プロミスの審査申込で提出しなければならない必要書類って何?

2018年2月13日

プロミスの審査時に準備すべき必要書類は?

プロミスの審査に申込する際は、事前に準備や確認をしておいた方が良いことがあります。その中でも代表的なのが“必要書類”です。

必要書類を用意しなければ、プロミスの審査に通過することはできません。そこで今回は、プロミスの必要書類と申込条件についてお話していきたいと思います。

プロミスの必要書類は大きく分けて2種類ある

書類をチェック

プロミスのフリーキャッシングの審査に申込する際は、必要書類を用意しなければなりません。必要書類は、大きく分けて2種類あります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

この2つの必要書類を用意しなければなりませんが、印鑑・保証人・担保は不要となっています。具体的には、それぞれどういった書類を用意すればよいのでしょうか?

まずは、本人確認書類について説明していきます。

本人確認書類に該当するもの

本人確認書類は、基本的に『運転免許証』があれば問題ありません。運転免許証を持っていない場合は、『パスポート』で代用することができます。

もしパスポートも持っていなければ、『健康保険証+住民票』を提出すれば大丈夫です。『健康保険証+1点(例:住民票)』が必要となるのは、来店での契約手続きを行う場合です。

みなさんの中に外国籍の方がいる場合は、『在留カード』もしくは『特別永住者証明書』を併せて提出する必要がありますので覚えておきましょう。

本人確認書類を提出する場合は、有効期限内のものを用意するように気を付けてください。

◆上記書類に記載された自宅住所と現在の自宅住所が異なる場合

先ほどの運転免許証などに記載されている自宅住所と現在住んでいる自宅住所が異なる場合は、以下の書類(発行日から6ヶ月以内のもの)のコピーも必要です。

  • 必要書類
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

必要書類に記載されている住所と現在お住まいの自宅住所が同じで日本国籍なら、運転免許証だけ用意すればOKです。

収入証明書類に該当するもの

収入証明書類に該当する書類としては、以下のようなものが挙げられます。以下の中から1点を用意する必要があります。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書を用意しましょう。

◆収入証明書類が必要となるケース

プロミス審査の申込内容によっては、本人確認書類の他に収入証明書類が必要になるケースもあります。収入証明書類が必要になるのは、以下のようなケースです。

  • 希望借入額が50万円を超える場合
  • 希望借入額と他社利用残高の合計が100万円を超える場合

自分が上記のいずれかに該当しないか確認しましょう。もしプロミスのみの利用で50万円以上の借入を希望するのであれば、収入証明書類を用意する必要があります。

またプロミスの希望借入額が30万円でも、他社ですでに70万円借入している場合は、希望借入額と他社利用残高の合計が100万円になるので収入証明書類が必要となります。

個人番号(マイナンバー)が記載された本人確認書類もしくは収入証明書類を提出する場合は、個人番号を見えないように加工して提出するようにしてください。

プロミスの必要書類の提出方法は?

スマホを持つ手

プロミスの審査に申込する際、必要書類を用意しなければならないことがわかりました。では、どうやって提出すればよいのでしょうか?

必要書類の提出方法としては、大きく分けて3パターンあります。

  • 来店して提出
  • 郵送して提出
  • Webから提出

必要書類は、来店や郵送にかかる手間や時間を考えるとWebから提出するのがおすすめです。やり方も簡単なので、インターネットに疎い人でも大丈夫です。

インターネットでの必要書類の提出方法

Webで契約手続きを行う場合は、必要書類の提出もとっても簡単です。お持ちのケータイやスマホのカメラで書類を撮影し、その画像を専用フォームから送信するだけです。

もちろんスキャナなどを使ってもOKですが、スマホのカメラ機能を使うのが一番簡単で手っ取り早いかと思います。

ちなみにスマホを持っている場合は、プロミスのスマホアプリから送信することも可能です。まずは、プロミスアプリをインストールしましょう。
→(プロミスの会員ページへのログインはスマホアプリが便利!

プロミス審査の申込条件

スマホとパソコンを触る人

必要書類を提出できなければ、プロミスの審査を通過することができません。しかしそれ以前にプロミス審査の申込条件を満たしていなければ、申込すらできないので注意です。

プロミスの審査の申込条件としては、以下になります。

  • 年齢20歳~69歳の方
  • 安定継続収入のある方

年齢は、見た通り20歳~69歳に該当しないと審査に申込できません。収入に関しては、少し曖昧ですが、毎月の収入として一定額を得ていれば問題ありません。

安定継続収入があれば、パート・アルバイトはもちろん、主婦や学生でも審査の申込が可能となっています。

芸能人や水商売、自営業など収入が安定していないような職業に就いている人は、審査で不利になるケースもありますので覚えておきましょう。
→(プロミスの審査は甘い?過去の審査基準・通過率から読み解く

【まとめ】プロミスの審査に申込するなら必要書類を事前に準備

書類を作成する人

プロミスの審査に申込するなら、事前に必要書類を準備しておくことをおすすめします。場合によっては、準備に手間取ることもあるからです。

必要書類としては、大きく分けて以下の2種類あります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

申込内容によっては、収入証明書類が不要になるケースもあります。条件さえクリアすれば、『運転免許証』ケだけあれば審査に申込できます。

申込条件なども確認した上で、事前に必要書類を準備してからプロミスの審査に申込するようにしましょう。

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間

審査データ一覧

関連記事

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

自分はアルバイトなので審査結果が不安だったのですが、無事審査も...

続きを見る

悪い匿名さん

アルバイトでお金がなかったので、生活費を借りました。金利が17.8...

続きを見る

2

アコム

4.4

平均融資額
10万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間

公式サイトへ

3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間
良い匿名さん

ちゃんと計画的に利用すれば何も不便なことはないし、 対応が悪い...

続きを見る

悪い匿名さん

友人の結婚式などに呼ばれることとなり、それが立て続けに発生した...

続きを見る

平均融資額
-
総合評価
4.4
  • AI技術を用いたAIスコア・レンディング
  • 年0.8%~年12.0%の低金利

公式サイトへ

年0.8%~年12.0%
10万円~1,000万円
※5月10日時点
最短30分
最短30分
良い匿名さん

ATMで取引する用のカードは存在しないので、借入も返済も基本は振...

続きを見る

悪い匿名さん

個人事業主でチェックが厳しいと予想していたのですが意外に早く結...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP