貯金500万を目指すならどんなことをするべき?お金を貯めるコツとは?

2019年5月23日

老後が心配で……、ひとつの目標として!、欲しいものがあって、いろんな理由があって、貯金をしたい人にとって、500万円の貯金はひとつの目標として挙げられやすいです。
貯金500万を目指すのって容易じゃないですよね。

貯金500万を目指すシンプルで簡単な方法としては「収入を増やす!」という方法があったりもしますが、そう簡単にできるわけがないですよね。

そもそもですが、低収入であっても貯金しようと思えば、貯金することができます。500万円を目指すことも夢ではありません。

貯金をするために大事なのは細かな意識の改革です。細々とした貯金に大事な要素を踏襲することで、貯金500万円も夢ではありません!

生活に掛かる費用を見直す


生活に掛かる費用は支出の中で最も高い割合の方がほとんどだと思います。つまりはこの生活に掛かるお金を切り詰めれば、貯金に回せるお金を捻出することができます。

まず生活費の中でも大きな割合を占める家賃。実家暮らしの人だと家賃どころか雑費も気にしなくていいので、貯金も楽にできますよね。

もちろん人によってはちゃんとお家にお金を入れるでしょうから、ひとり暮らしの方と条件が変わらないという人もいるとは思いますが。

そしてひとり暮らしの人だとやっぱり家賃はネックになってきますよね。家賃は5万円であっても1年で60万円かかりますから。その額を8年ちょっと貯金に回せればそれで500万円貯まるわけですからね。
妥協できるのなら少しでも家賃は減らした方が、貯金にお金を回しやすいです。

細かい節約が鍵

家賃ももちろんですが、光熱費や食費、生活用品なども節約できるポイントですから、貯金をするために重要なポイントです。

こまめに電気を消すようにしたり、洗い物も一気に片付けて水道代を削減したりと、削減できるところは削減していきましょう

食費に関しても、食べないという選択肢を取るのは極端ですが、外食をするよりは自炊してお弁当を作った方が遥かに安いですから、できるだけこういった節約で食費を浮かしていきましょう

ついお金を使ってしまう人

お金
お給料をもらうとすぐに使ってしまう癖がある人は、最初からもらったお給料が一部別の口座に引き落とされるように設定しておきましょう。
そうすれば、クレジットカードを持っていても使過ぎることはないです。

会社によっては給与天引き制度というものもあります。
これはその名の通り、給与から自動的に積み立てとしていくらか給与が引かれるシステムです。積み立てたお金は会社で手続きをしないと引き落とせないので、安易には引き出しにくいですし、企業が絡むからわざわざ自分で自制する必要もありません。

会社にそういった制度がなくとも自動積立定期預金というものもあり、お給料をもらった時点で指定口座から自動的にお金を引き落として積み立ててくれるシステムです。
こちらも給与天引き制度と同じく簡単にATMなどで引き出すことはできなくなるので、節約などが苦手な人でも安心して貯金ができます。

こうやって、強制的にお金を預けてしまうことによって貯金すれば、貯金が苦手な人でもお金を貯められるようになります。

その分、お金を安易に引き出せませんから、急な出費となると簡単にお金を用意できなくなるので、誰かにお金を借りる必要がでてきます。
そんな時、両親や友人にお金を借りることができれば楽な話ですが、簡単にお金を借りられない人もいますよね。その場合はキャッシングに頼るのが一番簡単な方法です。

根本的には収入を増やすこと!


やっぱり少しでも貯金を多くしたいのなら収入を増やすのが一番の近道です。ですが、収入を増やすのって正社員なら昇給しないといけませんから中々難しいですよね。
ですが、今は便利な時代で、ネットを介して簡単な仕事を手軽に受けられる時代になりました。

仕事終わりのちょっとした時間に副業を始めれば、少しは収入が増えます。毎日一時間だけでも副業をこなして2.3万円稼ぐだけでも、その額を貯金に回せばかなり目標までの距離が縮まります。
そちらの仕事が軌道に乗ればさらに収入も増えていきますし、手に職を付けることもできるかもしれませんから、現職から転職するきっかけにもつながるかもしれません。

少しでも時間があるのならこうやって収入を増やすのも貯金500万円を目指すうえで重要なプロセスです。

緊急時に便利なキャッシングについて

お金が緊急に必要な時に便利なのがキャッシングです。でも、キャッシングを使ったことがない人も多いですよね。
キャッシングといってもお金を借りる、つまり借金ですから、抵抗のある人も多いと思います。一歩間違えば貯金が逆に減ってしまいます。

そんなキャッシングを利用するにはまずは審査を受ける必要があります。ですから、審査基準を満たさないとキャッシングは利用できません。

キャッシング審査において満たしておかないといけない項目は以下の点になります。

  • 安定した収入がある
  • 年収が少ない
  • 勤続期間が短い
  • 借り入れ希望金額が高い
  • 複数の業者から借り入れしようとしている
  • すでに複数借りている
  • 返済事故を起こしている
  • etc…

これらの要素を審査して問題がなければキャッシングの利用が可能になります。
貯金をしている人なら安定した収入は満たしていると思いますが、勤続年数や借入希望額によっては審査に落ちてしまう可能背尾もあるので注意してください。

そこまで大金を借りることはないと思いますが、場合によっては総量規制という年収の3分の1までしか借りられないという規制に引っかかってしまうかもしれませんので気を付けてください。

総量規制はどんなルール化というと貸金業法で定められたもので「年収の3分の1以上のお金を貸してはいけない」というものです。

年収が高い人なら高額融資をしなければ問題ないですが、例えば年収が210万円なら3分の1ですから、70万までしか借り入れができないので気を付けましょう。

仮に100万以上のお金を借りたいのなら300万は年収がないと借りられないので気を付けてください。総量規制がなかったとしても年収の3分の1を借りるのは返済的に現実的ではありません

キャッシングするならクレジットカードを活用

クレジットカードで購入
キャッシングといってもキャッシングをする方法は色々あります。
主に利用されるのは「カードローン」と「クレジットカード」によるキャッシングです。

クレジットカードのキャッシングについては知っている人も多いのではないでしょうか?クレジットカードを作る際にキャッシング枠を作りますか?と聞かれるので、必要であればそこで作ってしまいましょう。
そうして置けば手軽にクレジットカードでキャッシングができるので便利です。

もうひとつはカードローンを利用したキャッシングです。カードローンと聞くと抵抗がある人もいるかもしれませんが、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのと、それほど変わるものではありません。
銀行や消費者金融に連絡して手続きしなくてはいけないので、クレジットカードと比べるとやや面倒ですが、昨今はweb完結できるカードローンも多いので、簡単に作ることはできます。

どちらが簡単に利用できるかといえば、クレジットカードを作る時に一緒に作ることができるクレジットカードのキャッシングです。

すでに開設している人は必要があれば使ってみてください。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

気になってる方も多いと思いますが書きます。 ここは使わない方がいいと思います。 仮審査→即OK もうこの時点で逆に不審に思いました。 審査機関をこ...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

4

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP