楽天銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?審査基準と落ちる原因

/

平均借入額

-

総合評価

3.8

年1.9%〜年14.5%
10万円~800万円
最短翌日
-

現在、楽天銀行スーパーローンの審査申込を検討中の方はこちらもお勧めです

楽天銀行スーパーローンの口コミ評判

総合評価3.8点
満足度審査スピード借入金利
3.83.93.3
サービスの質借入方法返済方法
3.13.13.2

投稿された口コミ12

匿名さん

満足度

>>>>>

否決でしたがそれは致し方ないと思いますが

ビジネスメールを学んだ方がいいでしょう。

内容がとても稚拙すぎます。

2020/04/01

匿名さん

満足度

>>>>>

4時間位で仮審査の連絡、源泉と免許をアプリで送って次の日の午前中にメールで完了通知。
何も面倒な事がなく契約が出来ました。

2020/03/27

楽天銀行スーパーローン審査データ

  • 職業

  • 年収

  • 年齢

平均データ

平均年収
400万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
男女比
男性6:女性4
最多年齢
30代

詳細平均データをもっと見る

男女別平均データ

男性平均データ

平均年収
500万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
最多年齢
20代

女性平均データ

平均年収
225万円
最多職種
パートアルバイト
平均融資額
-
最多年齢
30代

年齢別平均データ

20代平均データ

平均年収
150万円
最多職種
パートアルバイト
平均融資額
-
男女比
男性 -:女性10

30代平均データ

平均年収
400万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
男女比
男性7:女性3

40代平均データ

平均年収
325万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
男女比
男性5:女性5

50代平均データ

平均年収
600万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
男女比
男性10:女性 -

職種別平均データ

会社員平均データ

平均年収
433万円
平均融資額
-
男女比
男性8:女性2
最多年齢
30代

公務員平均データ

平均年収
700万円
平均融資額
-
男女比
男性10:女性 -
最多年齢
50代

個人事業主平均データ

平均年収
700万円
平均融資額
-
男女比
男性10:女性 -
最多年齢
50代

パートアルバイト平均データ

平均年収
700万円
平均融資額
-
男女比
男性10:女性 -
最多年齢
50代

カードローンコンペ口コミ利用規約に関する注意事項に同意の上投稿された、審査データをもとに集計しております。

楽天銀行スーパーローンの詳細情報

ポイント
金利が年1.9~年14.5%
提携ATM利用手数料0円 ※ATMでの「お借入れ」の都度、お借入金額に応じた以下のATM利用手数料をご負担いただきます。 お借入金額1万円以下:110円、お借入金額1万円超:220円 ただし、一部のATMでは無料となります。

ネット銀行の中でも口座開設数が多く、高い人気を集めているのが楽天銀行です。楽天銀行でもカードローンを提供しており、申し込みを検討されている方もいることでしょう。

楽天銀行カードローンの特徴は、学生やパート・アルバイトでも利用できる点です。

楽天銀行は他社借入が少なく、在籍確認が取れれば審査通過可能です。

とはいえ、ネット銀行だからこそWeb完結で申し込みできるため来店不要で利用できます。

また、楽天銀行の口座を持っていなくても利用できるといったことから、利便性の高いカードローンとして人気です。

当記事では楽天銀行カードローンの審査が甘いのか厳しいのか、審査基準はどうなっているのか、落ちる原因にはどういったものがあるのかといった点についてお話していきます。

楽天銀行スーパーローンの審査基準は?

楽天銀行カードローン(スーパーローン)の審査基準については、開示されていません。これは、他のカードローン会社にもいえます。

ただ申し込み可能な人の条件というのは、基本的に決まっていて開示されています。楽天銀行カードローンの場合は、以下の通りです。

  • 日本国内に居住している方
  • 20歳~62歳の方
  • 仕事に就いており安定継続収入を得ている方

上記に該当する方であれば、問題なく申し込みは可能です。またパート・アルバイト(※1)をしているという人でも、安定継続収入があるのであれば申し込みはできます。
※1 パート・アルバイト・主婦の場合は20歳~60歳までの年齢制限となります。

楽天銀行スーパーローンの審査は甘い?厳しい?

先程の申込条件を確認すれば、それほど厳しい条件でもないことがわかるかと思います。

普段からしっかりと働いて安定した収入を継続的に得ているのであれば、審査で落とされることはそうないでしょう。

だからといって「楽天銀行カードローンの審査は甘い」というのは違います。

楽天銀行カードローンも、非公開とはいえきちんと審査基準を設けていますし、申込者の属性や信用情報によっては審査で落とす可能性もあります。

返済プランを提示できる方は、審査に通る確率が高いです。

お申し込みはこちら

審査で落ちる可能性の高い属性・信用情報は?

カードローンの審査では、申込者の属性や信用情報が影響します。とくに信用情報に関しては大きな影響があるため、携帯料金やクレジットカードの支払いなど、月々の支払いは遅れずに行うことが大切です。

審査に落ちやすい属性

属性とは、年齢や職業、雇用形態、勤務先、年収、居住年数といった申込者の情報です。以下のような場合、審査で落とされる可能性が高まります。

年収が低い、勤続年数が短い、非正規雇用で安定性が低いなど、マイナス要素が多いと属性が悪くなり、審査に悪影響を及ぼすことになります。

審査に落ちやすい信用情報

信用情報とは、他社借入件数や金融事故履歴、返済履歴、申込回数など金融におけるさまざま取引情報のことです。個人信用情報機関に記録されており、金融機関は審査の際にこの機関に照会して信用情報を調べます。

長期延滞や債務整理をしたことがあったり、短期間に複数社へ申し込みをしていたりすると信用性が低いと判断され、審査で落とされる可能性が高くなります。普段からクレジットカードや携帯料金の支払いをしっかりと期日通りに行なっていれば、信用情報は良好と判断されます。

楽天銀行スーパーローンの審査に落ちたら再度申込はできる?

万が一、楽天銀行カードローン(スーパーローン)の審査に落ちてしまった場合、再度申し込みすることはできるのでしょうか?

結論としては、過去6ヵ月以内に申し込みした人の再度申し込みはできません。過去6ヵ月以上経過してからであれば、再度申し込みすることは可能となっています。

しかしその場合でも、審査結果次第では、融資できないケースもあります。一度楽天銀行カードローンの審査に落ちて再度申し込みする場合は、信用情報や借入状況など改善できる部分は改善しておくようにしましょう。

他の銀行ローンやキャッシング、クレジットカードの審査に落ちた場合でも、楽天銀行カードローンに申し込みは可能です。しかし審査結果によっては、融資できないケースもあるので覚えておきましょう。

楽天銀行スーパーローンの審査に落ちる人の特徴

楽天銀行カードローンの審査に落ちる人は、上述の通り自身の属性、または信用情報になんらかの問題があると審査で判断された方です。ここからは、もう少し具体的に、楽天銀行カードローンの審査に落ちる人の特徴を解説していきます。

安定継続収入を得ていない方は、返済能力がないと判断されるため当然審査には通りません。無職で収入ゼロの方や年金や生活保護の支給のみで生活している方も審査で落とされます。このほかにも、以下に該当する方は審査で落とされる傾向にあります。

  • 他社借入件数が多い
  • 勤続期間が6ヶ月未満
  • 金融事故経験がある
  • 在籍確認が取れない
  • 申込内容に虚偽・ミスがある

他社借入件数が多い

楽天銀行カードローンの審査に申し込みする以前に、すでに複数社から借り入れがある場合、審査で落とされる可能性が高いです。1〜2件であれば、属性・信用情報によっては、審査に通るケースもあるようですが、3件を超えると審査通過はかなり厳しくなります。

他社借入件数が多いと、多重債務者と判断されることになり、つまりは返済能力がないと見なされ審査で落とされてしまうのです。他社借入件数が多い方は、まず既存の借入先の完済を目指すしましょう。

勤続期間が6ヶ月未満

勤続期間が6ヶ月未満の場合、審査に通らないことがあります。カードローンの審査では、申込者に返済能力があるかどうかを重要視します。申し込みの際にも勤続年数を記入する欄があるはずです。

この勤続年数が短いと、審査担当者から「融資してもすぐ仕事を辞めるのではないか」と思われ、審査で不利になってしまうのです。

金融事故経験がある

クレジットカードや携帯料金を滞納していると、審査に落ちる可能性が高くなります。こういった金融取引は、すべて個人信用情報機関に記録されているため、支払いできていないこともすぐにわかります。

金融事故も全て記録されるため、過去に長期延滞や債務整理をしたことがある場合は、返済能力がないと見なされ審査落ちします。金融事故を起こすと完済から最長10年記録が残り続けることになり、その期間内はクレジットカードやカードローンの新規申し込みができなくなる場合があります。

在籍確認が取れない

楽天銀行カードローンに関わらず、全てのカードローンでは「在籍確認」が行われます。在籍確認を行うことで、申込者が申告した勤務先で本当に働いているのか(=返済能力があるか)を確認します。

そのため、在籍確認が取れないと審査が完了しません。会社に知られたくないからと嘘の勤務先を記入しても、この在籍確認でバレてしまいますし、申込内容に虚偽があることでも審査落ちの原因となります。

申込内容に虚偽・ミスがある

上述で出てきたように、申込内容に虚偽やミスがあると、審査で落とされる可能性があります。少しでも審査に通る確率を上げたいという気持ちが強く出てしまい、内容を盛って申告してしまう方がたまにいます。

例えば、年収を高めに申告したり、勤続年数を長めに申告したりといったことです。虚偽の内容を申告しても、審査の過程でバレてしまいます。無担保・無保証人で利用できるカードローンは、申込者の信用性が重要です。信用を損なう行為は、絶対にやめましょう。

楽天の会員ランクに応じて審査が優遇される

楽天銀行カードローンの審査に通りたい方は、普段から楽天のサービスを利用しておくとよいかもしれません。楽天銀行カードローンは、楽天会員ランクに応じて審査の優遇もございます。
※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません。

楽天会員ランク

楽天会員ランクは、楽天ポイントの獲得回数と獲得ポイント数によって決まります。ダイヤモンド会員クラスの場合は、楽天カード保有が条件になります。

レギュラーランク ポイント対象の楽天サービスご利用で、ポイント獲得
シルバーランク 過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得
ゴールドランク 過去6ヶ月で700ポイント以上、かつ7回以上ポイントを獲得
プラチナランク 過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得
ダイヤモンドランク 過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有

楽天ポイントは、マクドナルドやコスモ石油など、さまざまな店舗で獲得ができます。比較的貯めやすいポイントなので、審査に通るか不安な方は、普段から積極的に楽天サービスを利用して会員ランクを引き上げておくとよいでしょう。

楽天銀行スーパーローンの審査は甘くない

今回は、楽天銀行カードローンの審査が甘いのか厳しいのか、審査に落ちる人にはどのような特徴があるのかといった点について解説してきました。

結論としては、楽天銀行カードローンの審査は、決して甘いものではありません。属性や信用情報に問題を抱えた状態で借り入れできるほど審査は甘くないのです。

楽天銀行に申し込みを行う際は落ちる人の特徴を把握し、改善を行うことで審査を有利にすすめていきましょう。

平均融資額
-
総合評価
3.8
  • 金利が年1.9~年14.5%
  • 提携ATM利用手数料0円 ※ATMでの「お借入れ」の都度、お借入金額に応じた以下のATM利用手数料をご負担いただきます。 お借入金額1万円以下:110円、お借入金額1万円超:220円 ただし、一部のATMでは無料となります。

お申込みはこちら

年1.9%〜年14.5%
10万円~800万円
最短翌日
-

楽天銀行スーパーローンに関する記事

他の方は、こちらの金融会社も見ています

条件で探す

TOP