バンクイックの審査は厳しい?審査落ちの原因と通るための対策方法

1.8%〜14.6%
10万円~500万円
最短30
最短即日

現在、三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの審査申込を検討中の方はこちらもお勧めです

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの口コミ評判

総合評価3.3点
満足度審査スピード借入金利
3.33.83.5
サービスの質借入方法返済方法
3.53.33.5

投稿された口コミ4

匿名さん

満足度

>>>>>

引っ越し費用を工面するために8万円だけ借入しました。
手続きに2~3日かかるかと思っていたのですが、審査スピードはかなり速かったです!
おかげで申込日の翌日には融資を受け取ることができました。
ただプロミスなどと違って、無利息期間がないのは少し残念です。
なるべく早めに完済できるよう頑張ろうと思いま...

2019/10/08

匿名さん

満足度

>>>>>

融資頂きました!ありがとうございます!

2019/05/29

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック審査データ

  • 職業

  • 年収

  • 年齢

平均データ

平均年収
500万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
男女比
男性10:女性
最多年齢
30代

詳細平均データをもっと見る

男女別平均データ

年齢別平均データ

職種別平均データ

カードローンコンペ口コミ利用規約に関する注意事項に同意の上投稿された、審査データをもとに集計しております。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの詳細情報

ポイント
テレビ窓口でのスピード手続きが際立つ
専業主婦・年金生活者・学生もOK

バンクイックは、三菱UFJ銀行が提供するカードローンの商品名です。メガバンクのカードローンということで安心感を覚える方も多いのではないでしょうか。またテレビ窓口を利用して、スピーディにローンカードを受け取って借り入れできるのも魅力の一つと言えるでしょう。

そんなバンクイックは、審査が厳しいと言われています。そもそも銀行カードローンは、消費者金融と比較すると審査が厳しい傾向にあります。しかし実際のところ、カードローンの審査基準は非公開となっており、具体的にどれくらい審査が厳しいのか一概には言えません。

とはいえ、過去に金融事故を起こした方や無職で収入がない方は、審査に落ちる可能性が高いです。またアコムを利用して返済の長期延滞や債務整理を起こしたことがあると、審査通過は難しいでしょう。なぜならアコムが保証会社を務めているからです。

このようにバンクイックの審査は、決して甘いものではなく、むしろ厳しいというのが正解です。そこで当記事では、バンクイックで借り入れしたい方に向け、バンクイックの審査に落ちる原因と通るための対策方法について解説していきます。

バンクイックの審査基準について

三菱東京UFJ銀行 入り口

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの審査基準は、どのようなものが設けられているのでしょうか。残念ながら、審査基準は非公開となっており、具体的な内容を知ることはできません。審査落ちした際に、通らなかった理由を審査担当者に聞いても教えてくれないのが現状です。

では、審査前に対策を立てることができないのかというと、そういうわけではありません。貸付条件や申込項目を確認すれば、おおよその予測を立てることは可能です。そしてカードローンの審査では、主に申込者の属性と信用情報を確認しています。

では、まずバンクイックの貸付条件について見てみましょう。

バンクイックの貸付条件

バンクイックは、貸付条件をクリアした方のみ申込資格が与えられます。貸付条件としては、下記となります。

バンクイックの貸付条件
・年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人の方
・原則安定した収入がある方
・保証会社(アコム㈱)の保証を受けられる方
※外国人の方は永住許可を受けている方

年齢制限に関しては言うまでもありませんが、ここで注目していただきたいのは、「原則安定した収入がある方」「保証会社(アコム㈱)の保証を受けられる方」の2つの項目です。

それぞれの項目について詳しく解説していきます。

安定した収入がないと審査には通らない

安定した収入とは、毎月一定の金額を給与として得ていることを指します。つまりパート・アルバイトでも、フルタイム勤務をして毎月継続して安定した収入を得ているのであれば、バンクイックを利用できるうえ、審査に通る可能性も十分にあります。

また「原則」となっていますが、例外としては専業主婦(主夫)の方です。専業主婦(主夫)の場合、本人に収入はありませんが、配偶者に安定した収入があればバンクイックの審査に通る可能性があります。

とはいえ冒頭でも申し上げた通り、バンクイックの審査では申込者の属性や信用情報を確認します。具体的には、申込者の勤務先情報や居住形態、他社借入件数、金融事故履歴などを確認します。年齢や年収だけを見て融資できるかどうかを判断しているわけではありません。

バンクイックの審査は保証会社のアコムも行っている

バンクイックの審査は、三菱UFJ銀行と保証会社であるアコムが行っています。保証会社とは、保証料を銀行から受け取る代わりに、申込者の審査と代位弁済を行う会社を指します。

代位弁済とは?
代位弁済は、カードローン利用者が返済できなくなった場合に、利用者の代わりに残高を銀行に立て替えてることを言います。

アコムは、最短30分審査にも対応しており、個人向けの無担保融資における審査ノウハウを持っています。そしてアコムは、三菱UFJフィナンシャルグループの傘下でもあります。そのため、アコムが持っている審査ノウハウを使ってバンクイックの審査も行っているというわけです。

つまりバンクイックの貸付条件となっている「保証会社(アコム㈱)の保証を受けられる方」は、「アコムの審査基準を満たす方」とも捉えられます。そして最短即日融資に対応しているアコムですが、バンクイックも最短即日融資を受けられるのかというとそういうわけではありません。

やはり消費者金融に比べて低金利となっている銀行カードローンは、貸し倒れのリスクを抑えるために審査を厳しく行なっています。そのため、審査の申込をしてから実際に融資を受けられるまで、最短でも翌営業日以降となるでしょう。

金利が低いと審査が厳しい

カードローンは、消費者金融や銀行などが提供していますが、金融機関によって審査難易度が異なります。それは、金融機関ごとに金利設定が異なるからです。例えば、バンクイックとアコムの金利を比較してみると以下のようになります。

カードローン 金利 利用限度額
バンクイック 年1.8%〜年14.6% 10万円〜500万円
アコム 年3.0%〜年18.0% 1万円〜800万円

下限金利を見ても上限金利を見ても、アコムよりバンクイックの方が金利が低いことがわかります。カードローンの収益は、主に金利からなる利息です。つまり金利が低いほど利息も安くなり、収益性が落ちることになります。

つまり、できる限り貸し倒れのリスクを抑えるために、審査を厳しく行なっているというわけです。もちろんバンクイックより金利が高いアコムは、審査が甘いということにはなりませんのでご注意ください。

バンクイックの審査に落ちる原因と対策方法

三菱UFJ銀行カードローン店内申込

審査が厳しいと言われるバンクイックですが、審査に落ちたからといって別のカードローンに申し込みするのは、一旦待った方がよいです。というのも審査に落ちるのは、何らかの原因があるからです。

どんな原因があるかも分からずに、別のカードローンに申し込みしても、また審査落ちしてしまう可能性があります。そこでここからは、バンクイックの審査に落ちる原因を解説していきます。

  • 他社借入件数が多い
  • 信用情報に傷がある
  • 属性に問題がある
  • 在籍確認が取れない

バンクイックの審査に落ちる原因としては、主に上記のようなものがあげられます。それぞれについて詳しく解説していきましょう。

他社借入件数が多い

バンクイックに申し込みする前に、すでに複数社から借り入れしている場合、審査に影響を及ぼす可能性があります。他社借入件数が多いと、多重債務者と見なされる可能性が高く、返済能力がないと判断され審査に落とされてしまうというわけです。

他社から借り入れがあるにも関わらず、さらに新規の借入先が必要となると、他社への返済に充てようと考えてかもしれませんし、返済が滞るリスクが高いです。3〜4件以上の他社借入件数がある場合は、まず既存の借入先の完済を目指すことが大切です。

信用情報に傷がある

カードローンの審査では、個人信用情報機関に照会して申込者の信用情報を確認します。信用情報とは、金融取引において延滞や債務整理といった金融事故履歴の有無、申込回数、返済状況などの記録のことを指します。

そして長期延滞や債務整理などの金融事故がある状態を「信用情報に傷がある」といいます。傷がある状態だと審査で落ちる可能性は高くなります。延滞や債務整理そのものが、返済能力がないことを証明してしまうからです。

属性に問題がある

属性に問題がある場合、審査に落ちる可能性があります。属性は、返済能力に関係するステータスのことを言います。例えば、年収や勤続年数、雇用形態、給与形態など申込時に記入する項目のほとんどが属性と言えます。

バンクイックは、安定継続収入さえあればパート・アルバイトでも利用できるため、属性が正社員でなくても利用できる可能性があります。しかしそのほかに、さまざまな悪い属性が重なることで、返済能力が低いと見なされ審査に落ちる場合があります。

バンクイックの審査で不利に働く属性
勤続年数が短い(1年未満)
雇用形態が非正規雇用
個人事業主やフリーランス
農家や漁師
学生
専業主婦(主夫)
年収100万円未満
年齢制限に近い(20代前半〜60代)
給与形態が固定給でない

上記の属性がいくつか重なる場合は、審査で落とされる可能性があるので気をつけましょう。

在籍確認が取れない

在籍確認が取れないと、バンクイックの審査に落ちる可能性があります。在籍確認は、申込者が申請した勤務先に在籍しているのか(=安定した収入があるのか)を確認するためのものです。

原則として申込者の勤務先へ電話連絡を行い、在籍確認を取ります。消費者金融によっては、代わりとなる書類を提出することで在籍確認としてもらえるところもありますが、バンクイックでは、電話連絡のみの対応となります。

会社の人が電話の応対時に「◯◯(申込者)は先日退職しました」「◯◯は休職中です」など、在職していない旨を伝えてしまうと審査落ちすることになります。

バンクイックの審査は厳しい!

バンクイックの審査が厳しいかどうかという疑問に対する答えとしては、「厳しい」となります。バンクイックは、消費者金融よりも低い金利設定をしていることもあり、貸し倒れのリスクを軽減するため、審査を厳しくしています。

他社借入件数の多さ属性・信用情報に問題があると審査で落とされる可能性は、より高くなります。加えて在籍確認が取れないと、申込者に返済能力があるのか確認できないため審査に通ることができません。

バンクイックでの借り入れを希望する方は、今回ご紹介したバンクイックの審査に落ちる原因を確認し、解決できる部分は申込前に解決しておくことをおすすめします。

平均融資額
-
総合評価
3.3
  • テレビ窓口でのスピード手続きが際立つ
  • 専業主婦・年金生活者・学生もOK

お申込みはこちら

1.8%〜14.6%
10万円~500万円
最短30
最短即日

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックに関する記事

他の方は、こちらの金融会社も見ています

条件で探す

TOP