320社カードローンを選ぶ

全国カードローン金利比較!一番低いとこはどこだ!?

2017年3月16日

銀行カードローン比較!低金利の銀行はココ!

カードローンを選ぶにあたって金利を重視する方は多くいらっしゃいます。実際低金利をウリにしているカードローン会社も多くあって、金利を比較してるけど「結局どこがいいの?」と悩んでしまう…私はその現象になりました。

「お金を借りたいけど利息の支払いを抑えたい!」そう考えるのは当然のことで、金利が数%違うだけで借入額や返済期間によっては何万円という差が生じることもあります。

そこで本当に全国で最も金利が低いとこはどこなのか!という真相を突き止めるため全国のカードローンを調べました。
調査の前提として「金利が低いカードローン」を比較するので「フリーローン」「おまとめローン」「借り換えローン」などはジャンル違いとして対象から外しています。

低金利のカードローンを選ぶにあたって


金利を見るときは低金利でお金を借りたいがため、低い方を基準に考えてしまう方もいらっしゃいますが、
実際に低金利で借入するためには各金融会社で設定された借入限度額か、もしくはそれに近い金額を借入しなければいけません。

例えば、ある程度収入があったとしても初めて申し込みの場合、過去の実績がない分信用力が弱いので借り入れできる金額がどうしても低くなってしまいます。

この信用力が少ないと多くお金を借りることができなかったりもします。いわゆる「与信」と呼ばれるものです。

低金利のカードローンを選んで申込みしたけど、希望金額の借入ができず高い金利での借入れになってしまった……ということもあり得るんですね。

そんなことになってしまわないように、カードローンを金利で選ぶなら「一番高く設定された金利」を見ることも重要です。

その中で、金利が低いカードローン会社を選べば、少額の借入れでも低金利でお金を借りることができるというメリットもあります。

例えば消費者金融などでは10万円を借りる場合の金利は18%に設定しているところが多いのですが、金利が低いカードローン会社であれば極端な話、10万円の借入でも金利14%で借りることができる訳です。

そこで今回の比較をするにあたって、上限に設定された金利がもっとも低いカードローンを厳選して選んでみました。
ジャンル別は以下の通りです。

  • 銀行カードローン
  • ネット銀行カードローン
  • 消費者金融カードローン
  • 信用金庫カードローン

それぞれ低金利のカードローン会社を5社ずつ選定し、そのなかで利息の支払額を比較していきたいと思います。

銀行カードローンTOP5

金融機関名 上限金利 借入限度額
1位 北國銀行 9.5% 10~700万円
2位 東京都民銀行 9.8% 30・50・100万円
3位 名古屋銀行 10.5% 200万円
4位 徳島銀行 11.5% 10~500万円
5位 京都銀行 11.975% 最大500万円

低金利で借入れできる銀行カードローンの上位5社です。低額の借入の場合、金利設定は18%が上限となりますが、それと比較すると銀行カードローンはかなり低金利で借入れできることがわかります。

銀行カードローンをそれぞれ比較

銀行カードローンの比較をするにあたって一つ条件を決めました。

条件

借入額 30万円
金利(実質年率) 各カードローンの上限金利を適用
毎月返済額目安 7,303円~1万円
返済回数 最小返済額で支払った場合の返済回数です
金融機関名 上限金利 総利息額 返済回数 返済総額
1位 北國銀行 9.5% 4万3,154円 35回 34万3,154円
2位 東京都民銀行 9.8% 4万4,792円 35回 34万4,792円
3位 名古屋銀行 10.5% 4万8,688円 35回 34万8,688円
4位 徳島銀行 11.5% 5万4,475円 36回 35万4,475円
5位 京都銀行 11.975% 5万7,303円 36回 35万7,303円

上記の条件をもとに計算してみましたが1位と5位ではおよそ3年間の返済期間で、支払利息は約1万4,000円と差が付きました。

30万円と銀行での借入としては比較的低い金額の借入ですが、お金を借りる多くの方は、だいたい1万円~50万円の間で借入れしていることが多く現実的な金額設定にしてみました。

この比較はあくまで、毎月あたり最小返済額で支払ったことを想定していますので、臨時収入や生活に余裕があれば繰上げ返済をして多めに返済することによって総支払利息を少なくすることができます。

ネット銀行カードローンTOP5

金融機関名 上限金利 借入限度額
1位 住信SBIネット銀行 7.89% 10~1,200万円
2位 ソニー銀行 13.8% 10~800万円
3位 イオン銀行 13.8% 30~800万円
4位 関西アーバン銀行 14.0% 10~500万円
5位 東京スター銀行 14.6% 10~1,000万円

実店舗がなくWebから申込みができるネット銀行(ネットバンク)。銀行カードローンよりも金利がどれも高いようです。

その中で唯一、住信SBIネット銀行は銀行カードローンと合わせてみても一番金利が低くなっています。

今回は各カードローン会社で高く設定してある金利の比較に特化しているので、記載していませんが、住信SBIネット銀行は借入額が低い場合の金利も銀行カードローンに引けをとりません。

銀行カードローンで1位の北國銀行の金利は5.0%ですが、住信SBIネット銀行の金利は1.99%となっています。

なによりも金利重視な方にとっては魅力的なカードローンですね。

銀行カードローンでは申込みで住まいの地域が限定され申込できなかったりする場合もありますが、ネットでどこでも繋がるネット銀行ならそんなことはありません。

なお口座開設が必要になるので、諸条件をよく読んで申し込みをするようにしてください。

ネット銀行カードローンをそれぞれ比較

ネット銀行カードローンの比較の条件はこちらです。
条件

借入額 30万円
金利(実質年率) 各カードローンの上限金利を適用
毎月返済額目安 1,915円~1万2,000円
返済回数 最小返済額で支払った場合の返済回数です
金融機関名 上限金利 総利息額 返済回数 返済総額
1位 住信SBIネット銀行 7.89% 4万2,987円 53回 34万2,987円
2位 ソニー銀行 13.8% 8万5,903円 59回 38万5,903円
3位 イオン銀行 13.8% 8万5,903円 59回 38万5,903円
4位 関西アーバン銀行 14.0% 8万7,915 60回 38万7,915円
5位 東京スター銀行 14.6% 9万2,505円 60回 39万2,505円

やはり住信SBIネット銀行が利息を圧倒的に節約することができます。

5位の東京スター銀行のカードローンと比べると、約5万円近く差がつきました。借入金額が多く金利が高くなるほど返済回数も増えていくことから、金利を抑えるためには、繰り上げ返済をするなど最小返済額よりも多く支払うことによって金利差をいくらか埋めることができます。

返済回数が多い分だけ利息を支払っているということなんですね。

消費者金融カードローンTOP5

「審査に通りやすい」「すぐ借りられる」といった手軽さが人気の消費者金融のカードローン。

審査に通りやすいというよりは、少額融資でちょい借りする方が多いから審査に通る割合が多いのかなという印象です。

「急にお金が必要になった」
「今日の飲み会の金がない…」

などちょっとしたしたときにあると便利だし、消費者金融なら借りやすいです。

消費者金融では10万円以下の借入の場合、金利を18%に設定されることがほとんどです。

それは法律によってきまっているからなんです。

金融機関名 上限金利 借入限度額
1位 プロミス 17.8% 最大500万円
2位 アコム 18.0% 1~800万円
3位 モビット 18.0% 1~800万円
4位 アイフル 18.0% 1~500万円
5位 ノーローン 18.0% 1~300万円

※アイフルでは金利9.5%のファーストプレミアムカードローンがありますが100万円から借入額からのスタートになるので条件を合わせるために今回はランキング対象から外しています。

金利が軒並み高くなってしまいましたが、消費者金融ではプロミス・アコム・アイフルの「30日間無利息サービス」や、ノーローンの「1週間無利息」など一定期間の利息が実質0円になるサービスを提供しています。

この一定期間内であれば金利を0%にすることが可能になるので「次の給料日に返済しよう」という方は金利0円でお金を借りることができますよ。

消費者金融カードローンをそれぞれ比較

消費者金融カードローンの比較の条件はこちらです。
条件

借入額 30万円
金利(実質年率) 各カードローンの上限金利を適用
毎月返済額目安 1,733円~1万円
返済回数 最小返済額で支払った場合の返済回数です

※消費者金融のカードローンではおまとめや借換えが多かったので借入金額を高く設定しました。

金融機関名 上限金利 利息総額 返済回数 返済総額
1位 プロミス 17.8% 12万3,034円 64回 42万3,034円
2位 アコム 18.0% 12万3,733円 64回 42万3,733円
3位 モビット 18.0% 12万3,733円 64回 42万3,733円
4位 アイフル 18.0% 12万3,733円 64回 42万3,733円
5位 ノーローン 18.0% 12万3,733円 64回 42万3,733円

信用金庫カードローンTOP5

最後に信用金庫のカードローンです。カードローンを選ぶにあたって信用金庫を考える方はあまり多くないかと思いますが、実はすごく低金利で借入れすることができます。

信用金庫で低金利のカードローンを利用するための条件の多くは、「各県の信用金庫の営業地域内に在住していること」です。

ようは営業地域内に住んでいないと申込みができなくなっています。

その他にも営業地域内に在住またはお勤めの方など申込み条件が地元者限定になることが多いようです。

中には信用金庫での取引や、住宅ローンを利用していれば金利が優遇されるなど、特別金利を実施しているところもあるのが特徴です。カードローンを探すときには一度お住いの地域の信用金庫のカードローンを探してみるのいいかもしれません。

金融機関名 上限金利 借入限度額
1位 熊本信用金庫 5.3% 100~300万円
2位 沼津信用金庫 5.35% 50~150万円
3位 尼崎信用金庫 6.0% 50・70・100万円
4位 芝信用金庫 6.8% 100万円コース
5位 杜の都信用金庫 2 7.0% 最大500万円

*1.固定金利とは固定された金利のことで、最初に適用された金利がずっと続くものをいいます
*2.変動金利とは変動する金利のことで、金利情勢によって定期的に適用利率が変わっていくものです

信用金庫カードローンをそれぞれ比較

信用金庫カードローンの比較の条件はこちらです。

条件

借入額 30万円
金利(実質年率) 各カードローンの上限金利を適用
毎月返済額目安 314円~1万円
返済回数 最小返済額で支払った場合の返済回数です
金融機関名 上限金利 利息総額 返済回数 返済総額
1位 熊本信用金庫 5.3% 2万7,425円 51回 32万7,425円
2位 沼津信用金庫 5.35% 2万7,728円 51回 32万7,728円
3位 尼崎信用金庫 6.0% 3万1,213円 51回 33万1,213円
4位 芝信用金庫 6.8% 3万6,314円 53回 33万6,314円
5位 杜の都信用金庫 7.0% 3万7,632円 53回 33万7,632円

信用金庫では固定金利制を採用しているところもあり、金利は借入額に応じて段階的に設定されています。

今回は30万円借りるという設定で、それに対応した金利で比較しています。

例えば4位の芝信用金庫では、100万円コースにしていますが、200万円コースであれば金利5.8%で借入することができます。

「もっと多く借りたいんだけど」という方は借入額を引き上げれば、上記の金利よりももっと低金利で借入れできる可能性もあります。

一番低金利でおすすめは住信SBIネット銀行

金融会社 金利 借入限度額 審査時間 収入証明書
住信SBIネット銀行 7.89% 10万円~1,200万円 最短60分 300万円まで不要

金利が一番低かったのは住信SBIネット銀行MR.カードローンプレミアムコースでした。

金利が0.99%~7.99%と、今回比較した20社の中でトップの成績です。なによりも「低金利でお金を借りたい」方にはおすすめできるカードローンになります。

なお、高額融資で金利0.99%の条件で借入をしたいと目指している方は所定の条件がありますのでご注意ください。

1.SBI証券口座保有登録済みであること
2.住宅ローン残高があること
基準金利より年-0.5%
3.所定のSBIカードを保有し、かつ口座を引き落とし口座に設定していること 基準金利より年-0.1%

参照元:https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i080208CT

これらの条件を満たせば年0.99%の低金利でカードローンを利用することができますが、あくまで0.99%で借入したい場合に限ります。

住信SBIネット銀行MR.カードローンでは条件クリアできていないにしてもすごく低金利で借入れすることができます。

住信SBIネット銀行MR.カードローンはネット銀行だから来店不要でインターネットで申込むことができます。

店舗に行くのが面倒くさいという方にとってもありがたいカードローンとなっています。

全国のカードローンで一番金利が低いとこを比較してみた結果

「銀行」「ネット銀行」「消費者金融」「信用金庫」と4種類のカードローンをそれぞれ比較してみてきました。

もっとも低金利だったのは住信SBIネット銀行MR.カードローンプレミアムコースでしたね。

しかし信用金庫も地域などが限定されてはしまいますが、軒並み低い金利が設定されていました。

カードローンを探すときは、お住いの地区を対象にした信用金庫のカードローンがあれば、考えてみる価値はありだと思います。

今回は借入条件を独自に定めて皆さんに分かりやすく比較して見ましたが、一般的に低金利であればあるほど審査が厳しいとも言われています。低金利ばかりのカードローンばかり見て「お金を借りたいけど全然借りれないんだけど……」とならないように気を付けてください。

お金に余裕があるときはなるべく返済に回していくことによって返済回数は少なくなります。

そうすれば利息の支払いは少なくなった回数の分だけ節約できるようになるのです。

低金利で借入れしたい方は「利息は払いたくない」という思いが強いかと思いますが、利息を低く抑えるためにはなるべく短期の返済を目指すことも大事です。カードローンを利用の際には是非無理のない借入をするようにしてくださいね。

審査データ一覧

関連記事

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

子どもが人の車を傷つけてしまい、急に修理費が必要となったため、...

続きを見る

悪い匿名さん

借入が容易であると友人から聞き、プロミスを利用しました。急な転...

続きを見る

2

モビット

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
  • 即日融資OK

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
良い匿名さん

5年前に自己破産を経験しています。クレジットカードは持っていま...

続きを見る

悪い匿名さん

私は生活費が足りずに困った時にモビットを利用してお金を借りたの...

続きを見る

平均融資額
19万円
総合評価
4.3
  • 最高金利の低さが14.0%と目立つ
  • 限度額10万円~800万円と高額借り入れも可能
    ※ご利用は計画的に

公式サイトへ

2.0%〜14.0%※注釈(1)
10万円~800万円
-
-

※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※ご利用は計画的に!

良い匿名さん

勤務先の給与が振り込まれる銀行なので、借入も同じところにしまし...

続きを見る

悪い匿名さん

借り入れも返済も非常に便利で、とても使いやすかったです。これな...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP