320社カードローンを選ぶ

しののめ信用金庫カードローンの口コミ評判

しののめ信用金庫カードローン

平均借入額

10万円

総合評価

4.0

12.50%
100万
最短即日

過去、しののめ信用金庫カードローンで審査に落ちた方はこちらをお勧めします

しののめ信用金庫カードローンの口コミ評判

総合評価4.0点
満足度審査スピード借入金利
4.03.04.0
サービスの質借入方法返済方法
4.03.03.0

投稿された口コミ1

匿名さん

満足度

地元の信用金庫です。WEBから仮審査で通ったので窓口で契約しました。
10万ほど借入しました。金利は低い方だと思います。

2017/07/07

しののめ信用金庫カードローン審査データ

  • 職業

  • 年収

  • 年齢

平均データ

平均年収
300万円
最多職種
会社員
平均融資額
10万円
男女比
男性10:女性0
最多年齢
20代

しののめ信用金庫カードローンの詳細情報

ポイント
地元の皆さまと共に発展!しののめ信用金庫カードローン

しののめ信用金庫では、地元と皆さまとともに発展していく信用金庫として、
群馬県で親しまれている信用金庫です。
現在、しののめ信用金庫では個人向けに次の様なローンを取りそろえています。

個人向けカードローン商品

カードローン「シルキーカードローン・ビック」
個人ローン

では、それぞれの商品の概要説明とチェックポイントを分かりやすくご説明します。

カードローン「シルキーカードローン・ビック」

貸付条件
事業資金以外であれば、使い道は自由。インターネット申請も出来、手軽に申請出来るのが
このカードローンの特徴です。

項目 設定 詳細内容
年齢制限 満20歳以上65歳以下の人
収入条件 安定継続した収入がある人(貸越限度額60万円以上の場合)
エリア条件 しののめ信用金庫の営業区域内に居住又は勤務先があること
パート・アルバイト 不明
専業主婦 不明
年金受給者 不明
口座開設の必要性 返済用預金口座の開設が必要

融資金額・金利(年率)
最大500万円まで融資可能なカードローンで、金利は最高12.5%と低金利!消費者金融で借りるより、
また、銀行で借りるより金利が低い!

契約極度額 金利
10万円以上~100万円以下 12.5%
100万円超~200万円以下 10.5%
200万円超~300万円以下 8.5%
300万円超~400万円以下 6.5%
400万円超~500万円以下 4.5%

申し込みについて
公式ホームページからインターネットで借審査の申請が出来るため、便利で簡単!収入証明は、60
万円を超えない場合は提出の必要無し。申請の煩わしさがありません。

項目 設定 詳細内容
インターネット申請 公式ホームページより申請可。その他、FAXでも申請可。
収入証明 貸越限度額60万円を超える場合必要
来店 必要 契約時に来店の必要有
郵送物 不明
契約方法 選択不可 来店による契約が必要
電話確認 不明
保証会社 しんきん保証基金

返済
借入残高に応じ、返済金額が決定されますが、このカードローンの特徴は、細かな極度額設定で
返済金額が決められている事です。借入金額が低いうちは、日常生活にほぼ影響のない範囲で返済
出来、無理のない返済計画が立てられるカードローンとなっています。

項目 詳細内容
返済日 毎月10日
返済方式
返済方法 返済用預金口座引落し

返済金額

極度額 月々の返済金額
約定日前日残高が10万円以下 3,000円
約定日前日残高が10万円超え30万円以下 5,000円
約定日前日残高が30万円超え50万円以下 10,000円
約定日前日残高が50万円超え100万円以下 20,000円
約定日前日残高が100万円超え200万円以下 30,000円
約定日前日残高が200万円超え300万円以下 40,000円
約定日前日残高が300万円超え400万円以下 50,000円
約定日前日残高が300万円超え400万円以下 60,000円

チェックポイント!

通常、返済金額は50万円単位で10,000円毎に上がっていくケースが多いのですが、このシルキーカードローン・ビックでは、30万円、50万円によって返済金額が細かく設定されているのが嬉しいポイントですね。また、通常消費者金融で借り入れた場合、30万円も借り入れると、月々の返済金額は10,000円を超えてきます。ですが、このカードローンでは、その半分の5,000円。使い勝手の良さは、かなりよいと言えます。

個人ローン
■貸付条件
この個人ローンの特徴は、何と言っても金利の低さでしょう。最大6.5%という低金利で、とても借りやすいローンと言えます。ただ、ちょっと気になる点は、資金使途の確認が行われる点では、申請しにくいローンかもしれません。逆に、明確な資金使途があるのであれば、この個人ローンはお勧めの商品です。

項目 設定 詳細内容
年齢制限 満20歳以上
収入条件 安定した収入が見込まれる人
エリア条件 しののめ信用金庫の営業区域内に居住又は勤務先があること
パート・アルバイト 不明
専業主婦 不明
年金受給者 不明
口座開設の必要性 不明

融資金額・金利
金利は6.5%で最大融資額500万円まで。非常に魅力的なローンです。

契約極度額 金利
500万円以内 6.5%(固定)

申し込みについて
このカードローンは、インターネットから仮審査申請が可能です。申請時は来店の必要がないので
一度申請してみる価値はあります。

項目 設定 詳細内容
インターネット申請 公式ホームページのインターネット申請より可能。

収入証明 収入証明の提出は不明。使用使途が確認出来る資料が必要。

来店 契約時は来店必要

郵送物 不明
契約方法 選択不可 契約時は来店必要

電話確認 不明
保証会社 しんきん保証基金

■返済
毎月の返済金額等の詳細はホームページ上に明記されていませんので、問合せ確認が必要です。

項目 詳細内容
返済日 不明
返済方式 毎月元利均等返済・元金均等返済のどちらか
返済方法 返済用預金口座引落し

チェックポイント!

このローンは、金利が低い部分が非常に魅力的ではありますが、返済が元利均等返済又は元金均等返済のどちらかになるため、月々の返済金額は少し高めの設定になる可能性があります。それでも、検討の一つに入れたい魅力的なローンです。

融資金額・金利(年率)との比較

では、しののめ信用金庫が展開するローン、「シルキーカードローン・ビック」、「個人ローン」は他の代表的なカードローンの融資金額や金利と比較してどうでしょうか?ここでは銀行や消費者金融毎に融資金額や金利を整理してみましたので、参考にして下さい。

銀行との比較

金融機関 借入限度額 金利
ちばぎんカードローン「プレミアクラス」 200 ~ 1,000万円 3.8% ~ 5.5%
しののめ信用金庫「個人ローン」 最大500万円 6.5%(固定)
みずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」 10 ~ 1,000万円 3.0% ~ 7.0%
しののめ信用金庫カードローン「シルキーカードローン・ビック」 10 ~ 500万円 4.5% ~ 12.5%
北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」 最大800万円 1.95% ~ 14.7%
北日本銀行カードローン「スーパークイカ」 最大800万円 3.0% ~ 14.8%
八千代銀行カードローン 300 ~ 500万円 3.0% ~ 14.8%
第四銀行カードローン「解決スピーディー」 30 ~ 500万円 4.0% ~ 14.8%
北海道銀行カードローン「ラピッド」 10 ~ 500万円 2.0% ~ 14.95%
新生銀行カードローン「レイク」 1~500万円 4.5% ~ 18.0%

カードローン審査の内容を理解しよう

銀行、消費者金融、そして信用金庫と、様々なローンに対する審査がありますが、この審査というものは基本的に同じと考えて下さい。ほとんどの場合は、スコアリングという方法で審査を行っています。スコアリングとは、様々な見地から採点していき、その合計が各金融機関が定める合格ラインに達しているかどうかを判断する方法です。では、どの具体的にどの様な内容に対して審査をしているのでしょうか。

・年齢に対する審査(年配の方が評価が高い)
・勤務先に対する審査(優良企業ほど評価が高い)
・雇用形態に対する審査(正社員、契約社員、派遣社員の順で評価が高い)
・勤続年数に対する審査(長ければ長いほど評価が高い(1年、2年だと評価が低い))
・収入に対する審査(高ければ高いほど評価が高い)
・家庭環境に対する審査
(独身で実家暮らし、既婚で子供無しの人が評価高い。独身・一人暮らしだと評価が低い)
・居住形態や年数に対する審査(持家だと評価が高い。居住年数は長ければ長いほど評価が高い)
・クレジット会社の利用履歴に対する審査(利用実績・返済実績が多いほど評価が高い)

以上の様な項目が、スコアリングの項目にあります。但し、このスコアリングによる採点の中でも、一発不合格の項目があります。それが「ブラックリスト」に載っている状態です。耳にされた方も多いと思いますが、「ブラックリスト」に載っているというのは、信用情報機関に金融取引による事故情報が登録されている状態という意味になります。例えば、あなたが過去にクレジットカードの支払いに対して、遅延を頻繁に繰り返していたり、又は3ヶ月以上の滞納をしてしまったという経験のある方は、この信用情報機関に登録されている可能性があります。この信用情報機関というのは、加盟している金融機関に申請が合った場合に限り、その人の個人の信用情報を照会できる共通の機関となっています。そこであなたの金融取引状況が一目で分かってしまうという訳ですね。

つまり、ローンを申請する時に虚偽の申請をしても、この信用情報機関がある限りは、すぐにバレてしまうのです。ローンを申請する時は虚偽の申請をしても無駄という事になりますね。

信用情報機関に登録されてしまったら、永遠にローンは組めないのかと心配になる人もいると思いますが、その点は大丈夫です。登録される期間は決まっており、長いものでは10年間、短いもので3年間という期間となっています。

もしあなたが、過去の金融取引において支払いの遅延・滞納した経験がある場合は、まずはこの内容についてご自身で調べた方がよいでしょう。

信用情報機関は、本人からの情報開示があった場合、有料ですが開示してもらえます。申請が無駄にならないように、予め自分自身で今のあなたの状況を確認しておくという事も大事でしょう。特に銀行や信用金庫等といった期間は、消費者金融よりも審査が厳しいと言われています。

平均融資額
10万円
総合評価
4.0
  • 地元の皆さまと共に発展!しののめ信用金庫カードローン

公式サイトへ

12.50%
100万
最短即日

掲示板

他の方は、こちらの金融会社も見ています

よく読まれている記事一覧

条件で探す

TOP