じぶん銀行カードローンの口コミ・評判について

平均借入額

-

総合評価

4.2

2.2%〜17.5%
10万~800万
-
-

現在、じぶん銀行カードローンの審査申込を検討中の方はこちらもお勧めです

じぶん銀行カードローンの口コミ評判

総合評価4.2点
満足度審査スピード借入金利
4.23.73.1
サービスの質借入方法返済方法
3.63.93.6

投稿された口コミ14

匿名さん

満足度

au歴5年なのに審査落とされたし...優遇してくれよくそが

2018/09/20

匿名さん

満足度

auユーザーは借りやすいです!

2018/06/26

じぶん銀行カードローン審査データ

  • 職業

  • 年収

  • 年齢

平均データ

平均年収
400万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
男女比
男性8:女性2
最多年齢
30代

詳細平均データをもっと見る

男女別平均データ

男性平均データ

平均年収
386万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
最多年齢
20代

女性平均データ

平均年収
500万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
最多年齢
30代

年齢別平均データ

20代未満平均データ

平均年収
0万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
男女比
男性 -:女性 -

20代平均データ

平均年収
300万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
男女比
男性10:女性 -

30代平均データ

平均年収
350万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
男女比
男性7:女性3

40代平均データ

平均年収
600万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
男女比
男性10:女性 -

50代平均データ

平均年収
0万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
男女比
男性 -:女性 -

60代以上平均データ

平均年収
0万円
最多職種
会社員
平均融資額
-
男女比
男性 -:女性 -

職種別平均データ

会社員平均データ

平均年収
433万円
平均融資額
-
男女比
男性8:女性3
最多年齢
20代

公務員平均データ

平均年収
0万円
平均融資額
-
男女比
男性 -:女性 -
最多年齢
20代未満

経営者平均データ

平均年収
0万円
平均融資額
-
男女比
男性 -:女性 -
最多年齢
20代未満

個人事業主平均データ

平均年収
0万円
平均融資額
-
男女比
男性10:女性 -
最多年齢
20代

専門職平均データ

平均年収
0万円
平均融資額
-
男女比
男性10:女性 -
最多年齢
20代

パートアルバイト平均データ

平均年収
0万円
平均融資額
-
男女比
男性10:女性 -
最多年齢
20代

カードローンコンペ口コミ利用規約に関する注意事項に同意の上投稿された、審査データをもとに集計しております。

じぶん銀行カードローンの詳細情報

ポイント
auユーザーに使いやすい
提携ATMの手数料無料

じぶん銀行は、KDDIと三菱UFJ銀行の共同出資によって誕生したインターネット銀行です。KDDIといえば、携帯キャリアの1つである『au(エーユー)』で知られていますね。

最近では、ソフトバンクとみずほ銀行が共同出資した『J.Score(ジェイスコア)』も話題となっていますが、じぶん銀行カードローンはそれよりも前にサービスを開始しています。

大手携帯キャリア会社と大手都市銀行の共同出資ですから、信頼性は抜群と言えますね。またauユーザーであれば、金利等で優遇されるなどサービス面でも嬉しいポイントがあります。

そんなじぶん銀行カードローン(じぶんローン)の口コミ・評判は、どうなっているのでしょうか? それと併せて、金利や審査、返済に関することなどまとめてご紹介していきたいと思います。

じぶん銀行カードローンのメリット・デメリット

スマホの操作がわからない人

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)には、どんなメリットとデメリットがあるのかを見ていきましょう。

メリット: auユーザー優遇

  • パート・アルバイト、年金生活者でも借り入れOK
  • 借入限度額が800万円と高め
  • 使えるATMが多く、手数料無料
  • 返済日を選べる
  • auのユーザーなら金利が0.1%優遇される

デメリット:金利の高さが消費者金融と同じ程度

  • 借入利率が年2.2%~17.5%と、消費者金融会社と変わらない
  • 変動金利型であるため、借入利率が変わる場合がある

じぶん銀行カードローンの口コミ・評判をチェック

じぶん銀行カードローンの口コミ・評判としては、良いのか悪いのかどちらでしょうか。

当サイトに寄せられた口コミやさまざまなサイトの口コミから評判をチェックしてみると、金利に関しては少し高いという口コミが多いように感じました。

銀行カードローンの平均上限金利は大体14.0%~15.0%ですが、じぶん銀行カードローンに関しては17.5%となっているので少し高いですね。

消費者金融のプロミスの上限金利が17.8%ですから、その差はわずか0.3%しかないということになります。

ただインターネット銀行は、結構上限金利が高いところが多いです。その分、下限金利が低かったり利用限度額が高かったりするところもあります。

ネット銀行カードローン 金利 利用限度額
じぶん銀行カードローン 年2.2%~年17.5% 10万円~800万円
オリックス銀行カードローン 年1.7%~年17.8% 最高800万円
ジャパンネット銀行カードローン 年2.5%~年18.0% 最高1,000万円

こんな感じでインターネット銀行によっては、上限金利があまり低くないなんてところも珍しくありません。

一方でじぶん銀行の提携ATMであれば、ATM利用手数料無料で24時間借入・返済ができる点が嬉しいといった良い口コミもありました。

利用回数無制限なので、何回利用しても手数料0円というのは嬉しいですよね。

またauユーザーの方には、評判が良いみたいですね。その理由としては、auユーザーだと優遇金利が適用されるといったことが挙げられると思います。

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)の基本情報

スマホを見せてくる人

ここでじぶん銀行カードローン(じぶんローン)の金利や利用限度額など基本情報を見ていきましょう。

利用限度額 10万円~800万円
(10万円単位)
金利 年2.2%~年17.5%
(auユーザーは年2.1%~年17.4%)

じぶん銀行の金利情報

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)は、借入利率が年2.2%~17.5%と、消費者金融会社の上限金利18.0%と同じくらいの水準です。

利用限度額ごとの借入利率は、以下の通りです。金利は『変動金利型』であるため、金融情勢等によって変わる場合があります。

◆利用限度額基準金利

利用限度額 通常の金利 auユーザーの金利
710万円~800万円 年2.2~年3.5% 年2.1~年3.4%
610万円~700万円 年3.5~年4.5% 年3.4~年4.4%
510万円~600万円 年4.5~年5.0% 年4.4~年4.9%
410万円~500万円 年5.0~年6.0% 年4.9~年5.9%
310万円~400万円 年6.0~年7.0% 年5.9~年6.9%
210万円~300万円 年7.0~年9.0% 年6.9~年8.9%
110万円~200万円 年9.0~年13.0% 年8.9~年12.9%
10万円~100万円 年13.0~年17.5% 年12.9~年17.4%

借入限度額が低い場合の金利に注意!

借入限度額が100万円以下の場合の金利は最高17.5%となります。『アイフル』、『プロミス』、『アコム』といった消費者金融会社とそれほど変わらないレベルであることに注意してください。

「大急ぎで使いたい!」「でも金利は安くしておきたい!」のであれば、大手銀行カードローンや消費者金融会社のほうにメリットがあるでしょう。

また、金利が高いのでおまとめローンとしては使いにくいと思います。消費者金融会社でよく見かける『お借入れ診断』や『無利息期間』はありません。

したがって、「試しに使ってみようかな?」という使い方ができないデメリットがあります。借入利率は変動金利型であるため、「金利が変わるのはイヤ!」という方にはオススメできないのもデメリットですね。

じぶん銀行の申込条件

電話をかける男性

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)の利用の基本的な条件は、以下の通りです。

  • 契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
  • 安定継続した収入のある方
  • 保証会社であるアコム株式会社の保証を受けられる方

パート・アルバイト、年金生活者でも利用可能である点が目立ちます。携帯電話会社をバックに持つことによるものでしょうね。

「え?保証会社の保証を受けられる方って何?」と思う方もいらっしゃると思います。これは「保証人を誰かにお願いしなくても、担保なしでもOKです。そのかわりに保証会社に付いてもらいますよ」ということですね。

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)の場合は、じぶん銀行に三菱UFJ銀行が出資している関係から、その系列会社であるアコム株式会社が保証会社として付きます。

いつ・どこから申込できるの?

WEB申込

平日・土日祝日 24時間OK (WEB完結申込)

じぶん銀行カードローンの審査の流れ

スマホをいじる女の子

じぶん銀行カードローンの審査の流れ(申込から借入までの流れ)について見ていきたいと思います。大きく分けると4つのステップで完了です。

  • 【ステップ1】申込
  • 【ステップ2】審査結果
  • 【ステップ3】契約
  • 【ステップ4】借入

大まかに申込、審査、借入といった一連の流れを説明するとこんな感じになります。では、それぞれのステップについて、もう少し詳しくお話していきたいと思います。

【ステップ1】申込

まずは、じぶん銀行カードローンの審査に申込するところから始めましょう。

じぶん銀行は、インターネット銀行ですので、パソコンやスマホ、ケータイから24時間いつでも審査に申込することが可能です。来店不要なのが嬉しいですね。

『新規お申込み』をクリックします。画面上に案内が表示されますので、その案内に沿って申込みフォームに必要情報を入力していけば、審査に申込することができます。

審査の過程で、勤務先に在籍確認の連絡があります。本当に働いているか、申込内容の勤務地で間違いないか等を確認するために在籍確認は必要です。

また申込内容の確認としても自宅や勤務先に連絡が来ることがあります。申込内容に不備などがあると、審査段階で確認が入るので、審査結果が出るまでに時間がかかることがあります。

申込フォームを送信する際は、きちんと内容に間違いがないか確認した上で送るようにしてください。

【ステップ2】審査結果

審査に申込をしたら、在籍確認などを経て、審査結果が来るのを待ちます。審査結果の連絡は、Eメールもしくは電話で来ます。

Eメールの受信制限をしていると、じぶん銀行カードローンからの審査結果の案内メールが届かないことがあるので、受信できるように設定しておきましょう。

場合によって審査に落ちることもありますが、基本的に審査内容について知ることはできません。審査に落ちる理由としては、例として以下のようなことが挙げられます。

  • 他社借入件数が多い
  • 申込内容に虚偽の情報を入力した
  • 過去に延滞履歴がある
  • 過去に金融事故履歴がある
  • 収入が安定していない

もちろんこの他にも審査で不利になる条件はあると思います。その中でも、上記に該当するということであれば、『完済する』『収入を安定継続させる』など一つずつクリアにしていきましょう。

【ステップ3】契約

審査に通過すれば、契約となります。契約に必要な書類がありますので、記入して提出しましょう。

書類確認が終われば、Eメールもしくは電話で契約内容を確認して手続きは完了です。契約時に提出する書類に関しては、以下を参考にしてください。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

本人確認書類(以下いずれか1点のコピー)

・運転免許証(運転経歴証明書)
・各種健康保険証
・パスポート
・個人番号カード
・住民基本台帳カード
・在留カード
・特別永住者証明書


収入証明書(以下いずれか1点のコピー)

・源泉徴収票(前年度分)
・住民税決定通知書(前年度分)
・地方公共団体が発行する所得証明書(課税証明書)


書類の提出方法に関しては、『スマートフォン、パソコンで提出する方法』『郵送で提出する方法』、そして『FAXで提出する方法』があります。

▶スマートフォン、パソコンで提出する場合
スマートフォン、パソコンで提出する場合は、審査結果回答後にログインして提出することが可能です。カメラアプリなどで撮った書類をアップロードして提出します。

▶郵送で提出する場合
郵送で提出する場合は、下記の住所宛に送ればOKです。

〒104-0033
東京都中央区新川1-28-38
東京ダイヤビルディング1号館6階
じぶん銀行ローンセンター

▶FAXで提出する場合
FAXで提出する場合は、下記の番号に送りましょう。

じぶん銀行ローンセンター
FAX:0120-926-977

【ステップ4】借入

必要書類を提出し、契約手続きが完了したら、いよいよ借入です。借入方法としては、大きく分けて『振込による借入』『ATMによる借入』の2つの方法があります。

▶振込による借入
契約手続きが完了したら、すぐに口座に振込してもらうことができます。振込による借入を希望する場合は、電話で希望する旨を伝える必要があるようです。

▶ATMによる借入
契約手続きが完了して1週間程度でローンカードを郵送してくれます。そのローンカードを使って、近くの提携ATMを使えば借入することが可能です。

じぶん銀行カードローンの返済について

スマホとPCを使いこなす男

返済期日は、以下の2つが選択可能です。

  • 期日指定返済(ATMと自動引き落としどちらもOK)
  • 35日ごと返済(ATMのみ)

『期日指定返済』は、返済する希望日を選べるというものです。じぶん銀行カードローンの場合、『返済期日の15日以上前』に入金してしまうと、『前月返済分の追加入金』として扱われてしまいます。

逆に言えば、「返済期日の前の14日以内に入金していれば、今月の入金扱いになる」ということです。この点に注意してください。

『期日指定返済』の流れ

借りたAさん「10月21日が返済日だわ!今月はかなり早めに入金する!」
友人のBさん「おいおい、そんな早めに入れて平気なのか?」
借りたAさん「平気平気!10月8日以降に入れれば10月分の入金になるんだよ!」
友人のBさん「じゃあ10月7日に入れたらどうなるんだ?」
借りたAさん「それだとアウト!「9月分の追加入金」になっちゃう!」
友人のBさん「なるほど。1日違いで大違い、ってことだな」
借りたAさん「だね、そんな具合!」

『35日ごと返済』の流れ

その一方、『35日ごと返済』とは、「借り入れた日または返済日の翌日から35日後が返済日となる」仕組みです。
例えば、このようなサイクルになります。

借り入れ 返済 日付
借り入れ 8月1日
返済 9月5日
返済 10月10日

つまり、以下のような流れになります。

借りたAさん「8月1日に借りたわ!」
友人のBさん「ということは、1か月後の9月1日が返済日だな」
借りたAさん「違うんだなぁ~、「35日ごと返済」だから、9月5日が返済日!」
  • 『35日ごと返済』には、35日目が土・日・祝日の場合は、返済期日は翌営業日
  • 追加借り入れをしても返済期日は延長されない

という縛りがある点にご注意ください。

じぶん銀行カードローンの返済額について

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)は、以下の返済が設定されています。借入残高が40万円超~50万円以下かつ借入利率が年13%のとき、毎月の返済額は7,500円となります。

借入残高 各回の返済額借入利率
借入利率9%以下 借入利率13%以下 借入利率13%超
10万円以下 1,000円 1,500円 2,000円
10万円超~20万円以下 2,000円 3,000円 4,000円
20万円超~30万円以下 3,000円 4,500円 6,000円
30万円超、借入残高が
10万円増すごとに
1,000円を追加 1,500円を追加 2,000円を追加

『リボルビング方式』なので、返済額に対する利息の割合が大きくなりがちであることに注意してください。ATMを用いた繰り上げ返済で元金を返していき、利息を増やさないことを強くおすすめします。

じぶん銀行カードローン(じぶんローン) 返済の流れ

返済方法は、以下の2つです。

  • 提携ATMによる返済
  • 自動支払い(じぶん銀行の口座が必要)

基本は、提携ATMによるローンカードを使った返済です。これに加え、じぶん銀行の口座から自動支払いによる返済も可能です。じぶん銀行の口座がない場合は、提携ATMによる振り込みだけに限られます。

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)の嬉しいサービス

喜ぶ中年男性

じぶん銀行カードローンでは、申込者がお得に利用できるようにさまざまなサービスを用意しています。

例えば、じぶん銀行と提携しているATMを利用すれば、ATM利用手数料が無料になったり、auユーザーであれば金利が年0.1%優遇されたりといったことが挙げられます。

じぶん銀行提携ATMなら24時間何度でも手数料無料!

借入、返済時に以下のATMが利用できます。

  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • ローソン
  • E-net(ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップなど)
  • ゆうちょ銀行

三菱UFJ銀行とKDDIが、じぶん銀行に出資しているだけあって、使用可能なATMに三菱UFJ銀行が含まれています。これにゆうちょ銀行が加わっています。

しかも、ATMは利用時間・利用回数にかかわらず手数料無料! ATMのカバー率が高い上に、すべて手数料が無料というのは、使う側にとって大きなメリットですね。

auユーザー優遇がうれしい

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)は、auユーザーであれば金利が0.1%優遇されるので、auの携帯電話や固定通信サービスを利用している人におすすめです。

auの携帯ショップによっては、契約と同時にじぶん銀行の口座を契約するとキャッシュバックキャンペーンを実施しているところもあります。

これからauのスマホや携帯電話を持つという人は、じぶん銀行の口座も一緒に契約しておけば、今後じぶん銀行カードローンを利用する時に便利かもしれません。

これに加えて、使用可能なコンビニ系提携ATMが多い上に、どれも手数料無料ということも便利なポイントです。これはインターネット銀行ならではのメリットですね。

【まとめ】auユーザーはじぶん銀行カードローンで借入しよう

ノートパソコンの上で眠る猫

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)は、三菱UFJ銀行とKDDIが設立した『じぶん銀行』のカードローンサービスです。auユーザーだと金利が優遇されます。

じぶん銀行は、インターネット銀行なのでWEBやスマホなどから申込しやすいです。また提携ATMが多いことがメリットです。ですが、借入限度額が低い場合の金利は高いというデメリットが残ります。

多くの方が比較的低めの借入限度額で契約するという可能性を考えると、少し金利の高さが気になるところですね。

ただauユーザーの方にとってはメリットが多いカードローンであるため、「ご利用は計画的に!」という言葉をしっかり胸に刻んでおきましょう。

平均融資額
-
総合評価
4.2
  • auユーザーに使いやすい
  • 提携ATMの手数料無料

公式サイトへ

2.2%〜17.5%
10万~800万
-
-

掲示板

他の方は、こちらの金融会社も見ています

条件で探す

TOP