320社カードローンを選ぶ

紀陽銀行カードローンの口コミ評判

紀陽銀行カードローン

平均借入額

-

総合評価

4.0

4.8%〜14.9%
500万円
2~3営業日

過去、紀陽銀行カードローンで審査に落ちた方はこちらをお勧めします

紀陽銀行カードローンの口コミ評判

総合評価4.0点
満足度審査スピード借入金利
4.04.04.0
サービスの質借入方法返済方法
4.04.04.0

投稿された口コミ1

良い銀行でしたっさん

満足度

もともと利用していた銀行だったので申し込み。
申し込み自体は、インターネットで24時間受付。
仕事の終わる時間が遅いので助かりました。

低金利なので返済もしやすくよかったです。
スタッフの方も親切丁寧でした。

2017/06/29

紀陽銀行カードローン審査データ

  • 職業

  • 年収

  • 年齢

平均データ

平均年収
300万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
男女比
男性0:女性10
最多年齢
20代

紀陽銀行カードローンの詳細情報

紀陽銀行カードローンは、本店が和歌山県和歌山市にある地方銀行の紀陽銀行がサービスしているものです。ここでは、紀陽銀行カードローンについてご紹介しましょう。

紀陽銀行カードローンの概要

紀陽銀行カードローンは、カードローン機能がキャッシュカード機能についたもので、カードローンを利用することもできるし、キャッシングもできるものです。
ショッピングなどで使用したい場合にはカードローンとして、また現金が急に必要になった場合はキャッシングとしても利用できます。
このように、使用方法をシーンによって選択できることが紀陽銀行カードローンの最大の魅力でしょう。
カードローンやキャッシングを実際利用してみれば、用事が1枚のカードでできるのは、非常に便利であることが体感できます。

申し込みできる人

紀陽銀行カードローンの申し込みができるのは、

  • 20歳以上65歳未満の人
  • 紀陽銀行が営業している地域内に住んでいる人、あるいは勤務先がある人
  • 収入が安定している人
  • 別のカードローンを紀陽銀行で利用していない人
  • 総合口座を紀陽銀行で持っている人
  • 保証を保証会社で受けられる人

が対象になります。

このような申し込みできる人の条件を見てみれば、少し面倒であると思うかもしれません。
しかし、簡単に言うと、収入があり、紀陽銀行が利用でき、口座を紀陽銀行で持っていると、ほとんどの場合は問題ないと言えるでしょう。

保証

保証を保証会社で受けられる人については、個人によっては困難かもしれません。
カードローンやキャッシングなどでトラブルが過去にあった場合は、その情報が信用情報機関に登録されていることがあります。
このような場合には、保証を保証会社で受けられない場合があります。
心配な場合には、トラブルの情報が信用情報機関に登録されているかどうか、申し込みをする前に確認してみるといいでしょう。
信用情報機関に確認してみれば、トラブルの情報はすぐに分かります。
いろいろな信用情報機関がありますが、銀行が使っているところは限定されています。
また、紀陽銀行に確認すると、使っている信用情報機関を教えてくれるでしょうから、直接問い合わせするのもいいでしょう。

収入

申し込みできる人として、収入が安定しているという条件があります。
アルバイトや専業主婦の場合には、この収入が安定しているということで心配するのではないでしょうか。
結論から言えば、アルバイトの場合でも全く心配する必要はありません。
現在では、日常的に仕事をしていると、アルバイトの場合でも収入がきちんと安定しているでしょう。
アルバイトの場合は、きちんと雇用主に雇用されており、有休もあり、保険にも入っています。
社会的な待遇を確認したのみでも、カードローンで借入したお金を返済するために儲けるのは充分にできると考えられます。
一方、専業主婦の場合には、家事をしているため収入がありません。
しかし、その家の全体の収入である世帯の収入で見てみると、配偶者の収入があるでしょう。
配偶者に収入があれば、紀陽銀行カードローンは申し込みが専業主婦の場合でもできます。
このように、思っている以上に紀陽銀行カードローンは申し込み資格が幅広く設定されています。
そのため、アルバイトの場合でも専業主婦の場合でも、紀陽銀行カードローンは申し込みができます。
当然ですが、同じような理由でパートの場合でも派遣社員の場合でも、紀陽銀行カードローンは申し込みができます。
もし心配があるのであれば、一度紀陽銀行に問い合わせしてみましょう。

融資限度額と金利

金利は、カードローンと非常に深い関係があります。
しかし、金利が低いことは、カードローンの銀行のものの一つの魅力であるのは間違いないでしょう。
カードローンの銀行のものの金利は、別の金融機関のカードローンやキャッシングと比べても、相当低く設定されています。
当然ですが、紀陽銀行カードローンも低い金利であるため非常に魅力があります。
融資限度額と金利の関係については、

10万円・30万円・50万円 年14.9%
70万円・100万円 年11.8%
150万円・200万円 年9.8%
250万円・300万円 年7.8%
350万円・400万円 年6.8%
450万円・500万円 年5.8%
600万円・700万円 年4.8%
800万円 年3.8%

にそれぞれなります。

紀陽銀行カードローンの金利は、このように銀行の金利としては平均的なものであり、融資限度額の最高が800万ということを考慮すると、利便性が非常に高いと言えます。
最大の金利の場合でも15%未満であるため、返済プランを立案する場合でも、返済を無理なく考えられるのではないでしょうか。
このような金利は銀行ならではのもので、紀陽銀行カードローンの場合でもメリットになります。

提携しているATM

借入した場合には必ず返済する、ということがカードローンの基本です。
当然ですが、返済は紀陽銀行カードローンの場合でも必ず必要です。
仕事や家事が忙しすぎるため、返済するためのお金を口座に入れるための時間がない、というような場合がたまにはあるのではないでしょうか。
しかし、返済金の滞納のみは避ける必要があります。
このような場合には、紀陽銀行が提携しているATMを使ってみるのがおすすめです。
ATMで預入ができて、紀陽銀行と提携しているものは、ゆうちょ銀行のATM、イオン銀行のATM、コンビニのATMです。
コンビニのATMの場合は、全国のコンビニが利用でき、提携をコンビニ会社のいくつもと行っているため、全国どこにいる場合でも返済の滞納や遅延のリスクは少なくなります。
利用できるコンビニのATMとしては、ローソンのATM、イーネットのATM、セブンイレブンのATMです。
これ以外のコンビニのATMは利用できないということではなく、ATMがあるコンビニであれば、イーネットでほとんどの場合はカバーされているでしょう。
カードローンの機能が使えることが、最大の紀陽銀行が提携しているATMの魅力でしょう。
提携しているATMの場合にはカードローンの機能が使えないものもありますが、紀陽銀行カードローンの場合はどこにいても使えるので魅力です。

申し込みする際に注意すべきこと

紀陽銀行カードローンは、手続きがインターネットを使ってできることによって、安全、かつ迅速なものであると言えます。
多くあるカードローンの中において、迷った場合には紀陽銀行カードローンを選択するといいでしょう。
ここでは、申し込みする際に注意すべきことについてご紹介しましょう。
この注意すべきことは、紀陽銀行カードローンだけでなく、ほとんどのカードローンに共通していることです。
紀陽銀行カードローンを申し込みする際に注意すべきことは、

  • 申込書の記載内容が間違っていないか
  • 本人確認書類の用意はできているか

が挙げられます。
なお、これにプラスして、収入証明書が場合によっては必要になります。
しかし、ほとんどの場合は、本人確認書類の提出をまずは要求されます。
本人確認書類として使用できるのは、免許証、健康保険証、住基カードなどの公的な証明書になります。
あまり難しいことではありませんが、少しのミスでよく間違えることでもあるため、申し込みする際には必ず確認しておきましょう。

返済

申し込みをして一度審査に受かると、紀陽銀行カードローンは便利に日常的に使用することができます。
しかし、最も注意すべきことは返済です。
どのような人の場合でもこれは言えることで、返済と借入は背中合わせです。
借入した場合には、返済を必ずする必要があります。
返済がもし厳しいのではないかと考えるようになった場合は、調整をして無理をしないようにしましょう。
また、返済している際に毎月の資金をやり繰りすることが厳しくなって、返済が停滞しそうになった場合は、ずるずるとそのまま延滞しないで、紀陽銀行に早めに相談してみましょう。
紀陽銀行に相談すると、返済が無理なくできるようにアドバイスしてくれるでしょう。
紀陽銀行カードローンは、申し込みから借入、返済まで非常にスムーズにできる、信頼のある紀陽銀行がサービスしている便利なものです。

紀陽銀行カードローンのメリットとデメリット

融資限度額の上限が高く、金利が低い

紀陽銀行カードローンの融資限度額の上限の最高は800万円であるため、お金が多額に必要になった場合でも対応できることがメリットです。
また、カードローンは銀行のものであるため、金利の最低が3.8%というのは消費者金融に比べると非常に低いものになっています。

ローンカードを新しく作る必要がない

紀陽銀行カードローンは、借入がキャッシュカードの総合口座のものでできるので、ローンカードを新しく作る必要がありません。

自動融資ができる

紀陽銀行カードローンは自動融資ができるため、公共料金等を払うために、万一現金を口座に入れるのを忘れた場合でも、融資を自動で行ってくれるので安心です。

紀陽銀行カードローンのデメリット

口座を開設する必要がある

口座が紀陽銀行に無い場合には、口座を開設してから利用する必要があるため、面倒な手続きになることがデメリットです。
毎月の返済額が多い
毎月の返済額が最低10000円であるため、別の銀行カードローンと比較して、少し多いこともデメリットです。

紀陽銀行カードローンのまとめ

紀陽銀行カードローンは、カードローン機能がキャッシュカード機能についたもので、カードローンを利用することもできるし、キャッシングもできるものです。
紀陽銀行カードローンは、融資限度額が10万円~800万円で、金利が年3.8%~14.9%です。
メリットとしては、融資限度額の上限が高く、金利が低い、ローンカードを新しく作る必要がない、自動融資ができる、ことが挙げられます。紀陽銀行カードローンをおすすめしたいのは、金利が低く、高い融資限度額のものを希望している人です。

平均融資額
-
総合評価
4.0

公式サイトへ

4.8%〜14.9%
500万円
2~3営業日

掲示板

他の方は、こちらの金融会社も見ています

よく読まれている記事一覧

条件で探す

TOP