320社カードローンを選ぶ

じぶん銀行カードローンの詳細

平均借入額

-

総合評価

4.0

2.2%〜17.5%
10万~800万
最短即日
最短即日

過去、じぶん銀行カードローンで審査に落ちた方はこちらをお勧めします

じぶん銀行カードローンの口コミ評判

総合評価4.0点
満足度審査スピード借入金利
4.04.03.0
サービスの質借入方法返済方法
3.04.04.0

投稿された口コミ1

匿名さん

満足度

申し込みした翌日に電話がかかってきました。
審査スピードも早く審査通過後、指定口座に即日振込されてました。
コンビニATMで24時間返済可能なのも便利でした。

2017/06/13

じぶん銀行カードローン審査データ

  • 職業

  • 年収

  • 年齢

平均データ

平均年収
300万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
男女比
男性10:女性0
最多年齢
30代

じぶん銀行カードローンの詳細情報

ポイント
auユーザーに使いやすい
パート・アルバイトや学生もOK

じぶん銀行カードローンのメリット・デメリット

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)には、どんなメリットとデメリットがあるのかを眺めてみましょう。

メリット: auユーザー優遇

  • 最短即日融資OK
  • パート・アルバイト、年金生活者、学生でも借り入れOK
  • 借入限度額が800万円と高め
  • 使えるATMが多く、手数料無料
  • 返済日を選べる
  • auのユーザーなら金利が0.1%優遇される

デメリット:金利の高さが消費者金融と同じ程度

  • 借入利率が年2.2%~17.5%と、消費者金融会社と変わらない
  • 変動金利型であるため、借入利率が変わる場合がある

じぶん銀行カードローン:最短の流れ

「じぶん銀行カードローン(じぶんローン)は、まったく初めてです!」という状態から、最短で融資を受けるための流れは以下の通りです。

  • 申し込み(WEB申し込み)
  • 審査(メールまたは電話。在籍確認あり)
  • 審査回答
  • 契約手続き(必要書類をメールかFAXで送る)
  • 融資可能(電話で即日振り込み依頼OK)

(ローンカード到着までは1週間程度必要)

じぶん銀行の口座は不要

いっぽう、じぶん銀行の口座を利用することで「自動支払い(口座引き落とし)」での返済ができるメリットがあります。

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)の基本情報

審査時間 最短即日
融資限度額 10万円以上800万円以内
(10万円単位)
金利 年2.2%~年17.5%
(auユーザーは年2.1%~年17.4%)

じぶん銀行の金利情報

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)は、借入利率が年2.2%~17.5%と、消費者金融会社の上限金利18.0%と同じくらいの水準です。

利用限度額ごとの借入利率は、以下の通りです。
いっぽう、金利は「変動金利型」であるため、金融情勢によって変わる場合があります。

利用限度額基準金利

利用限度額 通常の金利 auユーザーの金利
710~800万円 年2.2~3.5% 年2.1~3.4%
610~700万円 年3.5~4.5% 年3.4~4.4%
510~600万円 年4.5~5.0% 年4.4~4.9%
410~500万円 年5.0~6.0% 年4.9~5.9%
310~400万円 年6.0~7.0% 年5.9~6.9%
210~300万円 年7.0~9.0% 年6.9~8.9%
110~200万円 年9.0~13.0% 年8.9~12.9%
10~100万円 年13.0~17.5% 年12.9~17.4%

いつ・どこから申し込みできるの?

  • WEB申込

平日・土日祝日 24時間OK (WEB完結申し込み)

申し込む前に、必要書類を用意しよう

契約時に必要となる書類は以下の通りです。
いずれもFAXか郵送で送付します。
必ず、申し込む前に用意しておきましょう。

◆本人確認書類

運転免許証(運転経歴証明書も可)
健康保険証
パスポート
個人番号カード
住民基本台帳カード(顔写真付きで共通ロゴマーク、QRコード付きのもの)

◆収入証明書(借入上限が300万円を超える場合のみ)

借入上限が300万円を超える場合は、以下の収入証明書を用意してください。

源泉徴収票
住民税決定通知書
課税証明書

じぶん銀行の審査通過が気になってきた方へ

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)には、「お借入れ診断」はありません。

じぶん銀行カードローン(じぶんローン) 返済の流れ

返済方法は、以下の2つです。

  • 提携ATMによる返済
  • 自動支払い(じぶん銀行の口座が必要)

基本は、提携ATMによるローンカードを使った返済です。これに加え、じぶん銀行の口座から自動支払いによる返済も可能です。じぶん銀行の口座がない場合は、提携ATMによる振り込みだけに限られます。

じぶん銀行の返済について

返済期日は、

  • 期日指定返済(ATMと自動引き落としどちらもOK)
  • 35日ごと返済(ATMのみ)

の2つが選択可能です。

「期日指定返済」は、返済する希望日を選べるというものです。じぶん銀行カードローンの場合、「返済期日の15日以上前」に入金してしまうと、「前月返済分の追加入金」として扱われてしまいます。

逆に言えば、「返済期日の前の14日以内に入金していれば、今月の入金扱いになる」ということです。この点に注意してください。

「期日指定返済」は、こんな流れです。

  • 借りたAさん「10月21日が返済日だわ!今月はかなり早めに入金する!」
  • 友人のBさん「おいおい、そんな早めに入れて平気なのか?」
  • 借りたAさん「平気平気!10月8日以降に入れれば10月分の入金になるんだよ!」
  • 友人のBさん「じゃあ10月7日に入れたらどうなるんだ?」
  • 借りたAさん「それだとアウト!「9月分の追加入金」になっちゃう!」
  • 友人のBさん「なるほど。1日違いで大違い、ってことだな」
  • 借りたAさん「だね、そんな具合!」

「35日ごと返済」は、こんな流れです。

その一方、「35日ごと返済」とは、「借り入れた日または返済日の翌日から35日後が返済日となる」仕組みです。
例えば、このようなサイクルになります。

借り入れ 返済 日付
借り入れ 8月1日
返済 9月5日
返済 10月10日

つまり、

  • 借りたAさん「8月1日に借りたわ!」
  • 友人のBさん「ということは、1か月後の9月1日が返済日だな」
  • 借りたAさん「違うんだなぁ~、「35日ごと返済」だから、9月5日が返済日!」
  • といった流れになります。

「35日ごと返済」には、
35日目が土・日・祝日の場合は、返済期日は翌営業日
追加借り入れをしても返済期日は延長されない
という縛りがある点にご注意ください。

じぶん銀行カードローンの返済額について

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)は、以下の返済が設定されています。
借入残高が40万円超~50万円以下かつ借入利率が年13%のとき、毎月の返済額は7,500円となります。

借入残高 各回の返済額借入利率
借入利率9%以下 借入利率13%以下 借入利率13%超
10万円以下 1,000円 1,500円 2,000円
10万円超~20万円以下 2,000円 3,000円 4,000円
20万円超~30万円以下 3,000円 4,500円 6,000円
30万円超、借入残高が
10万円増すごとに
1,000円を追加 1,500円を追加 2,000円を追加

「リボルビング方式」なので、返済額に対する利息の割合が大きくなりがちであることに注意してください。ATMを用いた繰り上げ返済で元金を返していき、利息を増やさないことを強くおすすめします。

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)は、ほかにどんな特徴がある?

借入、返済時に以下のATMが利用できます。

三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
ローソン
E-net(ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップなど)
ゆうちょ銀行

三菱東京UFJ銀行とKDDIが、じぶん銀行に出資しているだけあって、使用可能なATMに三菱東京UFJ銀行が含まれています。これにゆうちょ銀行が加わっています。しかも、ATMは利用時間・利用回数にかかわらず手数料無料!ATMのカバー率が高い上に、すべて手数料が無料というのは、使う側にとって大きなメリットですね。

じぶん銀行の申込み条件

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)の利用の基本的な条件は、以下の通りです。

  • 契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
  • 安定継続した収入のある方(自営、学生、主婦、パート、アルバイト、年金受給者を含む)
  • 保証会社であるアコム株式会社の保証を受けられる方

学生、主婦、パート・アルバイト、年金生活者でも利用可能である点が目立ちます。携帯電話会社をバックに持つことによるものでしょうね。

「え?保証会社の保証を受けられる方って何?」と思う方もいらっしゃると思います。これは「保証人を誰かにお願いしなくても、担保なしでもOKです。そのかわりに保証会社に付いてもらいますよ」ということですね。

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)の場合は、じぶん銀行に三菱東京UFJ銀行が出資している関係から、その系列会社であるアコム株式会社が保証会社として付きます。保証会社としてのつながりは、こういったところにも現れているのですね。

auユーザー優遇がうれしい

全体的に見ると、じぶん銀行カードローン(じぶんローン)の使い勝手は、「auユーザーがお助け役として使うと便利」である印象を受けます。「auユーザーであれば金利が0.1%優遇される」というユニークなサービスで、間口を広げようとしているのでしょう。

これに加えて、使用可能なコンビニ系提携ATMが多い上に、どれも手数料無料ということも便利なポイントです。これはネット専業銀行ならではのメリットですね。

うれしい!:auユーザーにやさしい

・「auユーザーなら金利0.1%優遇!やったね!」
・「最短で即日融資OK!ありがたい!」
・「パート・アルバイト・年金生活者・学生でもOK!助かる!」

やだなぁ…:最高金利が高い

・「最高金利、消費者金融会社と同じくらい高いなぁ…」
・「自動支払いには、じぶん銀行の口座が必要なのかぁ…」
・「無利息期間のサービスがないのかぁ…」

じぶん銀行カードローンは、こんな人にオススメ!


「お金が必要になったauユーザー(じぶん銀行の口座も持つ)」という人

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)は、三菱東京UFJ銀行とKDDIが設立した「じぶん銀行」のカードローンサービスです。auユーザーだと金利が優遇されます。全体的にみると「消費者金融会社とほぼ同じの銀行系カードローン」というサービスだと言えます。また、限度額800万円という点は強みですね。

また、パート・アルバイト・年金生活者・学生でもOKという強みがあります。auのスマホや携帯電話を持っていれば金利が有利になり、かつ借入れできる層の間口が広いという点は、特にauユーザー向けであると言えますね。

借入限度額が低い場合の金利に注意!

ですが、借入限度額が100万円以下の場合の金利は最高17.5%と、アイフル、プロミス、アコムといった消費者金融会社とそれほど変わらないレベルであることに注意してください。
「大急ぎで使いたい!」「でも金利は安くしておきたい!」のであれば、大手銀行系カードローンや消費者金融会社のほうにメリットがあるでしょう。また、金利が高いのでおまとめローンとしては使いにくいと思います。
消費者金融会社でよく見かける「お借入れ診断」や「無利息期間」はありません。したがって、「試しに使ってみようかな?」という使い方ができないデメリットがあります。金利が比較的高い中でこのようなサービスの薄さがあるのは、銀行の限界なのかもしれません。

また、借入利率は変動金利型であるため、「金利が変わるのはイヤ!」という方にはオススメできないのもデメリットですね。
auが主体となるサービスなだけあって、WEBやスマホなどから申し込みしやすく、かつ提携ATMが多いことはメリットです。ですが「借入限度額が低い場合の金利は高め」というデメリットが残ります。多くの方が比較的低めの借入限度額で契約するという可能性を考えると、この割高感は、カードローンの利用に際して気になる材料です。
もっとも、じぶん銀行カードローン(じぶんローン)は、比較的借り入れしやすいカードローンです。auユーザーの方にとってはメリットが多いカードローンであるため、「ご利用は計画的に!」という言葉をしっかり胸に刻んでおきましょう。

平均融資額
-
総合評価
4.0
  • auユーザーに使いやすい
  • パート・アルバイトや学生もOK

公式サイトへ

2.2%〜17.5%
10万~800万
最短即日
最短即日

掲示板

他の方は、こちらの金融会社も見ています

よく読まれている記事一覧

条件で探す

TOP