320社カードローンを選ぶ

プロミスの金利は引き下げ可能? 利用限度額の増額がチャンス

2017年6月12日

ホットコーヒーを飲む探偵風の男性

プロミスの審査に通過し借り入れできるようになったのは良いものの、金利負担が大きく返済がなかなか大変だなと感じている人もいるのではないでしょうか?

今回は、そんな人に朗報です。プロミスの金利を引き下げる方法があります。どのようにすれば金利を引き下げられるのか、徹底解説していきましょう!

プロミスの金利は高いのか?低いのか?

人差し指を立てる女の子
消費者金融自体、銀行カードローンと比べると金利は高い設定になっています。では、その他の消費者金融と比べるとプロミスの金利は高いのでしょうか? 低いのでしょうか?

消費者金融 金利
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
キャッシングアロー 15.0%~19.94%
キャッシングのフタバ 14.959%~17.95%
キャネット 15.0%~20.0%
ライオンズリース 9.8%~20.0%

大手消費者金融から中小消費者金融まで、さまざまな貸金業者を並べてみました。こうやって見てみると、本当に利用する消費者金融によって金利設定がさまざまなんですよね。

金利で見るとプロミスが一番お得?

上限金利を見てみると、一番低いのはプロミスでした。高いところだと20.0%のところもあります。これは、貸金業法の上限金利ギリギリの設定ですね。

借入金額にもよりますが、高額融資希望でもない限りは、基本的に上限金利が適用されます。そう考えるとプロミスが一番お得と言えます。

下限金利に関しては、モビットとアコムが一番低いですが、最初から3.0%が適用されることはほとんどありません。金利設定は、利用限度額に応じて異なります。

プロミスの金利は引き下げが可能か否か

パソコンを触る男性
お金を借りるためにプロミスに申し込みをして、審査を受けて通過すると、利用限度額と金利が設定されます。基本的にこの利用限度額と金利は、契約が続いている間は維持されることになります。

では、契約の段階で決められる利用限度額と金利は、変更することはできないのでしょうか? 答えは、変更することができます。ただ誰でもすぐにできるわけではないということを覚えておきましょう。

金利は利用限度額に応じて変わる

金利は、利用限度額に応じて適用されます。いくらの利用限度額でいくらの金利になるのかは、利息制限法によって定められています。

つまり借入額が一定金額以上になると、金利も併せて変更されるというわけですね。では、具体的にどのように定められているのか見てみましょう。

借入額 金利
10万円未満 20.0%
10万円以上100万円未満 18.0%
100万円超 15.0%

例えば、利用限度額5万円から20万円に増額されると、借入額が10万円以上になる可能性が出てきます。

この場合、利息制限法によって、金利も借入額に応じて20.0%から18.0%に引き下げなければならないというわけです。

借入額が高くなるほど金利は低くなる。

激化する賃金業界の低金利化

現在、貸金業界では、激しい競争が巻き起こっています。事実、銀行カードローンでは、過剰貸付を抑制するための規制も行われています。

特に金利面における競争というのは、激化しているといっても過言ではなく、各業者で低金利化が進んでいるように思います。

そういった背景もあり、消費者金融カードローンを利用する人たちも、できるだけ低金利のカードローンを好んで選ぶ傾向にあります。

条件次第では、現在借り入れしているところから他社へ借り換えるケースも珍しくありません。実際のところ、カードローン会社も『借り換えローン』『おまとめローン』といったサービスを提供しているところも多いです。

プロミスも、このように顧客が他社へと流れていかないように、優良顧客に対しては金利引き下げといった提案をして対処しているようです。

優良顧客と判断されれば、プロミス側から『金利を引き下げませんか?』といった提案がくるケースもあります。優良顧客と判断されるためのポイントは、大きく分けて2つ。

継続して利用していること
きちんと返済していること

主に大事なのは、この2つです。

優良顧客として判断されないことには、金利引き下げも難しくなってきます。そのためには、継続して利用しつつ、きちんと返済することが大事になってきます。

積極的に金利引き下げの交渉をしよう

交渉の末、取引成立。
プロミスで金利を引き下げてもらうためには、優良顧客でいることがポイントです。そうすれば、プロミス側から金利引き下げの提案をしてくれることがあります。

しかし人によっては、そういった提案をされないこともあるのです。

例えば、金利引き下げが必要な程の借入額ではなく、利用頻度もそれほど多くない。そういった人に対しては、プロミス側も金利引き下げの必要性を感じないということです。

プロミスを始めとする消費者金融は、利息収入が見込める顧客に対しては、囲い込みをするためにも金利引き下げといった対応を取る傾向にあります。

反対に借入額も多くなく、利用頻度が少ない顧客に対しては、特別な対応を取ることはしない傾向にあるようです。

つまりプロミス側の判断で優良顧客だと判断されない人は、金利引き下げの提案がなかなか来ないことになります。

そういった場合は、利用者側からプロミス側へ積極的に金利引き下げの交渉をすると良いですよ。

プロミスの実際の口コミや評判は「プロミスの審査の流れや口コミ評判」に掲載していますので、こちらで利用者の方の意見を参考にしてください。

プロミスコールに問い合わせてみよう

プロミス側から金利引き下げの提案がない場合は、こちら側から交渉してみるのも1つの手です。

プロミスの公式サイトには、金利引き下げに関する情報が記載されているわけではありません。しかしインターネット上では、交渉の末、金利引き下げに成功したという情報もよく見かけます。

プロミスへの問い合わせは、公式サイトから問い合わせフォームを利用するか、プロミスコールを利用することで可能です。

ただ金利引き下げを交渉する場合は、自分が優良顧客であること、そして金利引き下げをすることでプロミス側にもメリットがあることを提示することがポイントとなってきます。

金利引き下げ交渉術のポイント!

交渉に失敗
金利引き下げを実現するための交渉術のポイントとしては、大きく分けて以下の2つ。

自分が優良顧客だと思ってもらう
金利引き下げによってプロミス側にメリットがあると思ってもらう

1つ目は、自分がきちんと返済していることをアピールしましょう。延滞が一度でもあると金利引き下げは難しくなります。問題なくきちんと返済していれば、可能性は高まります。

2つ目は、金利を引き下げることによってプロミスにメリットがあると思ってもらう必要があります。

  • 金利が低いところに借り換えしようと思っている
  • 金利を下げてくれたら増額しようか考えている

こういった感じで、金利を引き下げることでプロミス側が得るメリットを提示してあげると、交渉は上手くいきやすいです。

※もちろん必ず上手くいくわけではありませんので、100%金利引き下げができるという保証はありません。

利用限度額を増額したら金利引き下げも併せて交渉!

利用限度額の増額時は、金利引き下げの最大のチャンスと言えます。利用限度額の増額に成功したら、併せて金利引き下げの交渉も行うようにしましょう。

利用限度額を増額する際は、利用者側から増額申請を行うか、プロミスから増額案内を受けて申請するかの2つのパターンがあります。

利用者側から増額申請を行う場合、100%増額してもらえるわけではありません。増額時は、基本的に再度審査が行われ、審査に通過すれば増額となります。

増額しても返済できる能力があるかを見て、問題なければ増額という流れになるでしょう。

  • アルバイトだったけど正社員になった
  • 給料が20万円から30万円にアップした

このように、より安定継続収入を得ることができるようになっていれば、返済能力も上がっていると判断され、利用限度額の増額も成功する可能性が高いです。

利用限度額の増額に成功すれば、金利引き下げの交渉もしてみましょう。借入額によっては、金利を引き下げてくれるかもしれません。

プロミスの金利は引き下げ可能かのまとめ

借用書を破り笑顔の男性
プロミスの金利は、引き下げが可能です。ただし、引き下げてもらうためには、それなりの条件とタイミングがあります。金利引き下げを実現するための条件としては、以下の2つ。

継続して利用していること
きちんと返済していること

金利引き下げに最適なタイミングとしては、利用限度額を増額する時です。特にプロミス側から利用限度額の増額案内が来れば、金利も併せて引き下げてくれるかもしれません。

ちなみにプロミスでは、初めての方に30日間無利息サービスを提供しています。初めてプロミスを利用する場合は、お得に利用することが可能です。

さらにプロミスでは、ポイント制も導入しており、貯まったポイントは無利息期間として還元することもできるので、非常にサービスの良い消費者金融だと言えます。

プロミス

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
平均融資額
7万円
総合評価
4.0
  • 女性専用ダイヤルで気軽に相談
  • Web完結申込みで来店不要

公式サイトへ

4.5~17.8%
1~500万円
最短30分
最短即日

審査データ一覧

関連記事

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

子どもが人の車を傷つけてしまい、急に修理費が必要となったため、...

続きを見る

悪い匿名さん

借入が容易であると友人から聞き、プロミスを利用しました。急な転...

続きを見る

2

モビット

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
  • 即日融資OK

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
良い匿名さん

5年前に自己破産を経験しています。クレジットカードは持っていま...

続きを見る

悪い匿名さん

私は生活費が足りずに困った時にモビットを利用してお金を借りたの...

続きを見る

平均融資額
19万円
総合評価
4.3
  • 最高金利の低さが14.0%と目立つ
  • 限度額10万円~800万円と高額借り入れも可能
    ※ご利用は計画的に

公式サイトへ

2.0%〜14.0%※注釈(1)
10万円~800万円
-
-

※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※ご利用は計画的に!

良い匿名さん

勤務先の給与が振り込まれる銀行なので、借入も同じところにしまし...

続きを見る

悪い匿名さん

借り入れも返済も非常に便利で、とても使いやすかったです。これな...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP