アルバイト・パートでもお金を借りるられる?

2020年11月20日

アルバイト・パートでもお金を借りるられる?

アルバイトやパートをされている方で「お金を借りたい」と考えている人がいるのではないでしょうか。

結論から申し上げると、アルバイトやパートでもお金を借りることは可能です。

アルバイト・パートの方でお金を借りる場合、カードローンの利用を検討してみましょう。

カードローンはアルバイトやパートでも申し込みでき、少額のお金を短期間借りる場合に有用な商品です。

ここではアルバイトやパートをしている方に向けて、以下の点について解説していきます。

  • カードローン申し込みのポイント
  • カードローンを利用するまでの流れ
  • カードローン以外のお金を借りる方法

アルバイト・パートでもお金を借りることは可能

結論から申し上げるとアルバイトやパートの方でも、お金を借りることは可能です。

安定した収入がある方であれば、カードローンの審査に通る可能性があります。

申し込み時に正社員やアルバイトなどの雇用形態は問われません。

ただし、カードローンで借入できる金額には上限があります。

ここではカードローンでお金を借りる際の上限金額について解説していきます。

借入限度額は年収によって異なる

アルバイトやパートの方で消費者金融からお金を借りる場合、借入限度額に注意が必要です。

自分が借りられる最大の金額を知っておくことで、必要な金額と照らし合わせられます。

借入限度額は、総量規制と呼ばれる法律によって定められています。

総量規制で注意すべきポイントは、以下の2つです。

  • 年収の1/3までが借入の限度額となる
  • 他社の借入残高が考慮される

総量規制は融資の利用者を保護する法律です。総量規制では借りられる額を年収の1/3までと制限を設けています。

総量規制のポイント

消費者金融は総量規制の対象となりますので、借入には上限金額があることを注意しましょう。

もし年収の1/3を超える借入の申し込みを行った場合、審査に通過することはありません。

借入を申し込む際は、総量規制の存在を忘れないようにしましょう。

銀行などは総量規制の対象外ですが、最近では自主的なルールとして、カードローンなどで借入できる額を年収の1/3までとする金融機関が増えています。

また他社の借入残高がある場合は総量規制内にカウントされます。

現在利用しているローンがある場合は、利用残高を考慮して申し込みを行うと良いでしょう。

アルバイト・パートがカードローンを申し込む時のポイント

アルバイト・パートが申し込む時、金融機関はいくつかのポイントを重視しています。審査時に重視されるポイントは、以下の通りです。

  • 収入の安定性
  • 信用情報
  • 他社の借入金額
  • 勤続年数

金融機関がカードローン審査する時のポイントを理解すれば、審査への準備を行えます。

それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

カードローンは返済が必要な融資です。

したがって金融機関は、安定した収入を申込者に求めます。

しかし安定した収入の基準は、あまり公表されていないのが一般的です。

カードローンの申込時に注意すべき点は、次の通りです。

毎月の収入に大きな振れ幅がないか
勤務先が頻繁に変わっていないか

カードローンの申し込みにあたっては「毎月の収入金額に大きな差がないこと」が望ましいと考えられます。

月によって収入金額が大きく異る場合は注意が必要です。

また勤務期間も安定した収入に欠かせない要素です。

頻繁に勤め先が変わっている場合は、注意した方が良いでしょう。

信用情報

カードローンの審査では必ず信用情報をチェックされます。

信用情報とは、過去の契約内容や取引実績を示した情報のことです。

信用情報としては保存されている代表的な情報としては、延滞や遅延などの金融事故に関わる情報です。

金融機関は信用情報を閲覧することによって、申込者にお金を貸して良いかを判断していると言っても良いでしょう。

カードローンの申し込みにあたっては過去に返済の遅延・延滞などの金融事故や、自己破産などがなかったかを確認しておきましょう。

過去にトラブルがあったとしても、信用情報には保存期間があります。

問題が解消されてから一定の日数が経過すると、信用情報から消去されます。

信用情報機関によって信用情報の保存期間は異なりますが、延滞などの金融事故はおおよそ5年、自己破産はおおよそ10年であることが一般的です。

信用情報に問題がある場合、審査を通過することはできません。

どうしてもご自身の信用情報が知りたい方は、信用情報期間から申し込みを行い確認するようにしましょう。

他社での借入金額

すでに他社の金融機関で借入を行っていた場合「審査に少なからず影響が出てしまう可能性」が高いです。

高額な借入をしていたり返済が滞っていたりした場合、審査への影響はより大きくなります。

カードローンを新しく申し込み場合は、現在利用しているローンを確認するようにしましょう。

他社の借入金額を確認することで、以下のメリットがあります。

  • 総量規制に備えることができる
  • 他社の借入状況を踏まえた返済計画が立てられる

総量規制は借入できる上限金額を他社の利用残高と、借入申込額の合計で年収の1/3までとしています。

年収の1/3を超えた借入希望しても審査に通過しづらいため、注意しましょう。

また他社の借入状況を正確に把握しておくことで、「新しく融資を受けても無理なく返済できるか」を確認できます。

ご自身にあった借入計画を実施するためにも、他社の借入金額をきちんと把握しておきましょう。

勤続年数

勤続年数が極端に短いと「途中で退職・転職する可能性がある」と危険視される可能性が高いです。

審査通過率をなるべく高く維持したい場合は、勤続期間を最低でも1年以上維持してから申し込むのがベストです。

ただし勤続年数が数ヶ月と短くても、必ず審査に通過しない訳ではありません。

「勤め始めて間もないけどカードローンを利用したい」と考える方は、審査が通過しないリスクを考慮しておくと良いでしょう。

カードローンの利用までの流れ

カードローンの利用までの流れは、次の通りです。

  • WEB・電話・アプリなどで申し込み
  • 書類に申し込み情報を記入し、必要書類の提出
  • 審査完了後、自動契約機でローンカードを受け取る
  • ATMでローンカードを使い、融資を受ける

申し込み時には本人確認書類・収入証明書の2点を必要書類として提出します。

本人確認書類は運転免許証やパスポート、健康保険証などを提出します。

提出する書類によっては2つの本人確認書類の提出が必要になる場合がありますので注意しましょう。

収入証明書は源泉徴収票や給与明細書、確定申告書などの書類を提出しています。

一般的には最新のものを要求されますので、事前に準備をしておきましょう。

WEBやアプリからの申し込みであれば来店不要なだけでなく、必要書類の提出が比較的ラクにできますのでおすすめです。

WEB・アプリからカードローンの申し込みするメリットについて、詳しく解説していきます。

当日中に融資を受け取りたい場合はWEB・アプリが最適

お金を借りたいと考える人の中には、今日・明日中にお金を用意したい方がいらっしゃるのではないでしょうか?

素早く借入を行いたい場合はWEB・アプリからカードローンの申し込みをおすすめします。

WEB・アプリから申し込みをするメリットとしては、手軽で簡単に申込できる点が挙げられます。

店舗などに行く必要がなく、お持ちのスマホから申込できるため便利です。

また消費者金融のカードローンであれば、即日融資に対応している場合が多いです。

即日融資とは申し込みを行ったその日のうちにお金が借りられるサービスを言います。

即日融資を希望する際、申し込み時間や審査時間などによって即日融資を受けられない場合があります。

そのため事前に即日融資を受けるための条件を確認しておきましょう。

カードローンを利用できない時の対処法

アルバイト・パートでお金を借りる場合、カードローン以外の選択肢があることを認識しておきましょう。

ここではカードローン以外の借入方法について解説します。

またカードローンの利用には必ず審査を通過する必要があります。

カードローン以外の借入方法を知っておくと、もし審査に落ちたとしてもすぐに対応することが可能です。

カードローンを利用しない借入方法は、次の通りです。

  • クレジットカードのキャッシング
  • 質屋を利用する
  • 家族、友人、知人からお金を借りる

それぞれ詳しく解説していきます。

クレジットカードのキャッシング

お手持ちのクレジットカードを利用することで、お金が借りられることをご存知でしょうか?

クレジットカードはお買い物で利用できるショッピング機能と、お金が借りられるキャッシング機能を持っています。

キャッシングはすでにお持ちのクレジットカードを利用することで、お金を借りられます。

新しく審査を受ける必要がないので、利便性の高い借入方法と言えるでしょう。

キャッシングを利用する際の注意点は、次の画像の通りです。

キャッシングの注意点

クレジットカードには利用できる上限の金額があります。

またクレジットカードに備えられているショッピング枠と、キャッシング枠には上限が設定されています。

いずれかの枠を利用すると、もう一方の利用可能額に影響を与えますので注意が必要です。

またキャッシングを利用した場合の金利や返済方法などは、契約内容によって異なります。

キャッシングの利用にあたっては、事前に契約内容の確認をおすすめします。

質屋の利用

一度は質屋という言葉を聞いたことがあると思います。質屋の利用でお金を用意できることをご存知でしょうか?

お持ちの品物を質屋で査定してもらうことで、品物に見合った金額のお金を借りることが可能です。

質屋について簡単にまとめた図は、こちらです。

質屋の特徴

質屋からお金を借りる場合は、金融機関と違って審査がありません。そのため素早くお金を用意できる点が魅力のひとつです。

また、質屋から借りたお金は返済の義務がありません。

万一返済できない場合は、預けた品物が質屋のモノになるだけで督促などを受けません。

お手元に余ったブランド品などがある場合は、質屋の利用も検討すると良いでしょう。

家族・友人・知人から借りる

カードローンの利用ができない時は、ご自身の人脈を活用することもひとつの手と言えます。

これまで付き合いや信頼があれば、身の回りの人からお金を借りられるでしょう。

家族や友人からお金を借りる時、審査なしでお金を借りられることが魅力です。

ただし家族や友人などからお金を借りた場合、返済できないと重大なトラブルが発生しやすくなります。

そのためお金を借りる際は必ず借用書を作成し、お金を借りる目的や返済方法、完済までの期間などを明記しておきましょう。

カードローンでお金を借りる際の注意点

カードローンは少額のお金を短期間借りる場合に、有用な借入方法のひとつです。

カードローンの申し込みに雇用形態は問われないため、アルバイト・パートでも申し込みができます。

しかし手軽に利用できる反面、利用にあたっては以下のことに注意した方が良いでしょう。

  • カードローンの審査は甘くない
  • 給料の前借りは法律で禁止されている
  • カードローンで利用できる金額は年収の1/3まで
  • カードローンの利用をバレたくない場合は対策

給料の前借りは違法?:労働基準法

アルバイトやパートをされている方の中には「勤務先から給料を前借りしたい」と考える人もいるのではないでしょうか。

しかし給料の前借りは労働基準法によって原則、法律で禁止されています。

給料の前払いをしようと考えている場合は、労働基準法に抵触するリスクを知っておきましょう。

労働基準が非常時に給料の前借りを認める旨について記載した条文は次の通りです。

第九条 法第二十五条に規定する非常の場合は、次に掲げるものとする。
一 労働者の収入によつて生計を維持する者が出産し、疾病にかかり、又は災害をうけた場合
二 労働者又はその収入によつて生計を維持する者が結婚し、又は死亡した場合
三 労働者又はその収入によつて生計を維持する者がやむを得ない事由により一週間以上にわたつて帰郷する場合

労働基準法

給料の前借りは原則、「出産」「疾病」「災害」などの緊急でお金が必要になる場合に利用できると理解しておきましょう。

申し込みは年収の1/3まで総量規制

前述でも解説した通りカードローンの利用可能額は、総量規制によって年収の1/3までと定められています。

総量規制は消費者金融などといった貸金業者からの借入金額に上限を設ける法律です。

銀行などは規制の対象外ですが、近年は自主的に総量規制に合わせたルールを設けることが多くなっています。

総量規制は借入申し込み金額だけでなく、現在の他社借入残高も考慮されます。

そのため以下の点に注意しましょう。

  • 他社の利用残高 + 申込金額 < 年収の1/3

年収の1/3を超えた金額でカードローンを申し込んだ場合、審査を通過するのは難しいです。

事前に総量規制を意識したカードローン申し込みすることで、審査に落ちるリスクを減らしましょう。

カードローンの利用がバレたくない場合は?

カードローンを利用する場合、誰にもバレずに利用したいと考える方がいらっしゃるのではないでしょうか。

カードローン会社からの連絡時にバレやすいです。

カードローン会社から連絡があるタイミングを知り、事前に対策をしておくことでバレるリスクを抑えられます。

カードローン会社が連絡をするタイミングの例は、次の通りです。

  • 申込内容の確認連絡
  • 勤め先に連絡を行う在籍確認
  • 審査通過後のローンカードの受取
  • 利用明細書の送付
  • 返済できていない場合の督促連絡

WEBやアプリ完結などのカードローンを利用することで、カードローン会社からの連絡を最小限にできます。

カードローンをWEB完結で申し込むメリットは、以下の通りです。

  • 窓口や自動契約機への来店不要
  • ローンカードの発行がない
  • 素早く手軽に申込ができる

カードローンの利用が誰にもバレたくない場合はWEB完結申込を行い、契約通り返済をしていくと良いでしょう。

まとめ

ここまでアルバイトやパートの方に向けてカードローンを使ってお金を借りる方法や、注意点などを紹介してきました。

最後にこれまでの内容をまとめておきます。

アルバイトやパートの方でお金を借りる場合は、カードローンの利用を検討してみましょう。

カードローンは収入があれば申し込みができ、雇用形態を問われないためです。

カードローンは審査の通過が必要になります。

金融機関がカードローンの審査で重視するポイントは、次の通りです。

  • 収入の安定性
  • 信用情報
  • 他社の借入金額
  • 勤続年数

カードローンの審査で重視されるポイントを理解することで、審査に備えられます。

カードローンの利用までの流れは、次の通りです。

  • WEB・電話・アプリなどで申し込み
  • 書類に申し込み情報を記入し、必要書類の提出
  • 審査完了後、自動契約機でローンカードを受け取る
  • ATMでローンカードを使い、融資を受ける

申し込みをした当日に融資を受けたい方は、WEBやアプリからの申し込みがおすすめです。

即日融資には各金融機関の条件をクリアする必要があります。

即日融資の条件を満たせば、素早くお金を準備でき便利です。

またお金を借りる場合、カードローン以外の選択肢もあります。

カードローンを利用しない借入方法は次の通りです。

  • クレジットカードのキャッシング
  • 質屋を利用する
  • 家族、友人、知人からお金を借りる

カードローンを利用する時に注意したいポイントは、以下の通りです。

  • カードローンの審査は甘くない
  • 給料の前借りは法律で禁止されている
  • カードローンで利用できる金額は年収の1/3まで
  • カードローンの利用をバレたくない場合は対策を

ぜひ記事の内容を活用して、借入計画に役立ててください。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

>>>>>4.3

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

無事に完済できました。<br /> バンクイックと併用して使っていましたが、使いやすかったです。<br /> 返済が少し遅れたときも優しく丁寧な対...

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

電話の対応する人により、返答が異なっています。最初の方は、申し込みできますということでしたが、分からないことが有り、次に電話対応してくださった方に...

続きを見る

2

アイフル

>>>>>4.3

平均融資額
10万円
総合評価
4.3
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

銀行系100万消費者系99万で新築建てた時の家具でオーバーしそうな分ダメ元で借りたけど20万で可決。<br /> ありがたや〜<br />

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

母が心筋梗塞を患ってしまい、私のお給料は全て医療費・入院費に消えてしまいました。1ヵ月分の生活費として30万円を借入しましたが、大学講師という職業は信...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結申込で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん>>>>>

モビットはすべてWEBで契約することができ、借り入れまでの審査時間が圧倒的に短いことが強みです。また、借り入れ申し込みから完済まで一度も電話連絡や郵送...

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP