SMBCモビットの審査基準は?審査に通過するためのポイント大公開!

2017年7月28日

SMBCモビットの審査基準は?審査に通過するためのポイント大公開!

『SMBCモビットの審査基準って何?』

初めてのカードローン利用をする場合、やはり一社目で審査通過するのが理想的です。カードローンは、借り入れの申し込みをするだけで信用情報機関に掲載されます。短期間で複数のカードローン会社への申し込み履歴があると、要注意人物と判断される可能性があります。

そうならないようにするためには、前もって審査基準についてある程度知っておくのが良いでしょう。そこで今回は、三井住友銀行グループのSMBCモビットに焦点をあてて審査基準についてお話していきます。

SMBCモビットの審査条件ってなに

規約と条件
基本的には、どのカードローン会社も『貸付条件』というものを設けています。

SMBCモビットの審査に通過するかどうか以前に、まずSMBCモビットに申し込みすることができるのかどうかということを考える必要がありますね。

SMBCモビットの貸付条件は、公式サイトで下記のように記載されています。

満20歳以上69歳以下の安定した収入のある方
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方(当社基準を満たす方)

最低限この条件を満たしていれば、申し込みすることは可能と言えます。

では、その中でSMBCモビットの審査に通過するために気をつけるべきポイントは何でしょうか?

上記から分かるのは、勤務形態に関わらず、安定継続収入があれば誰でも申し込みができるということ。

つまり正社員でなくても審査に通る可能性があるということですね。

反対に言えば、審査においては、勤務形態が何であるかよりも、安定継続収入があるかどうか、また返済能力があるかどうかという部分を見られるでしょう。

申し込み内容は正直に記載する

申し込み内容は正直に記載することが大切です。

審査に通過しようと収入を多めに記載したり、勤続年数を多く見積もったりする人がいます。

しかしこういった情報は、後々知られることになりますので、ウソをついてもバレます。

金融機関側に『ウソの情報が記載されている』と判断されてしまった場合、当然そこに『信用』の二文字はなく、むしろ『きちんと返済してくれるのだろうか』と疑いの目で見られる可能性が高くなります。そうなれば、審査に通る可能性は著しく低くなってしまうでしょう。

そうならないためにも、申し込みの内容は正直に記載するようにしましょう。

SMBCモビットの申し込みを検討している人は、SMBCモビットが謳っている『当社基準』が何か気になる人もいると思います。

では、SMBCモビットの当社基準とは一体どういったものなのでしょうか?

SMBCモビットの『当社基準』とは何か?

『当社基準』とあるように、これは各カードローン会社が独自で定めている基準になります。

それぞれ厳密に基準を定めているはずですが、非公開となっているので、細かい部分を知るのは難しいです。

それでも一般的な基準について、ざっくりとでも把握しておけば、スムーズに申し込みができると思います。では、一般的な基準について知っていきましょう。

SMBCモビットの審査基準について知っておこう

メモを取る男性
SMBCモビットに申し込みをする際は、以下のような個人情報を申告する必要があります。

・年齢
・職業
・勤続年数
・年収
・居住形態
・居住年数
・家族構成
・健康保険の種類

これら個人情報は、SMBCモビットが審査をする際にチェックする情報です。

きちんと正確に記載するようにしましょう。この他にも、他社からの借入状況の把握も忘れずに。改正貸金業法の『総量規制』によって、年収3分の1以上の融資を受けることができません。

SMBCモビットは、消費者金融ですからこの総量規制が適用されます。借り入れをする際は、この総量規制の範囲内に収まるようにする必要があります。

また直近(3~6ヶ月以内)の他社への申し込み履歴も、審査時に必ずチェックされます。複数のカードローン会社の申し込み履歴はもちろん、その審査結果までも信用情報機関に履歴として残ります。

直近のカードローン会社の審査結果がすべて否決だった場合、当然SMBCモビットからすれば、『この申込者は問題がありそうだ』と判断されかねません。

そして忘れてはいけないのが、こちら。

過去の借り入れ履歴
金融事故の有無

金融事故の有無というのは、返済遅滞や借金の踏み倒し、債務整理、自己破産などの経験があるかどうかということです。こういった個人信用情報は、長期間信用情報機関に掲載されることになります。

この信用情報は、各カードローン会社が審査をする際に見ることができる情報です。返済遅滞や債務整理といった金融事故情報は、必ず共有されることになりますので、もし事故情報が掲載されていれば、審査に通過する可能性は非常に低くなると言えます。

申込者の返済能力は『属性スコアリング』によって測定される

申込者が申し込み時に申告した個人情報は、1~10の数字で点数がつけられます。

その点数によって、返済能力の測定を行うのです。この採点方式を『属性スコアリング』と言います。SMBCモビットだけでなくほとんどの金融機関では、この方式を取り入れていることが多いです。

審査に通るか否かは、この属性スコアリングも大切なポイントになってきます。

申し込みをする際、自分の個人情報のスコアは有利なのか不利なのか確認しておくのも良いです。では、属性スコアリングで有利となるポイントとしては、どういったものがあるのでしょうか?

  • 勤続年数が長い
  • 社会保険に加入している
  • 持ち家に住んでいる
  • 賃貸の場合は居住年数が長い

一般的には、こういった属性だと有利になると言えます。

またSMBCモビットにおいては、他社からの借り入れの有無はもちろん、住宅ローンやカーローンといった月々の固定出費の有無もチェックするようです。

それら固定出費がある場合、収入に対してどれくらいの割合なのかという点まで確認することもあるとか。単純に安定継続収入があるかという点だけではなく、余裕を持った返済ができる人物かどうかという点までしっかりと見られるというわけですね。

SMBCモビットの審査基準は【年収・返済履歴・限度額】がポイント

メモ帳とノートパソコン
結局のところ、SMBCモビットの審査基準としては、どういった部分を重要視しているのでしょうか? 審査基準は非公開なので明言はできませんが、基本的には次の3つが審査基準のポイントと言えます。

  • 年収
  • 返済履歴
  • 限度額

では、これらが審査基準だとすれば、どうすれば審査に通りやすくなると言えるのでしょうか? それぞれで満たしておくべき条件についてお話していきたいと思います。

年収は“100万円以上”が理想

まず『年収』についてですが、SMBCモビットでは安定継続収入がないと借入することができません。年収が低すぎる場合、返済能力が疑われ審査に落とされてしまう可能性があります。

もちろん専業主婦や無職など収入が一切ない人は、高い確率で審査には通らないでしょう。では、どれくらいの年収があると良いのかというと、それが“100万円以上”です。

これは、あくまで最低ラインですので、年収は高ければ高いほど審査には通りやすくなると言えます。また借入限度額も高めに申請しやすくなります。

アルバイトやパートをしている人は、年収がそれほど高くないケースもありますので、100万円近くあるかどうかを確認しておきましょう。

返済履歴は“過去3ヶ月は潔白”であるのが理想

SMBCモビットの審査では、信用情報機関を通して『返済履歴』もチェックされます。では、返済履歴がどういう状態だったら良くて悪いのでしょうか?

良い状態としては、やはり遅延することなくしっかりと返済していること。ベストなのは、そもそも他社借入がなく、返済する必要がない状態ですね。

また3ヶ月の間に複数社への申込履歴があった場合も、SMBCモビットから怪しまれる要因となります。すべてに審査落ちしていた場合は何か問題があるか、他にも多重債務の可能性があると判断されます。

少なくとも過去3ヶ月間は、返済履歴や申込履歴が潔白な状態だと審査には通りやすくなると言えるでしょう。

反対に過去3ヶ月の間に返済を何度も延滞しているということであれば、高確率でSMBCモビットの審査には落ちます。

返済を延滞していることがSMBCモビット側に知られたら、当然『お金を貸したらうちも延滞されるかもしれない』と判断されてしまいます。

限度額は“10~30万円”で申請するのが理想

希望する借入限度額があると思います。たくさんお金がほしいからといって、いきなり100万円や200万円で申請を出しても、それが通るわけではありません。

むしろ高い限度額で申請してしまうと、『本当に返済できるのか』『きちんと返済計画を立てられる人なのか』と判断され、審査に落とされてしまうことがあります。

少なくとも審査に通り融資してもらえるとしても、希望限度額より低い額での融資となる可能性が高いです。

特に年収とのバランスを考えた限度額を申請することが大切です。例えば、年収300万円なのに希望融資額が200万円だと、年収の3分の1を超えていることになります。

また年収300万円で希望融資額が100万円だったとしても、他社借入がすでに100万円あれば、合計で200万円となり、これも年収3分の1以上となり総量規制に触れてしまいます。

ちなみに他社借入がある場合、正確な借入額を申告するようにしてください。嘘を付いても信用情報でバレることになります。バレてしまえば本末転倒です。

最初は、できるだけ限度額の申請は低めに出しましょう。10~30万円程度で申請して、きちんと返済実績を作り増額申請を出すのが良いかと思います。

くどいようですが、自分の年収と限度額のバランスを考え、総量規制には触れない範囲で、最初は低めの限度額で申請するようにしましょう。

あなたは大丈夫?SMBCモビット審査基準 信用度チェッカー

チェックする女性
審査基準がわかっていれば、自分が審査に通りやすいか通りにくいか、ある程度判断することができますよね。

審査項目の中でできるだけ有利な条件があれば、その分SMBCモビットからの信用を得ることができるので、審査に通りやすくなるかと思います。

では、いくつかの審査項目の中から、どういった条件が有利なのか見ていきたいと思います。

審査項目 有利な条件
年収 高いほど良い
雇用形態 安定性が高いほど良い
勤続年数 長いほど良い
居住区分 持ち家が良い
居住年数 長いほど良い
家族構成 家族と同居していると良い
他社借入 少ないほど良い

上表は、あくまで有利な条件を記載しています。上記の中で不利な項目が1つでもあると、それが審査落ちに繋がるというと、決してそういうわけではありません。

SMBCモビットの審査は、あくまで上記のような審査項目をトータルで見て評価していきます。有利な項目が多ければ多いほど、審査に通りやすくなるのは間違いないでしょう。

それぞれの有利な条件の項目がいくつ当てはまるか、チェックしてみてください。

SMBCモビット公式ページはこちら!

年収

年収は、安定継続して得ている必要がありますが、それに加えて金額が高ければ高いほど審査で有利になります。

  • 金額が多いと返済能力が高いと評価される
  • 総量規制の中で借りられる額が多くなる

年収が高ければ、その分SMBCモビットに返済能力が高いと判断されますので、審査には通りやすくなります。また希望限度額も高めに出すことができます。

雇用形態

雇用形態に関しては、安定性の高い職業ほど有利となってきます。そういった意味では、公務員など堅い仕事であれば、審査通過率は高くなるでしょう。

次いで、
大企業の正社員>中小企業の正社員>派遣社員>パート・アルバイト>学生・主婦
といった感じになります。

失業する可能性の高い職業や返済能力が低いと判断されそうな職業に関しては、審査では不利となります。

例:水商売、アーティスト、ドライバーなど

SMBCモビットは、基本的に安定継続収入があれば申込できますので、専業主婦や無職の方でなければ申込自体はできます。しかし審査の通りやすさは、雇用形態によって変わることもあるようです。

勤続年数

勤続年数も“安定性”の部分で、長ければ長いほど有利に評価されます。可能であれば、3年以上働いていることが理想ですが、少なくとも半年~1年以上だと良いでしょう。

勤続年数が長ければ、『借入後に退職する可能性が低いので安定継続して収入を得るだろう』と判断されます。ですから、収入が低いパートやアルバイトの人でも、勤続年数が長ければ高評価となる可能性が高いです。

転職・就職してまだ期間が経ってない人は、たとえ高収入だとしても勤続年数で不利となるケースもあるので覚えておいてください。

居住区分

居住区分に関しては、万が一返済トラブルが起こった際に、連絡が付きやすい居住区分であるほど有利となります。

そういった意味で、持ち家に住んでいる人が良い評価となります。家を捨ててまで、返済から逃げる可能性が低いと判断されるからです。

また家を購入できる程度には、安定した収入があるとも判断されるということもあります。

持ち家>賃貸>公営住宅
といった順で有利度が変わってきます。ただ賃貸は種類によって、評価が変わるケースもあります。

例えば、公務員が暮らす官舎は、賃貸の中でも高評価となるでしょう。次いで社宅も、社宅が用意できる企業に勤めていると判断されますので、官舎の次くらいには有利です。

マンションアパートは、可もなく不可もなくといったところです。アパートよりマンションの方が、評価は高いようです。

居住年数

SMBCモビットの審査では、先ほどの居住区分に加えて居住年数も併せてチェックされます。居住年数は、勤続年数と同様に長ければ長いほど高評価となります。

例えば、賃貸物件に3年住んでいるという人は、3年間しっかりと家賃を払い続けていることが予想できますね。

毎月の家賃をきちんと支払っている=カードローンの返済も毎月きちんと支払ってくれると判断されます。

3年同じ場所に暮らしていれば、SMBCモビットの審査では有利になるでしょう。最低でも1年住んでいれば、評価としては問題ないかと思います。

家族構成

家族構成に関しては、家族(両親)と同居しているのが一番有利となります。

理由としては、実家暮らしだと生活費の負担が少ないため、収入の中から返済にあてる分の割合を多く見積もれるからです。

またいざ返済に困ったという時には、同居している家族を頼ることができる可能性が高いというのも多少はあるかと思います。

家族と同居(実家暮らし)>配偶者と同居>1人暮らし>家族と同居(子どもがいる)
という順番で有利となります。

見てわかるように、子どもと同居している場合は、どうしても不利になってしまうようです。やはり子どもは、養育費などがかかるため、返済の負担が大きくなってしまう可能性があります。

他社借入

『他社借入』に関しては、言わずもがな多ければ多いほど不利となります。例えば、SMBCモビット以外の金融機関3社からの借入がある場合、審査には落ちやすくなります。

SMBCモビットからすれば、『他社への返済もあるのに、うちで借りてきちんと返済していけるの?』という不安が残ります。

また他社借入金額によっては、総量規制の問題でSMBCモビットの審査を受けても通らない場合があります。すでに年収の3分の1以上の借入があるなら、まずは他社借入の返済を終わらせましょう。

借入はしていないけど契約は続いている場合も、審査に影響する可能性があります。利用していないカードローンがあるならば、解約しておくことをおすすめします。

SMBCモビットと他大手消費者金融との違いは?

キーボードとクエスチョン
SMBCモビットだけに関わらず、多くのカードローン会社は、以下の要素から総合的に判断して審査の可否を決定します。

  • 個人の属性
  • 属性スコアリングの点数
  • 信用情報

もちろんもっと細かい審査基準となると、各社が独自で定めたものになるので少しずつ違ってくることになるでしょう。

カードローン会社それぞれが独自で定めている基準に関しては、非公開となっているため、SMBCモビット特有の審査基準も断定するのが難しいです。

その中で大手消費者金融との違いを挙げるとすれば、まず申し込み対象者の年齢上限が他社よりもわずかばかり低いという点。

アイフルは20~70歳となっており、アコムは20歳以上の安定継続収入のある方となっていますが70歳以上は借入できません。プロミスは、SMBCモビットと同じく20~69歳となっています。

収入証明書が必要?

基本的にカードローンの申し込みをする際は、『本人確認書類』と『収入証明書』の提出が必要です。

ただ借入金額によっては、収入証明書が不要になるところもあります。

例えば、プロミスやアコム、アイフルといった大手消費者金融では、利用限度額50万円以下の場合と他社との借り入れ合計金額が100万円以下の場合は、収入証明書が原則不要になります。

その点SMBCモビットは、申し込みに必要な書類として、本人確認書類に加え収入証明書類も必要だと公式サイトに記載されています。

ただ『書類をご提出いただく場合がございます。』と記載されているので、借入金額に関係なく書類提出が必要になる場合、ならない場合があるようです。いずれにしろ、提出しておいた方が良いでしょう。

収入証明書としては、源泉徴収票や税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書の写しのいずれかを提出すればOKです。

給与明細書の場合は、直近2ヶ月分が必要です。また賞与支給がある場合は、年間の賞与額が確認できる賞与明細書も必要となるので覚えておきましょう。

SMBCモビットの審査基準に関するまとめ

SMBCモビットは、審査時間が最短即日で急ぎの人におすすめのカードローンです。

融資スピードも最短即日なので、その日のうちに借り入れすることが可能。

できるだけ審査申し込みから融資までの時間をかけたくない人は、Web完結で申し込みをしてから、ローン申込機でローンカードを発行してもらうことで、即日融資までスムーズに行うことができるでしょう。

SMBCモビットの公式サイトにアクセスすれば、返済シミュレーションや借り入れ診断などもできます。まずは、借り入れ診断で借り入れ可能か10秒簡易審査で結果をチェックしてみてはいかがでしょうか?

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

審査データ一覧

関連記事

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

滞納したら1年は毎日かかってくる。

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

3

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP