320社カードローンを選ぶ

低金利!銀行の自動車免許ローンの審査に学生は申込可能?

2017年12月12日

自動車免許ローン

18歳になれば、自動車免許を取得したいと考える若者も多いと思います。高校在学中の間に18歳になれば、高3の夏に教習所に通い始める人も珍しくありません。

大学生の人は、長い夏休みを利用して合宿免許を利用して自動車免許を取得する人もたくさんいます。

さらにバイクなどの中型免許にもなれば、高校生の時点で教習所に通い取得することが可能なので、バイク好きな若者はこぞって取得しに教習所へ行きますね。
→(バイクローンで損しない!低金利なオススメ5社

しかし自動車免許の取得には、それなりにお金がかかってしまうもの。学生の間に取得したくても、お金がなくてなかなか教習所に通えないという人もいます。

そういった時に便利なのが、『ローンを利用する』ということ。自動車免許ローンを利用することで、学生やアルバイトでも無理なく自動車免許を取得できます。

今回は、そんな自動車免許ローンの特徴などについてお話していきたいと思います。

自動車免許ローンの特徴

車のバックミラーを調節する女の子

まずは、自動車免許ローンの特徴をまとめてみました。

  • 18歳以上であれば未成年でも本人名義で申込可能
  • 支払い方法を選択可能・自由にカスタマイズできる
  • インターネット申込など手続きがラク

18歳以上であれば未成年でも本人名義で申込可能

利用する自動車免許ローンにもよりますが、18歳以上であれば未成年でも本人名義で申込することが可能となっています。

ただ中には未成年の場合、保護者の同意が必要となる自動車免許ローンもありますので、覚えておくと良いでしょう。

自動車免許の教習所には、進学や就職が迫った若い世代の方たちが多いですよね。どうしても収入が少なくなってしまいますので、そういった方は自動車免許ローンを活用しましょう。

支払い方法を選択可能・自由にカスタマイズできる

自動車免許ローンの良いところは、支払い方法を自由に選択したりカスタマイズできたりするところです。

分割払いはもちろん、スキップ払いといって支払い開始時期を遅らせることができるなど、いろんな種類のローンがあります。

例えば、在学中に自動車教習所に通い始めて、就職後に給料で返済していくといったプランも可能なところがあります。

インターネット申込など手続きがラク

自動車免許ローンは、インターネットから簡単に申込することができます。もちろんインターネットでなくても、自動車教習所の窓口で自動車免許ローンの申込ができるところもあります。

自動車教習所と自動車免許ローンを扱っている業者が提携しているために、教習所窓口でローンの申込ができるというわけですね。

自動車免許ローンの種類

車の渋滞

自動車免許ローンにも、いくつか種類があるのをご存知でしょうか? 自動車免許ローンは、銀行信販会社大学生協など、さまざまな機関が取り扱っています。

  • 銀行の自動車免許ローン
  • 信販会社の自動車免許ローン
  • 大学生協の自動車免許ローン

それぞれその自動車免許ローンを利用するのかによって、使い勝手は異なってくるでしょう。しっかりとそれぞれのメリット・デメリットを把握して、自分にマッチした自動車免許ローンを利用することが大切です。

銀行の自動車免許ローン

銀行の自動車免許ローンの特徴としては、利用限度額が高めに設定されている点です。その分、金利が1%台と低いところもあり、低金利が魅力となっています。

銀行によっては、自動車免許ローンとして自動車ローンを利用できる場合もあるようです。

ただ銀行であるが故、審査が厳しめとなっています。未成年や学生の方は、利用できないケースがほとんどです。

信販会社の自動車免許ローン

セゾンカードエポスカードといった信販会社も、自動車免許ローンを取り扱っているようです。

未成年でもクレジットカードを持つことができるのが大きな特徴ですね。また独自のポイント特典なども用意しているなどメリットもあります。

ただ金利に関しては、13.0%台となっており、銀行などと比較すると高めに設定されています。

大学生協の自動車免許ローン

大学生協も自動車免許ローンを取り扱っています。大学生協という名称通り、大学生しか利用することができません。

その分、金利が9.0%と比較的低めに設定されているのがメリットですね。しかし親権者の方に連帯保証人になってもらわなければなりません。

場合によっては、指定合宿免許しか大学生協の自動車免許ローンを利用できないこともあるので利用時には注意が必要です。

各種免許取得にかかる費用を比較してみた

札束を持つ女の子

ここからは、各種免許取得にかかる費用相場を比較してみたいと思います。自分が取得を考えている免許の種類にどの程度お金が必要なのか、把握しておくと良いでしょう。

普通自動車免許取得にかかる費用相場

免許の種類 費用相場
普通自動車(AT車限定) 28万円~30万円
普通自動車(MT車) 33万円~35万円

一般的な自動車免許の取得にかかる費用としては、AT車限定だと28万円~30万円程度となっています。そしてMT車だと33万円~35万円で、AT車限定より少し高いです。

もちろんこれは、あくまで費用相場なので利用する教習所などによっては、もっと安い費用で取得できるところもあります。

例えば、『合宿免許』であれば、先ほどの相場の8万円~10万円ほど安いケースが多いです。また合宿免許の場合、免許取得にかかる期間も短いです。

  • 普通免許(AT車限定)→14日間
  • 普通免(許MT車)→16日間

合宿免許であれば、最短2週間程度で取得できるようです。ただ講習や試験に落ちた場合は、追加料金が必要になることもあります。

中には、追加料金なしのところもありますので、合宿免許を検討しているのであればよりお得なところを探してみてください。

自動二輪免許取得にかかる費用相場

免許の種類 費用相場
普通免許あり 普通免許なし
小型二輪免許(AT車限定) 9万円 18万円
小型二輪免許(MT車) 10万円 20万円
普通二輪免許(AT車限定) 11万円~12万円 20万円
普通二輪免許(MT車) 13万円 22万円~23万円
大型二輪免許(AT車限定) 18万円 28万円
大型二輪免許(MT車) 21万円 30万円

自動二輪免許に関しては、すでに普通免許を取得しているかどうかでかかる費用が異なってきます。基本的に普通免許ありの方が安くなります。

また自動二輪も普通免許と同様に、AT車限定かAT車かによって費用が大きく異なってきます。

バイクが好きで乗るのか、それとも移動手段としてバイクを買うのかによって、取得すべき自動二輪免許の種類は異なってくるでしょう。

免許の種類は、この他にもさまざまなものがありますが、今回は普通免許と自動二輪免許のみ紹介しておきたいと思います。機会があれば、別の免許の種類も紹介していきます。

自動二輪免許取得に合わせて、バイクの購入を検討しているのであればバイクローンの利用も検討してみると良いですよ。

『2月~3月』と『7月~8月』は、入校者が多くなるため、免許取得料金を1~2割ほど高くする教習所が多い傾向にあります。

運転免許取得ローンにかかる金利はどれくらい?

細かい利息計算

教習所によってさまざまな信販会社と提携して、運転免許ローンを用意していることがほとんどです。

例えば、エポスアプラスオリコジャックスといったところが挙げられます。それぞれの金利(実質年率)について見てみましょう。

教習所提携の信販会社の金利を比較してみた

信販会社 金利(実質年率)
エポス 年13.2%
アプラス 年13.2%
オリコ 年13.2%
ジャックス 年9.8%

ジャックス以外は、すべて年13.2%と一律の金利となりましたね。では、仮に普通自動車(AT車限定)の免許取得に30万円かかるとします。

金利が年13.2%の自動車免許ローンを利用した場合、利息がいくらかかるのか計算してみましょう。

30万円×0.132÷365×30日=3,254円

1ヶ月あたり、3,254円の手数料がかかることになります。返済期間・回数によって、支払総額は異なってきます。

できるだけ利息を抑えたいのであれば、一回あたりの返済額を増やして返済回数を減らすことです。

ただみなさんの中には、もっと金利を抑えたいという人もいるのではないでしょうか。そういった人におすすめしたいのが、銀行の自動車ローン・マイカーローンと呼ばれるローン商品です。

自動車免許取得は低金利な銀行のマイカーローンで!

渋滞する車

マイカーローンは、主に銀行などが扱っているローン商品です。自動車やバイクの購入資金として、審査に通過すればお金を融資してもらうことができます。

マイカーローンは、購入資金以外にも修理や車検にかかる費用としても使えますし、もちろん免許取得の費用として使うこともできます。
→(マイカーローンは低金利の銀行を利用!利息を抑えてお得に返済

銀行のマイカーローンの金利はどれくらい?

目安としてですが、いくつか銀行のマイカーローンの金利を比較してみたいと思います。

銀行 金利 利用限度額
三井住友銀行 年4.475% 10万円~300万円
関西アーバン銀行 年2.70%~年3.80% 50万円~1,200万円
住信SBIネット銀行 年1.775%~年3.975% 10万円~1,000万円
JAバンク(大阪) 年4.350% 50万円~1,000万円

先ほど紹介した信販会社の金利と比較すると、かなり低金利であることがわかると思います。基本的に5.0%未満のところがほとんどですよね。

例えば、住信SBIネット銀行のマイカーローン『MR.自動車ローン』であれば、利息がどれくらいになるのか計算してみましょう。

30万円×0.03975÷365×30日=980円

先ほどの信販会社だと3,000円以上の利息が発生しましたが、銀行のマイカーローンだと1,000円以下に抑えることができるのです。

利息を抑えることができれば、返済負担を軽くすることもできますので、できるだけお金をかけたくない人は金利の低い銀行のマイカーローンの審査に申込すると良いでしょう。

ただ銀行のマイカーローンは、学生や未成年の人でも審査に申込することができるのでしょうか?

銀行のマイカーローンは学生でも申込可能?

クラスのマドンナ

結論から言うと、学生だと銀行のマイカーローンを使って自動車免許を取得することは難しいです。

銀行は、審査が厳しくさまざまな利用条件を設けており、中には『学生はご利用頂けません』としているところもあります。

利用条件については、銀行によって異なります。一般的にどういった利用条件を設けているのか、いくつか挙げていきたいと思います。

  • 申込時の年齢が満20歳以上、返済時の年齢が満70歳未満であること
  • 原則として安定継続収入があること
  • 保証会社の保証を受けられること
  • 外国籍の場合、永住者であること
  • 勤続(営業)年数が1年以上であること
  • パソコンのEメールアドレスを持っていること
  • 前年度の税込年収が200万円以上であること
  • (ローンを利用する銀行の)口座を保有していること

まとめると、こういった利用条件が設けられています。銀行のマイカーローンの場合、『申込時の年齢が満20歳以上であること』が条件としてあります。

そのため、学生の方でも18,19歳の方は、銀行のマイカーローンの審査に申込することができません。

さらに重要なのは、『安定継続収入があること』です。ローンですから、当然返済能力がなければ審査通過が難しくなり、融資を受けることができません。

また銀行によっては、『前年度の税込年収が200万円以上であること』を利用条件に含めているところもあります。

学生で年収200万円以上はなかなか難しいということもあり、『学生はご利用頂けません』と記載している銀行がほとんどです。

仕事をしており、安定継続収入を得ているという人なら、低金利の銀行マイカーローンがおすすめです。

住信SBIネット銀行自動社ローン

住信SBIネット銀行のMR自動車ローンについてさらに詳しく見る

教習所の提携信販会社の自動車免許ローンなら学生でも申込可能?

運転免許取得費用としても使える銀行のマイカーローンは、低金利で非常に魅力的ですが、審査が厳しく学生では利用が難しい現状があります。

では、教習所の提携信販会社の自動車免許ローンならどうでしょうか? 結論としては、学生や未成年者でも組める自動車免許ローンはあります。

ただし、そのほとんどが学生や未成年の場合、親の同意が必要となります。つまり保護者が保証人となれば、未成年・学生でも自動車免許ローンを利用することが可能です。

消費者金融カードローンを利用するのも1つの方法

ソファに座りながらパソコンを触る

消費者金融カードローンは、基本的に利用目的が自由となっているので自動車免許取得のために利用しても問題ありません。

また消費者金融は、銀行などと比較すると審査に通りやすいのも魅力です。審査スピードや融資スピードも早いです。

ただ金利が18.0%のところが多く銀行、信販会社、大学生協と比較すると高いのがデメリットと言えるでしょう。

消費者金融ならプロミスがおすすめ!

自動車免許ローンとして消費者金融を利用するなら、プロミスがおすすめです。大手消費者金融なので、信用性も高く健全なサービスを提供してくれます。

  • 初めてプロミスと契約する方は30日間無利息
  • 借入額50万円以下なら収入証明書の提出不要
  • Web完結での申込なら来店不要で借入可能
  • インターネットで24時間いつでも申込OK
  • 即日融資にも対応可能

このようにプロミスには、自動車免許ローンとしても大変便利に利用することができます。ただ一点デメリットがあるとすれば、20歳未満は利用できないという点。

もし学生(20歳未満)のうちに自動車免許を取得したいのであれば、プロミスは利用できません。しかし大学生など成人した方であれば、プロミスはお得でおすすめです。

プロミスの基本スペック

消費者金融 金利 利用限度額
プロミス 年4.5%~年17.8% 1万円~500万円

プロミス

プロミスのカードローンに申し込む!

【まとめ】自動車免許ローンなら学生・アルバイトでも安心

出発前にマップアプリで行き先を確認

自動車免許を取得するためには、相場として『28万円~35万円前後』かかると言われています。

学生やアルバイトの方で、自動車免許を取得したいけどお金がないという人は自動車免許ローンを利用しましょう。

自動車免許ローンは、銀行や信販会社、大学生協などが扱っていますが、消費者金融カードローンも使用目的自由なので利用できます。

それぞれのメリット・デメリットを把握して、自分に合った自動車免許ローンを利用しましょう。

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急にお金が必要になりカードローンを初めて利用しました...

続きを見る

悪い匿名さん

借入が容易であると友人から聞き、プロミスを利用しました。急な転...

続きを見る

平均融資額
16万円
総合評価
4.5
  • WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
  • 即日融資OK

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
良い匿名さん

友人や会社の同僚の結婚式が立て続けにあり、貯金が底をついてきた...

続きを見る

悪い匿名さん

モビットはすべてWEBで契約することができ、借り入れまでの審査時...

続きを見る

平均融資額
17万円
総合評価
4.2
  • 最高金利の低さが14.0%と目立つ
  • 限度額10万円~800万円と高額借り入れも可能
    ※ご利用は計画的に

公式サイトへ

2.0%〜14.0%※注釈(1)
10万円~800万円
-
-

※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※ご利用は計画的に!

良い匿名さん

年利18%のクレジットの返済の為に借り入れしました。メガバンクな...

続きを見る

悪い匿名さん

借り入れも返済も非常に便利で、とても使いやすかったです。これな...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP