320社カードローンを選ぶ

ソニー銀行カードローンの詳細

ソニー銀行のカードローン

平均借入額

8万円

総合評価

3.0

2.5%〜13.8%
10万円~800万円
最短60分
最短即日※

過去、ソニー銀行カードローンで審査に落ちた方はこちらをお勧めします

ソニー銀行カードローンの口コミ評判

総合評価3.0点
満足度審査スピード借入金利
3.04.03.0
サービスの質借入方法返済方法
3.04.04.0

投稿された口コミ1

匿名さん

満足度

他の借金がありましたが借入が出来ました。金利も銀行なので高くなく良かったと思います。審査時間は1日ほどでした。コンビニで返済も出来るので便利です。

2017/05/29

ソニー銀行カードローン審査データ

  • 職業

  • 年収

  • 年齢

平均データ

平均年収
150万円
最多職種
会社員
平均融資額
8万円
男女比
男性7:女性3
最多年齢
20代未満

ソニー銀行カードローンの詳細情報

ポイント
30日間無利息OK
ソニー銀行口座があれば最短即日融資

ソニー銀行カードローンの基本情報

融資までの時間 最短即日融資※ソニー銀行の口座がある場合
(口座がない場合、最短で翌日)
融資限度額 10万円以上800万円以内
金利 年2.5~13.8%
収入証明書は必要? 限度額300万円までは不要

ソニー銀行は最高金利が低く対応ATMが多い!

  • 最短で即日融資可能
  • 年2.5~13.8%と最高金利が低め
  • 借入限度額が最大800万円と高め
  • メガバンクやゆうちょ銀行のATMも使える
  • 専業主婦や学生でも借り入れOK
  • WEB完結申し込みOK

ソニー銀行カードローン:最短融資の流れ

「ソニー銀行カードローンは、まったく初めてです!」という状態から、最短で融資を受けるための流れは以下の通りです。

  • 申し込み(WEB申し込み)
  • 審査
  • 審査回答(ソニー銀行の口座がある場合:最短当日、ない場合:最短翌日)
  • 必要書類手続き
  • 契約手続き
  • 融資可能

注意:借り入れには、ソニー銀行の口座が必要

ソニー銀行の口座を、申し込みと同時に開設します。ソニー銀行の口座が既にある場合に限り、即日融資が受けられます。ない場合は、最短で翌日の融資となります。

ソニー銀行カードローンを細かく見ると

ソニー銀行カードローンは、年2.5~13.8%と、消費者金融の上限金利18.0%に比べてそうとう低めです。大手銀行とくらべても見劣りしない水準ですね。実店舗を持つ中規模の銀行に比べても、使いやすさと金利の安さが目立ちます。ネット銀行ならではの強みが、ソニー銀行にあると言えます。

利用限度額ごとの借入利率は、以下の通りです。

利用限度額 基準金利
800万円型 年 2.5%
700万円型 年 3.0%
600万円型 年 3.5%
500万円型 年 4.0%
400万円型 年 5.0%
300万円型 年 6.0%
200万円型 年 8.0%
150万円型 年 9.0%
100万円型 年 9.8%
90万円型 年 12.8%
80万円型 年 12.8%
70万円型 年 12.8%
60万円型 年 12.8%
50万円型 年 13.8%
40万円型 年 13.8%
30万円型 年 13.8%
20万円型 年 13.8%
10万円型 年 13.8%

いつ・どこから申し込みできるの?

申込方法 WEB申込
申込期日 平日・土日祝日 24時間OK(WEB完結申し込み)

契約時に必要となる書類は以下の通りです。
必ず、申し込む前に用意しておきましょう。

本人確認書類

「申し込みの際に登録する氏名・住所と一致確認ができる本人確認書類」を送付します。
ソニー銀行カードローンでは、以下を提示しています。
・運転免許証
・各種健康保険証(共済組合員証を含む)

収入証明書

300万円超の借入上限を希望するという方の場合は、上記と一緒に収入証明書が必要となります。下記の資料を用意しておいてください。ソニー銀行カードローンでは「前年度のもの。以下のうちいずれか1通が必要」としています。
・住民税決定通知書
・源泉徴収票
・納税証明書
・確定申告書

ソニー銀行の返済はどうすればいいの?

ここからは、返済について見ていきましょう。
返済方法は、以下の2つです。

自動支払い
随時返済

基本は、ソニー銀行の普通預金口座からの引き落としによる返済です。
これに加えて、「臨時に追加返済したい!」というときに随時返済ができます。随時返済をATMから行った場合も、指定の口座から毎月の返済が必要です。

ソニー銀行カードローンの返済期日

返済期日は、以下から選べます。

・毎月2日
・毎月7日
・毎月12日
・毎月17日
・毎月22日
・毎月27日

※上記の返済日が土・日曜、祝日や銀行の休日にあたる場合、返済日は翌営業日となります。

また、初回の返済日に特徴があります。
例:返済日が27日で、7月に借り入れした場合
・7月1日から7月26日のあいだに借り入れ
→8/27が初回返済日。
・7月27日から7月31日のあいだに借り入れ
→9/27が初回返済日。

この例は、具体的にこういうことです。
借りるAさん「7月28日のイベントに向けて、7月27日に10万円借りるわ!」
友人のBさん「おい、まだ7月10日だぞ?それだとギリギリで遅くね?」
借りるAさん「7月27日に借りると、最初の返済日が9月27日になるんだよね!一日違うだけで返済日が1か月違うんだ!^^」

ソニー銀行カードローンの毎月の返済額

ソニー銀行カードローンは、「残高スライド方式」という返済方式を取っています。
いわゆる「リボ払い」とほぼ同じイメージです。異なる点は、月々の返済額が、借入残高に応じて変動するというものです。
例えば、40万円超~60万円以下であれば、返済額は8,000円となります。

借入残高 返済額
10万円以下 2,000円
1万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~40万円以下 6,000円
40万円超~60万円以下 8,000円
60万円超~80万円以下 10,000円
80万円超~100万円以下 12,000円
100万円超~150万円以下 15,000円
150万円超~200万円以下 20,000円
200万円超~300万円以下 30,000円
300万円超~400万円以下 35,000円
400万円超~500万円以下 40,000円
500万円超~600万円以下 50,000円
600万円超~700万円以下 60,000円
700万円超 70,000円

「リボルビング方式」なので、返済額に対する利息の割合が大きくなりがちであることに注意してください。繰り上げ返済で元金を返していき、利息を増やさないことをおすすめします。

ソニー銀行カードローンの返済について

借入、返済時に以下のATMが利用できます。

三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
セブン銀行
ローソン
E-net(ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップなど)
イオン銀行

コンビニ系列のATMだけでなく、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行、ゆうちょ銀行まで利用できるのは便利! ATMの利用手数料は、預け入れについて0円なのもうれしいですね。

セブン銀行とイオン銀行は、引き出しの手数料も0円です。ほかの銀行では、銀行名を問わず合計利用回数が月4回まで0円。
月5回目以降は108円/回の手数料がかかる点にご注意を。

ソニー銀行カードローン誰が申し込みできるの?

ソニー銀行カードローンの利用の基本的な条件は、以下の通りです。

申込受付時満20歳以上満65歳未満の方
継続安定した収入のある方
保証会社の保証(アコム株式会社)が受けられる方

なお、配偶者の安定収入があれば、専業主婦でも50万円まで借り入れOKです。
学生であれば、アルバイトなどの収入を条件に、10万円まで借り入れできます。

「え?保証会社の保証を受けられる方って何?」と思う方もいらっしゃると思います。これは「保証人を誰かにお願いしなくても、担保なしでもOKです。そのかわりに保証会社に付いてもらいますよ」ということですね。

ソニー銀行カードローンの場合は、アコム株式会社が保証会社として付きます。資本関係などは見受けられませんが、ソニー銀行カードローンを再スタートさせる際に、消費者金融会社として最古参のアコムを保証会社として用いたのでしょうね。保証会社としてのつながりは、こういったところにも現れているのですね。

最高金利の低さが随一

全体的にみて、「銀行系カードローンの中で、特に最高金利の低さが目立つ」というサービスです。申し込みが多くて待たされる、という状況は、ソニー銀行カードローンのサービスの良さによるものでしょうね。

うれしい!:即日から使える!

・「ソニー銀行の口座があれば、最短で当日融資!助かる!」
・「返済期日が複数から選べる!使いやすい!」
・「借入・返済ができるATMがいっぱい!便利!」

やだなぁ…:口座なしの場合、融資に4~5日

・「口座がない場合は翌日融資かぁ…」
・「融資までの最短時間が、大手銀行に比べたら長いなぁ…」
・「無利息期間のサービスがないのかぁ…」

ソニー銀行カードローンは、こんな人にオススメ!

「良いサービスをすぐに使いたい!」という人

「使いたい!」と思った層の申し込みが殺到したのは、「ソニー銀行カードローンのサービスの良さ」に一番の強みがあることに他なりません。メガバンク系カードローンの「最短30分で審査完了」と比べたとき、何をメリットとするかは個人次第かもしれません。

しかし「比べるポイントがトコトン限られている」ことがソニー銀行カードローンの強みであり、ネット専業銀行の強みが今の世の中にマッチしていることが、強みの源泉なのでしょうね。

スピード感とサービス内容が光る

全体的にみると、「ネット銀行ならではのスピード感」を持つサービスだと言えます。2011年7月からソニー銀行カードローンは新規申し込みの受付を停止していたものの、2015年7月に再開。当時は申し込みが殺到し、審査に2~3日を要したことからも、内容の良さによる人気がうかがえますね。無利息期間がないのは、消費者金融会社ではない銀行であるからこそ。消費者金融会社にくらべて低利であることが、この背景にあるでしょう。

「お借入れ診断」はありませんが、みずほ銀行カードローンのような保守的なキャラクターというよりは、ネット専業のソニー銀行の規模が小さいことによるものだと思います。少なくとも、ソニー銀行全体で見れば、後発のネット専業銀行としてサービス重視の姿勢です。

いちばん目立つ点として、「日経金融機関ランキング」で、ソニー銀行は2016年1月、9年連続の首位を獲得していることが挙げられます。このランキングは日本経済新聞社が三大都市圏の個人向けに調査を行うものです。特にソニー銀行は、早いペースで新商品やサービスを提供してきていることを一番の売りとしています。

2015年7月にカードローンの新規受け付けを再開したことで、若い人向けのサービスを確保できたことが、2016年1月のランキング首位にも貢献しているのでしょうね。ネット専業銀行であるため、どうしても既存の銀行に比べて知名度が劣る中、サービス力と対応力を磨き上げてきたことが、人気につながっていると考えられます。

返済日の自由度とATMのカバーも強み

また、返済日の自由度の高さが光ります。「毎月2日、7日、12日、17日、22日、27日」という自由度は、銀行系でピカイチです。これ以上の自由度の高さとなると、比較対象となるのは三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックくらいです。

金利の低さ、返済日の自由度もさることながら、使えるATMが非常に多いということも便利なポイントです。ソニー銀行カードローンでは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のATMが使用できるというのは、使う側にとって非常に便利です。同じカードローンで比較すると、三菱東京UFJ銀行バンクイックでは、ゆうちょ銀行のATMは使えません。三井住友銀行については、もともとソニー銀行に出資していた経緯からも、ATMが使用可能な背景がうかがえます。

IT技術の発達で金融サービスを提供するネット銀行の代表格として、実店舗を持たずに運営を行っているソニー銀行。2015年に復活したソニー銀行カードローンは、申し込み殺到により審査に数日かかったことを「単に時間がかかってデメリットだった」とみるか「サービスが良いからこそのメリット」ととらえるかは、人それぞれです。

※(1)ソニー銀行の口座がある場合のみ

平均融資額
8万円
総合評価
3.0
  • 30日間無利息OK
  • ソニー銀行口座があれば最短即日融資

公式サイトへ

2.5%〜13.8%
10万円~800万円
最短60分
最短即日※

掲示板

他の方は、こちらの金融会社も見ています

よく読まれている記事一覧

条件で探す

TOP