親にお金を借りる時ってどう説明するべき?親からお金を借りる方法

2020年10月28日

親にお金を借りる

親からお金を借りる際、「どう理由を説明すればいいかわからない」と悩んでいませんか?

もし親がお金を借りる理由に納得できなかった場合、融資を断られる可能性が高いです。

そのため親にお金を借りる時は、相手が納得できる理由を説明する必要があります。

親からお金を借りる時のポイントは、以下の3つです。

お金が必要な理由を明確に伝える
借りたお金を返す計画を事前に伝える
嘘をつくと最悪の場合、詐欺罪が問われる

お金の借りるために親は頼れる存在ですが、親だからと言って「借りても返さなくて良い」「嘘をついて借りて良い」などの理由になりません。計画的な借入を行うようにしましょう。

またお金を借りる人の職業によって、説明する時のポイントは変わります。この記事では、借り主を学生と社会人に分けて「親からお金を借りる時に役立つ、説明のポイント」をご紹介します。

学生が親からお金を借りる時の理由

学生の場合、勉強だけでなくアルバイトなどをして生活を送ります。また親から仕送りをもらって、生活する人も多いのではないでしょうか。

学生生活で遊びや買い物など活発に行動する中、お金が必要になることが多いと思います。

多くの場合、バイトのシフトを増やすなどして対策をしている方が多いでしょう。しかし「シフトを増やすことができない」など何らかの理由で、お金が足りないことがあります。

そンな時は、親からお金を借りるのがベストといえま。なぜなら学生は他の職業より収入が不安定なため、カードローンなどの審査で不利となってしまいやすいからです。

学生の方が親からお金を借りる時、主に以下のケースが多いです。

・今月の電気代・家賃を払うためにお金を借りたい
・入学時の引っ越しにお金が必要
・予備校・資格取得に必要な資金が不足している

それぞれの理由を詳しく説明していきます。

今月の電気代・家賃を払うためにお金を借りたい

電気代や家賃を支払うためのお金は比較的、借りやすいと言えます。なぜなら生活に必要なため、支払いができないと電気や住む場所を失いかねないからです。

ただし毎月払う必要なお金であるからこそ、指定された期日までにはお金を用意する必要があります。

親には一時的にお金を借りることを伝え「いつまでに借りたお金を返すのか」「来月からどうしていくのか」を説明するようにしましょう。

生活に必要なお金の支出で、特に気をつけるべきは次の2つです。

クレジットカードによる支払い
携帯代の支払い

これらの支払いは一度でも滞納・遅延してしまうと、信用情報にキズがついてしまいます。信用情報は信用情報機関に保存され、登録期間を満了するまで記録された情報は消去されません。

そのため支払いを滞納してしまうと信用情報機関に事故情報が記録されてしまい、最短でも5年間はクレジットカードなどを契約するのが難しくなります。

通っている学校を卒業した後に、不便を感じることになるため注意しましょう。

入学時の引っ越しにお金が必要

入学時の引っ越し代は、親にお金を借りやすい理由のひとつです。なぜなら学校に通うために必要お金だからです。

また引っ越し後にアルバイトを始める方が多く引っ越しまでの間、収入があまりないことも理由に挙げられるでしょう。

入学時の引っ越し代のお金を借りる際のポイントは4つです。

引っ越しにいくら必要なのか
引っ越しに関連する家具購入費などは必要か
借りたお金はどうやって返すのか
返済する期限はいつまでか

親からお金を借りる際は、借りたい金額を明確にする必要があります。「だいたい〇〇円」「これぐらいあれば…」は禁物です。

そのため引っ越し代を明確にするために、見積書の取得をおすすめします。見積書は引っ越し業者に依頼すると取得できます。多くの場合、無料で見積もりしてくれますので、まずは業者に連絡しましょう。

また事前に引っ越しに伴う費用を洗い出しておきましょう。事前に費用を洗い出しておくことで、追加でお金を借りることがなくなります。

洗い出したい費用としては、次の通りです。

・保証金や家賃の支払い日
・家具、家電の購入費用
・通学定期などの交通費 など

引っ越ししてからの学生生活をイメージすることで、何を買う必要があるか分かります。これら全ての費用を取りまとめ、引っ越し時にいくら借りる必要かを明確にしましょう。

当たり前ですが、親であっても借りたお金は返す必要があります。そのため親に借りるまでに「どうやって返すのか」「いつ返すのか」を検討します。

費用と返済方法が決まれば、親に相談を行います。それぞれが明確であれば、親からお金を借りやすいです。

ただし引っ越しまでの期日がある点に注意をしましょう。特に事前準備に時間がかかりやすく、親に相談後してもすぐにお金を用意できるわけではありません。

事前に十分な時間を持って、相談するようにしましょう。

予備校・資格取得に必要な資金が不足している

学生である以上、勉強が本業です。そのため教育にかかる費用は比較的、親からお金を借りやすいと言えます。特に予備校や資格取得、教科書などの支出は親から借りやすい理由のひとつです。

これらの教育費を親から借りるポイントは、費用と返済方法を明確にすることです。

費用については授業料や受験料、テキスト代などを明確にしましょう。いくら必要かを親に伝えることで、お金が借りやすくなります。

返済方法については「いつ」「どうやって」返すのかを伝えましょう。身内だから返さなくて良い理由にはならず、借りたお金は返すことが大前提です。そのため返済の計画を伝えましょう。

また勉強に関わる借金は、貸すことの成果が聞かれる場合があります。例えば「予備校の費用を貸すことで、どんな学校に行くことになるのか」や「受験料を支払うことで、どのような資格が取得されるのか」など、借金した先の将来を問われます。

お金を借りることだけでなく、借りたお金でどのような将来を描いているのかをクリアにしておきましょう。

社会人が親からお金を借りる時の理由

社会人として働いている方は自力で収入を得ることが可能なため、学生に比べて交渉の難易度が高くなります。どうしても親からお金を借りたい時は、以下のような理由が最適です。

・冠婚葬祭で急にお金が必要
・通院や治療に必要なお金を貸してほしい
・交通違反の罰金を払うためにお金を借りたい

これらの理由は予期せぬタイミングで必要になる支出です。またお金を払わないことには人間関係の維持や、日常生活を送ることが難しいなどの性質を持っています。

そのためペナルティを負わないためにも「お金を借りたい」と伝えやすい利点があります。

それぞれの理由について詳しくご紹介します。

冠婚葬祭で急にお金が必要

冠婚葬祭は突然、訪れるものです。比較的金額が高く、またスピーディーにお金を用意する必要があります。

貯蓄がない場合は、親からお金を借りることが良いでしょう。その際のポイントは費用と返済方法です。

特に費用については親自身が冠婚葬祭を経験していることが多く、一般の相場感によって「借りすぎ」「足りないのでは?」などの判断をされます。

そのため参考までに結婚式や葬儀の開催費用と、出席費用についてご紹介します。

結婚式と葬儀を開催する場合の相場は次の通りです。結婚式の費用は2012年のゼクシィ調査を、葬儀費用は2014年の財団法人日本消費者協会調査を記します。

・結婚式:343.8万円
・お葬式:188.9万円

また結婚式の祝儀と葬儀での香典の相場は次の通りです。出典先としては結婚を「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」から、香典を一般社団法人全日本冠婚葬祭互助会「第4回香典に関するアンケート」から引用しています。

・祝儀:30,000円から100,000円
・香典:3,000円から100,000円

出席の費用については主催者との関係によって、金額が変わるため注意が必要です。また結婚式の二次会や葬儀後の食事代など、その他の支出についても気を付けましょう。

通院・治療に必要なお金を貸してほしい

思わぬケガや病気は生活に付き物です。特に重い病気やひどいケガを患った場合、治療費や入院費は健康保険を適用しても高くなりやすいです。
保険や貯蓄がある場合は治療費や入院代を支払うことができますが、資金的な余力がない場合は借りる他ありません。

通院や治療は行わないと日常生活に戻れないなどの支障があるため、親に借りやすい理由と言えるでしょう。

また治療費などを支払うことができない場合、退院や転院を勧められることがあります。また保証人や保険者などに費用の請求が行われることもあります。

そのためお金が不足することが分かっていれば、事前に親からお金を借りることがベストの選択と言えるでしょう。

親にお金を貸してもらう時のポイントは、次の通りです。

・保険適用されない金額に注意
・高額療養費制度をチェック
・会社の疾病手当金制度の確認
・治療費などの費用と返済方法を明確に伝える

まず保険適用されない全額自己負担の項目に注意をしましょう。主な項目としては、次の3つです。

  1. 入院中の食事代
  2. 先進医療などの一部、医療行為
  3. 個室などのオプションを選択した場合の室料差額 など

国民健康保険などの公的な保険に加入している場合、高額療養制度の対象者となります。
高額療養制度を利用することで、医療費が自己負担限度額を超えた費用を払い戻してもらうことができます。ただしあくまで立て替えですので、一度は医療費を支払う必要があります。

詳しい内容はお勤め先の健康保険組合の窓口、あるいは市区町村の役場に問い合わせしましょう。

また高額療養制度の中には、「高額療養貸付制度」というものが存在します。この制度を利用すると、医療費の立て替えに必要なお金を借りることが可能です。

高額療養貸付制度は払い戻しを受ける金額の8割(国民健康保険の場合は9割)を、無利子で借入する制度です。

親に借りる前に高額療養制度を、事前に確認することをおすすめします。

また治療などで働けない場合、勤め先の会社から疾病手当金を受け取ることができます。給料の2/3を日割り計算した金額が支給されますが、最長で1年半の期限がある点に注意が必要です。

上記の内容を吟味し、親にお金を貸してもらう金額と返済方法を明確に伝えましょう。

交通違反の罰金を払うためにお金を借りたい

自動車を運転する方は一時停止違反などの反則金や、飲酒運転などの罰金を払うリスクを背負っています。これらは高額であることが多く、1週間以内に払う必要があります。

急な支出になるだけでなく、支払わないと逮捕されるケースがあります。そのため裁判や前科などのペナルティを避けるために、反則金などを支払う必要があります。

しかし手元にお金が十分に無い場合、お金を借りる必要があります。

親に反則金や罰金を借りる場合、次のことを注意しましょう。

・借りたい金額と返済方法
・違反をしないための対策

まずは不足している金額を借りる必要があるため、親にいくら借りたいかを伝えましょう。また借りたお金を「いつ」「どうやって」返済するかを明確に説明しましょう。

また不注意によって発生した支払いのため、今後の反省と対策を一緒に説明すると借りやすくなります。

親にお金を借りる際に使ってはいけない理由

基本的に生活費などの理由であれば、親からお金を借りることはそう難しいことではありません。ただし以下のような理由を使ってしまうと、お金を貸してもらえない可能性が高いです。

飲み代
デート代
遊ぶお金
ギャンブル費
株やFXなどの投資

なぜなら娯楽や投資に使うお金であるからです。これらのお金は基本的には、自分の収入で出来る範囲で行うことが望ましいです。
こういった目的で借入を申し込むと、ほぼ確実に融資を断られてしまいます。

また親からお金を借りる際、嘘をつくことはNGです。嘘がバレた時の信用がなくなるだけでなく最悪の場合、詐欺罪に問われる可能性があります。

お金を借りるためにウソをつくとどうなる?

親からお金を借りたいがために、ウソの理由を伝えるのはNGです。親との関係も悪化してしまう上、最悪の場合だと詐欺罪に問われる可能性があります。

金の切れ目は縁の切れ目と言うように、大切な家族だからこそ騙してお金を借りることが止めましょう。

また親以外の消費者金融や銀行で借りる場合も、嘘をついてはいけません。偽った情報でお金を借りれたとしても、バレたタイミングで融資された金額の残額を一括で返済するように命じられます。

以上のようにウソを付くことで良いことは、ひとつもありません。大切な家族との関係や信用を守るためにも、正直にお金が必要な旨と自分に合った返済計画を伝えましょう。

まとめ

これまで「親にお金を借りる時の納得できる理由」について解説してきました。ご紹介してきたポイントを振り返っておきましょう。

まず親にお金を借りる時の重要なポイントは、次の3つです。

・お金が必要な理由を明確に伝える
・借りたお金を返す計画を事前に伝える
・絶対に嘘をついてお金を借りない

また学生さんが親にお金を借りる時によくある理由は、次の通りでした。

今月の電気代・家賃を払うためにお金を借りたい
入学時の引っ越しにお金が必要
予備校・資格取得に必要な資金が不足している

次に社会人が親にお金を借りる時の理由は、主に以下のことが挙げられます。

冠婚葬祭で急にお金が必要
通院・治療に必要なお金を貸してほしい
交通違反の罰金を払うためにお金を借りたい

自分の親であっても借りたお金は返す必要があります。そのため自分に合った返済計画で、お金を借りるようにしましょう。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

>>>>>4.3

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

無事に完済できました。<br /> バンクイックと併用して使っていましたが、使いやすかったです。<br /> 返済が少し遅れたときも優しく丁寧な対...

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

電話の対応する人により、返答が異なっています。最初の方は、申し込みできますということでしたが、分からないことが有り、次に電話対応してくださった方に...

続きを見る

2

アイフル

>>>>>4.3

平均融資額
10万円
総合評価
4.3
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

銀行系100万消費者系99万で新築建てた時の家具でオーバーしそうな分ダメ元で借りたけど20万で可決。<br /> ありがたや〜<br />

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

母が心筋梗塞を患ってしまい、私のお給料は全て医療費・入院費に消えてしまいました。1ヵ月分の生活費として30万円を借入しましたが、大学講師という職業は信...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結申込で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん>>>>>

モビットはすべてWEBで契約することができ、借り入れまでの審査時間が圧倒的に短いことが強みです。また、借り入れ申し込みから完済まで一度も電話連絡や郵送...

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP