320社カードローンを選ぶ

モビットの審査の流れや口コミから見る審査基準

モビットのカードローン

平均借入額

17万円

総合評価

4.5

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資

過去、モビットで審査に落ちた方はこちらをお勧めします

モビットの口コミ評判

総合評価4.5点
満足度審査スピード借入金利
4.54.54.3
サービスの質借入方法返済方法
4.44.44.3

投稿された口コミ117

ライオンさん

満足度

5年前に自己破産を経験しています。クレジットカードは持っていませんし、生活が苦しくてやっていけなくなり、途方に暮れていました。だめもとでモビットに申し込んだところ、申請が通りました。店舗でのスタッフの対応も親切で、心から満足しています。

2017/10/27

やまとさん

満足度

親戚の不幸などが重なり、実家が遠方などの理由から、急遽貯金ではまかないきれなくなって、お金を借りることにしました。モビットは私でも知っており、安心できると思ったのですが、説明をもしっかりとしており良かったです。ただし、説明が長かったように感じています。

2017/10/26

モビットに関する掲示板

モビット審査データ

  • 職業

  • 年収

  • 年齢

平均データ

平均年収
336万円
最多職種
会社員
平均融資額
17万円
男女比
男性7:女性3
最多年齢
30代

モビットの詳細情報

ポイント
WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
即日融資OK

モビットはオリコン満足度1位

モビットは、オリコン日本顧客満足度ランキングの
「ノンバンクカードローン部門」で、2016年に1位を獲得しています。
この年は、プロミスが2位、アコムは3位と、大手を抑えての1位に輝いています!

たくさんある口コミの中でも最も多かった意見が「10秒簡易審査」「スピード融資」という点です。このほか、郵送やお勤め先確認の際に電話連絡がないWEB完結申し込みも、モビットの人気を集めた要因だと考えられます。

また、無利息期間がないのもモビットの特徴です。
これは本来であればデメリットのはずが、無利息期間のある他社を追い抜き、モビットが満足度1位を獲得していることも特徴的です。

ここではそんなモビットの審査の流れを紹介していきたいと思います。

モビットの審査方法の種類

  • WEB申込み
  • 自動契約機(受付時間8:00~22:00、土・日・祝日OK)
  • 電話(受付時間9:00~21:00)
  • 郵送(24時間OK)

モビットで最も人気の高い審査方法が「WEB申込み」です。
モビットでWEB申込みが人気ある理由として、自動契約機が他社の「プロミス」「アコム」「アイフル」などに比べ少なく、そしてなんといってもモビットではWEB申込からのサービスが豊富です。

ここからモビットのWEB申込みを中心に審査の流れを紹介していきたいと思います。

WEB申込みには「WEB完結」と「カード申込」の2つの方法

モビットのWEB申込には「WEB完結申込」と「カード申込」の2種類があります。

この2つの申込方法の違いは以下のようなものになります。

カード申込…公式サイトで申込後、カードを受取り近くの提携ATMなどを利用
WEB完結申込…全てをWEBで完結でき、職場の電話連絡・郵送物もなし

どちらの申込方法もメリット・デメリットが存在していますので、詳しく見ていきましょう。

モビットWEB完結の申込の流れ

  • モビットの公式サイトで「WEB完結申込」をクリック
  • 23項目の情報を入力
  • メールで審査結果の連絡
  • 審査完了メールに記載しているURLに飛び、入会手続きをする
  • 入会完了メールが到着しだい利用が可能

WEB完結申込は「電話連絡なし」「郵便物なし」で家族や会社にばれる可能性を減らすことができるのが一番のメリットです。
逆にWEB完結のデメリットは「申込条件のハードルが高い」という点です。

WEB完結のメリット・デメリット
【メリット】
・電話連絡や郵送物がないので家族や他人にばれにくい
・ローンカードの発行がないのですべてネットで完結できる
【デメリット】
・申込の為の必要書類が多いので手間が
・特定の銀行口座しか利用できない為制限がある

具体的にWEB完結申込条件は以下のようになっています。

①三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行のいずれかの普通口座を所有している。
①運転免許証・パスポート(いずれか1点)
②源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書(いずか1点)
③健康保険証・給与明細書(どちらも提出)
上記の必要な物をすべてそろえる必要があります。

給与証明書など普段の生活では使わないものをあらかじめ準備しなければいけません。
ですが必要書類が多いからかは不明ですが、WEB完結申込の方が審査通過率は少し高くなっています。
その理由は単純で提出する必要書類が多いからではないでしょうか。

もし審査通過が不安な方はWEB完結申込をお勧めします。

またWEB完結申込の入力項目は23項目と、消費者金融の中では一番入力項目数が少なく、申込の手間がかかりません。

WEB完結入力項目の内訳

1.お名前
2.お名前(カナ)
3.性別
4.生年月日
5.メールアドレス
6.携帯電話・PHSの有無
7.携帯電話・PHS番号
8.郵便番号
9.住所
10.お住いの種類
11.自宅電話番号の有無
12.自宅電話番号
13.勤務先名
14.勤務先電話番号
15.雇用形態
16.勤務先の種類
17.入社年月
18.保険証の種類
19.前年度税込年収
20.現在の他社お借入れ件数
21.契約希望額
22.希望連絡先
23.インターネットパスワード
入力項目数:23項目

入力には早くて5分程度あればすべて完了することができます。

モビットでWEB完結申込をする

モビットのカード申込の審査の流れ

  • モビットの公式サイトで「カード申込」をクリック
  • 22項目の情報を入力
  • メール/電話で審査結果を連絡(基本メール)
  • WEB/電話で契約の手続き
  • モビットカードを自動契約機で受取、もしくは郵送で受け取る
  • 近くのATMで利用でする

カード申込のメリット・デメリット
【メリット】
・WEB完結に比べ提出書類も少ない為、スムーズに契約をすることができる。
【デメリット】
・自社ATMがないので、契約後お金を引き出すのに近くのATMを探さなければならない。
・自動契約機がかなり目立つので出入りの時に人から注目される。

カード申込はWEB完結に比べ提出書類は少なく、申込まで手間を減らすことができます。
近くに自動契約機があって、本当に今すぐ現金が必要!という人にはいいかもしれません。

ただモビットの自動契約機はかなり目立ちます。
モビット難波駅周辺

駅とかコンビニに置かれている証明写真機と近いイメージです。

自動契約機の面でいえば他社のカードローンの方がばれにくく、操作性のスペックも高いです。

カード申込の内訳

1.名前
2.名前(カナ)
3.性別
4.生年月日
5.メールアドレス
6.携帯電話・PHSの有無
7.携帯電話・PHS番号
8.自宅住所
9.お住まいの種類
10.自宅電話番号の有無
11.自宅電話番号
12.勤務先名
13.勤務先電話番号
14.雇用形態
15.勤務先の種類
16.入社年月
17.保険証の種類
18.前年度税込年収
19.現在の他社お借入れ件数
20.契約希望額
21.希望連絡先
22.インターネットパスワード
入力項目数:22項目

カード申込の入力数は22項目で、ノーローンが44項目だということを考えると気軽に申込をすることができます。
「急ぎで」

モビットでカード申込をする

モビットで一番早く借りる方法

平日9:00~14:50分の間限定になりますが、モビットでは以下の方法が最短で借りることができる流れです。

  • WEBでネット申込
  • モビットのコールセンターに電話(0120-03-5000)
  • 審査⇒契約で最短3分で即日振込

「平日9:00~14:50までに手続き完了」というのが絶対条件になりますが、

モビットでカード申込をする

モビットの審査基準はどれくらい?

モビットの審査は下記条件を満たしていれば、基本的に審査の通過は問題ないかと思います。

  • 安定した収入が毎月ある
  • 20歳以上69歳以下
  • 過去に返済事故(滞納や延滞など)がない

当サイトの寄せられるデータを見ていると、モビットはアルバイトの方の審査通過率がプロミス・アイフルなどに比べ悪いです。
※当サイトの意見です。

CMでも「大人のモビット」というキャッチフレーズがあるように、年齢層も30代~50代の方が多く、少し厳しめの審査基準を設けているのかもしれません。

モビットで申し込みする人の職種はどんな人たち

当サイトに寄せれられる口コミを見ていると、モビットに申込をする職種別のデータが見えてきました。

1.正社員
2.アルバイト・パート
3.契約社員
4.派遣社員

限度額800万のモビットは消費者金融の中では高い設定金額となっており、その為30代~50代の正社員が多いのでしょう。

モビットに申込をする

モビットの返済日や毎月の返済額

モビットの返済期日は、以下から選べます。

・毎月5日
・毎月15日
・毎月25日
・毎月末日

上記が土・日・祝日、国民の休日の場合には、その翌営業日が返済日となります。

返済日を自分で自由に設定したい!という方はレイクなら好きな日にちに設定することができます。
詳しくは「レイク審査の流れや審査の口コミ評判」で解説していますので、こちらをご覧ください。

モビットの金利と最低返済額

モビットは、「借入後残高スライド元利定額返済方式」を取っています。
例えば、借入残高が50万円であれば、最低返済額は13,000円となります。
わかりやすくまとめると、以下の通りです。

借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超 20万円以下 8,000円
20万円超 30万円以下 11,000円
30万円超 40万円以下 11,000円
40万円超 50万円以下 13,000円
50万円超 60万円以下 16,000円
60万円超 70万円以下 18,000円
70万円超 80万円以下 21,000円
80万円超 90万円以下 24,000円
90万円超 100万円以下 26,000円

「借入後残高スライド元利定額返済方式」なので、返済額に対する利息の割合が大きくなりがちであることに注意してください。繰り上げ返済で元金を返していき、利息を増やさないことをおすすめします。

モビットの利用できるATM

借入、返済時時の「入金・出金」が可能なATM。

ATM 手数料
三井住友銀行 手数料無料
三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミス
第三銀行
福岡銀行
クレディセゾン
親和銀行
熊本銀行
1万円以下の借入・返済で108円・1万円超の借入・返済で216円

引用元:モビット公式サイト

自社ATMはありませんが、三井住友銀行のATMが無料で使えます。このほか三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、コンビニ系ATMや30社以上の地方銀行を含め、非常に幅広くカバーしています。

ただし、三井住友銀行以外のATMでは、1万円以下の借入・返済で108円、 1万円超の借入・返済で216円がかかることに注意してください。

付近のモビットの無人契約機を探す

モビット

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
  • 即日融資OK

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資

掲示板

お近くのモビット無人契約機を探す

他の方は、こちらの金融会社も見ています

モビットに関する記事

よく読まれている記事一覧

条件で探す

TOP