【学生でも借りれる?】カードローンを利用して親にバレずに学生がお金を借りる方法

2019年2月20日

今月はお金を使いすぎた……
まだバイト代入らないのに予定がてんこ盛り……

こんな風に学生でもお金が必要になることは多いですよね。

それ以外でも、将来のために必要なものを買いたい、資格取得の勉強のためにセミナーに参加したい、など、今、必要なものがある人も多いと思います。

そんな時に役立つのが「カードローン
なのですが、学生でもカードローンって使えるのか、よくわからない学生さんも多いですよね。

仮にカードローンが使えたとしても、親の保証が必要になったりも……それじゃあバレてしまって許可が下りないなんて人もいますよね。

でも抜け道は世の中探せばいっぱいあるもので、満20歳以上でバイトを継続的にしている人ならカードローンを学生でも使えるんですよ。
もちろん親にバレることなくです。

カードローンの学生向けの基本


学生の方でカードローンを利用したいという人に、そもそも知っておいてほしい話ですが、19歳以下の学生は基本的にカードローンでお金を借りることはできません。

銀行や金融だって貸したお金が返ってくる保証の無いところにお金は貸したくないですから、まだ定職についておらず収入の安定しない学生にお金を貸す会社は少ないです。

満20歳を超えていたとしても、条件を満たさないとカードローンの利用はできません。
その条件というのは主に2つあげられます。

  • 親の同意書・保証書を用意すること
  • アルバイトをしていて安定した収入があること

この2つはどちらの条件も満たさないといけないというわけではなくて、どちらかを満たして入ればOKであることがほとんどです。

もちろん金融・銀行によって細かな条件が加わってくることもありますが、基本的にこのどちらかは見られることが基本となります。

親にバレたくないという人であれば、バイトをしていて、ある程度の収入が見込めるなら、バレずにカードローンを利用することができるわけです。

親の同意書があれば学生でもカードローン利用は可能。(未成年でも)
アルバイトで安定した収入があれば親の保証なしで利用可能。(つまりバレずに)

ただカードローンといっても両手では数え切れないほど借りれる場所があります。

そういう時に面倒くさがって、名前知ってるし有名だからこれでいいや、と安易に借りてしまうと、金利がかさんで借りたお金より大幅にお金を返さないといけなくなって、泣きを見ることにもなりかねないので、リサーチは慎重にしましょう

学生におすすめのカードローン


学生の場合、安定した収入がない場合が多いので、実際のところ銀行カードローンは審査に通らない場合も多いです。

1年以上勤めていてフルタイムで5日働いていて、年収ベースで見て安定していると判断されれないと、審査に落ちる可能性は十分あります。

その分、審査に通れば低金利で安心して借りていられるので、通るのであれば銀行カードローンの方がおすすめです。そうでないのであれば無難に消費者金融のカードローンを選ぶことをおすすめします。

ですので、ここではおすすめの消費者金融カードローンをご紹介します。
学生向きである理由も添えているので、一度すべて目を通してみてください。

SMBCモビットのバナー

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1
3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • web完結申込ができるので、スマホだけで郵送物なしで借入可能
  • 最短即日でもOKで急な借入にも対応
4.4

プロミス

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK
4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
  • 電話での在籍確認は必要になりますが、応相談で給与明細などの書類で在籍確認も可能
  • 30日間無利息サービスというものもあって、すぐに返済できる目途が付いているのであれば無利息でお金を借入ることができます
  • 電話要らずで手続きをweb完結させることも可能
4.2

アイフルバナー300x250_20190710

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日
3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
  • 審査結果は電話かメールで自分で受けられるので、郵便物などでバレる心配なし
  • 30日間無利息期間が用意されているので、金利がおトク

カードローンについて念のため知っておきたいこと


まず第一に目先のお金が欲しいから、と安易にカードローンに手を出すのはやめておきましょう。

学生さんにありがちですが、友達と遊ぶお金欲しさにカードローンに手を出してしまう人も少なくありません。

決して悪いことではありませんが、遊びはいつでもできるものですから、お金に余裕がないのに無理をするのはおすすめできません。

遊ぶのであれば、お金をかけない方法だっていくらでもあります。

そういった安易な借入をして返済できず大変な思いをする学生さんも多いです。

あくまで生活がある程度は安定していて、たまたまお金が入用になった、という時だけカードローンを利用するようにしておきましょう。

こういう時にカードローンは利用しよう

例えばプログラミングの勉強をしていて、パソコンが壊れてしまった。そんな時、お給料が入るまで買いなおすのを我慢して勉強を中断していたらもったいないですよね。

そういう将来のために必要不可欠なものを買うためにお金が必要なら、カードローンを使うのはむしろ賢い手段です。

生活必需品の生活家電なども同じですね。そういった時にこそカードローンを頼るべきです。

  • カードローンを利用するのは「生活必需品」か「将来のための勉強に必要なもの」だけにしておきましょう!

逆にスマホを買い替えてそれほど経っていないのに、カードローンを利用してまで新作に買い替える、などはやめておきましょう。

どうしても必要な機能が付いているなら話は別ですが、ただ新しいものが好きという理由でカードローンに手を出してまで購入するのはおすすめしません。

すぐに返済できる当てがあるならいいですが、そうでないなら絶対にやめておきましょう。人生が台無しになるかもしれませんよ。

カードローンを学生が利用するのであれば、先を見据えて、今の自分に必要だという物のために使いましょう。いわば自分の将来に投資をする感覚で借りるのが賢い選択です。

借入の限度額を知る


学生の場合、カードローンで借入できるお金に限度額が設けられることがあります。

やっぱり学生となるとどうしても収入が安定しませんから、これは仕方のないことです。

特にこういった傾向が強いのは銀行カードローンです。

大体目安としては10万円が限度となります。よっぽど収入のある人でなければ、これ以上借りるのはリスクが高いのでどちらにせよあまり借りることはないと思いますが一応知っておきましょう。

例外として、学生で起業している人や安定して社会人並みの収入を得ている人であれば、その限りではないようです。

消費者金融の場合、学生をフリーターと同列に扱って、限度額に特別な制限を設けることはないことが多いです。つまり一般的なフリーターの限度額と同じ額を借りることができます。

銀行カードローンだと学生対象の限度額がある
消費者金融の場合フリーターと同様の限度が多い

カードローンを利用するときに注意すべきこと

最低返済額は確認しておこう

カードローンで注意することといえば「金利」にばかり目がいきがちですが、「最低返済額」という点にもしっかり目を向けないといけません。

最低返済額というのは「月にこれだけの額は必ず返済してください」という金額のことです。

銀行カードローンなら、毎月の最低返済額が1万円からという所が多いです。
学生ローンや消費者金融なら最低返済額が2500円前後という所もあるので、毎月1万円はキツいだろうなと思う人はしっかり、最低返済額についても調べてからカードローン選ぶようにしましょう。

毎月の返済が滞ってしまうと、信用問題に関わり、今後クレジットカードを作りたい時などに苦労するはめになることも十分にあり得ます。

ただ、最低返済額にばかり目を向けていると、次は金利が思ったより高かったということにもなりませんから、しっかり両方を見て、一番得なカードローンを探しましょう。

  • 最低返済額
  • 金利

金利と最低返済額を見比べる

銀行カードローンなどは最低返済額が1万円からというところも多い傾向にありますが、しっかり返済する自信さえあれば、銀行カードローンは消費者金融などより金利が低いというメリットもあります。

消費者金融は最低返済額が2500円前後と安いところも多いけど、金利が少し高くなるので、結果的には銀行カードローンより損してしまいます。

目先の楽さを取るか、少しでもお金の負担を減らすか、好みの問題ではありますが、こういった違いがあるので、カードローン選びの際は念頭に置いておきましょう。

特に学生のように収入が少ない場合は、少しの金利でも大金と思えるかもしれませんので、慎重に選びましょう。

とはいっても銀行カードローンはやや審査が厳しめでしっかり返せる保証がないと、申請が通りにくかったりしますから、選択肢があるように見えてない場合もあります。

逆に消費者金融は審査は比較的緩く、すぐに申請が通ることが多いので、学生の場合こちらに頼ることが多くなると思います。

消費者金融は最低返済額は低いが金利が高い傾向がある
銀行カードローンは最低返済額は高いが金利は低い傾向にある

借入は頻繁にしないこと!


学生のうちからカードローンで借りればお金が手に入ると覚えてしまうと、少しでもお金に苦しくなったらカードローンに頼る癖がついてしまいます。

目先のお金は増えたように見えるので、ついついお金に余裕があると錯覚して散財してしまいますが、結局のところカードローンはお金を前借しているだけで、臨時収入というわけではありません

そんな生活を続けていたらどんどん金利で借金が増えていき、多重債務者になって末には自己破産…なんて暗い未来が待ち受けているかもしれません。

本当に必要ならカードローンを使うことはなんら悪いことではありませんが、むやみやたらにカードローンに頼るのは絶対にやめましょう。

そういった癖をつけないためにも、できるだけカードローンは使わない方がいいです。どうしてもという時だけ使うようにしましょう。

健全に余裕をもって返せる額でカードローンを利用するなら便利なシステムですから、うまく利用できるようにしっかり計画をしましょう。

学生でカードローンを利用したいなら学生ローンという選択肢も

ちなみに消費者金融の中には「学生ローン」といって、顧客を学生にフォーカスしたカードローンもあります。

学生ローンについて興味がある方はこちらで解説しているのでぜひご覧ください。

カードローンを利用してお金を借りるのはよいですが、もちろん学生であっても、お金は計画的に借りるようにしてくださいね。

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

気になってる方も多いと思いますが書きます。 ここは使わない方がいいと思います。 仮審査→即OK もうこの時点で逆に不審に思いました。 審査機関をこ...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

4

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP