10万円を借りる方法!条件に合わせた10万円の借り方を解説

2020年6月8日

/

10万円を借りたい」そんな状況に出くわしたことがありませんか?

自分の財布の中身や貯金、部屋の中にある金目の物を合計しても10万円まで届かないうえに、給料日までまだ遠いといった状況になってしまったことのある方は多いと思います。そこで考えるのが、お金を借りることです。

しかし借りると言っても、お金のことですから軽くは考えられません。誰から、どこから借りるか、どうやって返すか? 色々と想定して計画的に行動する必要があります。この記事では、親や友達から借りる、クレジットカードを利用する、金融機関のカードローン を利用するなど、さまざまな方法を紹介していきます。自分の状況に合わせて、最適なものを見つけてください。

10万円のお金を借りる方法

10万円を借りる」と想像したとき、家族や友人などの身近な人が頭をよぎるという方は多いはずです。決して少なくない金額ですが、途方もない大金かと言われるとそうでもない。ローンを組むとしても利子がかかる、銀行から借りるとしても審査が面倒、最も気軽に借りられるのは親? 友人? なかなか判断が難しいのが10万円という金額かもしれません。まずは身内から借りる場合に想定されるシチュエーションと注意点を考えていきましょう。

親から借りる

まず親から借りるという選択肢が思い浮かんだ人は多くいるかと思います。何と言っても自分を育ててくれた親ですから、多くの人にとって最も相談しやすい相手と言えるのではないでしょうか。色々と小言を言われる厳しい親であるかも知れませんし、もしかしたら返さなくてもいいと返済を断られるパターンもあるかもしれません。

ケースバイケースで、家族によってそれぞれ道はあるかも知れませんが、やはり返済はしっかり行うことを前提で話を進めるべきです。その上で、食事や旅行などに誘ってあげるなど、後々のケアも大切になります。当然ながら10万円だからと言っておろそかにしてはいけません。

友人から借りる

親の次に思いつくのが友人です。中には10万円くらいの金額ならすぐにでも貸してくれそうな友人が思いつくという方もいるかも知れません。友人とお金の貸し借りをする際に、最も注意しなければならないのは、その「関係性」です。「金の切れ目が縁の切れ目」と言いますが、昔からお金の貸し借りが原因でそれまで良好だった関係が崩れるという話は星の数ほどあります。

その点、簡単に関係が崩れにくい親に借りるよりもリスクが高いのが、友人との貸し借りと言えるかも知れません。期日を決めた返済はもちろん、しっかりと約束を守ることが重要です。

祖父母から借りる

身内でもう一つ選択肢を挙げるとすると、健在であれば祖父母から借りるということです。年金生活をしていたとしても、昔からの貯金を溜め込んで比較的余裕を持った生活をしている人は、統計的に60歳以上に多くいます。もし自分が可愛がられていている孫だという自覚があれば、祖父母から借りることもできるでしょう。

もしかすると親や友人から借りる「罪悪感」よりも少なくて済むかも知れません。ただしここも返済はしっかりとすべきです。家族と言えど、親しき仲にも礼儀ありなのは言うまでもありません。

10万円を金融機関から借りる

10万円を身内に借りることが出来なかった、または借りることに抵抗がある、お金に困っていることがバレたくない、という人も少なくないでしょう。そういった立場の方が次に考えるのは金融機関から借りるという手段です。しかし、一言で金融機関と言っても、さまざまなパターンが存在しますし、審査や金利などが異なるため、特に初めて借りるという人にとっては心理的ハードルが高くなりがちです。

この章では、クレジットカードでキャッシングをする場合・銀行で借りる場合・カードローンを組む場合の3パターンを想定して紹介していきます。自分の状況に応じて使い分けると良いでしょう。

クレジットカードのキャッシング機能で借りる

もし手元にクレジットカードを持っていて、キャッシング枠を設けているのであれば、その枠を使ってすぐに現金を引き出すことができます。条件が整っていれば、すぐにでも現金をコンビニなどのATMから引き出せますから、所有していれば最も便利な機能だと言えるでしょう。クレジットカードの利用は普段からしているものの、キャッシングを積極的に使うという人は少ない傾向にあります。

そのため、キャッシング枠が自分のクレジットカードに付帯されていること自体を忘れてしまっている方も多くいます。クレジットカードの裏に記載されている電話番号に1本電話するだけで確認可能です。

銀行から借りる

お金を借りる=銀行と連想する方も多いと思います。実際銀行は、自動車ローンや住宅ローン、ブライダルローンなど様々なローンを用意しています。10万円の使い道がはっきりしていれば特定のローンを組むことができるかも知れません。しかし、10万円の使い道が生活費や、旅行などの娯楽の足しとなった場合、多くの人が選択することになるのは銀行カードローンです。銀行カードローンのメリット・審査・金利などを確認していきましょう。

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンは利用限度額の範囲内であればいつでもどこでも自由に借入、返済が可能です。ほとんどの銀行カードローンはコンビニで利用できるようになっています。また、審査の際に利用目的を申告する必要もありませんので、借りたお金を自由に使えます。さらに、親や家族を保証人や担保も不要です。

あえてデメリットをあげるとすれば、即日融資に対応していないという点です。また返済期限を守れないと遅延損害金が発生し利息が高くなるので注意が必要です。これはきっちり守ることさえできれば問題はありません。

銀行カードローンの審査

銀行カードローンを利用する場合には審査は避けて通れません。年収・勤続年数・家族構成・住居形態などをチェックされますし、過去の信用情報に関しても比較的厳しく見られます。また、審査には最低でも2〜4営業日ほどの時間がかかりますので、時間の余裕がない場合には不利になります。

銀行カードローンの金利

銀行カードローンの金利は、利用する銀行によって異なりますが、平均15%前後となっています。消費者金融と比べると低金利に設定されているところが多く、利息を抑えてお金を借りたいという方にはおすすめといえます。ただし審査に時間がかかるため、即日融資が叶いません。

消費者金融から借りる

銀行から借りることができればそれで話は済みますが、上記で見てきた通り、審査に時間がかかったり、審査に通過するかわからなかったりと、多少の不安が付きまといます。そんな時は消費者金融も視野に入れてみることをおすすめします。利用したことがない方にとっては不安に感じるかも知れませんが、しっかりと理解すれば銀行とは違ったメリットがあることに気づくはずです。

消費者金融のメリット

銀行で借入を検討する場合にネックになるのが審査とそれにかかる時間です。10万円が欲しい場合、緊急を要するという人も少なくないはずです。そんな時、大手消費者金融会社を中心に用意されている、即日融資サービスはメリットを発揮します。

アイフル・SMBCモビット・レイクALSA・プロミス・アコムといった業者では、最短30分で審査終了、最短1時間で融資開始といった即日融資サービスが用意されています。銀行と比較すると格段に早くなりますので時間に余裕がないという人は検討してみると良いでしょう。

消費者金融の審査

即日融資サービスを行なっている消費者金融ですが、審査がないわけではありません。運転免許証・パスポートなどの「本人証明証」や、「収入証明書」は提出必須ですので、事前に用意しておく必要があります。

また、借入希望金額の設定によっては、源泉徴収票や、給与明細などの給与を証明できる書類が必要になるケースもあるので注意が必要です。それらにパスできれば、最短1時間で融資がスタートするという仕組みです。

消費者金融の金利

金利に関しては借入する先によってまちまちですが、一般的には銀行の方が数%低く抑えられます。時間に余裕がある場合は銀行を利用する方が有利です。
消費者金融を利用する際に注目すべきは、「初回30日無利息期間」があるということです。

これは文字通り、初回の利用に限り、30日間で返済することができれば利息はゼロで済むということです。1ヶ月以内に返済が可能な計画を立てているのであれば、使わない理由が見当たらないサービスと言えるでしょう。

10万円を借りる方法まとめ

10万円を借りる方法を3つほど紹介してきました。簡単にまとめます。

①10万円を身内から借りる
・親
・友人
・祖父母いずれもきっちりとした返済が前提です。親しき仲に礼儀ありの精神を忘れてはいけません。
②10万円をクレジットカードのキャッシング機能で借りる
クレジットカードを所有している場合、キャッシング機能がついています。キャッシング枠に制限がありますが、範囲内であれば街のATMで現金が引き出せます。
③10万円を銀行から借りる
安心して借りられ、金利も消費者金融と比較すると全般に安いものの、審査期間がネックになることが多い。早くても2日程度はかかってしまうので、この期間を待てないという方は消費者金融の検討も視野に入れるべき。
③10万円を消費者金融から借りる
銀行と比較すると利息が高くなりがちなところがネックです。しかしながら、即日融資を実施している消費者金融が多くあり、最短1時間で融資がスタートします。時間の余裕がない方には大きなメリットとなります。また、「初回のみ30日間無利息期間」がうまく利用できる場合はメリットが大きくなります。

自分の環境に合わせて、返済の計画をしっかり立てた上で利用していくことを心がけましょう。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

アイフル

>>>>>4.3

平均融資額
10万円
総合評価
4.3
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

借りてよかった

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

母が心筋梗塞を患ってしまい、私のお給料は全て医療費・入院費に消えてしまいました。1ヵ月分の生活費として30万円を借入しましたが、大学講師という職業は信...

続きを見る

2

プロミス

>>>>>4.3

平均融資額
16万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん>>>>>

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

電話の対応する人により、返答が異なっています。最初の方は、申し込みできますということでしたが、分からないことが有り、次に電話対応してくださった方に...

続きを見る

3

アコム

>>>>>4.3

平均融資額
9万円
総合評価
4.3
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間

お申込みはこちら

3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間

※当社調べ

良い匿名さん>>>>>

少額ですが可決されました

続きを見る

悪い匿名さん>>>>>

初めてなので少し不安ですが宜しくお願いします

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP