バレずにキャッシングする方法!借入がバレる原因や対策について解説

2020年12月24日

キャッシングがバレる原因

お金を借りたい人の中には、借入をバレたくない方がいらっしゃるのではないでしょうか?

一時的な借入・キャッシングが原因で、家族や職場の上司・友人にネガティブなイメージを持たれたくないですよね。

結論から申し上げると、バレずにお金を借りることは可能です。

ただしバレずにお金を借りるためには、様々な対策が欠かせません。

今回はバレずにお金を借りたい方に、以下のポイントを解説します。

この記事でわかること
  • 会社・家族にキャッシングがバレる5つの原因
  • 会社・家族に内緒でキャッシングを利用する時の対策
  • キャッシングがバレそうになった時の対処法
初心者の方にも分かりやすく解説するので、最後までご覧ください。

ぜひこの記事の内容を、ご自身の借入計画にお役にお立てくださいませ。

会社・家族にキャッシングがバレる5つの原因

借金がバレる原因を知ることで、バレないように対策できます。

キャッシングがバレる主な原因は、次の通りです。

・店舗や無人契約機に行く姿を見られる
・職場への在籍確認連絡
・明細書やローンカードなどの郵送連絡
・借入記録が残った通帳を見られる
・返済がスムーズに行ってない時の督促連絡

それぞれ詳しく解説します。

店舗や無人契約機に行く姿を見られる

キャッシングがバレる主な原因のひとつが、店舗や無人契約機に行く姿を見られることです。

借入していることがイメージしやすい場所に行く姿を見られると、キャッシングしていると気づかれてしまいます。

借入がバレてしまう代表的な場所は、次の通りです。

・消費者金融の店舗
・契約や借入などできる無人契約機

バレずにお金を借りたい場合は、来店不要でキャッシングできるサービスを利用しましょう。

職場への在籍確認連絡

金融機関は審査プロセスで在籍確認を必ず行います。

多くの金融機関は在籍確認を、電話で職場連絡を行っています。

金融機関は申込者のプライバシー保護に努めていますが、バレるリスクがあることは事実です。

在籍確認連絡は一般的に、以下のように行われます。

  1. 金融機関が個人名で職場へ連絡
  2. 勤務していることが分かれば終了
  3. もし在籍が確認されない場合は再度、実施

在籍確認にあたって金融機関の担当者は、必ず個人名でお電話します。

その際「借入の件で…」や「在籍確認で…」といった用件を言わないことが、一般的です。

在籍確認でキャッシングがバレるのは、次の理由からです。

・金融機関の担当者が誤って伝える
・連絡を受けた人が電話の内容を申込者に質問する

在籍確認でバレたくない方は電話での在籍確認無しや、質問された場合の言い訳を用意しておきましょう。

明細書やローンカードなどの郵送連絡

ご家庭に届く明細書やローンカードなどで、同居の家族にバレる可能性があります。

郵送物は職場への在籍確認とは違い、時間指定や方法の指定が難しいです。

金融機関から届く郵送物の例は、次の通りです。

・ローンカード
・契約書(控)や利用明細書 など

郵送物は申込者だけが開封して欲しいことを受取者に伝える、親展で送られることが多いです。

しかし家族や同居人など関係が近い人は、誤って封筒を開けてしまう恐れがあります。

また一般的には送り先に金融機関名が記載されているため、家族が興味本位で開封してしまう場合があります。

郵送物で家族や同居人にバレたくない方は、郵送物がない融資サービスを利用しましょう。

借入記録が残った通帳を見られる

借入した証拠を見られることで、キャッシングの利用をバレてしまう可能性があります。

借入記録を他人に見られたくない場合は、以下の点に注意しましょう。

・ローンカード
・ローン通帳
・銀行の通帳 など

ローンカードの見た目は一般のキャッシュカードに似ていますが、機能はキャッシング専用です。

ローンカードを見られることで、バレル可能性があることを理解しておきましょう。

また金融機関の通帳にも注意が必要です。

通帳には借入や返済の記録が残ります。

記録を見られることで、借入の事実が相手に知られてしまいます。

借入記録などでキャッシングがバレたくない場合は、ローンカードやローン通帳の発行がないサービスを利用しましょう。

返済がスムーズに行ってない時の督促連絡

これまで紹介した原因は、事前に対策することでバレるリスクを減らせます。

しかし返済が滞った場合に送られてくる督促状は避けられないため、最もバレる可能性が高い原因です。

当たり前ですが金融機関から借りたお金は、利子を付けて返済する必要があります。

金融機関は契約通りに返済してもらうために、督促状を送ります。

そのため督促状が入った封筒には「督促状」や、「お支払いに関する重要なお知らせ」などの目立つスタンプが押されているはずです。

督促状の封筒を見られるだけで、他人に借入がバレやすいと言えます。

バレずにキャッシングをしたい場合は、借入後も注意して返済していく必要があります。

契約通りにきちんと返済していきましょう。

会社・家族に内緒でキャッシングする方法

ここまでは家族や上司などにバレる原因をご紹介してきました。

ここからは原因への対策をご紹介します。

誰にもバレずにキャッシングを利用するには、いくつかの対策を実践する必要があります。

以下の対策をしっかり守っておけば、バレる可能性は最小限に抑えられるはずです。

・カード・郵送物なしで利用できるカードローンを選ぶ
・返済の遅延・延滞に注意する
・事前に在籍確認の相談を行っておく
・利用明細書などの管理・処分に気をつける

それぞれ詳しく解説していきます。

カード・郵送物なしで利用できるカードローンを選ぶ

最近ではスマホを使い、ローンカードの発行無しで借入・返済をできるサービスが出てきています。

また明細書の発行が無く、インターネット上で確認できるサービスもあるため、利便性が高いです。

自宅への郵送物で家族にバレたくない場合は、ローンカード発行・契約書や明細書などの発行が無いサービスを活用してください。

一部の金融機関は申込や借入時に来店が必要です。

バレずにお金を借りたい方は、インターネット申込やコンビニATM借入・返済ができる金融機関を選びましょう。

返済の遅延・延滞に注意する

返済の遅延や延滞で、バレる可能性は極めて高いです。

なぜなら延滞を知らせる郵便物は目立つ場合が多く、封筒を見られるだけで質問されます。

バレずに借入ができた場合でも、キャッシングを完済するまで注意が必要です。

借入後も契約通り、きちんと返済していきましょう。

借入後に返済の遅延や延滞を避けたい方は、事前に返済計画を立てておきましょう。

返済計画は収支のバランスを考えることで、立てられます。具体的には次の通りです。

・収入、支出額を把握する
・必要な借入金額を計算する
・借入シミュレーションで返済額を知る
・無理がない借入か判断する

借入の返済は基本的に月単位であることが、一般的です。

毎月返済する必要がある場合は、収支金額を月単位でまとめます。

ご自身の月間の収支を理解したら、必要な借入金額と返済シミュレーションをしましょう。

多くの金融機関は公式ページにて、無料できる返済シミュレーションを用意しています。

事前の活用がおすすめです。

返済金額が算出されたら、収支金額と照らし合わせて無理なく返済できるか検討します。

その際に注意したい項目は、次の通りです。

・毎月の収入、支出金額に大きなブレがないか
・収入が入るタイミングと支出するタイミング

収支の金額に大きな変動があると、月によっては支出金額が収入を上回る可能性があります。

また給料などが入金されるより前に返済がある場合、前月に返済分を貯蓄しておく必要があります。

上記のことに注意し、無理が無い返済をしましょう。

事前に在籍確認の相談を行っておく

職場の同僚や上司にバレずにお金を借りたい場合は、職場への電話連絡が無い金融機関を選びましょう。

ただし多くの金融機関は、電話での在籍確認を行っています。

そのため職場への在籍確認でバレたくない方は、申込時に金融機関に相談することがおすすめです。

以下の事情がある場合、在籍確認の方法を変更してくれる可能性があります。

・職場の出入りが激しく、電話に出られない可能性がある
・勤務先が飲食店で時間帯によっては電話がつながらない など

金融機関が電話での在籍確認を変更してくれない場合は、以下の対策をしましょう。

  1. 連絡が来る日時を指定する
  2. 連絡時の内容を事前に打ち合わせる

電話連絡のタイミングを事前に指定しておくことで、ご自身で連絡を受けられる可能性が高まります。

同僚や上司が電話に出ることを避けることで、バレるリスクを下げられます。

また金融機関の担当者が連絡する時の内容を、事前にすり合わせることも有効です。

例えば「担当者の名乗り方」や「用件の内容」などを打ち合わせることで、安心して在籍確認に望めます。

在籍確認で借入がバレたくない場合は、事前相談や打ち合わせを活用しましょう。

利用明細書などの管理・処分に気をつける

利用明細書や借入の契約書などからバレるリスクがあります。

借入の記録が見られることを防ぐために、書類の管理や処分方法に注意しましょう。

借入時に注意したい書類関係の例は、次の通りです。

・借入の契約書
・利用明細書
・ローンカード、ローン通帳
・返済に利用している銀行口座 など

いずれの書類を管理する場合は、ご自身しか知らない場所に保存することをおすすめします。

例えばご自身だけ暗証番号を知っている金庫や、普段人が触らない場所などです。

どうしても手元に書類を置いておくことで、バレるのが怖い方もいると思います。

リスクを出来るだけ押さえたい方は、書類の発行が無いサービスを選びましょう。

また借入が記録されている書類は、処分時にも注意が必要です。

安易にゴミ箱に入れることで、第三者にバレる可能性があります。

借入関係の書類はシュレッダーにかけるなど、記載内容が分からないようにしてから破棄しましょう。

キャッシングがバレそうになった時の対処法

バレない対策を十分に行っていても、バレるリスクを100%なくすことはできません。

絶対にバレない方法はないと認識して、バレた場合の対処を準備しておくことがベストな選択です。

ここでは以下の2つのシチュエーションについて、対策をご紹介します。

・職場への在籍確認連絡
・借入がバレてしまった場合

それぞれ詳しく解説していきます。

「クレジットカードの在籍確認」と説明する

どの金融機関も申込者のプライバシー保護に、細心の注意を払って運営しています。

しかし誤って借入していることをバレてしまう場合があります。

事前に言い訳を用意しておき、バレるピンチを避けましょう。

職場でバレそうになった場合、以下の言い訳を検討してみましょう。

・最近申し込みんだクレジットカードの審査
・名刺交換した人からの営業の電話だった など

家族にバレそうになった場合、以下の言い訳を検討してみましょう。

  • クレジットカードの在籍確認
  • 参考までに資料請求だけした など

在籍確認など金融機関からの連絡でバレそうになった場合は「クレジットカードの審査で…」という言い訳が使いやすいと思います。

クレジットカードはネガティブな印象を持たれづらく、使い勝手が良いです。

言い訳が必要なタイミングは、身の回りの人から質問された時です。

言い訳の準備にあたっては、質問されそうな人をイメージして用意することをおすすめします。

相手に借入した理由・金額を伝える

もしもキャッシングしている事実がバレてしまった場合、良好な関係を維持することが重要です。

謝罪や隠していた理由を伝えないと、相手は信頼されていなかったと受け取ってしまうかもしれません。

そのため借入がバレてしまった場合は、次の流れを参考にしましょう。

  1. 隠していた事実を謝罪する
  2. 借入した経緯や隠していた理由を伝える
  3. 必要に応じて借入の内容を伝える

借入は身近な人からバレる可能性が高いです。

関係性のある相手だからこそ、信頼関係を維持し良好な関係は壊さないことがベストと言えます。

まとめ

ここまでご紹介してきた通り、バレずに借り入れは可能です。

ただしキャッシングがバレる原因を知り、その対策方法についてご紹介してきました。

最後にこれまでの内容をまとめておきます。

キャッシングがバレる原因は、以下の5つです。

・店舗や無人契約機に行く姿を見られる
・職場への在籍確認連絡
・明細書やローンカードなどの郵送連絡
・借入記録が残った通帳を見られる
・返済がスムーズに行ってない時の督促連絡

バレない借入をするために、以下の対策をしましょう。

・カード・郵送物なしで利用できるカードローンを選ぶ
・返済の遅延・延滞に注意する
・事前に在籍確認の相談を行っておく
・利用明細書などの管理・処分に気をつける

ただし絶対にバレない借入方法はありません。

上記の対策を行っていても「バレそうになる」あるいは「バレる」可能性があります。

そのためバレそうになった時の言い訳や、バレた場合の対処法を用意しておきましょう。

バレそうになった場合の言い訳の例としては、以下の通りです。

・クレジットカードの審査で連絡があった
・最近、名刺交換した人からの営業電話だった
・参考程度に資料請求をした など

万一、借入がバレてしまった場合は次の対処を参考にしてみてください。

  1. 隠していた事実を謝罪する
  2. 借入した経緯や隠していた理由を伝える
  3. 必要に応じて借入の内容を伝える

ぜひこの記事の内容を参考に、ご自身の借入計画にお役立てください。

よく読まれている記事一覧

条件で探す

TOP

/money/caching-barenai/