320社カードローンを選ぶ

親和銀行カードローンの口コミ評判

親和銀行カードローン

平均借入額

20万円

総合評価

2.0

8.5%〜14.5%
300万円
最短即日
-

過去、親和銀行カードローンで審査に落ちた方はこちらをお勧めします

親和銀行カードローンの口コミ評判

総合評価2.0点
満足度審査スピード借入金利
2.02.02.0
サービスの質借入方法返済方法
2.02.02.0

投稿された口コミ2

匿名さん

満足度

返済が少しでも遅れると良くない銀行

2017/08/11

匿名さん

満足度

銀行口座を持っていたので、利用させて頂きました。
普通にいいですよ!

銀行口座ない方は大きい銀行さんで利用した方がいいかもです。

2017/06/01

親和銀行カードローン審査データ

  • 職業

  • 年収

  • 年齢

平均データ

平均年収
150万円
最多職種
パートアルバイト
平均融資額
20万円
男女比
男性0:女性10
最多年齢
20代

親和銀行カードローンの詳細情報

ポイント
融資限度額1000万までなので、高額借入希望の方おすすめ
申込できるまでのハードルが少し高い

親和銀行は、地方銀行で、本店が長崎県佐世保市にあります。

親和銀行は、「ふくおかフィナンシャルグループ」に九州の代表的な地方銀行の福岡銀行と一緒に入っています。70以上の支店が長崎県内にあり、支店は県外でも福岡県や佐賀県、さらに東京都にもあります。

親和銀行カードローン

親和銀行カードローンは、口座を親和銀行で持っている場合には銀行に来店しないで、WEBで申し込み、最初の借入、返済ができ、金利が別の銀行系カードローンよりも低めで、しかも1000万円に融資上限金額の最大がなります。

親和銀行カードローンの貸付条件は以下の様なものになります。

  • 収入がある20歳以上69歳以下の人
  • 保証を保証会社で受けられる人
  • 九州・山口県に勤務地および居住地がある人、あるいは普通預金口座を親和銀行で持っている人

アルバイト・パート・専業主婦、年金受給者の場合でも申し込みできます。
なお、専業主婦の場合は安定した収入が配偶者にあると申し込みできます。

親和銀行カードローンの金利(年率):3.0%~14.5%の固定金利

融資上限金額によって金利は決まります。

融資上限金額 金利
10万円~100万円以下 年14.5%
100万円超~200万円以下 年12.0%
200万円超~300万円以下 年10.0%
300万円超~400万円以下 年8.0%
400万円~500万円以下 年7.0%
500万円超~600万円以下 年6.0%
600万円超~700万円以下 年5.0%
700万円超~800万円以下 年4.0%
800万円~1000万円以下 年3.0%

融資上限金額:10万円~1000万円で10万円単位

親和銀行カードローンが利用できるATM

借入は、親和銀行のATM、熊本銀行のATM、福岡銀行のATM、ゆうちょ銀行のATM、全国の提携している銀行のATM、セブン銀行のATM、イーネットのATM、ローソンのATMでできます。

所定の手数料が、ATMを利用する際にはかかります。手数料の詳細については、窓口等で確認しましょう。

返済

返済方法は、口座引き落としタイプあるいは直接入金タイプが選択できます。

  • 口座引き落としタイプ
返済日 約定返済(1日~26日、銀行が休みの場合は次の営業日の任意の日)
返済方法 普通預金口座より自動引き落とし
返済額 有効期限になった時の借入残高に応じた金額
借入残高 返済額
2千円未満 全額
2千円以上10万円以下 2000円
10万円超20万円以下 4000円
20万円超30万円以下 6000円
30万円超40万円以下 8000円
40万円超50万円以下 10000円
50万円超100万円以下 20000円
100万円超200万円以下 30000円
200万円超300万円以下 40000円
300万円超400万円以下 50000円
400万円超500万円以下 60000円
500万円超600万円以下 70000円
600万円超700万円以下 80000円
700万円超800万円以下 90000円
800万円超900万円以下 100000円
900万円超 110000万円
返済日 毎月14日、銀行が休みの場合は次の営業日
返済方法 ATMへ専用ローンカードを使用して入金、あるいは振込になります。
親和銀行のATM、セブン銀行のATM、イーネットのATM、ローソンのATMで入金する際は、無料に手数料がなります。
返済は、親和銀行のATM、熊本銀行のATM、福岡銀行のATM、ゆうちょ銀行ATM、セブン銀行のATM、イーネットのATM、ローソンATMでできます。
このようなATMを利用する場合は、所定の手数料が時間帯等によってかかることがあります。
それぞれのATMによって、利用できる時間帯は違っています。
詳細については、窓口等で確認しましょう。
返済額 前月の14日時点の借入残高に応じた金額
借入残高と返済額 口座引き落としタイプの場合と同じ
約定返済額よりも多く入金した場合は、随時返済になりますが、別途毎月の約定返済は必要になります。

□おすすめしたいポイント

親和銀行カードローンをおすすめしたいポイントは、次のようなことが挙げられます。

  • 最短の場合は契約が完了するまで2日

親和銀行カードローンは、口座を親和銀行で持っていると、申し込みがWEBで完結し、しかも最短の場合は審査も次の日、審査した後の次の日に契約ができるという早さで、消費者金融系カードローンに対して銀行ならではの融資上限金額と金利で競合しています。

  • 申し込みは前月の収入があるとできる

親和銀行カードローンは、所得証明書が300万円の融資上限金額までは必要ありません。
しかも、基本的に、属性や職業にこだわっていなく、申し込みはアルバイトでもパートでも年金生活者でもできます。
銀行の審査の場合には、返済が無理なくできるかがポイントになっています。
そのため、融資上限金額としては高くないかもしれませんが、審査に受かる可能性は大きいでしょう。
また、前月の収入が銀行の審査の基準になります。
つまり、申し込みは前月の収入があるとできます。
配偶者の収入で専業主婦の場合でも判断されます。

  • 融資上限金額の最大が1000万円

親和銀行カードローンは、融資上限金額の最大が1000万円もあります。
この金額に初めて申し込みする場合にはならないかもしれませんが、この金額まで融資される可能性があるのは安心感があります。

  • 振込を契約が完了した時点で行ってくれる

希望した金額を契約が完了した時点で振込してくれるのは銀行のいくつかで行われており、その1つに親和銀行カードローンもあります。
さらに、申し込みがWEB完結の場合には最短の場合2日で契約ができ、しかも、ローンカードが届くまで銀行の窓口に行く必要がありません。

  • 約定返済の日が選択できる

親和銀行カードローンは、申し込みを郵送で行う場合、自動引き落としの約定返済の日を選択できます。
約定返済の日として、毎月、1日~26日のいずれかの日を設定することができます。
しかし、申し込みをWEB完結で行った場合は、毎月14日に約定返済の日は固定されます。
当然ですが、14日が休みの場合は次の営業日になります。

  • 返済額が低めである

また、親和銀行カードローンは、融資上限金額に応じた返済額が、低めの2000円からであることもおすすめです。
2000円からの返済額であるため、お金に余裕が無い月でも返済に困ることはないでしょう。

よくあるQ&A

借入を1週間1万円する場合、どの程度の利息になるのでしょうか?
お金を借りる手数料のこと例:年利20%で1万円借りて1年後に返済すると、利息は2000円になる。
口座を親和銀行で持っていない場合でも利用できるのでしょうか?
お直接入金タイプの場合は、口座を親和銀行で持っていない場合でも利用できます。
申し込みする際には、銀行の窓口まで行く必要があるのでしょうか?
親和銀行のキャッシュカードを持っており、申し込みがWEB完結であれば、来店する必要はありません。また、口座を親和銀行で持っていない場合でも、直接入金タイプの場合は契約が郵送でできます。
申し込みする際には、年会費や入会金がかかるのでしょうか?
年会費や入会金は無料です。費用は、ローンカードを持っているのみであればかかりません
ローンカードや申込書は、家族に分からないように受取することができるのでしょうか?
プライバシーに気配りして、ローンカードであることが他の人に知られないように郵送するため心配ありません。
低い年収ですが、申し込みできるのでしょうか?
前の月の収入があると、職業や年収に関係なく申し込みができます。なお、専業主婦の場合でも、収入が配偶者にあると申し込みできます。
どのようにして審査した結果は連絡されるのでしょうか?
審査した結果は、郵送・電話で連絡されますが、プライバシーに気配りして、カードローンであることが他の人に知られないように連絡されるため、心配ありません。
審査してから振込されるまでどの程度時間がかかるのでしょうか?
親和銀行のキャッシュカードを持っており、申し込みがWEB完結であれば、最短の場合2営業日後に振込してくれます。

親和銀行カードローンの即日融資の可能性

親和銀行カードローンは、口座を親和銀行で持っており、キャッシュカードを準備できる場合は、申し込みをWEB完結で行うと最短の場合には振込が2営業日後にされますが、即日融資の可能性はありません。

親和銀行カードローンの融資の流れは、次のようになっています。

口座を親和銀行で持っており、申し込みをWEB完結で行う場合

スマホ、パソコンから申し込みすると、仮審査した結果が電話で連絡があったり、書面で郵送されたりします。
仮審査に受かった場合には、内容確認の電話が自宅あるいは勤務先かかった後、ローンカードが発行されます。

口座を親和銀行で持っていない、あるいは300万円超の融資上限金額の場合

スマホ、パソコン、FAX、電話、郵送で申し込みすると、仮審査した結果が電話で連絡があったり、書面で郵送されたりします。
仮審査に受かると、郵送で正式書類が届くため、記入して捺印した後送り返します。

内容確認の電話がかかった後で、ローンカードが発行されます。なお、300万円超の融資上限金額の場合は、申し込みをWEB完結でできません。

親和銀行カードローンのまとめ

親和銀行カードローンは、口座を親和銀行で持っている場合には、WEBで申し込み、最初の借入、返済ができます。
また、融資上限金額の最大が1000万円、金利が別の銀行系カードローンよりも低めになります。
親和銀行カードローンのメリットとしては、次のようなものがあります。

  • 最短の場合は契約が完了するまで2日
  • 申し込みが前月の収入があるとできる
  • 融資上限金額の最大が1000万円
  • 振込を契約が完了した時点で行ってくれる
  • 約定返済の日が選択できる
  • 返済額が低めである
平均融資額
20万円
総合評価
2.0
  • 融資限度額1000万までなので、高額借入希望の方おすすめ
  • 申込できるまでのハードルが少し高い

公式サイトへ

8.5%〜14.5%
300万円
最短即日
-

掲示板

他の方は、こちらの金融会社も見ています

よく読まれている記事一覧

条件で探す

TOP