一時的にお金を借りる方法!今すぐ実践できる借入方法を解説

2020年10月26日

一時的にお金を借りる

入院や転勤などの理由で、一時的にお金を借りたいと考えている方は多いと思います。しかし金融機関や第三者からお金を借りる時は、希望する金額に合った借入方法を選ぶことが重要です。

借入希望額に適した方法を選ばないと、融資を断られてしまう可能性が高くなります。

ここでは借りたい金額が50万円以上か、それ以下に分けて借入方法をご紹介します。また借入を行う際の注意点についても解説します。

具体的には次のことが分かります。

・50万円以下の借入を希望する方は、クレジットカードのキャッシング機能や質屋の活用など
・50万円以上の借入を希望する方は、銀行カードローンや目的別ローンの活用など
・各注意点としては、信用情報や借用書の作成に注意など

初心者でも分かりやすく解説していきますので、最後までお読みください。

結論から言うと、金融機関からの借入は最終手段にするようにしましょう。

50万円以下の融資を一時的に借りる方法

一時的に50万円以下の資金を借入したい場合は、以下の方法を利用するのがベストです。

クレジットカードのキャッシング機能
質屋での借入
家族・知人からお金を借りる
消費者金融カードローンを利用する

またここで紹介する借入方法は、資金使途に制限がありません。
そのため家電の修理費や冠婚葬祭、急な支払いなど幅広い支出に利用することができます。

それぞれの、デメリット・メリットを理解した上で一時的にお金を借りる手続きを行いましょう。

一時的にお金を借りる方法の種類について、詳しく解説していきます。

クレジットカードのキャッシング機能

普段買い物などで利用しているクレジットカードですが、一時的なお金を借りられるキャッシング機能をご存知でしょうか?

一般的なクレジットカードであれば買い物に使う「ショッピング利用枠」と、一時的にお金を借りる「キャッシング利用枠」が設定されています。

このキャッシング利用枠の金額を利用することで、月末の支払いや急な出費に備えることができます。

ただしキャッシング機能の活用は、あくまで借入です。そのため返済が必要になります。

クレジットカードの「キャッシング利用枠」「返済方法」「金利」などは、各契約によって異なります。そのためキャッシングの利用の際は、事前にクレジットカード会社や公式HPなどで契約状況を確認しておきましょう。

またキャッシング枠を利用すると、買い物で使うショッピング枠が減ります。これはショッピング枠内にキャッシング枠が設定されているからです。

例えばキャッシング枠が20万円で、ショッピング枠が30万円のクレジットカードを利用していたとします。この時、キャッシングを10万円利用すると、ショッピング枠は20万円となります。

また同様のケースで、ショッピング枠で20万円を利用するとキャッシング枠は10万円に減ります。

キャッシング利用前に金利の確認を行い、返済プランを立てるようにしておきましょう。

キャッシングリボ|クレジットカードの三井住友VISAカード

質屋での借入

普段、街中で見かける質屋。質屋を利用することで、お金を用意できます。質屋とはバックやアクセサリーなどを預ける代わりに、お金を融資する店舗のことを指します。

預けた品物は期日までに借りたお金と、それまでの利息を支払うことで取り戻すことができます。反対に期日までに返済できなければ、預けた品物は質屋の物となります。

金融機関での借入と異なり、返済できなくても預けた物が失くなるだけで済む点がメリットです。

また品物の持ち込みから査定、融資までの時間が15分〜30分の場合が多く、借入までの時間が短い点も魅力です。

給料日までの繋ぐ手段として活用することができます。

はじめて質を利用する方に読んでほしい!賢い質屋の使い方 | 質屋の大黒屋【公式】

家族・知人からお金を借りる

お金を借りる手段として、家族や知人からお金を借りる方法があります。

身の回りの人からお金を借りるメリットとしては、審査や借入限度額がないことです。

ただし身近な人間だからこそお金を借りやすい反面、人間関係を破綻させる原因となりかねません。

関係を崩さないためにも借用書の作成を必ず行うようにしましょう。借用書の作成については後述で、詳しく解説しています。

消費者金融カードローンを利用する

50万円以下の借入で、消費者金融カードローンをおすすめする理由は次の通りです。

・最短審査30分と審査が早い
・土日祝でも融資を受けられる
・「借入から30日間無利息」などのサービスが充実

カードローンは多くの場合、担保や保証人を必要としません。
申し込むサービスによっては保証会社での保証を求められますが比較的、お金を借りやすいサービスと言えます。

カードローンは資金使途が問われません。そのため旅行や修理費、教育費など多様な支出に対応することができます。
またインターネットやATMなど便利に借入・返済を行うことができます。

これらのことから一時的にお金を借りて返済する方法として、消費者金融のカードローン利用がベストと言えるでしょう。

またカードローンとは利用限度額を設定し、その範囲内であれば何度でも借入できるサービスです。
カードローンはクレジットカードのキャッシング枠と似たサービスと言えます。

しかし金利と利用限度枠については、カードローンの方が優位に設定されています。
一般的なカードローンとキャッシングを比較すると、次の通りになります。

カードローン キャッシング
借入方法 ローンカード クレジットカード
借入限度額 10万円〜1,000万円 10万円〜100万円
金利 3.0%〜18.0% 12.0%〜18.0%
返済方法 ・約定返済

・臨時返済

・一括返済

・リボ払い

ただしクレジットカードをすでにお持ちの場合、キャッシング利用時に追加での審査が不要です。
一方、カードローンの利用に審査が必要となります。

カードローンの利用には最短1日かかります。
そのため「今すぐ借りて」「すぐに返済する」ということであれば、キャッシングの利用が良い場合があります。

各消費者金融会社が無料で提供している返済シミュレーションを利用することで「どこでいくら借りるとお得なのか」が分かりますので、合わせて活用しましょう。

50万円以上の融資を一時的に借りる方法

借入希望額が50万円以上の場合、消費者金融や質屋などの方法で資金を集めるのはかなり難しいです。
50万円以上の資金を借りたい時は、以下の方法で資金調達を行ってみてください。

銀行カードローン
目的別ローン
有担保ローン

また借りたい金額が大きくなるほど、借入までの期間が長くなることが一般的です。
そのためお金が必要になるタイミングを意識しながら、借入の計画することをおすすめします。

それでは、それぞれの借入方法を詳しく解説していきます。

銀行カードローン

消費者金融のカードローンと同じように、審査であらかじめ設定された金額の範囲内で自由にお金をお金を借りられるサービスです。

消費者金融カードローンと銀行カードローンの主な違いとしては、次のことが挙げられます。

・銀行カードローンは、消費者金融より審査が遅い
・銀行カードローンは、限度額が高く設定されている
・銀行カードローンは、手数料無料で利用できるATMが比較的多い
・消費者金融と比較して、金利が安く設定されている
・消費者金融の「無利息」「土日祝融資」などのサービス面で劣る

銀行カードローンのメリットである借入限度額と金利の比較は、次の通りです。

銀行カードローン 消費者金融カードローン
借入限度額 最大1,000万円 10万円〜1,000万円
金利 1.38%〜17.8% 3.0%〜18.0%

消費者金融でよくある「無利息キャンペーン」などは基本的にはありません。そのため銀行カードローンは金利が低くても、借入期間によっては消費者金融での借入がお得になる場合があります。

そのため返済シミュレーションを行い「どちらで借りる方が得か」といった比較を行いましょう。

目的別ローン

一般的に目的別ローンは教育ローンやマイカーローン、ブラダルローンなどといったお金の使い道を事前に決めた借入方法です。

カードローンと同じように無担保、無保証人形式を取る場合がありますが、目的があらかじめ決まっている点で異なります。そのため目的別ローンの借入にあたっては自動車の見積書や、学校の合格通知書などの裏付け資料が必要となります。

目的的ローンとカードローンと比較した場合、目的別ローンは「借入金額が大きく」「金利が低くなる」ケースがほとんどです。そのため50万円以上の借入でお金の使い道が明確な場合、目的別ローンの利用が良いと言えるでしょう。

また目的別ローンの金利は2種類あり、変動金利と固定金利を選択することができます。変動金利は借入期間中に金利が変動し、固定金利は一定期間は金利が固定されます。

金利の種類に注意しながら返済シミュレーションをすることで、自分にあった借入方法を選ぶことができます。

有担保ローン

有担保ローンはお金を借りる代わりに、土地や家などの担保を差し出す借入方法です。金融機関は担保を設定することで申込者が返済できない場合は、担保にした人やモノに返済させることができます。

有担保ローンの主な代表例としては住宅ローンや、アパートローンなどの不動産購入関係の融資が一般的です。またその他の目的でお金を借りる際に、担保を供することもあります。

主な担保の種類としては次のことが挙げられます。

保証人や連帯保証人
不動産に対する抵当権
有価証券の預け入れ など

有担保ローンを利用するメリットは次の通りです。

・金利が低い
・借入限度額が大きい
・返済期間が長期間に渡る

ただし審査にかかる時間が長くなる傾向にあります。また返済できない場合は担保を失うことになります。

そのため35年などの長期間に渡った借入・返済計画を立てるようにましょう。

一時的にお金を借りる時の注意点

ここで紹介した方法を活用すれば、初めての方でも一時的にお金を借りることは可能です。しかし一時的に金融機関や第三者からお金を借りる時は、以下の点に注意する必要があります。

信用情報に傷がある方は審査落ちしやすい
家族・知人からお金を借りる際は借用書を作成する

お金を借りる時の重要なポイントですので、分かりやすく解説していきます。

信用情報に傷がある方は審査落ちしやすい

過去に金融機関からお金を借りたことがある方は、申し込み前に信用情報を確認しておいた方が良いです。信用情報に金融事故などのデータが記録されていると、審査で落とされやすくなってしまいます。

信用情報とは一般的にブラックリストと呼ばれ、クレジットカードやローンの契約内容や毎月の支払額、返済していないなどの金融事故が記載されています。

金融機関は審査にあたり、信用情報を活用しています。返済できる能力があるか、信用できる人であるかなどを審査しています。

そのため「過去に返済が滞った」や「契約時の返済スケジュールを延期した」などのことがあると審査に通りづらいです。事前に信用情報を確認するようにしましょう。

インターネット開示(スマートフォンで開示)|自分の信用情報を確認|指定信用情報機関のCIC

家族・知人からお金を借りる際は借用書を作成する

家族や知人・友人からお金を借りる時は、借用書を作成するのがベストです。借用書を作成せずに借入を行うと、返済時に重大なトラブルが発生してしまう可能性があります。

借用書は借り手がお金を借りた事実と、返済方法する方法を記載します。もし借用書を交わさずにお金を貸した場合、返済を求めることが困難となります。

このように借用書は金銭トラブルを未然に防ぎます。借り手も貸しても安心して取引できるため、事前に作成することをおすすめします。

借用書を作成する際のポイントは次の通りです。

冒頭に【借用書】と明記
貸した/借りた日付を記載
返済日は詳細に記入
返済方法を決定する場合、利息と分割回数を書く

まとめ

ここまで借入金額に応じた借入方法をご紹介してきました。
お金を借りる金額に応じた借入を行うことで、融資を断られるリスクは下げることができます。

これまでに紹介してきた借入方法を、表形式でまとめておきます。

金額 特徴
クレジットカードのキャッシング機能 50万円以下 ・比較的、利用しやすい

・高金利の場合が多い

質屋 50万円以下 ・借入まで早い

・品物が担保となる

家族・知人 50万円以下 ・審査と限度額がない

・金銭トラブルになりやすい

消費者金融カードローン 50万円以下 ・審査時間が短い

・キャッシングより金利が低い

銀行カードローン 50万円以上 ・審査時間が比較的長い

・消費者金融よりも低金利

目的別ローン 50万円以上 ・資金使途の裏付け資料が必要

・カードローンよりも金利低い

有担保ローン 50万円以上 ・借入できる金額が大きく、低金利

・返済期間が長期間

お金を借りる際は自分にあった借入方法を活用し、計画的に返済するようにしましょう。また信用情報の確認や借用書の作成を行い、トラブルを未然に防ぐことも大切です。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

>>>>>4.3

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

無事に完済できました。<br /> バンクイックと併用して使っていましたが、使いやすかったです。<br /> 返済が少し遅れたときも優しく丁寧な対...

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

電話の対応する人により、返答が異なっています。最初の方は、申し込みできますということでしたが、分からないことが有り、次に電話対応してくださった方に...

続きを見る

2

アイフル

>>>>>4.3

平均融資額
10万円
総合評価
4.3
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

銀行系100万消費者系99万で新築建てた時の家具でオーバーしそうな分ダメ元で借りたけど20万で可決。<br /> ありがたや〜<br />

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

母が心筋梗塞を患ってしまい、私のお給料は全て医療費・入院費に消えてしまいました。1ヵ月分の生活費として30万円を借入しましたが、大学講師という職業は信...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結申込で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん>>>>>

モビットはすべてWEBで契約することができ、借り入れまでの審査時間が圧倒的に短いことが強みです。また、借り入れ申し込みから完済まで一度も電話連絡や郵送...

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP