320社カードローンを選ぶ

プロミスの返済は『口フリ』利用で手数料が0円になる!?

2017年5月9日

「プロミスの返済って手数料かかるの?」
「プロミスの返済はどうやってするの?」
「どの方法で返済していくのが良いの?」

プロミスのカードローンを利用しているみなさんの中には、こういった疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

借り入れをする際は、『返済』についてきちんと考えることが大切です。

今回は、そんな疑問を持っているカードローン初心者や現在プロミスのカードローンを利用している人に、プロミスの返済方法の1つ『口フリ』をおすすめしていきたいと思います!

ちなみに審査や申込に関しては「プロミスの審査の流れや口コミ評判」で詳しく説明しているので、こちらを参照にしてください。

プロミスの返済は手数料無料手間いらずの『口フリ』を選べ!

プロミスの返済は口フリがおすすめ
プロミスにはさまざまな返済方法がありますが、そのうちの1つが『金融機関口座』を利用した返済方法です。この金融機関口座を利用した返済方法にも、さらにいくつかの方法があります。その中でプロミスは『口フリ』というサービスを取り扱っています。

口フリは、口座振替による自動引落しで返済することができます。インターネットに接続して『会員サービス』にログインし、手続きをすれば口座から自動引落しができるので、返済忘れをすることもありません。パソコンやスマホ、携帯電話から簡単に手続きができますよ。さらに夜間・休日でも口座振替なら手数料0円です。

口フリ申し込みの流れについては、以下になります。

  • ①『2634.jp』にアクセス
  • ②会員ログイン
    カード番号・カード暗証番号またはWeb-IDとパスワードの入力が必要
  • ③『口フリ(口座振替)』を選択
  • ④金融機関を選択
  • ⑤指定金融機関で口フリ(口座振替)を申し込み
  • ⑥口フリ(口座振替)設定完了

口フリのインターネット申し込みの流れは、こんな感じになります。毎月の返済日に指定した口座から返済金額が自動で引落しされます。また利用する金融機関口座によって、通帳への記帳名が異なります。

金融機関 通帳への記帳名
三井住友銀行 パルセンター
ジャパネット銀行 プロミス
その他金融機関口座 SMBC(SMBCコンシューマ

では、次に口フリのメリット・デメリットについてまとめてみましょう。まずは、メリットから。

プロミス『口フリ』返済のメリット

手数料0円で利用できる
全国の金融機関から自動引落しができる
三井住友銀行・ジャパンネット銀行など一部金融機関はインターネット申し込み可能
インターネット申し込みなら口座振替登録が即時で完了
引落し後の借入残高へ即時で反映される
引落し日を『5日』・『15日』・『25日』・『末日』から選べる
『お客様サービスプラザ』やATMへ返済に行く手間が不要

口フリを利用すれば、返済時の手数料がかかりません。また全国の金融機関から選べるので、自分がいつも使っている金融機関口座を利用することができます。手数料無料というのも大きな魅力ですが、自動引落しという点も良い点ですね。いつも返済が返済日ギリギリになってしまう人やついうっかり忘れてしまうという人にとっては、手間も省けますし返済忘れもなくなるのでおすすめです。

口フリは三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座が便利

また三井住友銀行ジャパンネット銀行であれば、即時で口座振替登録が完了します。自動引落し後の借入残高への反映も即時行われます。引落し日については、契約内容によって異なります。後ほど、プロミスの返済期日についてお話するので、詳しくはそちらをご覧ください。上記銀行どちらかのインターネットバンキング口座を持っているのであれば、口フリが便利です。

もちろん口フリは、三井住友銀行やジャパンネット銀行以外でも手数料無料で利用できます。普段自分が使っている銀行口座を気軽に利用できるのが良いところです。口フリ以外の返済方法となると、プロミスATMまたは三井住友銀行ATMしか手数料無料になりません。

三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の銀行を利用する場合も、基本的な申し込みの流れは同じですが、引落し日が異なります。その他金融機関を利用する場合は、毎月5日が引落し日になります。引落し日が土日祝の場合は、翌営業日に引落しとなるので覚えておきましょう。

また引落し後の借入残高への反映が3営業日後となるので、反映までに少し時間がかかるようです。三井住友銀行やジャパンネット銀行利用者のように即時で反映されないので、きちんと反映されているか確認する場合は、引落しから3営業日後にしましょう。

プロミス『口フリ』返済のデメリット

インターネットまたは郵送での申し込み手続きが必要
三井住友銀行の場合はインターネットバンキング口座が必要
郵送による申し込みの場合、口座振替登録完了までの期間に約2ヶ月かかる
引落し後の借入残高への反映が3営業日後になる
引落し日が毎月5日に設定されており選べない

プロミスの返済方法として『口フリ』を利用するためには、インターネットまたは郵送での申し込み手続きが必要となります。インターネット申し込みの場合は、プロミスホームページ『会員サービス』から行う必要があります。

会員サービスへのログインは、カード番号とカード暗証番号を入力するか、Web-IDとパスワードを設定することでできます。Web-ID登録は、プロミスに登録しているメールアドレスを入力すれば、登録手続きメールが届きます。Web-IDに登録しておけば、会員ページへのログインも簡単に行えます。

また初めてプロミスでカードローンを利用する場合、Eメールアドレス登録とWeb明細の利用することが『30日間無利息サービス』の適用条件となりますので、メルアド登録をしておくのがおすすめです。

口フリの申し込みは郵送よりもインターネットがいい

三井住友銀行の口座を利用する場合は、インターネットバンキングの口座が必要になりますので、こちらも事前に申し込み手続きを進めておく必要があります。三井住友銀行のインターネットバンキングの口座を利用するためには、パスワードカードが必要になります。暗証カードではインターネットバンキングを利用することができません。

パスワードカードは、SMBCダイレクトのページから申し込みをすることが可能です。切替発行手数料や利用料は一切かかりません。またパスワードカードは、スマホアプリ版もあります。ただこちらも、インストール後に電話または暗証カードで利用登録をしなければなりません。

手順通りスムーズにいけば、5~10分程度で申し込みは完了しますが、いずれにしても三井住友銀行のインターネットバンキングの口座を持っていない人は、少々手間がかかってしまいますね。

郵送での申し込みになると、口座振替の登録完了までに約2ヶ月の期間を要してしまうので、申し込みをするのであれば、即時登録完了のインターネット申し込みのほうがおすすめです。

引落し後の借入残高に反映されるのが、引落しから3営業日後になるので、借入残高を確認する際には注意が必要です。三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座であれば、引落し後即時で借入残高に反映されます。

その他プロミス返済方法

プロミスの返済方法について
プロミスでは、口フリ以外にも、もちろんさまざまな方法で返済を行うことができます。以下は、プロミスが対応している返済方法になります。

インターネット返済

指定金融機関のインターネットバンキングを利用している人であれば、土日も関係なく、金融機関営業時間外でもパソコンやスマホ、携帯電話を使って銀行振込で返済ができます。24時間返済OKのインターネット返済であれば、仕事が忙しい人や夜しか時間が作れない人でも手軽に返済することができますね。

銀行振込

プロミスは、銀行振込での返済も可能です。近くの銀行からプロミス口座に振り込めばOKなので、わざわざプロミスの店舗やATMなどに足を運ぶ必要もありません。ただ振込手数料は発生するので覚えておいてくださいね。振込先口座に関しては、プロミスコールに電話で確認するか、『会員サービス』にログインして確認することができます。

ATM利用による返済も可能!

プロミスATM

提携先ATM 可能取引 取引額 借入時 返済時
プロミス 借入・返済 1万円以下 無料 無料
1万円超 無料 無料

プロミスATMを利用して返済ができます。プロミスATMは、全日7:00~24:00まで営業しています。もちろん土日祝も利用可能ですよ。しかも夜間・休日関係なく、いつでも手数料0円だから「あ、返済しないと」と思い立った時に気軽に利用できますね。

三井住友銀行ATM

提携先ATM 可能取引 取引額 借入時 返済時
三井住友銀行 借入・返済 1万円以下 無料 無料
1万円超 無料 無料

ちなみに三井住友銀行ATMも夜間・休日関係なく手数料0円で利用できちゃいます。営業時間に関しては、店舗によって異なるので、近くの三井住友銀行ATMを調べてみてください。

提携ATM

提携先ATM 可能取引 取引額 借入時 返済時
ゆうちょ銀行 借入・返済 1万円以下 108円(税込) 108円(税込)
1万円超 216円(税込) 216円(税込)
セブン銀行 借入・返済 1万円以下 108円(税込) 108円(税込)
1万円超 216円(税込) 216円(税込)
E-net 借入・返済 1万円以下 108円(税込) 108円(税込)
1万円超 216円(税込) 216円(税込)
ローソンATM 借入・返済 1万円以下 108円(税込) 108円(税込)
1万円超 216円(税込) 216円(税込)

「プロミスの返済って他のATMは無理なの!?」と思ったあなた。安心してください。他の提携ATMからでも返済できますよ。ただ手数料はかかってしまいます。

  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • E-net
  • ローソンATM

提携ATMを利用すると手数料が発生します。しかしプロミス『会員サービス』のポイントを使えば、手数料無料サービスを利用することもできますよ。プロミス『会員サービス』のポイントについては後述します。

コンビニマルチメディア端末を利用して返済すれば手数料無料なので、コンビニで返済する場合は、ATMではなくマルチメディア端末を利用することをおすすめします。

アコムやアイフルなどは、提携ATMを利用する場合、手数料が発生してしまいます。そう考えると、提携ATM手数料無料サービスやコンビニマルチメディア端末なら手数料無料で対応しているプロミスの方がお得に返済できると言えますね。

金融機関

提携先ATM 可能取引 取引額 借入時 返済時
三井住友銀行 借入・返済 1万円以下 無料 無料
1万円超 無料 無料
三菱東京UFJ銀行 借入・返済 1万円以下 108円(税込) 108円(税込)
1万円超 216円(税込) 216円(税込)
西日本シティ銀行 借入・返済 1万円以下 108円(税込) 108円(税込)
1万円超 216円(税込) 216円(税込)
セブン銀行 借入・返済 1万円以下 108円(税込) 108円(税込)
1万円超 216円(税込) 216円(税込)
イオン銀行 借入・返済 1万円以下 108円(税込) 108円(税込)
1万円超 216円(税込) 216円(税込)
横浜銀行 借入・返済 1万円以下 108円(税込) 108円(税込)
1万円超 216円(税込) 216円(税込)
東京スター銀行 借入・返済 1万円以下 108円(税込) 108円(税込)
1万円超 216円(税込) 216円(税込)
第三銀行 借入・返済 1万円以下 108円(税込) 108円(税込)
1万円超 216円(税込) 216円(税込)
福岡銀行 借入・返済 1万円以下 108円(税込) 108円(税込)
1万円超 216円(税込) 216円(税込)
熊本銀行 借入・返済 1万円以下 108円(税込) 108円(税込)
1万円超 216円(税込) 216円(税込)
ゆうちょ銀行 借入・返済 1万円以下 108円(税込) 108円(税込)
1万円超 216円(税込) 216円(税込)
親和銀行 借入のみ 1万円以下 108円(税込)
1万円超 216円(税込)
広島銀行 借入のみ 1万円以下 108円(税込)
1万円超 216円(税込)
八十二銀行 借入のみ 1万円以下 108円(税込)
1万円超 216円(税込)

親和銀行、広島銀行、八十二銀行に関しては、借入のみができるようになっています。それ以外では、借入と返済が可能です。またゆうちょ銀行で借入・返済するためにはWeb明細の登録が必要となっています。

プロミスは、三井住友銀行であれば、提携ATMの利用手数料が無料になります。つまり元々、三井住友銀行の口座を持っているという人は、アコムやアイフルを利用するよりも、プロミスを利用した方がお得にカードローンを利用できると言えます。

クレジット会社

提携先ATM 可能取引 取引額 借入時 返済時
クレディセゾン 返済のみ 1万円以下 108円(税込) 108円(税込)
1万円超 216円 216円

クレジット会社は、クレディセゾンでの借入と返済が可能となっています。

コンビニマルチメディア端末

提携先ATM 可能取引 取引額 借入時 返済時
Loppi(ローソン・ミニストップ) 返済のみ 1万円以下 無料
1万円超 無料
Famiポート(ファミリーマート) 返済のみ 1万円以下 無料
1万円超 無料

あとは、ローソンやファミリーマート、ミニストップに設置されている『コンビニマルチメディア端末』でも返済できますよ。こちらも夜間・休日利用でも手数料0円。

「コンビニマルチメディア端末って何?」という人もいると思うのですが、ロッピーとかファミポートと言えばわかるでしょうか? チケットとか購入できるアレのことです。

Famiポートロッピー
引用元:http://www.lawson.co.jp/
引用元:http://www.family.co.jp/

『お客様サービスプラザ』店頭窓口

プロミスの『お客様サービスプラザ』でも返済が可能です。実際にお客様サービスプラザまで行って返済をする人は少ないかと思いますが、マネーアドバイザーがいるので、返済に関する悩みなどの相談に乗ってくれるメリットはあります。

プロミス『会員サービス』のポイントを貯めてお得に返済!

会員サービスでお得に返済
プロミスのカードローンを利用するなら、インターネット『会員サービス』を利用するべきです。なぜかというと、『会員サービス』の利用に応じてポイントを貯めることができるからです。貯めたポイントは何に使用できるのでしょうか?

提携ATM手数料無料サービス

ポイントサービスに申し込みをすれば、一定期間提携ATM手数料が無料になります!

提携ATM手数料無料サービスを利用するためには、40ポイント必要になります。適用期間は、申込日から翌月末日までとなっています。短期借入を検討している人なら、ポイントサービスを積極的に利用することで返済もお得に。

無利息サービス

ポイントサービスを利用すれば、何と一定期間無利息で借り入れもできます。適用期間に応じて必要ポイントが違ってきます。

必要ポイント 250 400 700
適用期間 7日間 15日間 30日間

無利息サービスの適用開始については、下記取引を行なった翌日からとなります。

・借入残高がある場合
利息以上の返済をした翌日
・借入残高がない場合
再度、借り入れをした翌日

ポイント有効期限があるのを忘れずに!
ポイントの有効期限は、獲得した年度の末日(3月31日)から、2年後の3月31日までです。ある程度ポイントを貯めることでよりお得なサービスを利用できます。ただ貯めてばかりで使わないままいると、知らない間に有効期限が過ぎていた! なんてことになりかねません。ポイントが貯まっていたら、どんどん積極的に利用しちゃいましょう!

ポイントはどうやって貯めるの?

プロミスのポイントはどうやって貯めればいいのでしょうか? ポイントは、『会員サービス』の利用に応じて貯めることができます。

対象サービス 獲得ポイント数 条件
プロミスポイントサービス申込 100 初回登録時のみ、
ポイント獲得
プロミスインターネット会員
サービスログイン
10 毎月、初回ログイン時のみ、
ポイント獲得
プロミスインターネット会員サービスの
『プロミスからのお知らせ』の確認
5~20 『プロミスからのお知らせ』には、
ポイント獲得対象になるもの
とならないものがあります。
ポイント獲得対象となる
『プロミスからのお知らせ』
に獲得ポイント数を記載します。
収入証明書の提出 160 収入証明書類提出した場合、
ポイント獲得
返済日お知らせメール 1 毎月月末時点で
対象サービス利用の登録を
している場合に、
各サービスにつき1ポイント獲得
取引確認メール
パソコンまたはケータイ等による
書面の受取

スマホならプロミス公式アプリが便利!

iPhone
プロミスのカードローンを利用して、借り入れ・返済をしていくのであれば、スマホのプロミス公式アプリをダウンロードしておくと良いですよ。プロミス公式アプリを利用するメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • プロミス公式限定アプリ『アプリdeクーポン!』でお得
  • 三井住友VISAプリペイドのチャージができる
  • 『会員サービス』へスムーズにログインできる
  • 書類提出もアプリで簡単に行える
  • 返済もスマホ1つでできる

プロミスのアプリの詳細についてはこちらのページをご覧ください!

プロミスのアプリについて詳しくはこちらから▼
プロミスアプリの便利な機能を紹介!

プロミスカードローンの返済期日はいつ?

プロミスカードローンの返済期日に関しては、『5日』・『15日』・『25日』・『末日』から、自分の都合に合わせて選ぶことができます。また初回返済期日は、選択した返済期日と初回借入日によって異なってきます。

返済期日 初回借入日 初回返済期日
毎月5日 1~19日 借入月の翌月5日
20~末日 借入月の翌々月5日
毎月15日 20~末日 借入月の翌月15日
毎月25日 1~9日 借入月の25日
10~末日 借入月の翌月25日
毎月末日 1~14日 借入月の末日
15~末日 借入月の翌月末日

プロミスカードローンの返済額はいくら?

プロミスカードローンの返済方式は、『残高スライド元利定額返済方式』と呼ばれるものです。残高スライド元利定額返済方式とは、最終借入残高によって返済額が変動する方式になります。設定された金額以上であれば、自分の都合に合わせていくらでも返済することが可能となっています。

借入残高 返済額 借入回数
30万円以下 借入後残高×3.61% ~36回
30万円超過~100万円以下 借入後残高×2.53% ~60回
100万円超過 借入後残高×1.99% ~80回

※1,000円未満切り上げ

例えば、借入残高が5万円だったとします。その場合の返済額計算方法は以下になります。
50,000円×3.61%=1,805円→2,000円(1,000円未満を切り上げた額)

借入残高ごとの返済額の例を表で見てみましょう。

借入残高 返済額
10万円 4,000円
20万円 8,000円
30万円 11,000円
40万円 11,000円
50万円 13,000円
60万円 16,000円
70万円 18,000円
80万円 21,000円
90万円 23,000円
100万円 26,000円

返済期日に遅れそうな時はどうすればいい?

さまざまな事情により、返済期日に返済が遅れてしまいそうだということも人によってはあるでしょう。そういった時は、事前にプロミスコールに相談するようにしましょう。連絡をしないままだと、反対にプロミスから電話やメール、手紙などで連絡がくることもあります。

友達との待ち合わせに遅れそうな時も、普通なら事前に一言遅れそうだと連絡を入れますよね。この連絡1つであなたの信用性が変わってくることもあるかもしれません。カードローンに至ってはまさにそうで、しっかりと返済していくことが今後のカードローン利用にも響いてきます。カードローン利用は、誠実でいることがとても大切です。

【まとめ】プロミス返済するなら『口フリ』を選べ!

プロミスでは、さまざまな返済方法が用意されていますが、その中でもおすすめしたいのが『口フリ』です。口フリなら、いつも使っている金融機関口座から自動引落しなので、返済し忘れることがありません。さらに手数料0円なので無駄なお金もかかりませんね。

特に三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を利用すれば、口座振替登録が即時完了しますし、引落し後の借入残高への反映も即時に行われるのでおすすめです。

もちろんプロミスの返済方法はさまざまなので、自分の都合に合わせて返済方法を選ぶと良いですよ。

プロミス

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
平均融資額
7万円
総合評価
4.0
  • 女性専用ダイヤルで気軽に相談
  • Web完結申込みで来店不要

公式サイトへ

4.5~17.8%
1~500万円
最短30分
最短即日

審査データ一覧

関連記事

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

子どもが人の車を傷つけてしまい、急に修理費が必要となったため、...

続きを見る

悪い匿名さん

借入が容易であると友人から聞き、プロミスを利用しました。急な転...

続きを見る

2

モビット

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
  • 即日融資OK

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
良い匿名さん

5年前に自己破産を経験しています。クレジットカードは持っていま...

続きを見る

悪い匿名さん

私は生活費が足りずに困った時にモビットを利用してお金を借りたの...

続きを見る

平均融資額
19万円
総合評価
4.3
  • 最高金利の低さが14.0%と目立つ
  • 限度額10万円~800万円と高額借り入れも可能
    ※ご利用は計画的に

公式サイトへ

2.0%〜14.0%※注釈(1)
10万円~800万円
-
-

※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※ご利用は計画的に!

良い匿名さん

勤務先の給与が振り込まれる銀行なので、借入も同じところにしまし...

続きを見る

悪い匿名さん

借り入れも返済も非常に便利で、とても使いやすかったです。これな...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP