相談するだけでも、失敗する確率は大幅に減らすことができますよ!

 

カードローンで失敗しないための対策

 

初めてカードローンを利用する方も、いくつかのポイントを重視すればスムーズにお金を返済することができます!

ここではカードローンを返済する時に重要なポイントをいくつか紹介します。

 

  • 収入に余裕がある場合は随時返済を活用する

カードローンを返済する際は、借りたお金に利息がプラスされます。

そのため最低返済額分のお金を毎月返していては、ローン完済までに時間がかかってしまいます。

そんな時に役立つのが随時返済です。

随時返済は、毎月の最低返済額よりも多い金額のお金を返済することです。

この方法で返済したお金は、そのまま元金分の返済にあてられます。

そのため随時返済を繰り返せば支払い期間が短くなる上に、返済時の利息も減らすことができるんです!

 

カードローンの返済を早く終わらせたい人や、ローンの返済総額を最小限に抑えたい人はぜひ活用してくださいね。

 

  • カードローン返済の遅延に気をつける

カードローンの返済が遅れてしまうと、返済額に遅延損害金がプラスされてしまいます。

この遅延損害金は1日遅れただけでも発生してしまうので、返済する際は支払いが遅れないよう気をつけてください。

カードローンの返済が遅れないか心配な人には、口座振替がおすすめです。

毎月の返済を口座振替にしておけば、口座から直接ローンを返済することができます。

返済のためにATMへ行く手間もないからとっても便利ですよ♪

 

  • 返済の際にかかる手数料をなるべく安く抑える

コンビニATMからカードローンを返済する際は、1回あたり216円の手数料がかかります。

1年間利用すると、ATM手数料だけで2,500円もかかる計算です。

 

そのためカードローンを返済する際は、手数料が無料の返済方法を選んでくださいね。

手数料を節約すれば、その分お金をローン返済に回すことができます。

ちなみにおすすめは、手数料無料の口座振替やインターネット決済などの支払い方法です。

 

もしカードローンの返済に困った場合の対処法

カードローンの返済が滞ってしまった時は、債務整理を利用してローンを返済するのが一般的です。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の3つが存在します。

 

任意整理

任意整理は裁判所を通さずに債権者である金融機関や銀行と交渉し、利息をカットしてもらったり毎月の返済額を調整してもらう事です。

住宅や車などの資産を手放さずに借金を整理できるので、最も多くの方に利用されている債務整理でもあります。

しかし任意整理をすると金融機関に情報が掲載されるため、5年間はカードローンなどのサービスが利用できません。

 

個人再生

個人再生は裁判所に再生計画案を提出することで、債務を1/5から1/10まで減らしてもらえるように交渉する事です。

裁判所に認可された場合は、指定された金額を3年から5年程かけて支払っていきます。

任意整理と同じように、住宅などの資産を保有した状態で行うことが可能です。

ただし、個人再生を行うと5~10年間はローンを利用することができません。

 

自己破産

自己破産は裁判所に破産申立を行うことで、税金以外の債務を全て免除してもらう事です。

ローンは全て消えますが5~10年間は新しい借入ができなくなる上、一部の職業に就くことができなくなります。

また自己破産を行う際は、住宅や車などの資産を手放さなければいけません。

 

このように、それぞれの債務整理には違ったメリット・デメリットが存在します。

もし万が一債務整理を行うことになった時は、自分の目的や借入額に合った方法を選んでくださいね。

 

初めての方にオススメなカードローン

ここでは、初めての方でも安心して使えるカードローンを3つ紹介します。

今後カードローンを使う予定がある人は、ぜひチェックしてみてください!

 

4.4

プロミス

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK
4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間

プロミスは初回のみ、30日間無利息でカードローンを利用することができます。

最短1時間で手続きを完了させることができるので、即日借入を希望する人にもピッタリです。

 

4.2

アコムバナーnew

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間
3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間
※当社調べ

アコムはプロミスと同じように、30日間金利0でカードローンを利用することができます。

24時間・365日いつでも利用することが可能です。

WEBから申込が行えるので、店舗へ行く暇がない人でも融資を受け取ることができます。

 

4.2

アイフルバナー300x250_20190710

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日
3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間

アイフルには専用のフリーダイヤルが用意されており、初めての方でも気軽にカードローンを申し込むことができます。

初めて利用する人なら30日間無利息で利用できますし、最短1時間で融資を受け取ることが可能です。

 

まとめ

カードローンについてじっくり紹介してみたのですが、いかがでしたか?

 

カードローンは借金と似たようなものですが、適切な使い方をすればそれほど危険なサービスではありません。

ローンの目的をよく考えて無理のない返済プランを実践することができれば、日常生活をより快適なものへと変化させることが可能です。

急にまとまった資金が必要になっても、すぐにお金を準備することができますよ。

 

「どうしてもカードローンを活用したい・・・」と考えている方は、使い方に注意しながらカードローンをうまく活用していってくださいね!

 

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

気になってる方も多いと思いますが書きます。 ここは使わない方がいいと思います。 仮審査→即OK もうこの時点で逆に不審に思いました。 審査機関をこ...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

4

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP